yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

アクション ★★★★☆ PS1

【アーマードコア MoA】レビュー/評価/攻略:PS三部作の集大成 EXアリーナの変態ACに挑む

投稿日:2018-03-29 更新日:




はじめに

初代系の集大成


マスターオブアリーナ、通称「MoA」。
前作「PP」から1年で発売されたシリーズ三作目。

ACシリーズリンク:【シリーズ別リンク】

PS三部作の集大成といえる内容。
・初代・PPで培った技術をフル投入した完成度
・シリーズトップクラスのボリューム
・初代の設定を補完し解答するシナリオ
・ディスク2枚組はソフト1本で通信対戦できる親切仕様


グラフィックは初代の時点で完成されているので目立った進化はない。
しかしOPムービーは前二作をはるかに凌駕。もはやPS2水準。

OPに登場するいくつかの武器はゲームに登場しない。シリーズ伝統「詐欺OP」の片鱗がうかがえる。

BGMは前2作+多数の新曲。
OPやナインボールのテーマ「9」が有名。
星野康太が初参加。「アーマード・コアという一つのジャンル」の音楽を生み出している。

シリーズNo.1の収録数を誇るアリーナ


10+1種類のアリーナ。計200体以上のランカー。
ACPP4倍以上。シリーズNo.1の収録数。

「アリーナ」「サブアリーナ」
DISK1の表アリーナ。シナリオと連動する。

「EXアリーナ」
DISK2の上級者向け裏アリーナ。
脚部限定、全国大会入賞者ACなど大ボリューム。強敵揃いだがMoAで調整される前に組んだPPの強アセンがちらほら。

PPの雑なAIが改良されているので低ランクACも良い動きを見せる。
強化人間+基準違反の強敵は火力そのままで動きが良くなってるのでツラい。

「ランカーMK」
オリジナルアリーナ作成機能。
自分で組んだ機体にAIを設定して登録する。設定の自由さ、簡単さが好評。
実装されているのは本作のみ。後にACFF、ACVD(UNAC)に受け継がれる。


前作とは趣向が違う新マップ追加。
なぜか前作で好評だったマップは削除で数は減少。


対人戦のバランスを考慮したのか、CPU相手だとダルいマップが多い。

謎に迫るミッション


「一人の青年の復讐劇」を軸に、初代に登場した「レイヴンズ・ネスト」「ナインボール」の謎に迫る。

PPのような人間関係の描写も味付け程度に取り入れているが、重要キャラ以外は相変わらずキャラ絵や説明は皆無。
情報が少ないことで逆にさらっと登場するレイヴンも印象に残る。

珍しく主人公に細かい設定がある。
「中流家庭に育った24歳、元会社員。MT操縦経験すらなかったが、家族の命を奪った⑨マークのACに復讐するためにレイヴンになった」
この経歴で最強レイヴンを倒すのは完全にイレギュラー。


ハスラーワン (CV:檜山修之)
主人公の仇。ナインボールを駆る最強レイヴン。


ラナ・ニールセン (CV:渡辺久美子)
人材マネージメントをしており、主人公をサポートする。直接の面識はない。
話を通さず依頼を受けるとめちゃ怒られる。


ミッション数は19と少なめ。しかし内容が濃くアリーナと交互なのでボリュームは十分。
シナリオ進行はミッションとアリーナが関連しており、前作のように片方だけ進めることはできない。
「アリーナ参戦のためのスポンサー企業」など設定も関連がある。


アリーナで10体倒す→1ミッション発生ぐらいのテンポで進行。

さらなる追加パーツ

新パーツ27。総パーツ数187。
武器カテゴリが増えたのが特徴。
ゲーム性は十分煮詰まっているため、前作のようなぶっ壊れ新パーツは無い。
PPの一部パーツにはバランス調整が入った。
タンク脚の防御・対反動が低下。固め斬りの餌食。

「固め斬り」
反動の強い弾を当てて足止めしながら接近して空中斬り。WG-HG1(ハンド)が最適。

PPと違い前2作の隠しパーツは最初からショップで販売。
強化人間は初代からのデータ引き継ぎのみ。

偉大な初代:【アーマードコア】


ミッション中の隠しパーツはどれも隠し場所が凝り過ぎ。
攻略情報なしではまず気づかない。


味方が全滅するとゲームオーバーの制限つきミッション。
真っ暗な中で無関係の洋館を壊し、レーダー無効の地下道を進み3分岐の左へ。行き止まりの壁を壊すと現れる仰々しい部屋。
ようやく手に入れたパーツはSP武器以外使い道がないFCS。

 

DISK1:ナインボール=セラフ撃破


前作のデータを引き継いで強化人間でスタート。
3作目ということで難易度は高め。最初から広くて敵が多い迷路マップ。
初見・初期機体だとかなりキツい。


最深部はランカーACが登場。
ミッション中の敵ACは防御力0なので非常に脆い。正面で撃ち込めばあっという間に終わる。


アリーナの道のりは長い。サブ→メインの2部構成。
相手がヌルい今のうちにブレオン練習でもやっとくか。

■おすすめ武器
・AW-XC65 (武器腕2連レーザー)
瞬間火力が高いのでゴリ押し可能。そのわりにEN消費は低め。銀ジェネで4発撃てる。
総火力も高い。たいていのミッションはこれ一本で事足りる。
QX-9009(FCS)と合わせてEN系OP全部乗せ。

