ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション PS4 モンハン:ワールド

【モンハン:ワールド】攻略/感想/評価(7):ゼノジーヴァ戦→大剣でソロクリア! 苦戦した敵TOP5

投稿日:2018-02-05 更新日:




前回、必勝法に気づいて3古龍を撃破。ついにラスボス戦へ。

ラスボス戦→大剣でソロクリア


主人公の小芝居が笑える。結局、最後までカッコ悪い装備で来てしまった。

任務★9「収束の地」


vsゼノ・ジーヴァ
ダクソ3DLC2の「闇喰らいのミディール」っぽい。あっちの方が100倍強いけど。
同じような大剣使って同じような立ち回り。


デカい。光ってる頭と前脚、尻尾を狙う。
前脚と尻尾がちょこまか動く。大剣は縦斬りをちゃんと当ててダメージを稼がねば。
狙った部位が移動する位置を予測し、そこに攻撃を置く感じで振るといい。ノーロック推奨。


顔に近づけばブレスもビームも当たらない。攻撃のチャンス。
前脚なぎ払いが地味に痛い。その前に移動して位置を調整するので見切ることは可能。


「エネルギー開放形態」になると攻撃に追加効果、下の地面を溶かして炎やられ+地形ダメージ。
ボディプレスの後「龍雷大噴出」追加。チャンスだと思って近づくと大爆発。
一定時間たつと直立ビームでエネルギーを吐き出し、ヘトヘトになりながら通常形態に戻る。股間に潜ってひたすら殴るが、微妙に後ずさりしながら真下に吐くので同じ位置にいるとそのうち食らってしまう。


飛んでるときは特にやることがない。特に危険もない。地面に落ちてるスリンガー弾を数発当てれば落とせる。


素材に目がくらんで尻尾をしつこく剥ぎ取る→大技食らって1落ち。


攻撃を避けるのが簡単、食らっても追撃がヌルい、スキだらけで攻撃しやすい。→弱い。
一番やっかいなのは地面の炎ダメージといってもいいぐらい。体力が多いから面倒くさい。


クリアしても新大陸の探索は終わらない。むしろこれからが本番。


エンディング後にゼノ討伐クエストがない。せっかく頑張ったのに素材が足りず、何も作れない。1落ちしてまで尻尾を剥ぎ取ったのに。
→HR(ハンターランク)24ぐらいまで上げたらフリークエ「冥き河にて灯火掲げん」が出た。

 

クリアまでに苦戦した敵TOP5

強敵達を思い出とともに振り返る。(まだ戦ってないヤツは除く)

1位:ネルギガンテ

おそらく一番時間を費やした相手。苦戦したのがゲームに慣れた後半、「勝てそうで勝てない」というストレスもポイント高い。

攻撃力が高く、追撃がしつこい。おおよその攻撃を見切って希望を持ったプレイヤーに絶望を与える起き攻め&空中ダイブ。いまだに回避できない。
さらに洞窟の奥で寝てからが異様に強い。スキあらばハメパターンで仕留めてくる。

恐怖の起き攻め→【モンハン:ワールド】(5)

2位:レイギエナ

まず見つけるのに苦労した思い出。滞空時間、氷ブレスからの追撃、エリア移動の長さ、どれをとってもイヤラシイ。
この頃、閃光弾や調合を理解してなかった。上達した今なら楽勝?

見つからない倒せない→【モンハン:ワールド】(2)

3位:アンジャナフ

最初に立ちはだかる壁。それまでの相手と比較にならない圧倒的な攻撃力。尻尾の位置が高い、顔を狙うとリスキー。
序盤の簡単なクエで「懐に潜って殴るだけのヌルゲー」だと勘違いした初心者に牙をむく。

初めて経験する暴力→【モンハン:ワールド】(1)

4位:クシャルダオラ

最強のわからん殺し。対策すれば3古龍最弱とはいえ、準備に手間がかかる。
調合と植物研究所について理解するきっかけになり、その後のプレイが楽になった。ある意味、恩人。

