ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

RPG PS1

るろうに剣心 十勇士陰謀編【評価/攻略】遊べる出来だが過度な期待は禁物

投稿日:2018-08-31 更新日:






いかにもキャラゲーな格ゲー「維新激闘編」から1年。
今度はなんとRPGでるろ剣ゲーが登場。不安と期待が膨らみます。
一体どんな作品なのでしょうか。プレイして確かめます!

るろ剣の3D格ゲー↓





「るろうに剣心 十勇士陰謀編」の特徴

SFC水準のグラフィック

ワールドマップはRPGらしくて良い雰囲気です。

9マスのエリアに分かれており、ストーリー進行で「割符」を入手することで行動範囲が広がります。

 

グラフィックはSFC水準。SFC後期には負けそうですね…

 

赤べこの奥行き!

 

谷間の底に広がる謎の空間。

 

荒すぎて何を描いてるのかわからない背景。

 

原作と同じようで違う雰囲気

主人公はオリジナルキャラ。
台詞が一切ない無言系です。エンディングまで一切喋りません。

最初に性別を選択します。
性別によるストーリーの変化はありません。でも男主人公なら一時加入キャラが斎藤一、女なら四乃森青紫になる違いがあります。

 

完全オリジナルストーリー。

謎の集団「今十勇士」の陰謀に立ち向かう物語です。

「おろー」など原作初期っぽいギャグシーンが目立つので、全体のノリは東京の蒼紫編に近い感じ。

今十勇士は明治政府を恨むヤカラの集まり。様々な分野の達人で個性派揃い。真田十勇士を名乗っているが無関係。

いかにもはぐれものという感じでどこか哀れなのは御庭番衆。違う思惑でバラバラに動いてるあたりは十本刀っぽいですね。

大ボスは真田幸村を名乗る謎の男。
2回の負けイベントでムリヤリ圧倒的な強さを見せつけます。

 

原作の世界観を再現しているようでかなり違う、ファンタジーな演出もあります。

幻覚を見せる、人を操る、若返るぐらいなら原作の鵜堂刃衛を思い出す範囲。
しかし幻獣が出てくると話は別。オカルト色が強いです。

 

あの斎藤さんにRPGらしいお使いを頼まれて戸惑う。
この後仲間になりますが、あっさり強制離脱。この後二度と復帰しません。

斎藤さんのことだからきっと何か企んでるに違いない!
と思ったけどただのゲスト扱いでした。

 

じゃんけん風味の剣術バトル

「六連撃システム」

特徴は

・タイマン勝負
・1ターン6回行動
・「上・中・下」の通常技・必殺技を行動予約

要するにジャンケンを6回繰り返します。

「上>中>下>上」の3すくみ。必殺技にも相性があります。

武器によって上中下の使用回数が異なり、こちらが素早いほど敵の技を多く読める。このキャラ性能と読みで勝率を上げるという仕組み。

 

キャラ性能はイメージ通り。

全体的に高性能な剣心、遅いがタフな左之助。剣心、佐ノ助、斎藤、蒼紫は必殺技を全て習得済。

時期は京都編の初期っぽいけど、九頭竜閃・天翔龍閃、二重の極み・三重の極みもあります。

主人公、薫、弥彦は最初は技が少なくて未熟。

弥彦達も訓練やイベントをこなすと戦力になりますが、経験値が入るのは敵を倒したキャラのみなのでレベル差がつきやすいです。

しかも勝ち抜き戦が多いのでエースキャラばかり育ってしまいます。ラスボス戦で使う主人公はともかく、薫、弥彦はベンチ組になりがち。

 

イベント戦は総当たり戦と勝ち抜き戦の2種類。

・勝ち抜き戦

負けた側が交代し勝った側は続投。人がいなくなった方の負け。
1対1の場合は負けた時点でゲームオーバー。

 

