yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

PC ★★★★☆ PS4 FPS TPS

【Dishonored 2】レビュー/感想/攻略:名作が正当進化 1周目エミリーでカオスエンド

投稿日:





吹き替え・字幕は完全ローカライズ。表現規制なし。

前作→【Dishonored HD】

ディスオナード2とは


高い自由度が売りのステルスFPS。
ステルスといっても意外とゴリ押しが通用したり、自分なりの幅広い攻略を楽しめるのが特徴。


前作のエンディングから15年後。世界観、システムを引き継いだ続編。大ざっぱに前作の話が出るだけなので前作未プレイでも大丈夫。


油絵のようなコッテリした質感はそのままに、PS4相応に美しくなったグラフィック。
光と影のコントラストが美しい南欧風の街「カルナカ」が舞台。前作のスチームパンク的な科学技術に魔術の神秘的な要素をプラス。


終始暗鬱としていた前作より明るくオシャレなのでとっつきやすい。


アーティスティックな演出も魅力。ストーリー語りはイラストの紙芝居。


キャラデザの洋ゲー臭は相変わらずだが、主人公「エミリー」、敵のボス「デリラ」、拠点になる船の船長「ミーガン」、赤服を着た上級兵など、女性の存在感が大きい。

2人の主人公


プレイヤーキャラを2人から選べる。
前作の主人公、王室護衛官「コルヴォ・アッターノ」。
その娘、前作から成長して大人になった現女王「エミリー・カルドウィン」。

それぞれ異なる能力が使える。1人称視点なので自分の姿は見えないが、剣の振り方やテイクダウンのモーションが違うので印象が変わる。エミリーのカールルイスみたいに指を伸ばす走り方が面白い。

エミリーの能力は父親よりひねりが強い。コルヴォの方が初心者向きかも。
一周クリアすればアプデで実装された「New Game Plus」で両方の能力が使える。

■エミリーの固有能力
・ファーリーチ:空間を移動したり敵を引き寄せる
・メスメライズ:敵や動物を気絶させる
・ドミノ:敵と他の人を結合し、同じ影響を与える
・シャドウウォーク :影に変身してステルス能力を上げたり、狭い隙間を通る
・ドッペルゲンガー :自分の分身を作る


前作から新たな能力が登場し、既存の能力を含めてスキルツリーが大きく拡張された。
武器のアップグレードも強化。最後までアップグレードすると特殊アビリティを獲得できる。


選ばなかった方は石化してしまう。キャラによるストーリーの大きな違いはない。

広いステージ


1つ1つのステージが前作より格段に広い。チュートリアルがわりの最初からこの広さ。
選択肢が増えて攻略の自由度がさらにアップ。作り込み、探索要素も前作より凝ってる。箱庭を隅々までのんびり歩き回るような楽しさがある。


1つのフィールドが非常に広いので前作の難点だったエリア移動時のロードが気にならない。屋内→バルコニーでロードを挟むようなことは無くなった。

新しいギミック&敵


ミッション4、からくり屋敷「クロックワーク・マンション」。
ギミックと機甲兵の合わせ技。一回クリアしたぐらいでは構造がさっぱりわからん。


ミッション7、2つの時間を行き来して右往左往する「スティルトン邸」。
ステージ限定ガジェット「タイムピース」で時間移動しながら先へ進む。壁が崩れて先に進めない場所を時間移動で通過したり、時間を越えて敵の背後にワープしたり。一見難しそうだがやってみるとシンプル。


からくり屋敷で最大3体同時に襲ってくる「機構兵」。
攻撃・防御力は高いが初動が遅く、足も遅いので振り切るのは簡単。


攻撃のタイミングが見切りやすく、近接攻撃はガード可能。剣ブンブンでも時間はかかるが倒せるのでタイマンなら恐い相手じゃない。前作のトールボーイの方が厄介。


終盤に登場する魔女。口が悪い。「あなたの脳みそを切り刻んでパウダーにしてあげる!」。
探知能力に優れ、こちらを見つけるとワープするのでいつの間にか囲まれる。弾を落とさないので相手にするとジリ貧。使い魔のゾンビ犬「ハウンド」は不死身。


カオス度が上がると増える巨大蜂のような生物「ブラッドフライ」。離れるか巣をグレネードなど吹っ飛ばすまで襲ってくる。

 

1周目、エミリーでゴリ押しプレイ


前作の経験を前提にしているためか最初から難しい。
不殺でプレイするつもりだったが、途中で面倒くさくなって乱戦状態に。自分、暗殺向いてないっす。
紙体力なので削られた状態で1発食らうだけでやられてしまう。前作のようにブンブン振り回すだけでは突破できない。
目的地まで突っ切れば5分以内でクリアできるのは内緒。

