ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション PS4

New ガンダムブレイカー【攻略/評価】何をやってるのかがわからない謎ゲーム

投稿日:2019-02-26 更新日:






「ガンプラを作って動かす」のが面白い「ガンダムブレイカー」シリーズの4作目。

3作かけて作り込んだシステムをぶん投げ、全体的に新しく生まれ変わったのが特徴。
そのためタイトルはナンバリングの「4」ではなく「New」。

体験版をプレイ後、製品版はスルーしたけど、なんか心の片隅に引っかかってた。
そんなとき、ふらっと立ち寄ったゲーム屋で中古500円だったのが目に止まり購入。

散々炎上した作品なので出来については言うまでもない。
具体的に何がどうヤバい作品なのかを自分なりに解説。



何をやってるのかがわからない

まず、何をやってるのかがわからない。
言い方を変えると、何をするゲームなのかわからない。
さらにいうと、何を楽しめば良いのかがわからない。

 

ルールについて。

クエストクリアでポイントを競う形式の謎ルール「G-cube」で3vs3の2チームが戦う。
どこからともなく「第三勢力」と呼ばれるデク人形がわらわら湧いてくる。

クエストの内容は「第三勢力~体撃破」「コンテナ~個破壊」など作業的なものが数種類。
ゲーム開始からクリアまで延々と同じことの繰り返し。

制限時間切れの段階でポイントが勝っているか、「メインターゲット撃破」クエストをクリアすれば勝利。

これが謎の仕様で、いくらポイントが負けていてもメインクエストさえクリアすれば勝利になる。フェアじゃない。

 

戦況を動かしてる実感が無い

戦況を動かしてる実感が無い。
それもそのはず、実は棒立ちでもクリア可能。

味方NPC (ヒロイン)がしっかり働いてくれる。
「全然動かないから、いない方がマシ」みたいなNPCを配置するゲームが多い中、攻めた作りといえる。

第三勢力(ザコ)、ターゲット、コンテナ破壊といったクエストとNPCの相性も抜群。
敵は「G-cube」ルール無視のテキトーな立ち回りなので弱いこともあり、勝手にサクサクとクリアしてくれる。

飯食ってる間に気がついたらクリアしてる神ゲームバランス。

 

カスタマイズの面白味が無い

カスタマイズの面白味が無い。

そもそも戦況を動かしてる実感が無いし、敵勢力との戦闘にも意味が無い。
そのため頑張ってカスタムしても虚しい。

アプデで第三勢力の攻撃ではパーツアウトしなくなった。
戦闘中にパーツを組み替える「リアルタイムカスタマイズ」によって、「せっかく組み上げた機体がいつの間にか寄せ集めパーツになってる」問題はほぼ解消。
反面、第三勢力のデク人形感が増した。

どちらにしろリアルタイムカスタマイズはいったい何のために存在するシステムなのか、結局最後までわからなかった。

 

シリーズの主なやり込み要素である、パーツ毎につけるアビリティは廃止。
トレハンで機体をじっくり強化するやり込み要素が無い。

 

「3」では廃止された「パーツごとの基本性能」が復活。
アビリティで強化できないため、不遇なパーツは永遠に出番が無い。そのため見た目のカスタムも偏る。
本体パーツは強そうなEXと機動力重視の構成で良い (適当)

 

オプションパーツの手抜き仕様もエグい。
剣とか色々あるけど、実はステータスが上下するだけで武装を使えない。
「3」も結局、最初からビルダーパーツ7個乗せが有効だったけど、武装を載せる選択肢すらないのは寂しい。

 

カスタム以外のシステムに戦闘力が依存しているのも問題。

コンテナを壊すと「フレームレベル」が上がる。フレームレベルは自機の強さ、EXアクション解放に関わる。
敵勢力は最初からフレームレベルが高くてダメージが通らないため、まずはコンテナを壊す作業からスタート。

その後はクエスト条件の第三勢力をなぎ倒し、パーツを回収する作業。
その邪魔をするのが敵勢力。

つまり、なるべく敵勢力とは絡まない方が良い。

第三勢力をなぎ倒すのは近接攻撃をブンブンするだけで十分。
武器や特殊攻撃スキルを選ぶ意味はあまり無い。攻撃力・防御力といったステータスを上げる意味も薄い。

 

組み替える各部位パーツより新要素「インナーフレーム」の影響もデカい。
インナーフレームは、パーツを組み付ける素体にあたる。
5種類それぞれ性能に大きな特徴がある。

強フレームは攻撃力特化「ガンナー」、機動力特化の「サーチ」の2択。
性能が極端で、例えばガンナーフレームは「射撃・格闘攻撃力2倍」と強烈な効果。
パーツによる細かい変化なんて吹き飛ぶため、実質2機から選ぶような感じになってしまう。

 

その他、気になる点

操作性や戦闘バランスも酷い

問題がありすぎるゲームルールの影に隠れているが、操作性や戦闘バランスも酷い。

まず画面がゴチャゴチャしすぎで、何をやってるのかわからない。

画面中央にデカデカとクエスト条件などの表示を出す。乱戦中でもお構いなし。
チュートリアルから進行方向を隠すように表示が出るのは驚く。

開発者はせっかく作った戦闘画面を見せたくないのだろうか。

 

