ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

RPG PSP PS1 シュミレーション

FFT ファイナルファンタジータクティクス【評価/攻略】面白いけど中盤までがツラい

投稿日:2018-08-13 更新日:









FF+SRPG

FFシリーズ初のシミュレーションRPG。
SRPGとしては異例の売上130万本。マイナージャンルだったSRPGをメジャーに押し上げた作品。
今回はPSP版でプレイ。

 

FFシリーズ:【シリーズ別リンク】

ほぼ同じシステム↓

・視点を自由に動かせる3Dマップ
・PS1らしい半透明エフェクト
・職人芸が極まったキャラドット絵

この3点のバランスが絶妙な美しいグラフィック。

 

PSP版の変更点

・ムービー追加
トゥーンシェーディングでイラストの雰囲気を表現。素晴らしい出来。

・「通信対戦」「共同戦線」追加

・新規イベントの追加
印象が薄いキャラの掘り下げ、人気キャラ用のサブイベント追加など。

・新ジョブ「暗黒騎士」「たまねぎ剣士」追加

・ゲストキャラ「バルフレア(FF12)」「ルッソ(FFTA2)」追加

・ユニット制限人数が16人→24人に増加
PS版はネームドキャラを加入させると4枠しか残らないのでこれは嬉しい。

・「剛剣」「真言」強化
弱スキルを調整。

・ウィーグラフ弱体化

・処理落ちが酷い
不評の原因はほとんどコレ。簡単なエフェクトでも演出時間が1、5倍になるほど。テンポが悪い。

 

ダークな世界観

「獅子戦争から数100年後に生きる歴史学者、アラズラム・J・Dとともに真実の歴史を紐解いていく」という体で進行。
シナリオは全て過去の歴史上の出来事。

 

鬼畜のようなセリフを吐き捨てる主人公の兄。

主人公が世界の命運をかけて戦う王道ファンタジーとは対照的なストーリー。
戦乱を背景にした群像劇を描く。

FFらしい中世ファンタジーなデザインと、徹底してダークな世界観。
現実の中世ヨーロッパのようなシビアな階級主義社会。身分差別、宗教、覇権争いでドロドロ。

 

あらすじ

イヴァリースとオルダリーアの二大国が争った「五十年戦争」は、イヴァリースの事実上の敗北という形で和平が結ばれた。
疲弊したイヴァリースでは、貴族や騎士が野盗に成り下がり治安が悪化。

主人公はイヴァリースの名門貴族、ラムザ・ベオルブ。
親友で幼なじみの平民、ディリータ・ハイラルとともに各地を転戦するうち、貴族と平民の格差を思い知る。

そんな中、2人の間を分かつ決定的な事件が起きる。

 

王家に仕える有力諸侯が支持するゴルターナ公と、没落した貴族や騎士・平民層が支持するラーグ公。ともに獅子を紋章に掲げるイヴァリース二大将軍家の権力闘争の末、後に「獅子戦争」と呼ばれる大きな内乱が勃発。

戦火の裏で暗躍する者の影を察知したラムザは、自分の信じる「正義」を貫くことを選ぶ。
ディリータや親と決別。名門貴族の名を捨て、孤立無援の闘いに身を投じ、人間の冷酷・残忍さを乗り越え英雄として成長していく。

一方、野心を抱くディリータは手段を選ばない立ち回りでイヴァリース王にまでのし上がる。

その先に待つ、2人の運命は…

 

システム

行動順

ザックリ言うと、敵味方ごちゃ混ぜで素早い順に動く

タクティクスオウガの「ウェイトターンシステム」+FFシリーズの「アクティブタイムバトル(ATB)」。

「チャージタイム(CT)」が100になったユニットから順に「アクティブターン(AT)」になる。ATでは移動・行動が1回ずつできる。両方でCT0、片方だけなら20、待機すると40溜まった状態で次のターンへ。CTは「SPEED」値が高いほど早く溜まる。

 

