ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

レース dc

【バギーヒート】レビュー/評価/攻略:沈み込むような独特の「滑り」は体験する価値あり

投稿日:2018-12-08 更新日:




はじめに


起伏の多い地形、様々な路面を走るバギーレース。

CRI(CSK総合研究所)開発。
空の「エアロダンシング」、海の「パワージェットレーシング」と並ぶ「陸海空」三部作の1つ。

【パワージェットレーシング2001】


■バギーとは
主に荒地を走る全地形対応マシン。用途はレースやレジャー。
自作フレームに市販車のボディやパーツを流用した軽量・簡素な作りが特徴。プライベーターが作りやすい。
日本では基本的に公道を走れないので馴染みが無い。


大型タイヤに換装したモンスタートラック型からフレーム丸出しのオープンホイールタイプまで様々なバギーカーが揃う。
それぞれ個性豊かなキャラとセット。特に台詞も何も無いが、誰が何位を走ってるかひと目でわかる。


美しいグラフィック。セガラリー2にも負けてない!

斬新なAI育成システムもあるけどあまり興味ないので割愛。

 

挙動

とにかく滑る


とにかく滑る。砂利、砂、石畳、雪、オンロード、路面が何だろうがお構いなしに滑る。
よくある軽快なドリフト走りではなく、ぐにゃぐにゃなサスペンションで地面に沈み込むような感じ。
砂や雪が深い場所ではガッツリ沈んでなかなか抜け出せない。片輪がハマるとクルッと回ってしまう。


スピード域が低いので操作は難しくない。
滑りまくる挙動に戸惑うのは最初だけ。すぐ慣れる。
起伏は激しいけどレイアウトは緩くて見通しも良い。バギーレースらしく道幅が広いので気持ち良く走れる。
壁やライバル車に接触したときの減速も緩い。豪快にぶつけていける。

ニトロとかアイテムみたいな特殊システムは無い。逆転要素が無いので1回クラッシュするとノーチャンス。
それでも「レッドラインレーサー」とかに比べれば全然楽。
連戦で総合ポイントを競うチャンピオンシップもリトライ可能だし。

これに比べればヌルゲー:【レッドラインレーサー】
終盤の難度がデビル:【スピードデビル】


激しいアップダウンで跳ねられてもバギーだから大丈夫。


吹っ飛んで空中で姿勢を崩すと1回転して地面に叩きつけられる。
しかし何事もなかったように走り出す。タイムロスはほとんど無い。


首都高でバギーレース。こんな路面でもやっぱり滑る。

滑るほど遅い


ダイナミックに滑らせるゲームかと思いきや、派手にドリフトすると速度が大きく落ちるので滑るほどタイムロスにつながる。
最小限の舵角でグリップ走りに近づくほど速い。
「ロスが大きくなるコース・挙動でいかに少ないロスで走れるか」というゲーム性。

 

攻略

■チャンピオンシップモードの目標
・エキスパート優勝:「ベルゼブブ」使用可能
・ベルゼブブでエキスパート優勝:「スーパーエキスパートモード」出現
・スーパーエキスパート総合3位以内:「T-4 ブルーインパルス」使用可能


ハードまではあっさりクリア。エキスパートも2位に食い込んだ。
しかし1位がインチキ臭い速さでぶっちぎるので優勝するのは大変。
コースによってはどーやっても勝てない。3位が限界。

ライバル車に比べて立ち上がりの加速が異様に鈍い。減速が甘いと簡単に抜かれてしまう。鬼ブロックで頑張るしかない。
ATだからギアが合ってないのかも。

優勝できなくてもうダメだ~と思ったときは裏技の出番。

■隠しコマンド
モードセレクト画面で入力。成功するとSEが鳴る
・スーパーエキスパートモード出現:エキスパートをクリア後、左左右右左右XY(8回)
・「ベルゼバブ」使用可能:YX右左右左下下上上
・「T-4」使用可能:左右下X(4回)

T-4


同じCRI開発の「エアロダンシング」から隊長機が登場。
逆に「エアロダンシング 轟隊長のひみつディスク」にはバギーが登場する。


相対的にはレースゲーム史上最強じゃね?
突っ込みどころしか無い見た目だが走り(?)は圧倒的。
キュルキュルとスキール音を出す何かが接地しており、抜群の操作性でライバルを周回遅れにする。
例えるなら全地形対応F1マシン。この最速車でタイムアタックを極めるのもまた一興。

 

おわりに


グラフィック、挙動に安っぽさが無いのでかなり遊べる。
沈み込むような独特の「滑り」は体験する価値あり。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-レース, dc

執筆者:

関連記事

【プロ野球チームをつくろう&あそぼう】レビュー/評価/攻略:前作から正当進化 やきゅつく最高傑作

「もつくろう」(SS)の続編「プロ野球チームをつくろう!」。 その調整版「もっとプロ野球チームをつくろう!」。 「つくろう」で作ったチームで試合をプレイできる「プロ野球チームであそぼう!」。 「もっつ …

チョロQ2【レビュー/評価/攻略】前作から正当進化 チョロQゲーム=良作を確立

もくじ1 前作から正当進化1.1 ボリュームアップ1.2 箱庭マップ「チョロQタウン」1.3 コースの道幅を拡大2 新コース紹介3 おわりに 前作から正当進化 「チョロQ」がモチーフのレースゲーム第2 …

【生体兵器エクスペンダブル】レビュー/評価/攻略:B級SF全方向型STG 爽快感とマゾな難易度が融合

もくじ1 はじめに2 システム3 あえて無敵プレイを推奨4 おわりに はじめに 見下ろし視点の360°方向型STG。 謎の遺跡が残る星やエイリアン宇宙船を舞台に、アメリカンヒーローな男が大型武器で大暴 …

【ワイプアウト オメガコレクション】レビュー/評価/攻略:シリーズ最新作3本セットの決定版

もくじ1 ワイプアウトの決定版2 システム2.1 操作方法2.2 独特のフワフワ挙動2.3 アイテム2.4 視点3 元が携帯機ならではの水増し4 おわりに ワイプアウトの決定版 反重力テクノロジ搭載マ …

デスピリア【評価/攻略】DCの隠れすぎた名作 気持ち悪すぎて気持ちいい

当時中学生だった自分の心(マインド)にグサリと撃針を撃ち込んだゲーム。 出来のわりに知名度が低い作品のことをよく「隠れた名作」と言うけど、デスピリアは「隠れすぎた名作」。 気持ち悪すぎて気持ち良い本作 …