リトライのロードが相変わらず長い(15~30秒)。前作はこれが最大のネックだったので変わってないのは残念。

前作で問題視されたオートセーブだが、キリのいい場所でセーブされるようになったので瀕死&発見された状態でリスタートってことは無くなった。
反面、ザックリした間隔なのでかなり前に戻されてしまう。こまめな手動セーブ推奨。クリックセーブ(メニューからR2)が便利。


探索要素が凝ってる反面、前作と違い探索をサボるとルーンがほとんど手に入らない。

アップグレードしたのは「ダークビジョンⅡ(アイテムが見つけやすくなる)」と、2つのパッシブスキル「バイタリティ(体力増加)」「シャドウキル(死体が消える)」だけ。
バイタリティⅡまで強化しても効果を感じない。てかこれ取るぐらいなら難易度を下げた方が良い。
シャドウキルは死体を人目につかない場所に運ぶのが面倒くさい人にオススメ。


サボると金も貯まらないので武器のアップグレードも進まない。
それ以前に武器屋の場所がわからず、前半に買い物したきり何も買わないままクリアしてしまった。


銃弾は赤服を倒して現地調達。


ヘルメット持ちが多いので前作で無双できたクロスボウ狙撃が難しい。


エミリーのダークビジョン(透視)はオレンジ一色で見づらい。使わない方が見やすいぐらい。
透視能力はどんなステルスゲーでも使い勝手が良すぎるのでこれぐらいで良いのかも。


自分のような面倒くさがりにとって難関はミッション4と7。この2つのステージが1周目プレイ時間の半分を占める。


ミッション4。複雑な構造のからくり屋敷でロボット3体に追い回されて2時間。


ミッション7。道に迷って台所の鍵に気づかないまま2時間。


やめ時が見つからず8時間で一気にクリア。
後半はアップグレードを諦め、探索をスルーして駆け抜けた。


決してボリュームが少ないわけではない。
面倒な目標がなく道中を突っ切れる場所が多い。また、前作のようなステージの使い回しや終盤の裏切り、装備品を失うような時間稼ぎ的展開がないのでテンポが良い。


父、コルヴォを助けず玉座に座り「これで父は安全」と勝手な解釈でご満悦のエミリー女王。
バットエンドのようだが、これも真っ当なエンディングのひとつ。ステルスといっても不殺を強制されるわけではないのが本シリーズの良いところ。

 

まとめ

名作が正統進化。高い完成度。
前作と同じくステージクリア型の全9ミッション。マルチエンド。
初見の1周目はさっさとクリアして10時間。寄り道しながら楽しむと20時間ぐらい。何周も楽しめるゲームなので十分すぎる満足感。
ただ、リトライのロード時間が相変わらずなのは残念。

敵の数は半分ぐらいに減り、面倒なギミックや敵が追加。また、雰囲気がだいぶオシャレになった。
前作の暗鬱としたハードな雰囲気が好きだった人、とにかく片っ端から敵を殲滅していくようなプレイが好きだった人は好みから外れるかも。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PC, ★★★★☆, PS4, FPS TPS

執筆者:

関連記事

【首都高バトル01】レビュー/評価/攻略:ライセンス化の功罪 新エリア、グラフィック一新で遊びごたえは十分

洋ゲーでいうとこれ:【Need for Speed (2015)】 もくじ1 はじめに1.1 首都高バトルとは1.2 作業感が気持ちいい2 前作「0」からの変化2.1 コース2.2 車両のライセンス化 …

【ガングリフォン】攻略/感想/評価:本物のミリタリーを追求

セガサターンの名作。 もくじ1 ガングリフォンとは1.1 リアルなグラフィック1.2 リアルな操作1.3 リアルな設定2 まとめ ガングリフォンとは リアルなグラフィック 1996/3/15 発売。後 …

【MGSV:TPP】攻略/感想/レビュー:80時間プレイしてわかった TPPの良いところ、悪いところ

良い部分、悪い部分を並べれば圧倒的に後者が目立つ。 でも面白い。だから余計にもどかしい。そんな作品。 もくじ1 不満点を上げるとキリがない1.1 未完成1.2 発売後の展開がない1.3 稼ぎゲー1.4 …

【アーマードコア3 サイレントライン】攻略/感想/評価:パーツ大増量 一気に2倍!よりハードになった雰囲気/BGM/やり込み要素

この頃にはACやってるのは自分だけになってた。 当時、同級生の誰もSL買ってないので新パーツ情報を交換することもできず、孤独にプレイ。そのため本作にはあまり良い印象ががない。 制服を脱ぐのを忘れるぐら …

【inFAMOUS Second Son】攻略/感想/レビュー:超能力パルクール 太く短い快感

もくじ1 本作の特徴1.1 ストーリー1.2 超能力パルクール1.3 カルマシステム2 4つの能力2.1 スモーク2.2 ネオン2.3 ビデオ2.4 コンクリート3 不満点3.1 ミッションが単調3. …