・総当たり戦

1回戦毎に敵味方が入れ替わり勝ち数で勝敗が決まる。

かなり変な仕様です。勝敗が決まった後は消化試合なのでやる意味が無いです。
後続の弥彦達をボコボコにしてる敵が「負けたぜ~なんでも話すから許して~」とか言ってて不自然。

 

後の先を取り合う剣術の雰囲気を表現しています。
しかし、見えてる行動に合わせるのは誰でもできるので慣れると作業。

RPGの感想で毎回言ってる気がしますが、凝った戦闘システムはザコ戦が面倒くさいです。

どんな弱い相手でも○ボタン連打ではダメージが通らないのがダルい。
モーションが遅いキャラは時間がかかる。男主人公、弥彦、左之助などは戦闘開始時の前置きが長くて毎回数秒待たされるのもダルい。

ボスは攻撃力・体力がケタ違い。結局はレベリングとアイテムの量が物を言う。
逆にいうとレベルさえ十分なら負ける要素がないです。

 

フィールドに飽きる

ダンジョンは山道、洞窟、変な屋敷の3種類のみ。

見た目がどこも同しで飽きやすい。RPGとしては致命的に地味。

ダッシュ移動の速さは快適ですが、地形が全て直角で構成されてるので動きが硬い。気持ちよく動けません。

地形が見づらく、立体感の魅せ方が下手。判定がどこにあるのかわからないです。

 

エンカウント率の高さがツラい。

迷路マップ×ランダムエンカ×時間のかかる戦闘の組み合わせは相当な忍耐力を要します。
そして最初から最後までこれが延々と続く。

 

まとめ

・独自の戦闘システム
・そこそこ原作っぽいオリジナルストーリー
・デートイベントなど豊富なサブイベント

以上のように、ゲームとして必要な要素が揃っているので意外と遊べます。

とはいえ、RPGとして見ればスーファミ後期のRPGに勝てない出来。キャラゲーの域を出ていないので過度な期待は禁物です。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-RPG, PS1

執筆者:

関連記事

【バイオハザード】レビュー/評価/攻略:シリーズ累計売上8000万本以上!カプコン看板タイトルの初作

今回プレイしたのは「バイオハザード ディレクターズカット」。 「ビギナー」「ハード」「アレンジ」モード追加。 もくじ1 はじめに2 システム2.1 2人の主人公2.2 操作と仕様3 ジルでぐだぐだプレ …

【真女神転生III マニアクスクロニクル】レビュー/評価/攻略:全てが画期的な新しいメガテン

もくじ1 はじめに1.1 あらすじ1.2 シンプルで濃密なグラフィック2 システム2.1 プレスターンバトル2.2 マガタマ2.3 合体3 序盤をプレイしながらゲーム内容を紹介3.1 vs トロール3 …

センチメンタルグラフティ【評価/レビュー】発売前のメディアミックスで上げた期待値をゲームで叩き落とす

ギャルゲーに興味がなくても、タイトルは「なんか聞いたことがある」ぐらい知名度は高い。 評判は知らないけどショップでふと眼に止まり衝動買い。帰ってさっそく開封。 イラストつきカレンダーが12枚入ってる! …

デスピリア【評価/攻略】DCの隠れすぎた名作 気持ち悪すぎて気持ちいい

当時中学生だった自分の心(マインド)にグサリと撃針を撃ち込んだゲーム。 出来のわりに知名度が低い作品のことをよく「隠れた名作」と言うけど、デスピリアは「隠れすぎた名作」。 気持ち悪すぎて気持ち良い本作 …

【天外魔境 第四の黙示録】レビュー/評価/攻略:2Dグラフィックの極地へ突き進んだRPG

当時、SSには他にめぼしいRPGが無かったので何周もした作品。周回要素なんて何一つ無いのに。 今回はPSP版でプレイ。 もくじ1 本作の特徴1.1 間違ったアメリカ1.2 2D表現の極地1.3 大物声 …