ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS1 シュミレーション

【はじめの一歩】レビュー/評価/攻略:原作補正とゾンビモードを見るだけ

投稿日:2017-09-06 更新日:

はじめに

1997/7/31発売。ボクサー育成シュミレーション。
原作はもちろん「週刊少年マガジン」連載の大人気ボクシング漫画。

メインはストーリーモード。
主人公「幕之内一歩」を育成し原作のライバルとの試合を戦い抜いてストーリーを進める。

ところで原作はいつになったら完結するんだろう。
セコンドになって椅子ブン投げてるのを最近チラっと見たけど。

力作CGムービー



ムービーは力が入ってる。


CGの雰囲気がやけに暗い。基本的にみんな血色が悪い。
「宮田が間柴を思い出して鏡を殴り割る」シーンはもはやホラー。

ボクサーズロードの改悪

隠れた名作?:【ボクサーズロード】

■メニューのレスポンスが悪い
何かするたびにロードが入る。フリーズを疑うほど長いためレスポンス悪い。
電子レンジのようなメニュー決定SE「チン!」で力が抜ける。

カレンダーは毎回「トレーニングスタート」を選ぶ必要がある。
ボクローは◯連打するだけで飛ばせたのに。
ゲーム中に練習効果の説明が全くない。

■練習シーンがダルい
演出を見せるためかムダに進行が遅い。◯で早送りしても遅い。
日々のトレーニングをひたすら見るのみ。
イベントは「はい」を選ぶとステータスが上がるだけ。

■育成が面白くない
勝ち進めば自然とほぼステータス最大になる。
パンチ力から順番に上げていけばいい。それ以外のステータス効果がわかりにくい。
ボクローのような食事システムがない。体重管理の必要もない。
確かにコツをつかめばあってもないような要素だったが実際に無くなるとさみしい。

■謎システム「家の手伝い」

一歩は釣り船屋の手伝いで下半身を鍛えたからなんかしら効果がありそう、
と思ったら家をほったらかすと練習ができなくなるだけ。

試合が退屈

指示を与えて見守るのみ。ボクローみたいなアクション操作はできない。

■看板に偽りあり
説明書1Pに、
「光り輝くリングを舞台にキミだけの物語を創りあげてください。新たなる伝説を築け!!」
と書いてある。しかし実際は強制的な展開で原作をなぞるだけ。

アルゴリズムを細かく設定できるが、どこまでが原作補正でどこまでが育成と指示の成果なのかわからない。プレイしてる実感が薄い。

パンチ力されあれば指示無しでも勝てるので「技、行動、性格」すべてデフォルトでクリアした。

■退屈
1ラウンドはリアル3分。試合速度の変更は不可。
こういう系のゲーム※はだいたい早送りかスキップできるもんだけどなー。
この試合画面が面白くないのなんのって。カットインなどの演出もなく淡々と進む。

※一年140試合:【プロ野球チームも作ろう!】

 

ストーリーモードをプレイ

前半はガチャゲー


最初の宮田君がどうやっても倒せない。
もうええわ!と何回か投げたが、数え切れないぐらいコンティニューしたら勝てた。
コンティニューゲー前提のガチャゲーやん。


プロ2戦目、vs「藤原義男」。
原作通りバッティングをくらってゲームオーバー。またコンティニューしたら勝てた。

東日本新人王1回戦、vs「ジェイソン尾妻」。3回目で勝利。やっぱりガチャゲーやん。

パワーが育つとやることがない

ガチャはここまで。ヘビーパワーが育つとめったに負けない。ゲーム性もへったくれもない。


vs小橋健太、速水龍一と順調にKO勝ち。



ライバルの宮田君を倒した間柴了と因縁の対決。接戦でKO勝利。


全日本新人王決定戦、vs「千堂武士」。
このへんで育成ほぼ終了。今後、プレイヤーは育成も試合もやることがない。


世界に旅立つ宮田君。
宮田編は無いのでタイの英雄「ジミー・シスファー」、東洋太平洋フェザー級タイトル戦の「アーニー・グレゴリー」とは戦えない。(VSモードは未確認)


伊達さん首がっ!顔も腫れてますよ!
沖田佳吾、冴木卓麻、ヴォルグ・ザンギエフに勝利。

一歩ゾンビモード発動


日本フェザー級タイトル戦、vs「伊達英二」。
原作どおり一歩ゾンビモード発動で嫌な予感。


やっぱり来た!ハートブレイクショット!
負けイベント。ここで勝ったら原作から離れるから仕方ないのか・・・。


間柴久美ちゃん。こんな男前な顔だっけ。



二度目の日本フェザー級タイトル戦、vs「千堂武士」(2回目)。
一応、ストーリーのラスボス。ポンチャイ・チュワタナの方が強かったような。



ラストは原作では実現しなかった、宮田君と3度目の対戦。
ゾンビモード発動で引き分け。最後まで強制展開。


あとはエディットモードで設定を弄って遊ぶぐらいか。
原作の宮田君は今頃なにやってるんだろ。80巻ぐらいから読んでない。

 

おわりに

積極的にプレイヤーがやることがない。
自分好みのキャラを作る育成シュミレーションと、キャラゲーならではの原作をなぞる強制展開の相性が悪い。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS1, シュミレーション

執筆者:

関連記事

【ディスガイア】レビュー/評価/攻略:史上最凶のやり込みSRPG

PS2版発売当時、同級生に勧められて受験前にハマった。 プレイする横顔を見る母親の悲しそうな顔が忘れられない。 今回はPSP版でプレイ。 もくじ1 本作の特徴1.1 史上最凶のやり込みSRPG1.2 …

【チョロQ (PS1)】レビュー/評価/攻略:可愛らしい見た目とは裏腹に走りと難易度はガチ

もくじ1 はじめに2 「グランプリをめざす」2.1 難易度高め2.2 コース3 おわりに はじめに タカラの玩具がモチーフのレースゲーム。 後に幅広く展開する「チョロQ」シリーズの記念すべき第1弾。 …

ゴジラトレーディングバトル【評価/レビュー】ナメてかかると出来の良さに驚くゴジラ版遊戯王

「ゴジラゲーまとめ記事」を作るにあたり、見逃してるゴジラゲーはないものかと調べていたところ発見。 「自分も知らないようなゴジラのトレーディングカードゲームなんてどうせ安っすいキャラゲーだろ」と思いなが …

【SS 名作】サンダーフォースV【評価/攻略】フリーレンジで俺ツエー!でも最後はしっかり難しい

サターン専門誌「サタマガ」読者レースで初登場から6週連続1位になった名作STG。 やっとの思いでノーコンクリアしたので、自分なりに本作の魅力を解説します。 シリーズ初プレイなので過去作との比較は省略。 …

【ブシドーブレード】攻略/感想/レビュー:スクウェアが格闘ゲームに一石を投じた意欲作

「弐」より好きかも。 続編→【ブシドーブレード弐】 時代設定は「現代の」日本。ただの銃刀法違反。 もくじ1 弐と比較して2 システム2.1 フリーランニング2.2 部位ダメージ2.3 武器2.4 キャ …