ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 対戦格闘 SS

【ラストブロンクス】攻略/感想/評価:見た目に反して真面目なバーチャ+α

投稿日:2018-05-20 更新日:




ラスブロの特徴

バーチャとは違う、ストリートギャングの抗争という独特の世界観を描く。


舞台は昭和終わりの東京。
ステージはスクランブル交差点、地下鉄のホーム、埠頭、工事現場など現実の世界を表現。


渋谷109、スズキ、JALなど、実在の企業とタイアップ。看板や文字が非常に目立つ(PS2版は一部削除) 。


地下鉄にも実在の地名があり生々しい雰囲気。


都庁ステージ脇のマンションの感じがリアル。

 


攻撃の軌跡は不透明の残像で表現。
Model2基盤は半透明テクスチャが扱えないらしい。このバキバキでカックカクなグラフィックがModel2の味。
今見ると格好良い表現って、ハードの制約で生まれたものが多いよなー。

 

魅力的なキャラ


・ライダーチームのリーダー「工藤優作」
・新宿MADのリーダー「稲垣 丈(ジョー)」
・アマゾネス集団のリーダー「豊饒 椰(ナギ)」
・ボーダーの「富家 大(トミー)」
・葛飾ダンプスターズのガテン系オッサン「財目三郎(ザイモク)」
・サバイバルゲームチームG-TROOPSの「港野洋子(ヨーコ)」
・ミニスカ&魅せパンを履くコギャル「草波リサ」
・遊び人グループ「六本木野獣会」のリーダー「黒澤 透(クロサワ)」

声優が豪華。()内は自分が知ってる作品から抜粋。
矢尾一樹(ジュドー、池谷)、塩沢 兼人(マ・クベ、レイ)、緒方恵美(蔵馬、シンジ)、檜山 修之(飛影、中里)、井上喜久子(アイナ、グレイスオコナー)、若本規夫(セル、オオタコーチ)、冨永みーな(弥彦、リン)、玄田哲章(海坊主、戸愚呂弟)、林 延年(バサラ、小柏カイ)。

 


ライダースーツ、金髪、ミニスカ、ロングブーツなど、リアルとフィクションの狭間をいくストリートファッション。セガの格ゲーにしては珍しくコスプレする人が多かったとか。


魅せパンのリサ。


みんな武器持ち。三節棍、ヌンチャク、トンファーなど物騒なものばかり。こんな人達が闊歩する昭和の東京、治安悪すぎ。


フィクションです。

 

バーチャ+αのシステム

バーチャと同じPKGの3ボタン。

・アタックキャンセル
攻撃判定が出る前にガードボタンで技をキャンセル。
先行入力が効くので、プレイヤーの工夫次第で連携の幅がどこまでも広がる。

・リングアウトはない。周りは壁なので壁コンボになる。

・コマ投げがしゃがんだ相手にも入る。しかも高威力。
バーチャの「しゃがパン合戦」の影響でしゃがみが弱い。

 


使ってみると見た目に反して性能に個性が無い。そのためバーチャ+αな印象。

バーチャキャラのようなプロの格闘家ではないのでモーションが荒っぽい。
頑張って振り回すだけなので武器の特徴が出てない。リーチが若干違うぐらい。武器より蹴りの方がリーチ長いし。素人が武器を使うとこうなるってことか。

キャラ差は大きいらしい。
出の速い技を持つキャラが有利。リサ以外の女キャラ、丈、レッドアイが強いんだとか。

 


当時のアーケードゲームらしく3面以降のCPUは超反応でツラい。

超反応で牽制を潰され、固めてからアタックキャンセルで下段・投げで崩される。CPU特有の「ガード入力確認」投げが恐怖。
攻撃がスカると0フレで確反。ワンコンボで5~7割。
逆にキャンセルで揺さぶっても効果なし。


CPU特定の隙をつくパターンでなんとか勝ち進む。

間合いを取って、武器を振らずに使いやすそうな蹴り技で押す。反撃の連携をガードしてからダッシュ投げ。崩しは捨てる。


ラストのレッドアイはどーやっても無理。

 


サターン版は見た目の劣化が酷い。
粗いキャラ、簡素な背景、キャラサイズ縮小、一部モーション削除、キャラセレ画面のキャラモデル表示が無い。リサのパンツが見えにくい。
かわりにトレーニングモード、最終戦前のライバルとのやりとり、エピローグ追加。キャラがボイス付きで解説してくれる「ラスブロ道場」つき。

 

まとめ

設定やキャラデザ、ステージ背景は今見ても格好良い。BGMもオシャレな良曲。

しかしプレイしたときのフィーリングはバーチャ+α。全盛期セガのアーケードゲームなので安定した面白さはあるが、個性的なキャラ・武器が活きてないので勿体無い気がする作品。

素人が作るとこうなる→【御意見無用】

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, 対戦格闘, SS

執筆者:

関連記事

【DDSAT2 アバタール・チューナー2】レビュー/評価/攻略:2作セットなら間違いなくオススメの名作

なるべくネタバレ無しの方向で。 前作:【DDSAT】 【シリーズ別リンク】 もくじ1 はじめに1.1 前作の伏線を回収1.2 鬱展開1.3 主人公が完全に空気2 2の新システム3  ザックリとした感想 …

【メガチュード2096】攻略/感想/レビュー:無性にバーチャロンがやりたくなる

当時のファミ通で紹介されてたのをチラ見してから、ずっとプレイしたいと思っていた作品。 もくじ1 「メガチュード2096」とは1.1 操作のクセがすごい1.2 謎の対戦バランス1.3 個性豊かなのに個性 …

DEEP FEAR【攻略/評価】深海×バイオハザードなんて面白いに決まってる

深海探索アドベンチャー。 バイオハザードと似てるのが特徴。 発売時期はすでにサターンが終わりかけてた頃なので知名度は低い。 当時のゲーム雑誌で見たような記憶があり、ずっと頭の片隅に引っかかってた作品。 …

no image

MARVEL vs CAPCOM 2

いつもの対戦相手(彼女)と毎日対戦。 もくじ1 身内でやると最高に面白い。ガチでやると?2 神に選ばれし4強2.1 マグニートー2.2 ケーブル2.3 センチネル2.4 ストーム3 神々をアシストする …

Devil May Cry 2 (HD)【評価/感想】シリーズの黒歴史は期待値ゼロでも遊べない

シリーズの黒歴史。 シリーズ唯一といえる駄作扱い。 ファン、メーカーともに「2」の話をすること自体が半ばタブーと化している。 そのため不自然なほど話題に出ない。 プレイする前に軽く評判を調べてみたが、 …