魔法や一部の必殺技にもSPEED・CTがある。
技発動前は「チャージ状態(詠唱状態)」となり無防備。強力な技ほどSPEEDが低く、発動に時間がかかる。

全ユニットのATと技の発動順は一覧で確認できる。
毎ターン確認するのが基本。

 

高低差

高さ、向きの概念がある立体的なマップ。
「弓」は高所を取ると射程が伸びるなど、中・遠距離系アビリティは位置取りで力を発揮する。

ステータスの「Move」「Jump」は移動力に影響。

屋外マップは地面や天候によって移動力や属性魔法の威力が変化する。
雨だとサンダーの威力が倍増。

 

戦闘不能

倒されるとカウントダウン「3」が点灯。
0になると死亡・消滅し、宝箱かクリスタルに変化。主人公のラムザが死亡するとゲームオーバー。

宝箱には装備品や消費アイテムが入ってる。
クリスタルは「HP&MP全回復」か「アビリティ継承」を選択。
あえて味方を謀殺し、アビリティを継承させることも可能。

死んでキャラロストするとショック。
しかし逆に言うと3カウントは蘇生猶予があるので、何度も復活させてゾンビ状態でおとりに使ったりと色々活用できる。

 

ジョブ

汎用ジョブは計20種類。
シナリオを進めると仲間になるネームドキャラは専用ジョブ。強力・個性的なアビリティを持つ。

 



■強い固有ジョブ

「ホーリーナイト」

「聖剣技」は長射程、範囲攻撃、即発動、ノーコスト、必中。
アグリアスは前半から仲間になるので非常に重宝する。

 



「剣聖」

ジョブが強いというよりキャラが強い。1人でゲームの難易度を大きく下げる。
永久ヘイストの効果を持つ初期装備、基礎能力も強力。前述の「聖剣技」に加え「暗黒剣」まで全て使える。

 

「空賊」

PSP版の追加キャラ、バルフレア。
固有ジョブ「空賊」が「機工士」の上位互換。武具が優秀で初期装備も強力。Speedは「忍者」並、独自スキル「乱れ撃ち」が4連射で鬼。

 

■終盤の強ジョブ

「算術士」

「算術」は任意の条件に当てはまる対象全てに、任意の魔法を射程無視・チャージタイム無し・MP消費無しで発動。
ほとんどのキャラを簡単に対象にできる壊れ技。「CT5ホーリー」で敵全体に大ダメージを与え、味方は聖属性吸収装備で回復できる。

 

「暗黒騎士」

PSPの追加ジョブ。誰でも剣聖並の強さになる。転職にはかなりの根気が必要。

 

装備・アビリティ

■装備

右手・左手・胴・頭・アクセサリの5つ。
防御力の概念はない。防具はHPに影響する。ガード確率・回避率、状態異常を付加・防止など追加効果も重要。

 

■アビリティ

・アクション :ATの行動。ジョブ固定枠、自由枠の2つ
・リアクション :他ユニットの行動に反応
・サポート :常に効果を発揮
・ムーブ :移動で発動

覚えたアビリティは他のジョブでもセットできる。
そのため組み合わせによる育成の自由度が高い。
何から覚えていくか、最終的にどういうキャラにするかが悩みどころ。

 

■特殊パラメータ

・Brave :リアクションアビリティ発動確率
発生率は最大97%。アビリティで底上げすれば「白刃取り」や「MPすり替え」で鉄壁になる。
・Faith :魔法の威力や耐性
・星座 :他人との相性
パーティキャラの星座相性を整えると大きなサポート効果を得られる。

 

中盤までが難しすぎる

複雑なシステムに慣れるのがまず大変。

にも関わらずチュートリアルがわりのゲーム開始2戦目「魔法都市ガリランド」の難易度が高い。
最初はよくわからないままラムダ1人で出陣してボコボコにされた。

出撃時のナンバーを変更できないのはかなり問題。毎回メンバーを選ぶのが面倒臭すぎる。サブイベのフラグ持ちキャラは外すわけにもいかないし。

 

