ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 STG

グラディウスV【評価/レビュー】プレイヤーを惹きつける上質な魅力、突き放す難しさ

投稿日:2019-05-24 更新日:






グラディウスといえば最高傑作はⅡ。Ⅲは賛否両論、Ⅳは不評。

…「V」のことを忘れていませんか?

ナンバリングですがアーケード移植ではなく家庭用オリジナルです。
現時点で「グラディウス」シリーズ最終作。

 

シリーズ中では簡単な方といわれています。一番簡単という声もあるほど。
しかし実際プレイしてみると、自分がグラディウス初心者ということもあり今までに攻略したSTGの中で一番難しかったです。
「R-TYPE Δ」の10倍以上死にました。

ベリーイージーでようやく1コインクリアして見えた、グラⅤがプレイヤーを惹きつける魅力と、突き放す難しさを紹介します。



上質な大作STG

キャッチコピーは「未知なる領域へ」。

伝統のシリーズに新システムとPS2水準のグラフィックを融合し、新たな面白さを提案。

 

STG人気が衰退し消えかかっていた2004年に登場した、STG史上最後の大作といわれる作品です。

横スクロールSTGは背景だけでなく地形も描写するため、縦STGと比べて制作の手間が倍増します。
その横STGで圧倒的な物量にボスラッシュ、美しいグラフィックと凝ったギミックを詰め込んだ非常に豪華な作りです。

家庭用専用ということでじっくり遊べる大ボリューム。1周クリアに約70分かかります。
もちろんシリーズ最長。STG史上最長かもしれません。

 

ちなみにグラディウスは「横STG御三家」と言われる3シリーズのうちの1つ。

■横STG御三家
・グラディウス
・ダライアス
・R-TYPE

3シリーズの中でもグラディウスは別格で、「地形」「障害物」の概念をSTGに取り入れることに成功した記念碑的作品です。

 

制作はトレジャー。
雰囲気・ステージ構成は同社制作の「斑鳩」「レイディアントシルバーガン」を彷彿とさせます。

「斑鳩」のような上品な味わいの3Dグラフィックとエフェクトが美しい。

反面、自機・障害物どちらも3Dな上に奥行き表現で地形にパースがついているため判定がわかりずらいのが難点。接触事故が多発。

コショウを振りかけたような敵弾も見えづらく、気がついたら被弾してます。

 

グロテスクな面が1つある以外はほぼ同じシチュエーションが続きます。
背景は宇宙や基地といった無機質な物に統一。ずっとグレーです。

自然・有機系のモチーフが目立つ過去作に比べると各ステージの外観の変化が少なめ。
シリーズ伝統の「モアイ」「火山」も出ません。

そのためシリーズファンからは「グラディウスらしくない」「でも前作より断然綺麗だし面白いからこれぞ正統進化!」と賛否両論です。

 

ボスもとにかくコア、コア、コア。ザコにもたまにコア。
旧作に登場した、コアを持つ不気味な大型メカのラッシュが続きます。

どいつもこいつも個性的な攻撃パターンを持つ強敵なので、グラディウスならではのコアボス戦を存分に楽しめます。

反面、過去作に登場したドラゴンや植物などの生体系ボスはほぼいません。

 

2面、7~8面間には「ステージ中のデモムービー」が挿入されます。

重要な場面を強調し、緊張感を演出するアクセントとして効いていますが、カット不可なので練習で何度も周回するとダルいです。
テンポ良く遊べるのがSTGの魅力だと思うので、デモはカット可能にしてほしかったところ。

 

システム解説

本作の特徴的なシステムを解説します。

 

・自機の動きに追従して支援攻撃する「オプション」
・ゲージとボタン操作による「パワーアップ」

というシリーズおなじみの要素は引き継ぎながら、後述する新システム「オプションコントロール」を全面に押し出しています。

 

STGの中でもシステムが複雑で、意識する場所が多いです。

・パワーアップゲージを見てアイテムを取り、状況に応じて使用
・状況に応じたオプションコントロール
・判定のわかりづらい壁を避けながら背景と同化した敵弾をかわす
・当然のような初見殺しに対応
・ボスの弱点(コア)に撃ち込む
など色々と意識してプレイする必要があります。

