ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

レース PS2

【頭文字D Special Stage】攻略/感想/評価:家でじっくり遊ぶと粗が目立つ

投稿日:2018-06-14 更新日:




頭文字D Special Stageとは


アーケードのレースゲーム「頭文字D ARCADE STAGE Ver.2」の移植。ストーリーモード、ボイス追加など色々充実。

BGMはアニメでおなじみのスーパーユーロビート。厳選された36曲。
アニメの声優陣を全員起用。レース中、実況中継のように原作の名台詞を喋りまくるのが特徴。イツキがうるせー


グラフィックは元々良くないアケ版から劣化。PS1並。
まあアニメ1stもこんな感じだったし、リアルだと逆に不自然かもしれない。

側壁にかすった音やスキール音など全体的にSEが軽い。掃除機のように「ウィ~ン」と迫力がないエンジン音。特にFDが耳を疑うほど酷い。


コース際の看板はアケ版から変わらず。峠の雰囲気台無し。


メインモードはアーケード移植の「公道最速伝説」と、家庭用オリジナルの「ストーリーモード」。



しげの氏の美しい水彩画を堪能できるロード画面。ただロード時間は長い。

 

充実のストーリーモード


家庭用オリジナルモード。「秋名のハチロク編」「赤城レッドサンズ編」「プロジェクトD編」の全31ステージ。インプ戦までをカバーする大ボリューム。


原作のカット&原作再現のデモ演出が濃い。


どちらもフルボイス。アニメ版の声優陣を起用。セリフ量が半端じゃない。


アニメに無かったエピソードも。
なつきの腕時計がDQNカップルの車に当たってトラブルになったらしい。なつきの逆恨みじゃねーか。


難易度は高い。自分は難易度ノーマルだと秋名編クリアが精一杯。
「抜かれたら終了」「200m引き離せ」など一風変わったクリア条件がある。基本的にこちらが一方的に不利。1ミスが命取りになる。


ストーリー最終戦「悪夢のマシン」
謎の走り屋(文太)を倒すには秋名で3分切る必要がある。秋名編クリア条件、3分15秒に比べて段違いの速さ。

歯ごたえのある「真」コース


PS2版オリジナルコース。実際の峠を再現。
「真・碓氷」は細かいコーナーが連続する正気とは思えないコース、っていうか公道。ジェットコースターのようにコーナーが連続するので初見で面食らう。さらにCPUの鬼ブロックでなかなか抜けない。


「真・妙義」。こちらも退屈な「妙義」と違い起伏に富んだ走りがいのあるコース。特殊なクリア条件もあって健太ごときに大苦戦。


塩那と正丸を走れる数少ない作品
ステージ16「覚醒の予感」は往・復・往路の3本勝負。
ROUND1 :引き離されるな
ROUND2 :抜かれるな
ROUND3 :引き離されるな&勝利せよ
と、やはりこちらが一方的に不利な条件。どこで負けても最初からやり直しでツラい。渉の鬼ブロックも腹立つ。

 

あくまでもキャラゲー

変な挙動


質の良いレースゲームをプレイしたいなら他をあたったほうが良い。
挙動が独特すぎてレースゲーというより別のジャンル。ホバークラフトのようにヌルヌル。まるで接地感が無い。
車がゴムみたい。ぶつかるとブニブニと気持ちの悪いフィーリング。相手の横に並んでもブニッと弾かれる。

「セガラリー」を手掛けたセガ・ロッソ(旧セガAM5研)開発。挙動自体はセガラリー2と同じらしい。でもここはターマックの公道。違和感が半端ない。

面倒だからATでプレイしたけど、アーケード筐体のシフトを活かすためかMT優遇。どの車もパワーバンドが短いのでATだと加速がもたつく。

変なブースト・ペナルティ


相手が変に早かったり遅かったり、ブーストが不自然。スタートで止まってたり、100m差をつけて順調に走ってたのに気がついたら張り付かれたり。


壁にぶつかると「壁ペナ」で一定時間加速できない。壁走り防止のためとはいえ、あまりにも不自然。

偏ったコース・車


収録車種はほとんど原作のバトルに登場した車。偏ってるし不自然なほど性能差が無い。AE85(ハチゴー)が原作再現で少し弱い程度。原作の本拠地コースでなぜか性能がアップする。


3分前後で綺麗に収まりすぎなコースレイアウト。初級の「妙義」「碓氷」はアクセルベタ踏みの周回コースでダルい。

 

まとめ

アーケードでヒットしたのはわかる気がする。原作ファンが食いつく演出、BGM、初見でもなんとなく走れる変な挙動、チューニングのやり込み要素(アケ版は課金)。

家で一本のレースゲーとしてじっくり遊ぶと粗が目立つ。よほどのこだわりが無い限り飽きるのは早い。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-レース, PS2

執筆者:

関連記事

アーマードコア ネクサス【レビュー/評価/攻略】新生ACの中身は使い回し&小難しいだけのガッカリゲー

「アーマード・コア、新生!」 仰々しいキャッチコピーに期待値はマックス。 発売日の朝に購入し、自転車が跳ねてカゴからソフトが飛び出すぐらいのスピードで持ち帰ってさっそくプレイ。 高校卒業後、俺に残って …

【鉄拳4】レビュー/感想/評価:失敗作? 意欲的なシステムを取り入れた待望のナンバリング

もくじ1 はじめに2 地味で真面目な格ゲー2.1 キャラ数減少2.2 イメージチェンジ2.3 壁・高低差2.4 空中コンボ弱体化3 鉄拳フォース4 おわりに はじめに 格ゲー史上最大のヒットになった「 …

ANUBIS ZOE:M∀RS【評価/感想】PS2の名作ハイスピードアクションが4K・VR対応でPS4に登場

リマスターとはいえ元は15年前の作品。「初見で思い出補正がない人間が、山のようにハイクオリティな作品が世に出ている今プレイして正直どうなの?」って部分に注目しながらPS2の名作「ANUBIS」を初プレ …

【Gジェネレーション NEO】攻略/感想/評価:新しいGジェネ クロスオーバーシナリオ&意欲的な新システム

当時、サイコMk-Ⅱ、クインマンサ、ノイエジール、αアジールとか作って俺ツエーした後「あれ、もうやることない・・・」と思ってすぐ売ったような。 もくじ1 新世代機の新しいGジェネ1.1 クロスオーバー …

【DiRT 3 Complete Edition】攻略/感想/評価:グラフィックとレースの面白さを台無しにする2つの要因

もくじ1 シンプルにレースを楽しむ仕様2 アシスト機能で誰でも快適3 豊富なコース&車3.1 ロケーション3.2 時間帯、天候3.3 車種4 強制ジムカーナ5 あいかわらずの色味フィルター6 まとめ …