ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション RPG PS2

侍道2【レビュー/評価】おにぎり1個もらった侍、天草で大暴れ!

投稿日:2018-10-11 更新日:






自由度を重視した作風が魅力のシリーズ。

普通のRPGやアクションゲーム、オープンワールドとは違う、唯一無二の魅力を持つ。

箱庭の自由行動、マルチエンドと周回要素、
ストーリー進行の方法から育成までシステムが独特。
未プレイでは魅力がわかりにくいかもしれない。

そこで、PS2版発売当時にプレイして、
「面白すぎてマジか!」と驚いた自分が、PSP版をプレイしながら侍道2の魅力を解説。



侍道2とは

「天誅」のアクワイアと、男受けだけを狙ったようなセンスで我が道を行くスパイクの共同制作。
当然、強烈な個性を持つ作品に仕上がっている。

「ふらりと現れた主人公の侍が、見知らぬ地で自由に行動して生き方を決める」
という前作「侍」の作風はそのままに時代背景を一新。

舞台を前作の峠から町へ拡大。登場キャラも増加。
全体的に豪華になった。

 

バージョン違いに、
オリジナル(無印)に追加要素を足した「ベスト版(決闘版)」。
決闘版をさらに調整、追加要素を足したPSP版「侍道2ポータブル」がある。

今から無印版を買うメリットは無い。
PS2・PSP版の違いについては後で解説。

 

同じように剣を腕を競い、自由に生き方を決める侍ゲーに「剣豪」シリーズがある。

テーマは同じでも、内容は全くの別物。

箱庭を自由に動いて一般人を切り倒したりできるのは侍道だけ。
戦闘・育成システムも全く違う。

剣豪は鍛錬の日々と、真剣勝負の緊張感がずっと続く。
侍道は周回前提の作りなのでサクサク進行するし、おふざけ要素が入ってるので気楽に遊べる。

それぞれ違った魅力があり、
どちらも好きな作品。

 

剣豪シリーズの決定版は「3」だが、
好きなのは寺克デザインの「2」↓

 

ふらりとやってきた侍が大暴れ!

幕末を舞台にした箱庭「天草」

■あらすじ

ときは幕末。
舞台は異国との貿易で栄えた地「天原」。

天原へふらりとやってきた侍は、
長きにわたる旅と空腹で倒れてしまう。

そこへ、侍におにぎりを差し出す一人の少女が現れるところから物語が始まる。

 

天原は全10エリアで構成。
各エリアで青門組、奉行所、町人の3勢力が、利権をめぐってにらみ合っている。

ここで最大10日間、侍の自由を満喫。

主人公に背景設定は一切ない。
ふらりと現れた新参者なので、
いつどのエリアに行って何をするのも自由。

自由を満喫する中、
いろんな人に出会い、会話の選択肢を選ぶことでシナリオが分岐する。

町人の味方をして弱き者を助ける侍になる。
あるいはアウトローな人達の仲間になって悪い侍になる、逆に奉行所の手助けをして犯罪を取り締まってもいい。

自由な選択と行動の結果たどりつく、
様々な結末を描くマルチエンドが14種類も用意されている。

 

各エリア内は自由に動き回れる。
エリア端まで行くと全体マップに戻る。

行動に全く制限がない。
通行人にいきなり斬りかかることも可能。
なんでもあり。

入れる建物は少ないが、人通りが多くモブキャラもリアクションが豊かなので退屈しない。

 

時間帯は「未明・朝・昼・夕方・夜」の5段階。

時間帯によって町の見た目や人通りが大きく変化。夜だけ登場する忍者など、特定の時間帯限定の登場キャラやイベントがある。

エリアを出入りしたりイベントをこなすと時間が経過。
自宅で寝ると、最大で1日丸々時間を潰せる。あっという間に、分岐する日時まで飛ばせるのでサクサク進行できる。

 

