ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 対戦格闘

【鉄拳5】攻略/感想/評価:すべてがPS2最高峰 サービス要素も盛り込みすぎ

投稿日:2018-06-03 更新日:





発売当時、美術予備校に通うために京都へ引っ越した。その3日前、ゲームやり納めということで買った作品。

【シリーズ別リンク】

鉄拳5とは


アーケード稼動開始から4ヶ月でPS2版発売。鉄拳シリーズで最速の家庭用移殖。
AC版はPS2の3倍の性能を持つ上位基板「SYSTEM256」だが移植は完璧。ロードも非常に早い。


SCⅢと双璧を成すPS2最高峰のグラフィック。床や壁の破壊表現が迫力満点。
480p出力対応。こちらのワイドモード(16:9)は上下カットで損するタイプ。

ワイドで得するタイプ→【ソウルキャリバー3】


キャラ数31名。前作19名から大幅増加。
それまでのシリーズ最多「タッグ」の34名に匹敵。格ゲー全体で見ても相当な人数。


前作の意欲的だが不評だった要素、アンジュレーション、ステージ内の障害物、ポジションチェンジを削除。

AC版の鉄拳5は5.0→5.1→DRとバランス調整されていく。しかしPS2に移植されたのは最初の5.0。
全体的に火力高め。キャラ性能の格差も大きく、特に新キャラ「フェン」の性能が高すぎる。


スタマイズ要素の追加。
せっかくのデザインが崩れるから好きじゃないんだよなーカスタマイズ。


板垣恵介、寺田克也、大暮維人、皆川亮二、いのまたむつみ、永野護といった有名イラストレーター・漫画家がデザインしたエクストラコスチューム。
寺克ファンだから持ちキャラじゃないけどレイブン使うぜ。


「アーケードモード」はAC版のプレイヤーゴーストデータと対戦。対人の再現はやはり難しいようで、VF4evoと同じくワンパターン。ちなみに鉄拳王になるには無敗でも250勝は必要。


ヒストリーモードでAC版鉄拳1~3がプレイ可能と至れり尽くせり。

 

ストーリーモード


ラスボス、仁八の強さが理不尽。無敵技、ガー不飛び道具でゴリ押ししてくる。下段技連発で勝てるけど。

当時、仁八がどうしても使いたくて使いたくて・・・
全キャラクリア、アーケードをひたすら進めて最高段位にして、面白くもないDEVILWITHINもクリア、ヒストリーの鉄拳1~3を全クリ、など色々やった。

今考えるとなんでこんなのを使いたいと思ってたのか謎。後にDR、tag2で念願叶って仁八が使用キャラになったが、使ってみるとただの背が高くてキモいジジイだった。

 



この数のキャラそれぞれに個性的なストーリーがある。プロローグのイラストが格好いい。



このクオリティで計100枚以上。


エンディングも個別。


シリアスからネタ系まで幅広い。


セル画みたいになったりバリエーション豊富で飽きない。


キャリバー?


吉光、ブライアンはもう別の映画みたい。

 

DEVIL WITHIN


オマケの域を超えたボリュームの3Dアクションゲー。操作性は格ゲーと別物。単純なのでとっつきやすい。


ロボット、ジャック系、宇宙人などの敵を倒して進んでいく。


各エリアの最後にはボス。

クオリティは高いが面白いかといえば微妙。
見た目やBGMの変化がないので単調。特に後半の難易度が高く、謎解きも面倒。オマケとしては重い。

クリアすると1,000,000G貰える。マネーは他のモードで稼ぎにくいので、アイテムコンプを目指すならプレイ必須なのがツラいところ。

 

まとめ

グラフィックは鉄拳7をプレイした後に触っても違和感ないレベル。ゲーム性もほぼ完成。さらに盛り込みすぎてとっ散らかってるほどのサービス要素。

イラストとムービーの出来が素晴らしい。鉄拳にあまり興味ない人にもオススメ。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, 対戦格闘

執筆者:

関連記事

【剣豪2】攻略/感想/評価:ストイックすぎる剣豪の日常 二刀流武蔵に挑む

高校生のときハマった作品。 次作:【剣豪3】 もう1つの侍ゲー:【侍道2】 もくじ1 剣豪2とは1.1 キャラクター監修 :寺田克也1.2 ストイック1.3 独自の3すくみ2 二刀流武蔵に挑む2.1 …

【バーチャファイター4 EVO】攻略/感想/評価:クエストモードを無敗でクリア

無印版も買ったはずだけど全く記憶に残ってない。 当時、なんで対戦相手もいないので格ゲばかり買ってたんだろ。やっぱ好きなんだなー格ゲ。弱いけど。 もくじ1 クエストモードを無敗でクリア2 VF4の甘酸っ …

トバル2【評価/レビュー】トバルNo.1から進化したのにFF7体験版がないから売上半減

スクウェア+鳥山明、といえば名作「クロノトリガー」を連想しますからそりゃ期待値は上がるわけです。 でも当時はPSを持っていなかったので、遊べないのが悔しかった作品。 大人になりレトロゲームを思う存分遊 …

【BUSIN0】レビュー/評価/攻略:ウィザードリィ×アトラス×寺克 

面白かった印象が残ってて、またいつかプレイしたいなーと思ってた作品。 そういう願望はだいたい実現しないもの。老後の楽しみとか、第二の人生とか。 ところが自分の場合、30代の働き盛りとしてはあり得ないほ …

【ドラゴンボールZ】レビュー/評価/攻略:アニメ完全再現の人形劇

発売当時は高校卒業した頃だったけどDBゲーはやっぱ買っちゃうんだよなー。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 本作の特徴1.1 アニメを完全再現1.2 ifストーリー2 バトルは地味2.1 殴るだけ2.2 …