ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション PS1 STG

オメガブースト【評価/感想】スピード感抜群の宇宙空間でV-MAX発動!【PS1名作】

投稿日:2019-03-31 更新日:






「PS1の名作なんて有名どころは一通りやったし、もう知らない作品とか無いんだよなー」
と思っていたら、ありました。
しかも大好物のロボット物です。



オメガブーストってどういうゲーム?

3Dロボットアクションシューティング。

キャッチコピーは、
「360°新感覚シューティング 破壊美が加速(ブースト)する」

天地がわからなくなるほど視点が目まぐるしく動く「360°新感覚シューティング」と、
美しい攻撃エフェクトで敵なぎ倒す「破壊美」が特徴です。

新感覚というだけあり、ジャンルを問われると答えるのが難しい作品。
近いゲームは「パンツァードラグーン」のような3D奥スクロールや、「Z.O.E」でしょうか。
自動で前進しながら次々と現れる敵をロックしてレーザーを撃ち込む感じです。

視点がぐるぐる動くので3D酔いが気になるところですが、3D酔いに弱い方でも遊べると思います。
FPS・TPSで酔いまくるので、特にubisoftのTPSはまともにプレイできない自分でも酔いませんでした。

 

1999/4/22 発売。

1999年といえば、「FF8」「エースコンバット3」「クロノクロス」など、PS1の性能を限界まで引き出したゲームが発売された年です。

その中でも本作は、メカアクションの新たな可能性を感じるグラフィックと演出が際立つ、隠れた名作。

それもそのはず、開発はあのグランツーリスモを制作したポリフォニーデジタル。
高い技術力と、こだわりが詰め込まれています。

 

自機「オメガブースト」のデザインはマクロス、アーマドコアでおなじみ、河森正治氏。
バルキリーそっくりですが変形はしません。

 

BGMを手がけたのはマクロスプラスの神曲「INFORMATION HIGH」を作曲したCMJK氏。
テクノ、ニュービートをベースにしたBGMが、孤独・虚無・恐怖・解放感といった宇宙空間のなんともいえない雰囲気とマッチ。

また、ジワジワと響くBGMと、主張が強くてキレの良いSEの相性が抜群。
自分で音楽を奏でているような気分になります。

オープニングのボーカル曲は、海外のロックバンドが楽曲を提供しているらしいです。
ネタバレになりますが、この曲がラスボス戦で流れるのが熱い。

 

あえてのB級SF洋画臭

■あらすじ

2099年、ネット上に意思と知能を持つ存在「アルファコア」が誕生した。
アルファコアの存在に気づいた人類は脅威を感じ、ウィルス攻撃を仕掛ける。

攻撃されたことでアルファコアは敵意を持ち、人間に攻撃を開始。
ネットから無人兵器まで支配したアルファコアの圧倒的な力の前に人類は無力だった。

そんな中、科学者がアルファコアを倒す方法を考案する。
それはタイムマシン「タイムシャフト」でアルファコア誕生前の時代に飛び、芽を潰すこと。

しかし実行前にタイムシャフトがアルファコアに占領されてしまう。

さらにアルファコアはそのタイムシャフトを使って自分の意識を埋め込んだ真空管を過去に送り込み、世界最初の汎用コンピュータ 「ENIAC (エニアック)」に組み込もうとする。

人類は最後の手段として、究極プロダクトノイド「オメガブースト」の使用を決定。
タイムシャフトへ強行突入し、アルファコアによる時空改変の阻止を目指す。

 

オープニング、挿入デモはなんと実写。
B級SF洋画臭が凄いですが、CGを組み込んだ力作で見応えがあります。

シューティングゲームのSF設定といえば、「R-TYPE」のように悲壮感ただよう、設定を読むだけでウツになりそうなものが多いです。

一方、本作はオープニングからロック調のBGMで軽快なノリ。
パイロットのノリも軽い。とても全人類の命運を握っている男には見えません。

タイムパラドックスとか細かいことは気にしないガバガバ設定もあえてのB級。
AIの暴走やタイムマシンなど、いかにもSFチックな要素を詰め込んでいます。

 

オープニングの最後、自機「オメガブースト」がロングライフルっぽい武器で極太ビームを撃って格好く締めます。
でもこの攻撃はゲーム中で使えません。

 

以下、エンディングのネタバレ。

自分なりに解釈すると、

アルファコアが消滅する寸前、オメガブーストに取り憑いて真空管に分身を仕込んだ。
結局アルファコアの方が一枚上手で、人類の作戦は失敗。
でも最後、アルファコアのものと思われる台詞で「共生」と言ってるから、アルファコアは人類を新たに導いて共生の道を探るっぽい。
で、パイロットは作戦が失敗したことに気づかないまま1946年で生きていく。

