yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

鉄拳7

【鉄拳7】(7)ポール プレイ日記(7)

投稿日:

youtubeチャンネル作りました:【yagi game】

最近覚えたテク

・右アパの置きが機能しないときに裏疾風(波動lp)、瓦駒(竜巻rk)。
入力と間合いに慣れてないから今はテキトーに振ってるだけ。

・ちょっと待って崩拳
遅らせたり、変なタイミングで撃つことで相手の動き出しに当たるってやつ。

ステップインガード

「ポールは2択が強い」といっても、やみくもに近づいても置き技をバコバコ食らうだけ。
嫌なイメージが残り、いつしか攻めることを忘れ、バクステから右アパを擦るだけの全くポールを使う意味がない動きになってしまった。

これではいかん、と思って66rkや66rp/lpで強引に距離を詰めてみるが、やはり安定しない。
スカ確を入れるのは難しいし、スカ確を意識しすぎて動きが悪くなる。

そこで閃いたのが、
「要は置き技をガードして有利とってから攻めれば良くね?」→俗に言うステップインガード。
この概念を得たことで攻め・守りの読み合いが見えてきた。同じ負けでも以前より負けた原因がわかる。
ガードさせて有利とか、択にいける連携を置かれたときは・・・困る。

逆にステップインガードには置き下段や投げが有効。

壁攻め

「壁を背負わせてる方が有利」
そんなこと当然だけどようやく実感できるようになった。
自分だけ間合い管理できるから「スカらせる・攻め込む」の主導権を取れる。
壁を意識するとステージが今までより狭く見えてくる。ちょっとライン押されただけでもう壁背負ってるじゃないかと。

距離を保ちながら6rp・パワクラ・崩拳を押しつけて合間に2rkを刺すだけで相当強いが、3lpや横ステlkみたいな小技も使ってじっくり攻めたい。
雑に行くのは経験値を積む上でも勿体無いので。

起き攻め

難しいことを考えるのは後にして、とりあえず起き上がり中・下段蹴りに確反を入れたい。
起き蹴りさえ封じれば、起き上がったところに太い2択を刺せば良い。簡単な話、のはず。
1rpは寝っぱなし選択を確認できたときだけ。横転に弱いし、ガードさせても反確。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-鉄拳7

執筆者:

関連記事

【鉄拳7】(5)ポール プレイ日記(5)

獣段になった。 もくじ1 感想いろいろ1.1 勝敗の理由がわからない1.2 ポール相手に何もできず1.3 相手はエスパー?1.4 最後のひと削り1.5 気分転換に他キャラを触る 感想いろいろ 勝敗の理 …

【鉄拳7】(3)ポール プレイ日記(3)

前→【鉄拳7 】(2) 勝てる気がしない 名人(7段)になってから20連敗。さすがに萎えてきた。 戦う前から心が折れて、攻められてるときはコントローラーから手を離すほど脱力。負け続けるとテンポが狂って …

【鉄拳7】(4)ポール プレイ日記(4)

段位下がってるけど気にしない。 もくじ1 「どうやって勝つか」1.1 ポールの強いところ1.2 組み合わせると・・・2 壁を使いたい3 その他 「どうやって勝つか」 キャラの強みを考えてみる。自分の勝 …

【鉄拳7】(1)ポール プレイ日記(1)

鉄拳7始めました。 置き・スカ・当て(択)の「3すくみ」を意識して対戦。ボコボコにされてるうち武者(4段)になった。 段位って相手次第のような。同じ段位でも全勝する人もいれば全敗する人もいる。 &nb …

【鉄拳7】(2)ポール プレイ日記(2)

鉄拳やってて思うこと「俺プロゲーマーじゃなくて良かったー」 皆伝(6段)になった。 体感として、しばらく段位は上がりそうにない。分厚い壁が見える。 同じ人との対戦は5戦で切り上げることにした。それ以上 …