ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

RPG PS3

スカイリム SE【攻略/評価】永遠に引きこもれる本格ファンタジー

投稿日:2017-11-12 更新日:






「自由度の高いオープンワールド」といえば、発売から8年たった今でも必ず名前があがる作品。

評価は今でも賛否両論。

最高のゲームと言う人もいれば、つまらないという人もいる。
未プレイだと「なにをするゲームなのか」すらわからないと思う。

 

そこで、
個人的な偏見に基づいて本作の魅力を紹介する。

結論をいうと、
「マリカー、スマブラ、スプラみたいな他人と争うゲームは疲れた。架空のファンタジー世界に引きこもりたい気分。」

そんな人におすすめ。



永遠に引きこもれる本格ファンタジー

スカイリムとは

シングルプレイ専用のオープンワールドRPG。

「The Elder Scrolls」シリーズ第5作。
圧倒的な自由度と、作り込まれた世界設定で人気のシリーズ。
2011/11/11発売。

 

主人公は、竜神の祝福を受けた存在「ドラゴンボーン」。

ドラゴンに助けられた主人公は、ドラゴンを倒すために旅立つ。
色んな人との出会いを経て、黒竜アルドゥインに挑む物語。

 

同じオープンワールドでもGTAのような都市とは違う、本格ファンタジー「北の地・スカイリム」が舞台。

広大な自然に5つの大都市と小さな町。そして数えきれないほどの集落やダンジョンがある。

 

海外では、神ゲーを超えた超神ゲー評価を受けている。
90点以上で神ゲーといわれる海外レビューのメタスコアが、驚異の96点。

 

ちなみに、

SE(Special Edition)は次世代機向けリマスター版。
大型DLC3本入りで「レジェンダリーエディション」より安い。

今回プレイしたのはPC版。
本記事の画像は全てグラフィック品質「中」設定。

 

本物のロールプレイ

序盤、いきなり広大な世界に放り出され、何をしたらいいのかわからず途方に暮れる。

盗賊ギルドや怪しげな集団への加入、魔法大学へ入学、神々の頼まれ事など、クエストのバリエーションは様々。

自由に広大なフィールドを探索し、人々と交流しながら無数のサブクエストを見つけていく。

それをいつやっても良い、やらなくてもいい。

地道に働いて生活費を稼ぐ、遺跡を探索する冒険者、狩人、錬金術師、コソドロ、など何になってもいい。

全てプレイヤーの自由。

これが、与えられた役割ではない本当の「ロールプレイング」ゲーム。

 

自由なプレイを受け入れるだけの広大な世界&圧倒的な作り込み。

5つの大都市、無数の町や村、150を超えるダンジョンが点在。
見える場所は全て行ける。

オープンワールドにありがちなハリボテではなく、家に入ることも可能。

家の中まで生活感が匂い立つほどの作り込み。
皿、食べ物、酒、素材など、なんでもアイテムとして拾えるので、いちいち探りがいがある。

 

前作のダンジョンデザイナーは1人だった。
本作で8人に大増量。

凝った謎解きや罠がある複雑なダンジョンになった。
じめじめした長い道を抜けると天井の割れ目から光が差し込むとか、演出も凝ってる。

最奥部はボスが出現。
敵の強さはダンジョンに入った時点のプレーヤーLVに固定される。

メインクエスト以外のダンジョンは構造も変わり、高LVほど奥へ深くなる。

 

NPCは前作から進化したAIを搭載。
それぞれ農業や鉱業などの仕事につき自律して生活している。

ちゃんと仕事に応じた生活リズムになっているのが面白いところ。
例えば農業をしている人なら、朝起きて、昼に仕事して、夜になったら寝る。

裏稼業や狩人は夜も活動。
だから、深夜にウロウロする人に出会ったら「こいつ、たぶんマトモな人じゃないな」と推察できる。

生きている世界を相手にしている実感がある。

 

これらの作り込みによって、

まっすぐクリアして20時間、
ウロウロしながらだと50時間、
コンプを目指すと100時間、
この世界の全てを楽しみたい
→1000時間以上。

ハマれば永遠に引きこもれる作品。

 

オンリーワンの「画作り」

綺麗だけどめちゃめちゃリアルって感じでもないし、派手さも無い。

2011年のゲームなので、2019年水準のゲームと比べるとやはり数段落ちる感はある。

しかし「画作り」で本作の右に出るものはない。

プレイすれば「本格ファンタジー世界を旅してる感」は今もオンリーワン。

 