って感じでしょうか。
でも詳しいことは謎。
続編が出ないから永遠に謎です。

 

簡単操作で爽快アクション

誰でも簡単操作で、それまでのゲームでは見たことがないようなロボットアクションを楽しめます。

使うボタンは大まかに3つのみ。
サーチ(L1)しながら右スティックで移動。射撃ボタンで攻撃。
たったこれだけ。

ワンボタンで敵の方を向き、攻撃は自動追尾。
自動でやってくれる部分が多いので、自分でガシガシと動かしてる実感は薄いです。
でもこれはこれで、オートで動く感じが高性能ロボットらしくて良いんじゃないでしょうか。

 

ゲーム性としては、
自機が勝手に前進して次々に敵が現れる、昔ながらの奥スクロールSTGに近いです。
なので、前後の動きはあまり考える必要がありません。
ブーストボタンで急加速、R1で前進を止めて滞空できますが、使う場面は少なめ。

 

攻撃は以下の3種類。

・ホーミングレーザー
(ロックしてから射撃ボタン)
パンツァードラグーンのレーザーにそっくり。

・バルカン
(射撃ボタン連打)
ただのバルカンではありません。ホーミングバルカンです。
テキトーに撃っても敵が正面にいれば当たります。

・ヴァイパーブースト (L2)
いわゆるボム。
蒼い光に包まれ、無敵状態で連続体当たり。
敵を倒すとゲージが溜まり、一定量以上になると使用可能。ゲージ量に応じて持続時間が伸びます。
フルゲージならボスも一撃の超火力で爽快。

 

特徴的なのはサーチ機能。

ワンボタンで正面の敵をオートロック。ロック中はロック対象を軸にして動きます。

完全にロックするわけではないのがミソ。
ロック時間が長いほど対象の動きについていけなくなります。
状況に応じてこまめにロックし直す必要があるので、けっこう忙しいのが楽しい。

また、ロックすると対象を視界の正面にとらえることができる反面、動きが制限されるので回避力は低下します。
回避に集中するときはノーロックにするとか、工夫の余地があるのが面白いところ。

 

「パンツァードラグーン」のような奥スクロールSTGをプレイした経験がある方はわかると思いますが、反射神経とか操作精度はあまり必要ないです。

オブジェクトやレーザーのような障害物を避けようにも、この視点では距離感が全くわかりません。
ZONE5の障害物とか、見てから回避するのはまずムリ。

攻撃エフェクトは派手で美しい反面、判定がわかりにくい。
そのため何をやってるのかよくわからないまま被弾して大ダメージを食らい、頭の中が「?」となります。

見た目を頼りにできないので、どこに判定があるのかを覚えるしかないです。
なので、敵や障害物のパターンを覚える覚えゲー要素が強め。

 

スピード感抜群の宇宙空間

宇宙空間を舞台にしたゲームは、スピード感が無いし背景の変化が乏しいので退屈なことが多いです。

僕は宇宙の退屈さを色んなガンダムゲーで嫌というほど思い知りました。

しかし本作は、宇宙空間でもプレイヤーを退屈させない演出が効いています。

 

宇宙空間はだだっ広い空間。
基本真っ暗で、星が遠くにあるだけ。

いくらハイスピードで動いても比較対象がないため、スピード感が出しにくい舞台です。
例えばスペースシャトルは時速約2万8000kmで地球を周っていますが、映像では静止しているように見えますよね。

しかし本作では「スピード感抜群の宇宙空間」を実現しました。

自機の周囲に舞う細かいチリが動きに合わせて流れるので凄いスピードで動いていることがわかります。

 

ロボットアニメを彷彿とさせる演出も効いているので宇宙でも退屈しません。

遠くに十字にキラリと光る、または赤く発光する「何か」を見せて、その後に敵が出現。
ただ敵がどこからともなく出現するだけはない、「間」を活かした演出で緊張感が途切れないです。

ホーミングレーザーはいったん画面外に出て時間差で着弾するので、自機・敵の攻撃と相まって複雑な画面効果を生み出します。

「バシューン!」「キーン!」と目が覚めるような各種SEも印象的。

 