風まみれ(笑)→【モンハン:ワールド】(6)

5位:ディアブロス

地味に強い。大剣装備に有用な素材なので何度も戦った。
突進、潜り突きからの追撃で即落ちの恐怖。いつ戦っても緊張感がある。

初見で倒したのはマグレ→【モンハン:ワールド】(3)

 

クリア後の感想

クリアまで夢中で40時間。
起伏に富んだフィールドをところ狭しと暴れ回るモンスターに感動。弱点に攻撃したときの肉に食い込むようなヒット感がすごい。シリーズ経験者にとっては当たり前かもしれないけど、初モンハンなので全てが新鮮で楽しかった。
ただ、中盤以降の痕跡集めは水増し臭が。リオレイア亜種→ネルギガンテ→3古龍。恐怖の5連続痕跡集め。

ソロ専に易しい仕様。
初心者がソロでも試行錯誤しながら手応えのあるバトルを楽しめる。オトモがとにかく優秀。
マルチは人数関係なく敵の体力2,6倍&火力アップ。毎回ベストメンバーが集まるわけでもないし、はっきりいってソロの方がオイシイ。

システムを覚えるほど引き出しが増えて面白くなる。
戦闘を頑張るだけでも中盤までいけるから色んな要素を軽視しがち。しかし多少遠回りでもまんべんなく理解していった方が楽しめる。結果的に効率も良い。
シリーズを重ねてるだけあって要素の多さに最初は戸惑う。それでも徐々に理解していけば全て噛み合っていることに気づく。
植物研究所クエをこなせばアイテム集めがラクになり、それを調合してより良いアイテムを作れば戦闘がラクになるといった具合。

武器にもそれぞれに強みがあり、それを引き出すように使うと良い。大剣の高いガード性能を使わないのは損、ってことにネルギガンテでようやく気づいた。
溜め斬りを○タックルでキャンセルして真溜め斬りを出せることはクリア後に知った。


次回、色んな武器種を試しながら残ったクエストをやっていく予定。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS4, モンハン:ワールド

執筆者:

関連記事

エースコンバット3 エレクトロスフィア【レビュー/評価】ぶっ飛んだSFストーリー×極限の作り込み→傭兵に戻りたい

評判を聞けば賛否両論。 シリーズの異端児で比較対象も無いから、話を聞くだけでは良作なのか駄作なのかイマイチはっきりしない作品。 実際のところが知りたい、そしてウワサの架空機に乗りたいので真エンディング …

シャドウオブザトゥームレイダー【レビュー/評価】トゥームというよりアンチャ 何かが違う最終章

中古1800円!「あれ、今年9月発売なのにオカシイな」と思いつつ、あえて評判を見ないで購入。 プレイすると値段が安い理由がわかったので、賛否が分かれそうなポイントを簡単に紹介します。  ヤギ …

【バイオハザード7】レビュー/評価/感想:プレイするとバイオらしさを感じる FPS・グロ・汚物で敬遠するのはもったいない

【シリーズ別リンク】 もくじ1 バイオ7とは1.1 あらすじ1.2 システム一新で原点回帰2 原点回帰=バイオらしさとは2.1 もどかしさ2.2 探索2.3 怖さ3 気になる点4 まとめ バイオ7とは …

【戦国無双 猛将伝】レビュー/評価/攻略:無印版を改善してようやく完成した「前人未踏の爽快感」

無双シリーズ:【シリーズ別リンク】 もくじ1 戦国無双 猛将伝とは1.1 評判の悪い無印版1.2 やっぱり出た猛将伝2 無印の不満点を改善+α2.1 新モード「練武館」が熱い!3 知行システム4 まと …

ゴジラ・ジェネレーションズ【レビュー/評価/攻略】こだわりの原作再現・破壊表現 アクションゲームとしては難点が多すぎる

ゴジラを操作して日本各地の都市を破壊していく。ただそれだけのゲーム。    ヤギゲームブログ ゴジラゲームまとめ【進化の歴史】SFC/PS/SS/DC/PS2/PS4まで …