特にパワーアップ操作が忙しいのでシリーズ初プレイだと慣れるまで操作が大変。

 

シリーズは伝統的に、特定ポイントから再開する「戻り復活」ですが、本作はデフォルト設定が「その場復活」となっています。

しかも復活後はミス前に持っていたオプションがステージ中に浮いており簡単に再入手可能。
グラディウスはミス後、丸裸からの復活が見どころでもあるので大胆な変更です。

逆にいうとこれだけの親切仕様でもクリアできないくらいの難しさ。

オプションで戻り復活にすることもできますが、メリットがないのでより難しくなります。

 

「オプションコントロール」

オプション操作ボタン(R1)を押している間、オプションの挙動が変わります。

グラV最大の特徴であり醍醐味。
コントロールを上手く活用することが前提のステージ構成。

挙動の特性は4タイプ。それぞれのタイプで別の攻略が楽しめます。
以下、タイプ別の解説。

 

タイプ1:フリーズ

オプションの隊形を固定させたまま移動可能。

状況に応じて隊形を組めば万能な反面、固定する前に隊形を整える必要があるのでアドリブで使いにくいのが弱点。
といってもアドリブで動けるのは上級者なので、とりあえず1周クリアを目指すならタイプ1で堅実に攻略していくのが良いと思います。

 

タイプ2:ディレクション

自機移動ができなくなるかわりに移動操作でオプションの攻撃方向を変更。

多方向からの攻撃に強い反面、自機が動けず壁越し攻撃が苦手なので扱いが難しいです。

 

タイプ3:スペーシング

自機の上下にオプションを配置。間隔を変更可能。

グラディウスならではの追従オプションに不慣れな初心者向けですが、色んな隊形を使った壁越し攻撃を使えないので対応力に欠けます。

 

タイプ4:ローテート

オプションが自機周囲を旋回。

自機を囲む隊形を作るのが簡単ですがやはり対応力に欠けます。

 

グラディウスならではの難しさは好みが分かれる

STGとしては例外的に強い、何回か攻撃に耐えるフォースフィールド(バリア)が頻繁に補給できるのに全く生き延びられないこの難しさ。

グラディウスならではの難しさなので、STGの経験があってもグラディウス初心者には鬼に感じます。

 

全方向から押し寄せる敵をオプションフル装備でしのぐことを前提にしているステージ構成なのでオプション操作が重要。壁越し攻撃や隊列を駆使する必要があります。

「隊列の配置を間違えるとどう頑張っても詰み。オプションが無いと当然詰み」みたいな状況が多く、ミス後にオプション回収失敗するとどうしようもない状態になります。

ボス戦も同様で、自機だけでは守りも弱点のコアに撃ち込むのも至難の業。
1面ボスすら発狂するとオプション無しでは手がつけられません。

 

横スクロールだから基本横に撃つのですが、普通に上・下方向スクロールがあって戸惑います。

ステージ3ボスのグランドスパイダー戦はずっと下スクロール。理不尽です。

まずボスが下から登場して上登ってくるため、判定が厳しい足の隙間を潜って下に降りることに。この時点で初見殺し。

地形を崩しながら大型レーザーを撃たれたりで延々と激しい攻撃にさらされる中、オプションを上に固定して撃ち込むか真横に潜って攻撃。

攻略法がわからない初見では絶望すら感じます。

 

後半ステージはさらに鬼。

5面ボスはもう笑うしかないです。

隕石に囲まれる中、隕石をかき分けつつ機雷をバラまいてボス登場。
360°ひしめく障害物に囲まれながら敵弾とボスの体当たりに耐える、もはやSTGとは思えない有様。

この攻撃に耐えるのは、例えるなら「カサ数本さして豪雨の中全く濡れずに進め」と言われているようなもの。

 

ちなみにバリアをつけると食らい判定が大きくなります。
そのため囲まれるような攻撃をバリア維持して避けるのはほぼ不可能。すぐバリアが剥げて丸裸になります。また、ボスやオブジェクトの体当たりはバリアがあっても即死。

 