シームレスに戦闘へ移行。

多数相手で難しそうだが、実際はターゲット以外は攻撃してこないので常にタイマン戦。

一般的な3Dアクションの操作なので馴染みやすい。

刀を持つ相手を倒すと刀を落とす。
その刀を集めるのが、メインのやり込み要素。

 

体力回復の手段は限られており、
自宅で休憩するか、回復アイテムを使う必要がある。

回復アイテムは八百屋で売ってる。
大根やひよこういろうなど、品揃えがいかにも江戸時代。

最近、この頃の日本人は肉を食べていなかったことを知った。

 

とりあえず空いた時間に仕事をこなして金を稼ぐのが基本。

仕事をこなすとその勢力の信頼度上がり、わりの良い仕事が貰える。

最初は忘れ物回収やスリみたいなお使いだが、信頼を得ると敵対勢力の大物を始末する重要な仕事を頼まれることに。

依頼内容はけっこうややこしいが、
内容を忘れてもメニューから状況を確認できるので安心。

 

活き活きとした世界で、自由を満喫

幕末といっても、
時代的な堅苦しさや湿っぽさにとらわれない独自の侍道ワールド。

和風要素を凝縮した中に、異国の人物やおバカ要素が入り混じる。

主張しすぎずさり気なく良い味出してるBGMが良い味を出してる。
なんだかとっても落ち着くので、侍になってのんびり生活してる感がある。

 

幕末という新時代への過渡期。
天草では様々な思惑が動く。

主要キャラは各勢力に属しながらも、自分の目的を持って行動している。
ときには裏で別勢力と通じていたり、関係が複雑に絡み合う。

ただ3勢力が対立するだけではない、世界観の深みがある。

そこに新参者である主人公の侍がどういう影響を与えていくのかが見どころ。

 

自分の行動に対して、周りの人物がちゃんと立場に応じたリアクションをとる。

例えば、
抜刀状態だと周りの人がビビる。
しつこくぶつかったりして喧嘩を売るとガラの悪い人はキレて刀を抜く。
岡っ引きは笛を鳴らして応援を呼ぶ。

青門組と奉行所は敵対関係なので勝手に戦闘が始まり、町人はそれを見て逃げ惑う。

ちゃんとモブキャラのリアクションがあることで、世界が活き活きとしている。

その世界で、グラセフのように通行人に襲い掛かるもよし、逃げ惑う一般人も斬り倒し、駆けつけた岡っ引きまで斬り倒すもよし。

活き活きとした世界だからこそ味わえるハチャメチャ。

 

モブキャラのおばさんも、ちゃんと耳が痛いことを言ってくれる。

 

しかし辻斬りのようなハチャメチャをやってると、当然みんなに嫌われて進行フラグが消滅する。
町人と敵対するとアイテムが買えない。鍛冶もできなくなるのでツラい。

場合によっては残りの数日間で名誉挽回できないため、その周回で選べるエンディングが限られてしまう。

モブキャラだけでなく、主要人物も斬りかかれば普通に戦闘になる。敵対したり、倒すとその勢力関連のイベントが消滅。

全てはプレイヤーの自己責任。

 

強くてニューゲーム的な周回プレイ

シナリオの流れを大ざっぱにいうと、
「少女、奉行、青門、かすみ、幕府」編
の5ルート。

それぞれのルートから14種類のエンディングに派生する。

周回プレイを前提としたゲーム性なので、シナリオを進めるのに必要なフラグ・イベントは少ない。そのため気軽に周回できる。
長くても1周3時間ぐらいで終わる。寝て日数を飛ばせば10分ぐらいでクリア可能。

 

気軽に周回できる反面、1周は薄め。

1周=1ルートなので、1周では話の全体像を把握できない。
最初は色々やってるうちになんだかよくわからないまま終わりがち。

周回を重ねて色々なルートをたどることで真実が見えてくる仕組み。

 