誰に決められたわけでもなく自由に探索してるのに、つい見とれてしまうような景色が次々と現れる。

針葉樹林の森、谷間に点在する生活感のある村、怪しげな古代遺跡など、
北国らしいロケーションの魅力満載。

時間帯、天候はリアルタイムで変化する。臨場感が凄い。

 

普通のゲームなら、街と街の間にある岩場や森は「ただ配置されている」という感じで、特に見どころなんてない。
さっさと移動するだけ。

ところが本作は、なにげない移動中に「本当にこんな場所がある」かのような景色を見せてくる。

曇と雪の白い世界、オーロラ、冷たそうな流氷、先が見えない吹雪。
こういう景色を見ると、本当に「空気が冷たい」と思う。

緻密な世界設定と、広大なフィールドをまるごと緻密に設計した、圧倒的な作り込みのなせるわざ。

派手なデザインで、地形が起伏に富んでるようなゲームは沢山ある。

しかし、「空気が冷たい」と思えるような世界を作り上げたゲームは他にはない。

プレイすれば、本作がオンリーワンと言われるのもうなずける。

 

現実世界をモチーフにして作り込むとこうなる↓

 

良くも悪くもリアル

アクションゲームと比べちゃいかん

このシリーズ、アクション部分は「つまらない、地味、泥臭い」と不評の声も大きい。

 

本作において戦闘は「この世界でできることのひとつ」にすぎない。

だから戦闘時だけ特別なスタイリッシュアクションができるとか、そういう特別扱いは無い。

 

一応、トドメ演出「フィニッシュムーブ」や竜語魔法「ドラゴンシャウト」などで過去作よりは爽快感とメリハリがアップしている。

しかし、やはりもっさり。
攻撃したときの手応えに特別な演出はなく、ザクザクと軽い。

自キャラ、相手ともに通常時と同じく自由に動き回れる。
そのため自由度の高い攻略が可能だけど、逆にいうとバランスが雑。

 

戦闘はあくまでも「できることのひとつ」として割り切り、システムに縛られない開放感を重視した作り。

ダクソみたいにアクションゲームとして練りこんだ作品とは全くの別物と考えた方が良い。

 

リアリティ重視のゴツいキャラ

ご覧の通り、
キャラクリの時点で脱落する人は多い。

「リアリティ重視の世界観にモデルのような美男美女はいらない」
と海外の一部ファンの声がウルサイらしい。

余計なことを……

種族を大きく分けると、「人間、エルフ、獣人」。
いずれも洋ゲーらしくゴツい顔。
どう作ってもゴツい。

 

MOD入れない派

 

MODとはユーザーが作ったデータ改造ファイル。

負荷の高い光源処理を導入してグラフィックを強化したり、キャラの顔をMODで美少女にしたり、オリジナルデザインの新装備を追加したり。
可能性は無限。

 

開発元のベセスダはMODに対して好意的。
MOD製作者をスカウトして開発に入れたり、公式のMOD製作ツールを宣伝するほど。
Xbox One、PS4版もMOD対応らしい。

 

しかし自分の場合、
MODを入れ始めると歯止めがきかず、PC版はいつもMOD集めでプレイ終了してしまう。

かつては限界まで高画質MODを入れて、
移動スピード10倍指輪とか機械アーマーみたいなのを着込んで無双してた。

でもMODを入れると世界観とゲームバランスが崩壊するので、途中で急激に飽きる。

そんなことをやってるから、PC版オープンワールドは最後までプレイしたことがない。
だからMODが面白そうゲームでも、PC版とPS4版が並行発売ならPS4版を買うようにしてる。

今回も、話がややこしくなるのでMODは入れず普通にプレイした。

 

また途中で投げた男の感想

ここまできていうのも何だが、

実を言うと自分はこのシリーズが肌に合わない。

縛りが無いので「ゲームしてる感」が薄い。
そのためいつも途中で投げてしまう。

自分には本格ファンタジー世界をのんびり楽しむような心の余裕がないってことだろう。

やはり今回も途中で投げ出した。

でもせっかくプレイしたので、
記事の締めくくりとして、今回進めたところまでの流れをサクッと紹介。

 

キャラクリがゴツいのを活かして、強そうな見た目にしてみた。

 

断頭台に頭を乗せるときの気持ちを、
ここまでリアルに体験できるゲームは他にない。

 

景色を楽しみながらリバーウッド村へ。

ムービーではなく、自由行動の中でこの風景を見せつけるのが凄い。

R3押し込みで主観視点(FPS)・背後視点(TPS)を切り替え可能。

 

