ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 対戦格闘 SS

【ファイティングバイパーズ】レビュー/評価/攻略:アーマーブレイクで脱衣

投稿日:2018-05-21 更新日:




はじめに


近未来の架空の町「アームストンシティ」のストリートファイトが人気すぎて市主催の格闘大会が開かれた、という謎ストーリー。

市にはストリートファイト自体を取り締まってほしいところだが、実は市長がファイターの誰よりもイカついラスボス「B.M.」なので仕方ない。

次作:【ファイティングバイパーズ2】


コンセプトが謎。なぜギタリストがギターで戦ってるのか。


近未来の設定なのに古臭いステージが目立つ。

主人公格の「バン」は見た目が70年台。
髪と一体化した帽子はジョジョの承太郎と完全に一致。
超衆賭麗斗と書いてスーパーストレートと読む。「いてまうぞコラァ!」。


キャラはラスブロと同じ8人。90年代は「デフォキャラ8人」が鉄則だったらしい。


ロボットのようなぎこちないモーション。
ラスブロと同様、武術の達人じゃないので動きの見映えが悪い。
ゴテゴテして動きが映えないデザインにも問題がありそう。

素人が武器を使うとこうなる:【ラストブロンクス】


典型的なアーケード仕様CPU。1人プレイでは楽しめない。
バクステで引いてから一気に攻め込む巧みな間合い取り。なにか行動しようものなら超反応で後出し。強すぎる。
しゃがパン、昇りジャンプKなど色々ハメパターンを探すが、どうやってもステージ8を超えられない。

 

システム


バーチャと同じPKG3ボタン。
柵や壁に囲まれたリングで戦うのでリングアウトはない。
壁関係のシステムが独特。投げでプロレスのように壁に投げつけたり、吹き飛んでから壁にぶつかる前に空中受身をとったり。


決着ラウンドに強力な技でフィニッシュするとアーマー全壊&柵の外まで吹っ飛ぶ。
試合中の吹っ飛び方も物理法則を完全に無視。1発でリングの端から端まで飛んでいく。この爽快感が売り。


ここはヤバいって。

アーマーブレイク


全員がアーマー装備。
上下半身パーツ個別の耐久値があり、被ヒットかガードで耐久値が減る。
ゲージ点滅状態でアーマー破壊技を食らうバキーン!と弾けるように破損。その部位のダメージが1.5倍になる。試合中には戻らない。

攻撃を受けて劣勢な側がより劣勢になる、ダメゲーにありがちなシステム。
試合時間が短いアーケードゲームとの相性も悪く、基底ダメージが高すぎてアーマーの意味が無い。
アーマー有りでも1コンボ5割。下手同士だとすぐ決着がついてしまう。


アーマー破損後はキャラの外見が大きく変化。女性キャラの脱衣が見どころ。

 

おわりに


世界観、キャラ、システム、どこにも自分のアンテナが引っかからない。
CPU戦が超反応で詰んでるのでまともに対戦できないのもツラい。


SS版の出来は良好。見た目の違和感も少ない。ラスブロ移植と比べて雲泥の差。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, 対戦格闘, SS

執筆者:

関連記事

【アーマードコア ネクサス】レビュー/評価/攻略:動けない撃てないAC 腐ってもAC 

もくじ1 はじめに2 システム2.1 爆熱!2.2 クレホバ1強時代2.3 チューン2.4 変更点3 ディスク2枚組3.1 Disk1 「エボリューション」3.2 Disk2 「レボリューション」4 …

【スチームギアマッシュ】評価/攻略:親に申し訳ない気持ちになった 最初に買ったサターンソフト

小学生高学年のとき、最初に買ったサターンソフト。もちろん定価で。 ゲーム内容は全く覚えてないけど思い入れのある作品。 当時、ゲーム画面を見て親父が「おお、さすが新型ゲーム機は違うなー」とか言ってた。 …

【SS 名作】サンダーフォースV【評価/攻略】フリーレンジで俺ツエー!でも最後はしっかり難しい

サターン専門誌「サタマガ」読者レースで初登場から6週連続1位になった名作STG。 やっとの思いでノーコンクリアしたので、自分なりに本作の魅力を解説します。 シリーズ初プレイなので過去作との比較は省略。 …

【鉄拳5】攻略/感想/評価:すべてがPS2最高峰 サービス要素も盛り込みすぎ

発売当時、美術予備校に通うために京都へ引っ越した。その3日前、ゲームやり納めということで買った作品。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 鉄拳5とは1.1 ストーリーモード1.2 DEVIL WITHIN …

【鉄拳3】レビュー/評価/攻略:格ゲー最大のヒット作 名実ともにプレステ看板ソフト

もくじ1 はじめに2 スタイリッシュに進化2.1 グラフィック・サウンド2.2 世代交代2.3 操作感も向上3 家庭用要素も充実3.1 ムービー3.2 TEKKEN FORCE MODE3.3 TEK …