クリアかゲームオーバーでその周回は終了。

「侍評価」画面でプレイ内容に応じた「侍度」と「称号」を貰う。

侍評価の点数はプレイヤーデータに累計として溜まる。
累計で開放されるキャラクリパーツなど、様々な特典も周回プレイのモチベーションになる。

刀、道具、装飾品は次周に引き継げる。
侍道は後述するように「刀の強さ=キャラの強さ」なので、刀を引き継げば「強くてニューゲーム」のようになる。
そのため、次の周回はサクサク遊べる。

一周が短いこともあり、周回が苦にならない。

 

とはいえ、
攻略を見ずにしらみつぶしにプレイした当時、細かいフラグを逃してイベントが進まず何度も同じエンディングへ。
「こんなに頑張ったのにまた同じかよ!」
と投げそうになった。

分岐条件はノーヒントな上、細かい選択肢でルートが変わる。
自力で攻略するのは大変。

ある程度遊んだら、ウンザリする前に攻略を見たほうが良いかもしれない。

 

キャラの強さ=刀の強さ

キャラの強さは、完全に刀に依存している。

刀には硬度・体力・攻撃力・防御力があり、
この刀のステータスがそのままキャラのステータスになる。
キャラは育成できないので刀の強さが全て。

刀が弱い序盤は苦しい。
自分の場合、ゲーム開始直後の3人組戦でいきなりタイトル画面送りにされた。

 

技も刀に依存。
刀それぞれが独自の構えと技を持つ。

構えは「中・下・上・脇構え・片手・忍者構え・居合」などがあり、それぞれ攻撃スタイルや技の傾向に特徴がある。

ハンマー、忍者刀、かぎ爪、物干し竿のようなものまで見た目も様々。

 

敵を倒して刀を奪う。
その刀でより強い刀を持つ相手を狙う。
この繰り返しがシンプルに面白い。

そのうち、
「おっコイツ良さそうな刀持ってるな」
とキャラより刀に注目するようになる。

 

ステータス、技まで刀に依存することもあり、70種類を超える刀の収集は本作のメインやり込み要素。

シナリオを進めることで倒せる固有キャラの刀や、サブクエを進めることで入手可能なレア刀もある。
さらに難易度でもキャラの所持刀が変化。
コンプするのはかなり骨が折れる。

初期性能が変化する刀もあるので厳選も熱い。

所持できる刀は装備している刀込みで3本。
ワールドマップで「刀蔵」に収めて集めていく。

 

共通する基本操作は、
横斬り(□)、縦斬り(△)、防御(R1)。

・横斬りは出が早い。

・縦斬りはダウン状態にも入る。
上手くハマると起き攻めでループ。

・防御をレバー入れ+ジャストで入力すると、カウンター技の「捌き」※が出る。

 

※捌き

刀の種類に関係なく強力。
そのため、相手がステータスで大きく勝る場合は必須のテク。

防御時、
レバー前で縦斬り、後で横斬りを「カキン!」と捌いて大ダメージの一撃。さらに追撃確定。
ザコは一撃で倒せる。

入力は「ガードしながらレバー入れっぱ」で良い。目押しの必要はない。
失敗してもガードは続くのでリスクは少ない。

相手の技を知っていれば縦・横のタイミングがわかるので簡単に決まる。
CPU相手だと読み合いにもならないので一方的に強い。

 

とはいえ、強敵が相手だと、
ガードを固めて捌きを狙うだけでは「ガード弾き」からの強力な連携を食らってしまう。

また、相手に攻撃が当たるかガードすると「硬度」ゲージが溜まる。
(画面左下、緑の体力ゲージ上の赤ゲージ)

大技を撃つか受けると溜まりやすい。

ゲージは時間経過で回復するが、
強敵の大技をガードすると全く回復が間に合わず、ゴリゴリと硬度ゲージが溜まる。

上限に達すると硬度ゲージが1マス減り、硬度0になると刀身が砕ける。
こうなると攻撃はもちろん防御もできない。替えの刀が無いと詰み。

しかも刀身自体が無くなるので修復不能。
せっかくの愛刀が鉄くずになってしまう。

「攻撃、ガード、捌き、ガード弾き」などを使い分け、硬度ゲージを管理してこそ本物の侍。

 