首長に報告しに行く場面。

本作は会話の進め方にちょっとクセがある。

最初にプレイしたときはここでイライラして兵士を殴って乱戦になった。
そのままひたすら東へ高飛び。

メインクエストを無視して色々やってるうちに飽きてしまった。

今回はそんなことにならないよう、粘り強く会話を進める。

 

山賊だと思って倒した人が普通の人だったらしく、いつの間にか犯罪者になってた。

誰も見てなかったのに……

犯罪者になると村人もみんな敵になる。
会話ができなくなるのでクエストが進まないし、施設は使えない。

こうなるとさっそくゲームを投げたくなる。

しかし、投げたい気持ちをぐっと押さえて粘り強くプレイを続行。

時間がたつのを待って、罰金を支払って犯罪をもみ消す。

 

序盤からドラゴン戦。
ダクソと同じでケツに張りつくと良い。

 

心臓破りの7000段階段へ。

道を間違えて反対方向に進んだり、熊にやられたりでずいぶん遠回りしてしまった。

 

最初に到達するまでは自キャラが遅いせいもあってはるか遠くに感じる。

でもファストトラベルが便利なので移動のストレスは無い。
一度発見した場所へ簡単にワープできる。
ロードも短いので非常にスムーズ。

 

メインクエスト「外交特権」

装備を奪われ、パーティー服で敵集団の中へ。

日本語化してるのでテキストは読めるけど、なにをやってるのか状況がよくわからない。

火炎の十字放射を食らって無理ゲー。
敵を倒さないと脱出できないので詰む。

過去3回ニューゲームで始めて、もれなくここで辞めた。



しかし今回は粘り強く戦う。

ドラゴンシャウト&回復フル活用で孤立した奴を倒し、装備を剥ぎ取ってなんとか突破!

 

このへんで飽きた。

だって、なんのためになにをやってるのか全然わからないんだもの。

 

まとめ

見方によってはイマイチな作品と言うこともできる。

舞台は美しいけど、ここでやりたいことが見つからない。
クエストは山ほどあるけど単発ばかり。戦闘が単調。

 

しかし、
「やりたいことなんて必要ない。この世界にいるだけで幸せ」
と思える人にとっては最高のゲームになりうる。

効率のいい攻略とか、マルチ対戦の「他人を倒した、倒された」「あいつより上手い、下手」みたいな不毛な争いに疲れた。
本格ファンタジー世界に引きこもりたい。

そんな人におすすめ。

 

スカイリムが気になる本物志向な方へ
次に紹介するのはこちら↓








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-RPG, PS3
-

執筆者:

関連記事

ラストオブアス リマスタード【評価/感想】好き嫌いはともかく一度プレイしておきたい作品

2019年、待望の続編「2」発売で盛り上がる「ラスアズ」。 そんな名作を今さらながら初プレイ。 記事の最後だけネタバレ強めなので、未プレイの方は読み飛ばしを推奨。 マルチとDLCについては割愛。 もく …

【nfs ホットパースート】攻略/感想/プレイ:ゲームをやり込むことに疲れた人へ最高の一服

【シリーズ別リンク】 もくじ1 nfshpの特徴1.1 誰でもできるブレーキングドリフト1.2 秘密兵器でライバルをぶっ潰す1.3 夢のスーパーカー2 舞台はアメリカの大自然3 メインモード「キャリア …

ドラゴンクエストVI 幻の大地【攻略/感想/評価】ムドー ダークドレアム その他大勢 記憶に残らない自分探しの旅

唯一、発売当時にプレイしたドラクエ。 公式ガイドブック上下2冊は今も実家にある。 でもなぜか全く記憶に残ってない。 5は売上280万本。6は320万本。売れたわりに存在感が薄いと思うのは自分だけ? ド …

サイコブレイク【評価/感想】ホラーというよりパズルゲー 見えない動けない

ディレクターはバイオハザード生みの親、三上真司氏。 そのため発売前は「真のバイオハザード」になると期待を集めた作品。   バイオハザードは一通りプレイ済。 「バイオ6」で本家バイオハザードが …

バイオハザード5【レビュー/評価】普通のTPSにもバイオにもなれない中途半端さ

PS3版はクリア済。久しぶりにSteam版をプレイ。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 バイオ5とは1.1 前作ベースのシステム2 緊張感がない3 相棒システムに難あり4 バグで詰んだ5 まとめ バイオ …