yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

鉄拳7 対戦格闘

【鉄拳7】(1)ポール プレイ日記(1)

投稿日:2018-03-05 更新日:





鉄拳7始めました。

置き・スカ・当て(択)の「3すくみ」を意識して対戦。ボコボコにされてるうち武者(4段)になった。
段位って相手次第のような。同じ段位でも全勝する人もいれば全敗する人もいる。

 

強い人は引くぐらい強い。
①凄い精度で置きが刺さる→②起き攻めのプレッシャーがヤバい→③立ったけど連携に割り込めない
この3段階で完封されてしまう。一瞬で何だかよくわからないうちに負けるので魔法か超能力のように感じる。

飛び蹴り、奈落の起き攻めで何もできず終わったり。どーすりゃ良いのやら。

次→【鉄拳7】(2)

ポールで今やってること

キャラ色々触ってみたけど、ダントツに使いやすいのがポール。
覚える技が少ないしコンボも簡単。

■2択
右アッパー、2RK。どちらも密着で効果を発揮する。
ローリスクな中段とガッツリ減る見えない下段の択は破格の性能。 (右アパはしゃがみヒットだと浮かないので択にならん)
トレモは下段3段安定するのに実戦だとミスるのが悲しい。

■崩拳
ポールの代名詞。初心者帯ではノーリスクで撃ち放題。
置き技として狙うと良い感じ。これを抑止力にして接近したい。
カウンターで3発ぐらい当てて勝ったら相手はリベンジせず去っていく。

■4LP/RP
スカ確でブンブン。この後、起き攻めに行きたいけど何をすれば良いかわからん。

■9LK/RK
ポールのライトゥー。下段読んだときに撃つ。頭が真っ白になったときに出る。
「お願いだから2段目に引っかかってくれ!」という気持ちが入っている。

他に使ってるのは66RK,66RPLP(RP),1RK,2WPぐらい。

コンボは浮き~LKRP/4LPRP/伸ばしポンケン。しゃがみからは4LPRPを省くだけ。
レイジドライブはとりあえずコンボ締めに。

 

今後の課題

①起き上がりのシステム(読み合い)を理解する

鉄拳の起き上がりが複雑すぎてわからん。

・寝っぱ
・横転(LP)
・後転(後)~チョップ(wp)
・その場起きガード(上)
・その場しゃがみ起きガード(斜後)
・キック(↓K)
・起き下段(LK),中段(RK)
・飛び蹴り(WK)

選択肢が多すぎる。
大雑把に状況を分類して攻め・受け行動を対応させねば。

ちなみにキャリバー5の起き上がり方もいまだにわからない。「追撃食らってから立つ→即2択食らってダウン」という負の連鎖。

 

②壁コンボを決める

覚えている唯一のコンボレシピを壁が邪魔する。本当はダメージアップのチャンスのはずなのに。壁コンボレシピを覚えねば。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-鉄拳7, 対戦格闘

執筆者:

関連記事

【鉄拳TT】攻略/感想/評価:「4」までの穴埋めが大ヒット お気に入りタッグを紹介

【シリーズ別リンク】 もくじ1 「4」までの穴埋めが大ヒット2 システム3 攻略3.1 貧乏タッグ3.2 ガトリングタッグ3.3 怪物タッグ 「4」までの穴埋めが大ヒット ナムコ上層部の要望で「4」ま …

【バーチャファイター2】攻略/感想/評価:最高に格好良いカクカクポリゴン

もはや説明不要の社会現象を巻き起こした大ヒット作。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 バーチャ2とは2 サターンの性能とVF2移植3 CPU戦攻略4 おわりに バーチャ2とは ゲーム史上最高に格好良いグ …

【鉄拳4】レビュー/感想/評価:失敗作? 意欲的なシステムを取り入れた待望のナンバリング

【シリーズ別リンク】 もくじ1 鉄拳4とは2 地味で真面目な格ゲー2.1 キャラ数減少2.2 イメージチェンジ2.3 壁・高低差2.4 空中コンボ弱体化3 鉄拳フォース4 まとめ 鉄拳4とは 格ゲー史 …

【電脳戦機バーチャロン マーズ】攻略/感想/評価:もしかしてバーチャロンって面白くないゲームなのでは?と思わせる罪深い作品

シリーズ初の家庭用完全新作。 「サターン→ドリキャス→PS2」と乗り継いできた自分はもちろん発売日に購入。 もくじ1 バーチャロンマーズとは1.1 待望の1人用「ドラマチックモード」2 以下、不満点の …

【ドラゴンボールZ スパーキングメテオ】攻略/感想/評価:PS2のシリーズ展開を締めくくるに相応しい作品

ドラゴンボールゲーはこちら 【ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説】 【ドラゴンボール FINAL BOUT】 もくじ1 スパーキングメテオとは1.1 原作らしいグラフィック1.2 超スピード …