刀を使い込むと、特定コマンドで出せる固有技が開放される。

乱舞ように協力な連携を繰り出す刀や、
全体的にはイマイチだけど1つだけ強烈な崩し技があったり、
一本一本の刀に個性があるので開放しがいがある。

強力な固有技はゲームバランスをぶっ壊すほど強い。

中でも、イベントで戦いやすい京次郎が持つ刀「美帝骨」はゲーム中最強クラス。
ガード崩しから恐ろしいほどの連撃を繰り出す大技「紅大吟醸」が強力。
これだけで全員倒せるぐらい強い。

 

鍛冶のランダム要素でリセマラ

お気に入りの刀を入手したら、
鍛冶屋で鍛えて自分だけの一本を作る。

刀を鍛える上で重要になるのが「質」。

質の分母は刀固有。
一度鍛えると分子が1上がる。

分母+5まで鍛えることが可能。
ただし、分母を超えて鍛えると失敗する可能性がある。

上昇値、成功・失敗はランダム。
そのため、こだわると延々とリセマラすることになる。

PSP版は仕様が変わったのでリセマラが必要なくなった。
嬉しいけど、さみしい気もする。

 

方法に選択肢があり、それぞれリスク・リターンが違う。

 

■質を鍛える

・「攻撃力を上げる」「防御力を上げる」
上がる数値はランダム。片方の数値が下がることもある

・「適当にやってくれ」
攻撃力・防御力ともにランダム変化の運まかせ。
これもリセマラを増やす要因。

 

・アイテム使用
アイテムの「打ち粉」「お守り」を使えば、鍛冶屋不要のセルフ鍛冶が可能。
しかし上昇値+5固定。
上がり幅が少なすぎるので利用することはまず無い。

鍛冶は分母以上で鍛えると失敗する可能性があるが、アイテムは確実に成功する。
しかし+5固定。
鍛冶の上がり幅は分母を超えるほど大きいため、なおさらアイテムで鍛える意味がない。

 

■冠名鑑定

ステータスや斬殺数などの要素を選び、鑑定してもらい冠名をつける。
冠名に応じて刀の能力が変わる。

効果は様々。
一度つけた冠名は変更不可。

おすすめは「鬼神」。
条件:攻撃力100以上と手軽なのに、効果が攻撃力+100と強力。

「神仏拵」も使いようによっては強い。
条件:質(分子)12以上で、質(分母)+3

 

PS2とPSP版、どっちがおすすめ?

PSP版の方が快適に遊べる

PSP版は、無印版に追加要素を足したベスト版(決闘版)をさらに改良。

・自キャラ移動速度向上
・未明・夕方が夜・昼の使い回しから専用グラフィックに
・会話、イベント早送り可能
・メディアインストールでロードが早い。
(インストールしないと遅い)
・鍛冶失敗で能力が下がらない
・「武士の挑戦状」追加

 

調整と追加要素で、PSP版の方が快適に遊べる。

しかしPSP版のグラフィックは、PS2版と比べてだいぶペラい。
PS2で遊べる環境があるならPS2の「決闘版」の方が良いかも。

ただ、PSP版は中古500円以下で買えるのに対して、PS2「侍道2 決闘版」は中古1500円とお高い。

プレイ中はグラフィックの差なんて気にならないので、値段がネックでプレイを諦めるぐらいならPSP版を買った方が良い。

 

「武士の挑戦状」

本編とは別の、PSP版で追加されたステージクリア型ミニゲーム。

クリアすれば刀の質(分子)を下げることが可能。
何度もクリアすれば、気に入った刀をどこまでも強化できる。

これにより、鍛冶リセマラが必要なくなった
また、PS2版では使い道がなかった質の分母が低い刀に利用価値が出た。

 

このモードだけ捌き入力が目押し。
一方、相手の捌き頻度は変わらず。
しかも被ダメージは刀の防御力に関係なく固定。

捌きがシビアなので本編より難しく感じる。
でもリトライ可能なので粘ればなんとかなるはず。

 

侍道シリーズは終了した?

