ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション SFC

【ロックマン7 宿命の対決!】攻略/感想/評価:ギミック満載ステージ&最強ワイリーカプセル

投稿日:2017-09-19 更新日:





当時、母にねだってクロノトリガーと2本同時に購入。
クロノトリガーが強烈すぎて印象が薄い。ワイリーを倒した記憶もない。

【シリーズ別リンク】

SFCで生まれ変わったロックマン

Xシリーズのノウハウを投入


先に発売した「ロックマンX」シリーズを意識した内容。

丁寧に描かれたグラフィック。耳に残る印象的なサウンド。

オープニングステージの追加。特殊武器を活かしたステージギミック。巨大な中ボス、恐竜型ロボット、シシマイトラックなどダイナミックな演出。画面全体を暴れ回る個性的なボス。

隠しアイテムを導入。ステージを探索する楽しみが増えた。Xのように特殊武器が必要なものもある。

チャージ中に被弾してもチャージ継続。L・Rボタンで特殊武器を選択できるのも嬉しい変更点。

 

雰囲気はXとの違いをアピール


シリアス要素はXに任せて、よりコミカルな方向へ。

■新キャラ「ライトット」
Dr.ライト博士に憧れて弟子入りしたロボット。「~ダス」が口癖のコメディ要員兼ショップ店員。オープニングでロックマンに作業用ヘルメットを渡すボケをかますコメディ要員。

ボスを倒した後、特殊武器の説明でライトットかロールちゃんがロックマンと漫才を始める。マジメにやってるのはライト博士だけ。

 

ゲーム性もXとは違う方向


爽快感はXに任せて「アクション、特殊武器、アイテム」をフル活用する方向。気持ちよく動けない、倒せない。

大きい自キャラ&オーバー気味のモーションでもっさりアクション。そのためか攻撃を食らいやすい。さらに被ダメージの無敵時間が短い(シリーズ中最短)ので一回食らうとボコボコ。回復アイテムの回復量が少ないので勢いにまかせて進むとジリ貧。E缶が無いとすぐティウン。

気持ちよく進めない地形。キャラが大きいこともあって動きにくい。
ジャンプではギリギリ届かない足場、食らいモーションで落下、など。モッサリな操作感とあいまってツラい。ラッシュジャンプ、ジェットが有効な場所を見つけると良い。

ザコに攻撃するチャンスが少ない。盾持ち、地面に潜る、上下に動く軌道。上下後など死角から攻撃してくる。正面にいる奴はやたら硬い、倒しても分裂。
通常バスターは弱いので、ジャンクやサンダーなど特殊武器を活用するのがコツ。

 

最強!ワイリーカプセル4号


シリーズ史上最強。ロックマン7といえばコレ。

サーチ弾(火炎、凍結、電撃)が超性能。4つの弾が何度も軌道を変えて追尾。見て回避できる動きじゃない。低い位置で撃たれるとほぼ詰む。ダメージを与ると地を走る電撃も追加。
凍結に当たると追撃で大ダメージ。火炎は振り払うまで断続ダメージ。4発で沈む高火力。電撃弾ならラッキー。

的が小さいので攻撃を当てにくい。テレポートで攻撃チャンス自体が少ない。
防御力も高い。ノーマルショット無効。弱点武器のワイルドコイルで2ダメージ。チャージバスターで1ダメージ。

ゲームオーバーで8ボスからやり直し。
前座の「ワイリーマシーン7号」がそこそこ強いのもポイント高い。

 

サクッと攻略

■ネジ
アイテムの購入に必要。ネジ小(2個分)、大(8)、特大(100)。スーパーネジでアイテムが半額になる。S缶や隠しアイテムが買える。
小・大は敵を倒すとドロップ。特大・スーパーは特定の場所をサーチすると出る(一度のみ)。

■微妙な新アイテム
・ラッシュサーチ
アイテムや隠し通路を発見できる。アイテムの場所はノーヒントなのでありがたみが無い。やたら時間がかかるので気軽に使えない。ゴミを掘り出すことが多い。

・スーパーロックマン
ラッシュと合体して変身。2段ジャンプ、ロケットパンチが使える。スライディング使用不可。ロケパンは「ハイパーロケットバスター」でパワーアップ。威力はチャージショットの2倍・ホーミング・長射程になる。
スラ&特殊武器の方がスマートに動けるのであまり使わない。