ようやくボスに攻撃が通るようになると、さらに強烈な攻撃にさらされます。
前からバラまき弾、後ろから絶え間なく押し寄せる隕石。もうどこを見ればいいのかわかりません。

 

5面ボスを必死で倒した後の6面。
毒ガスのギミックが難しすぎてしばらく攻略放棄しました。

地形の動きに合わせて押し寄せる緑のモヤモヤに触れるとアウト。何かの間違いかと思うほど問答無用でモヤモヤが押し寄せます。

こういう狭くて入り組んだ地形はミス後にオプションが地形に埋まったりして回収が困難。一度ミスると立て直せません。

 

7面高速スクロールは高速エレベーターとシャッターを抜けるタイミングがシビアすぎます。
ここはオプション回収どころではなく、その場復活→地形に挟まれてミスのループ。

 

最初は自機の判定が小さく、4オプション装備の攻撃が爽快なので気持ち良く遊べますが先に進むほどグラⅤが本性を現します。

後半は撃ち込んで敵を倒すというより、ひたすらパズルと電撃イライラ棒をやらされてる感じ。合わない人には本当に合わないと思います。

一面をプレイした感覚で「オプションの大火力とバリアでゴリ押しながら爽快に動けるSTG」だと思って先に進むと「こんなはずではなかった」とショックを受けること間違いなし。
覚悟を持って挑みましょう。

 

1周クリアすると、難易度アップした2周目が始まります。
STGではよくある仕様ですが、本作はなんと255周目まで続行。

255周目ともなると画面が敵弾と障害物で埋まっており、自機がどこにいるかもわかりません。
攻略不可能に見えますが、YouTubeに255周目を攻略しているプレイ動画がありました。
観れば「人間に不可能は無い」ことを実感できます。

 

まとめ

美しいグラフィックと新システム、凝ったギミックと作り込まれたゲームバランスはプレイヤーを惹きつける上質な魅力があります。

一方、オプション装備前提で初見殺しが延々と続くステージ構成はプレイヤーを突き放す難しさ。
また、気軽に遊べない大ボリュームともったりしたテンポは、爽快にサクサク遊びたい方には不向きです。

美しいグラフィックで歯ごたえのある上質なSTGをじっくり時間をかけて攻略したい方にオススメ。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, STG

執筆者:

関連記事

【バーチャコップ&Re-Birth】攻略/感想/評価:SS版とPS2版を比較しながらパッドでプレイ

サターン2本目のソフト。PS2のRe-Birth版と比較しながらプレイ。 もくじ1 バーチャコップとは2 SS版とPS2版の違い バーチャコップとは 小学5年だったか、サンタさんのクリスマスプレゼント …

パンツァードラグーンツヴァイ【レビュー/評価/攻略】奥スクロールSTGの名作

「スペースハリアー」などでおなじみの「奥スクロールシューティング」。 その最高傑作をサターンユーザーが選ぶなら、おそらく頂点に輝くのが本作。 神ゲーすぎて奥スクロールというジャンルそのものを終わらせて …

【ラストブロンクス】攻略/感想/評価:見た目に反して真面目なバーチャ+α

もくじ1 ラスブロの特徴1.1 魅力的なキャラ1.2 バーチャ+αのシステム2 まとめ ラスブロの特徴 バーチャとは違う、ストリートギャングの抗争という独特の世界観を描く。 舞台は昭和終わりの東京。 …

【エースコンバット2】レビュー/評価/攻略:前作から劇的に正当進化 エスコンの魅力を凝縮した一本

「7」発売で盛り上がってるときにあえての「2」。 もくじ1 はじめに2 正当進化2.1 グラフィック2.2 操作性2.3 サウンド3 ボリュームアップ3.1 機体3.2 ミッション4 おわりに はじめ …

【真三國無双3&猛将伝】レビュー/評価/攻略:地味なグラフィック×理不尽なシステム×爽快感がないアクション

「2猛将伝」の半年後、2003/2/27発売。 無双シリーズ:【シリーズ別リンク】 もくじ1 評判が悪い無印版1.1 地味なグラフィック・BGM1.2 理不尽なシステム1.3 爽快感がないアクション1 …