侍道シリーズの続編は「3」「4」まで発売されているが、自分はどちらも未プレイ。

「3」「4」は評判が悪い。

多くの人が「2」が最高傑作だと評価している。
「1」も侍っぽい、わびしさ漂う雰囲気がシリーズ最高と人気が高い。

「3」発売当時の2008年といえば、
GTA4など海外の高品質なオープンワールドゲームが浸透し始めた時期。
「3」発売の半年前には侍ゲーの「龍が如く見参!」が発売されている。

その中で売上こそ10万本超えと健闘しているが、最先端ゲームのクオリティについていけなかった模様。

「4」も売上13万本超えでヒットしたが、評価はシリーズ中最低。
そんな具合で、侍道シリーズの存在感は薄れていった。

 

プレイしてみるとわかるけど、
侍道2だけで、侍道シリーズはお腹いっぱいになる。
そもそもシリーズ化して長続きするような内容ではない気がする。

というわけで侍道シリーズを遊ぶならまず本作、侍道2をプレイすれば間違いない。

気に入ったら前作「1」、2作やってまだやり足りないと思ったら「3」。
どうせならシリーズ全部制覇したいと思ったら「4」までやると良いんじゃないだろうか。

 

まとめ

侍道ならではの、おバカ要素が入り混じる和風の箱庭。
そこでなんでもありの侍生活を満喫。

周回前提のサクサク気軽に遊べる作り。
その周に飽きたらとりあえずクリアしてもう一周と気ままに遊べる。
広大なマップのオープンワールドとは違う自由度がある。

刀収集・強化の熱さでやり込み要素も充実。

 

侍道のシステムは1~4までのシリーズでほぼ共通。
中でも最高傑作といわれる本作、侍道2。
その改良版で遊びやすい「侍道2ポータブル」がおすすめ。

 

侍ゲーが好きな方へ、
次におすすめゲームは?

侍で対戦したいならこちら↓

 

剣豪シリーズの集大成↓








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, RPG, PS2

執筆者:

関連記事

【真ガンダム無双】攻略/感想/評価:「真」の一文字で印象操作 内容は猛将伝

もくじ1 安定の「ダムゲー」クオリティ2 攻略2.1 最高難度(星8)の立ち回り2.2 プラン合成のコツ3 機体ランク3.1 S3.2 A+3.3 A3.4 A- 安定の「ダムゲー」クオリティ 内容は …

アーマードコアシリーズまとめ【PS1/PS2全11作】初心者におすすめな作品はこれ!

PS2世代までの11作品。いわゆる「旧アーマードコア(AC)」シリーズの特徴をまとめた記事です。 僕は11作を全てプレイしほぼ全作がっつりレビューしましたので、その経験をふまえて各作品の特徴を解説して …

【頭文字D Special Stage】攻略/感想/評価:家でじっくり遊ぶと粗が目立つ

もくじ1 頭文字D Special Stageとは2 充実のストーリーモード2.1 歯ごたえのある「真」コース3 あくまでもキャラゲー3.1 変な挙動3.2 変なブースト・ペナルティ3.3 偏ったコー …

ドラゴンクエストVI 幻の大地【攻略/感想/評価】ムドー ダークドレアム その他大勢 記憶に残らない自分探しの旅

唯一、発売当時にプレイしたドラクエ。 公式ガイドブック上下2冊は今も実家にある。 でもなぜか全く記憶に残ってない。 5は売上280万本。6は320万本。売れたわりに存在感が薄いと思うのは自分だけ? ド …

【グランツーリスモ3】攻略/感想/評価:「ドライビングシミュレーター」として劇的進化

【シリーズ別リンク】 もくじ1 「ドライビングシミュレーター」として劇的進化2 GTモード2.1 ライセンス2.2 レース 「ドライビングシミュレーター」として劇的進化 ボリュームアップが主だった「1 …