・ブルースシールド
ブルースに勝つともらえる。「何も操作していないときに限り、特定の弾を防ぐ」といういかにも役に立たないアイテム。ゲルググの盾に似てる。

 

前半

■オープニングステージ


新キャラ「フォルテ&ゴスペル」
待望のライバルキャラ。「自分こそが最強のロボットだと証明する」のが目的。その強さは最強とはほど遠い。

 

■フリーズマン

氷の足場は慣性がつきにくい。慣れるまで何度も穴に落ちてツラい。

・ラッシュパネル:ラッシュジャンプで崩れる床へ
・サーチラッシュ:氷の足場を飛び移る。ラッシュコイルでジャンプ。
・イグジットパーツ:ボス前、上の段差。アンモナイトのあたりをサーチ。


vs フリーズマン (弱点:ジャンク)
ガチで戦うと強い。最初のボスにして前半の山場。自分で選んだけど。
攻撃に反応してジャンプするので、ジャンプで飛び越えてから撃つ。
地面凍結と氷弾はなんとしても回避。氷弾の判定はデカい。タイミングを盗んで避ける。

 

■バーストマン

・ラッシュパネル:水面が上がったらジャンプ。

中ボス「カニガンス」はバスター連射。突進はスライディング。


vs バーストマン (弱:フリーズ)
イクラ(?)を避けながらフリーズを撃ち込む。

 

■クラウドマン

見えない足場が難所。

・ラッシュパネル:見えない足場の途中で上へ。知らないとまず気づかない。
・ブルースに会う(ブルースシールドの条件):室内の何の脈絡もないハシゴ。


vs クラウドマン (弱:デンジャーラップ)
雷の後にサンダーストライク。自機狙いで地上に広がる。着弾点の方へジャンプ。
雨風はスラで耐える。サンダーがきたらジャンプ。往復攻撃はスラでくぐる。

 

■ジャンクマン

「ゴキブリ型ロボット」って誰が何のために作ったんだろう。

・ラッシュパネル:最初の溶鉱炉の滝。フリーズクラッカーで凍らせて破壊。
・ラッシュジェット:エレベーター。動力にサンダーストライクを当てて起動。


vs ジャンクマン (弱:サンダー)
弱点武器で行動がワンパターンになるボスが多い。コイツは左右にスライディングするだけでOK。弱点武器を使わないと色々やってくるので手こずる。

 

■ロボット博物館


vs マッシュ (弱点:デンジャーラップ)
ジャンプ3回後に顔を攻撃。顔が落ちたらデンジャーラップでゴリ押し。

 

後半

■ターボマン

・ロケットパンチ:ハシゴ登って最初の信号機をサーチ
・ブルースに会う:同フロアの右上
・特大ネジ:ハシゴを登った次の部屋。青ブロックをサーチ

中ボス「シシマイトラック」は目にサンダーを撃つ。


vs ターボマン (弱:クラッシュノイズ)
炎は奥→手前に誘導。体当たりは「キキキッ、ギャオ、ブォーン!」のギャオでジャンプ。

 

■スラッシュマン

デカい恐竜ロボは上の足場から顔にサンダー。

・ビート:森の最後の木。バーニングで燃やして上へ。溜め撃ち1発で解放。


vs スラッシュマン (弱:フリーズ)

 

■スプリングマン

・特大ネジ:スプリング広間手前の部屋。中央の足場をサーチ。
・ライトッドのネジ:広間の一番左上。パンチブロックを左に向けて壁を破壊。


vs スプリングマン (弱:スラッシュ)
ワンパターンボス。ジャンプ~パンチ2発をスライディングで回避。

 

■シェードマン

中ボス「VAN・プーキン」の倒し方でルート分岐。
倒したときにカボチャが閉じてると右。開いていると下。
ブルースがいる下ルートに行くときは3回目のジャンプをスライディングでくぐり、中身にサンダー。


vs ブルース (弱:溜め撃ち)
耐久力が高く手強い。ショットをジャンプで2発避けた後、ジャンプ乱れ撃ちの後、チャージショットと同時、がチャンス。倒すとブルースシールドが貰える。いらねー