惑星を背景にしたり、ワープしてくる大艦隊と戦う場面は、ロボットアニメ好きなら間違いなく燃えます。

敵は尾を引いて飛び、土埃を巻き上げながら地上を滑走。
ステージの最後には大型爆撃機、同型のライバル機やバイク戦艦といったボスが出現。
どこかで見たことあるような演出・敵デザインがロボ好きのツボを突いてきます。

 

ヴァイパーブーストはどう見てもレイズナーのロマン兵器「V-MAX」。

カメラが追いつかないスピードで目まぐるしく画面内を往復。
流星のような体当たりで敵艦隊を次々と沈めます。

この表現は凄い。
今まで色々なゲームをプレイしてきたけど、こんなの見たこと無い。
「このゲーム、V-MAXが見せたいだけじゃね?」と思うぐらいの、圧倒的な格好良さ。
これは体験する価値ありです。

 

難点:最後の3ステージが難しすぎる

キャンペーンモードは全部で9ステージ(ZONE)。

難易度がちょっとチグハグで粗い印象を受けました。

中盤まではL1でサーチして撃つだけ。
簡単操作はいいのですが、特に考えることがなくて単調です。

一方、後半はその簡単操作を逆手にとったような初見殺しの連続。

爽快感と難しさがバランスする、中間の一番おいしい部分が抜けている気がします。

 

最後の3ステージ「ZONE7~9」が難しすぎる。

攻略法をちゃんとマスターしないとクリアできない作り。ヌルゲーマーの自分としてはツラいです。

HPは一定量回復で次ステージに持ち越し。
コンティニューしても、ステージ最初から開始時のライフでスタートするので誤魔化しが効きません。HP残量が少ないと詰みます。

 

ZONE7はボスが素で強い。
ZONE8はボス戦のみですが、これが初見殺し。
ZONE9もラスボス戦のみ。これも初見殺し。

最後のボス2体は簡単操作の穴を突いてきます。

ZONE8ボスは、自機が勝手に前進するのを逆手にとった回復ギミックと制限時間。
ラスボスはオートロックを逆手にとったカウンター攻撃。

強敵と真っ向勝負というより、基本システムと戦っているような作りはどうかと思いました。

 

まとめ

簡単操作で、見たことがないようなロボットアクションが楽しめます。
B級SF洋画臭ただようオープニングと設定も、一周まわって面白い。

少々粗いゲーム性と難易度で終盤の2ステージは心折れますが、それを省いたZONE7まででもプレイする価値はあります。

 

続編、リメイクのウワサはありません。
ですが、PS2の「Z.O.E」は本作の要素を色濃く引き継いでいると思います。
演出の格好良さや浮遊して戦う操作性がそっくり。

なので本作が気になった方には、
「ANUBIS ZOE:M∀RS」がおすすめです↓








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS1, STG

執筆者:

関連記事

バイオハザード RE:2【レビュー/評価】(1)ネタバレ少なめの感想 クレア1周目

あんな体験版をプレイしたら買うしかない! ということで発売日に購入。 なんとかクレアで1周クリアしたので、最低限のネタバレで今の感想を書いてみた。 もくじ1 完全新作として生まれ変わったバイオ21.1 …

ドラゴンボール ゼノバース2【攻略/評価】スパキンメテオの方が良くね?

「ラスアズ」のようにガチガチに作り込まれたゲームをやると、反動で「無双」「ガンブレ」のように粗いというかカジュアルなゲームやりたくなる。 カジュアル系で未プレイの作品を求めて出会ったのが本作。ドラゴン …

R-TYPEデルタ【評価/レビュー】R-TYPEシリーズ、STG初心者も楽しめる傑作

「R-TYPE FINAL2」発表で興味が出てR-TYPEシリーズの歴史を調べたところ、 「1~3とファイナルは知ってるけど、デルタ?そんなのあったっけ?」 と最近、存在を知って慌ててプレイし始めた作 …

【ドラゴンクエストIV 導かれし者たち】攻略/感想/評価: 宿敵ピサロと一緒に黒幕を倒す ロト3部作から一新 オムニバス形式

ドラクエシリーズのレビュー 【ドラゴンクエストIII そして伝説へ…】 【ドラゴンクエストVI 幻の大地】 もくじ1 ドラゴンクエストIVとは2 真ボスまでのざっくりとした感想2.1 序章2.2 第1 …

【はじめの一歩】レビュー/評価/攻略:原作補正とゾンビモードを見るだけ

もくじ1 はじめに1.1 力作CGムービー1.2 ボクサーズロードの改悪1.3 試合が退屈2 ストーリーモードをプレイ2.1 前半はガチャゲー2.2 パワーが育つとやることがない2.3 一歩ゾンビモー …