機動力は「3」から大幅に低下。
移動しまくるゲーム性と相まってもっさり移動が非常にダルい。

回収したガンプラパーツは、マップの数カ所に出現する箱に納品して入手。
一度に持てるパーツは5個までなので離れた場所まで何度も行ったり来たり。

ちなみにNPC(ヒロイン)が拾ったパーツは入手できない。しかもNPC納品後に箱が移動してしまう。
自分が納品しにいったときにNPCが既に張り付いてるとその箱での納品を諦めるしかない。

 

カメラ操作に変な慣性がかかってるのでレスポンスが悪い。
オプションからコンテナのロックオンを切れるようになったのはアプデ後。
アプデ前(&体験版)はコンテナにロックを吸われてストレスが地獄。

 

射撃武器が弱い。
一切強化できないからどうやっても弱い。
射撃系EXアクションも弱い。
照射ビームは発射後、方向を一切動かせず、やたら長い攻撃時間で足が止まって隙だらけ。

 

射撃武器は弱いのに、「デンドロビウム」「プトレマイオス2」といったデカボスは延々と上空を飛ぶ。攻撃手段は射撃のみ。

視点を上に動かせない上、ロックは地上のザコに取られてストレス爆発。
デンドロビウムのケツを追いかけて、ビームライフルをバキューン、バキューン。
なんだこれ。

 

よろけ状態で攻撃を食らうと何もできないのでハマる。こうなるとコントローラーから手を離して休憩するしかない。

でもご安心を。
自機が撃破されても、復活まで数秒待たされる以外、特にデメリットが無い。

もはや何のために頑張って立ち回ってるのかわからない。

 

ロードのラグ

細かくフリーズしたようなロードのラグが入るのは体験版と同様。

最初に起動したとき、タイトル画面に行く前に画面が真っ白になって全く動かなくなった。
出落ちすぎて笑う。

でも笑ってる場合じゃないのでボタン連打したらなんとかタイトル画面にたどり着いた。
タイトル画面を見る前からヒヤヒヤするゲーム。

 

シナリオ

「ガンプラ学園」という謎の舞台設定から、ガンダムファンを愚弄するような台詞を連発する登場人物まで、全てが痛すぎる。

中盤からデモ全スキップしたし、細かく突っ込みだすとキリがないのでシナリオに関してはバッサリと割愛。

 

ギャルゲーっぽい、メインヒロインを選ぶ分岐がある。
2人目以降どうなるのか、全員クリアで真エンドになるのか、
それは自分の目で確かめてほしい。

 

まとめ

3時間で1周クリア。

この内容で30時間続いてもらっても困るので、ボリュームの薄さは逆にありがたい。

アプデの修正内容を見る限り、致命的な部分はアプデで多少直ってる。
とはいえ、フルプライスで買って今でも手元に置いている人が存在すれば奇跡だと思う。

 

前作までのスタッフ全員入れ替わり?と思うほど全てが裏目。

「New」をやると、不思議と無性に「3」がやりたくなる。
あれほどやり尽くしたと思ってた「3」が、喉から手が出るほどやりたい。
今からゲーム屋に行って買ってこようかと思うほど。
「New」発売後、「3」中古の値段が上がったのもうなずける。

(後日、やはりどうしてもやりたくなって「3」を3000円で買い戻した。)

 

ちなみに海外では公式Twitterで出来の悪さを謝罪してるらしい。
なぜ日本はスルー?

 

「new」に比べれば、戦闘を存分に楽しめる「3」は神ゲー。
買うならこっち↓








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS4
-

執筆者:

関連記事

Devil May Cry 2 (HD)【評価/感想】シリーズの黒歴史は期待値ゼロでも遊べない

シリーズの黒歴史。 シリーズ唯一といえる駄作扱い。 ファン、メーカーともに「2」の話をすること自体が半ばタブーと化している。 そのため不自然なほど話題に出ない。 プレイする前に軽く評判を調べてみたが、 …

【真ガンダム無双】攻略/感想/評価:「真」の一文字で印象操作 内容は猛将伝

もくじ1 安定の「ダムゲー」クオリティ2 攻略2.1 最高難度(星8)の立ち回り2.2 プラン合成のコツ3 機体ランク3.1 S3.2 A+3.3 A3.4 A- 安定の「ダムゲー」クオリティ 内容は …

バットマンアーカムナイト【評価/攻略】バットモービルから真エンディングまで 考えられることは全て詰め込んだ超大作

発売当時「PS4を買ったらまず最初にプレイするのはコレ!」と思っていた作品。 バットマンをモチーフにしたオープンワールド。2015/7/16発売。 圧倒的な完成度の高さでキャラゲーの常識を覆した「アー …

【機動戦士ガンダム外伝2 蒼を受け継ぐ者】レビュー/評価/攻略:ついにブルーに乗る!ハイスピードアクションに垢抜けた

発売は一作目の約3ヶ月後、1996年12月6日。 前作→【戦慄のブルー】 次作→【裁かれし者】 ダムゲーリンク→【シリーズ別リンク】 もくじ1 伝説の3部作 2作目1.1 いよいよブルーに乗る!1.2 …

【ガングリフォン】攻略/感想/評価:本物のミリタリーを追求

セガサターンの名作。 もくじ1 ガングリフォンとは1.1 リアルなグラフィック1.2 リアルな操作1.3 リアルな設定2 まとめ ガングリフォンとは リアルなグラフィック 1996/3/15 発売。後 …