「ドーターのスラム街」

初登場の黒魔&弓。いきなり鬼のような遠距離攻撃を連発されて為す術なし。

編成の自由度が高すぎて何をすればいいのかわからない。
とりあえずこちらも黒魔、弓で遠距離から削るのが良さそう。

 

負けイベントかと思うほど厳しいステージの連続。
一巡したらパーティーが壊滅状態なんてザラ。

装備を整え、ジョブ、アビリティを組み替えてダメなら平均レベルを10上げて、それでダメならもう10レベル上げるぐらいの粘りが必要。

 

レベルを上げようにもザコ敵が強い。
ランダムバトルの敵の強さは味方の最高レベルに対応。そのため装備が貧弱な序盤はレベルが低い方が楽だったりする。


■JP稼ぎ

まず敵を1体放置し、黒魔のドートでカエルにしてSpeedを削る。
味方同士で殴り合って回復の繰り返し。
見習い戦士の「ためる」など、特定のスキル連打も有効。

 

連戦マップ途中で上書きセーブすると強敵で詰む。
ライオネル城、オーボンヌ修道院、リオファネス城が危険。

Chapter3最後のリオファネス城3連戦。
ウィーグラフ→ベリアス戦は本作最難関。2戦目手前のセーブポイントが最大の罠。

 

3戦目も地味に酷い。
こちらが一度も行動できないまま護衛対象のラファが勝手に動き回って倒されてゲームオーバー。
忍者に転職できないと詰む可能性がある。明らかに調整不足。

 

ゲーム全体の難易度バランスがどうもチグハグ。
終盤は味方の戦力がインフレ。イベント戦は簡単になる。ラスボスも弱い。

 

おわりに

FFらしさを残しながら、ダークな群像劇を描くストーリーは見応えがあり。
複雑なシステムはとっつきにくいが、理解するほど自由度が上がるのでやり甲斐がある。

ただ中盤までは難しいというより調整不足。
そこを超えるには相当な根気が必要。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-RPG, PSP, PS1, シュミレーション

執筆者:

関連記事

るろうに剣心-維新激闘編【攻略/評価】「HEART OF SWORD ~夜明け前~」で終わりよければ全てよし

1年後に発売されたRPG:【るろうに剣心 十勇士陰謀編】 本作の8ヶ月前に発売された格ゲー :【鉄拳2】 本作を作った「ZOOM」の格ゲ :【ゼロディバイド】 もくじ1 るろ剣アニメの素晴らしさ1.1 …

アーマードコア PP【攻略/感想/評価】ぶっ壊れフィンガーでファンタズマ撃破!

アーマードコア プロジェクトファンタズマ。通称「ACPP」。 ・AC同士の対等な対戦が楽しめる「アリーナ」の追加 ・前作よりストーリー性を重視したミッション ・性能がぶっ壊れた新パーツ を引っさげて前 …

バイオハザード2【評価/攻略】複数シナリオ、方向性の変化で新たな魅力を打ち出した名作

「バイオハザード RE:2」発売前ということで。 今回プレイしたのは難易度・オマケ要素を追加した廉価版「デュアルショックVer.」。 もくじ1 新主人公を襲う新たな恐怖1.1 あらすじ1.2 レオン・ …

【ドラゴンクエストIV 導かれし者たち】攻略/感想/評価: 宿敵ピサロと一緒に黒幕を倒す ロト3部作から一新 オムニバス形式

ドラクエシリーズのレビュー 【ドラゴンクエストIII そして伝説へ…】 【ドラゴンクエストVI 幻の大地】 もくじ1 ドラゴンクエストIVとは2 真ボスまでのざっくりとした感想2.1 序章2.2 第1 …

シェンムー 1章 横須賀【評価/攻略】開発費70億円でフォークリフトバイトの日々を表現

ドリームキャストが残した生ける伝説。 よくあるオープンワールドや、アニメ調の女の子ばかり出てくる和ゲーに飽きた人が増え、注目度が上がっている作品。 2015年6月、E3で「シェンムーⅢ」制作が発表され …