・特大ネジ:ブルース前の段差中央をサーチ
・エネルギーバランサー:右ルート。ワイリーの肖像画下をサーチ


vs シェードマン (弱:ワイルドコイル)
魔界村っぽいステージにレッドアリーマーっぽいボス。

 

ワイリーステージ


ボロボロ(笑
設計図を盗んだってことはライト博士の方が格上か。


ワイリーステージ攻略中に8ボスステージを選ぶとワイリーステージ1からやり直しなので注意。

 

■ワイリーステージ1

ジャンクでつき進む。回転床ゾーンが面倒。


vs フォルテ (弱点:ロケパン)


vs ガッツマンG (弱:スラッシュ)
顔を狙う。岩はスラッシュで跳ね返せる。

 

■ワイリーステージ2

vs スーパーフォルテ (弱:ロケパン)


回転床の次はこれ。見るだけでウンザリ。


vs ガメライザー (弱:デンジャーラップ)
3体目の子ガメを引きつけ、デンジャーラップでガメライザーの顔にぶつけると大ダメージ。
「高橋名人の大冒険島2」で同じようなボスを見たような。パターンも似てる。

 

■ワイリーステージ3

今度はひたすらトゲ&トゲ。


vs ハンニャNED2 (弱:クラッシュノイズ)
ミサイルに乗って目にノイズ。
無限横スクロールで襲いかかる「必・殺」。衝撃的なデザインのコイツだけは覚えてる。短いループBGM「Wily Machine No.7 Battle」が耳から離れない。

 

■ワイリーステージ4


シリーズ恒例の8ボス連戦。1回目で使わなかった弱点武器をフル活用。

 


vs ワイリーマシン7号 (弱:サンダー)
顔にサンダー。足には当たり判定がない。近づかれたらスラでくぐる。
登場が遅い。カプセルにやられた後は精神的にくる。


vs ワイリーカプセル4号
前述の最強ボス。溜め上コイル、上フリーズが有効。
アイテムフル使用でなんとか撃破。強すぎ。

 


左右対称の炎を背に、桃(?)が転がる荒野を徒歩で帰るロックマン。

 

おわりに

進化した表現、様々なアクション、ステージギミック、個性的なボス。色々詰め込んでSFCでできることは全てやったという感じ。

反面、「これが面白い!」という魅力がない。
Xシリーズに比べて難易度が高い。というか意地悪。爽快感も無いので何度も心折れた。
クロノトリガーの記憶しか残ってないのも納得。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, SFC
-

執筆者:

関連記事

【バーチャロン】攻略/感想/評価:革命的ロボゲー

サターン版発売当時、アーケードのことなんて全然知らないけどとりあえず購入。サターンマガジンのスクショ見るだけで買わざるを得ない魅力があった。 しかし人と対戦した覚えがない。地元のみんなサターンをシカト …

Devil May Cry 2 (HD)【評価/感想】シリーズの黒歴史は期待値ゼロでも遊べない

シリーズの黒歴史。 シリーズ唯一といえる駄作扱い。 ファン、メーカーともに「2」の話をすること自体が半ばタブーと化している。 そのため不自然なほど話題に出ない。 プレイする前に軽く評判を調べてみたが、 …

アーマードコア ネクサス【レビュー/評価/攻略】新生ACの中身は使い回し&小難しいだけのガッカリゲー

「アーマード・コア、新生!」 仰々しいキャッチコピーに期待値はマックス。 発売日の朝に購入し、自転車が跳ねてカゴからソフトが飛び出すぐらいのスピードで持ち帰ってさっそくプレイ。 高校卒業後、俺に残って …

【バイオハザード RE:2】レビュー/評価(5):リメイクの4thサバイバー(ハンク編)&豆腐サバイバーに挑戦

リメイクの「4thサバイバー」をクリアしたー! オリジナル版「2」のオマケゲーム「The 4th suviver」「The豆腐Survivor」がリメイクにも登場。 システムや攻略ルートといったゲーム …

ゴジラVS【レビュー/評価/攻略】単調な内容をキャラの魅力で補ういつものゴジラゲー

ゴジラシリーズの人気怪獣を操作して街や兵器を破壊し、怪獣と人知を超えたバトルを繰り広げるアクションゲーム。 「超破壊」と「特撮の再現」を謳った前作「ゴジラ-GODZILLA-」(PS3)の続編。 中古 …