・WC-GN230 (大グレ)
武器腕のEN回復中にヒマ潰し。EN武器と比べると瞬間火力が低い。これで撃ち合っても勝てないので削り程度に。


潜水艦を護衛するシリーズ初の海上ミッション。海に落ちると即死。


ACfAのアームズフォートような巨大兵器。
なぜか砲台を全部壊せば倒せる。


廃棄宇宙船を探索。コントローラーを投げたくなる迷宮マップ。


繰り返し登場するナインボール。
やはり防御力0なので脆い。初代の魔改造パルスも無いので楽勝。
最終ミッションの前半は2体同時に襲ってくる。


ラスボスはシリーズ最大最強の敵、ナインボール=セラフ。


出るゲームを間違えてるとしか思えない圧倒的火力&機動力。
前作のファンタズマと同じく大火力のぶつけ合いで瞬殺。だが危なかった。

前作:【アーマードコア PP】


壊れてもターミネーターのように動き出すセラフ。恐い。

PS2でセラフ復活:【アーマードコア2 アナザーエイジ】

アリーナ込みでもう満腹。しかしここまではチュートリアル。
この後、DISK2でセラフがかわいく見えるようなACが続々登場。

 

DISK2:EXアリーナで最強AC達に挑む

脚部限定

■2脚

引き続きレーザー腕でなぎ倒す。この戦法がマスターアリーナまで延々と続く。
ほとんどのAC戦を作業化してしまったことは少々後悔。
せっかくの脚限定アリーナなので、特性を活かした機体で遊んだ方が楽しい。

■逆関
積載量が低いのでアセンに苦労する。どうしてもキャノンが乗らない。
逆関らしいぴょんぴょんジャンプのしつこいサテライトが面倒。駐車場で戦うと楽。

「サテライト」
衛星のように相手に回り込み続けることで距離を保ちながら攻撃&回避。旋回力が相手より上なら死角から一方的に攻撃できる。


上下に動く奴は駐車場に呼び出す。これ基本。
レーザーを撃ってEN回復まで柱に隠れるチキン戦法。回復したら平行移動で顔だしてピーピーピー。
初手のレーザーが外れたら即リトライした方が早い。


駐車場ではこちらも回避できないので核ミサ×2が驚異。

■4脚

4脚で回避困難なミサイルが恐い。


RANK1:トールスポット
滞空しながら1000マシ。
脚限定アリーナなのに強化人間の低燃費で特性を潰す敵の動きにイライラ。

■タンク
みんな動きが遅くて楽。サイトを上下に動かせるとチャンスが増える。
開幕、腕レーザー連射でAP半分減らせる。火力勝負なら負けない。
レーザーを当てるのが重要。グレでは武器腕の分脆いので撃ち負ける。
射撃は踊りで回避。


火炎放射オンリー。離れると攻撃手段がないネタAC。


RANK4:スコーチャー
ミサイルを延々と乱射してくる。4脚同様、タンクのふんわりジャンプでは回避困難。

チャンピオン


全国大会の上位入賞者15名。


妄想全開コメントとエンブレムのクオリティ高さが笑う。

しかし強さは本物。この辺から難易度が理不尽。運ゲー。 

自分の好きなアセンで~みたいなノリではない。どんな手段を使ってでも、とにかく1勝引きたい。

■敵ACの強さ

・変態機動
常に上下に振りながら死角に回り込む3次元サテライト。強化人間の滞空性能を存分に活かす。
斜め上45°からのEライ、キャノン、ミサイルの雨。この武器ってこんなに連射できたっけ?と思うほどの猛攻撃。
これには攻撃どころかサイティングすら困難。
相手視点でリプレイを見ると変態機動が拝める。旋回性能の限界を超えてロックしてることがわかる。トップアタックの角度が凄い。

「トップアタック」
上を取る戦法。攻撃を当てやすくなり、相手は見上げることで周辺把握が甘くなり動きが悪くなる。
サイトを上下に動かすのは難しいので近距離で上を取られるとツラい。

・ゲーム性の影響
初代系はスピードが早いしカクつく。2次ロックでも命中率が低い。上下視点移動が早いので調整が難しい。
理屈はよくわからないが、こちらの攻撃は当たらず相手のだけ当たる。
何を撃っても中距離で全部避けられ全武装弾切れになることも。チャンスは近距離の着地取りだけ。

・月光の空中斬り・光波の使い手
2発食らうと落ちる超威力。軸合わせの精度が高いのでよく食らう。
しかし直線的にしつこく狙う習性があり、その間は撃ち込むチャンス。


ACE

勝たせる気ないだろこれ。
縦の動きを絡めたサテライトで視界に入らない。
Eグレも嫌だが、一番ヤバいのはEライの瞬間火力。ピーピーピーと撃たれるとあっという間に終わる。さすがのレーザー腕も正面からは勝ち目なし。
連射の早さを逆手に取って弾切れを狙うのが良いが、その後もEグレの嵐が続く。

フロム社員

条件:シナリオクリア


フロム・ソフトウェア社員9名。上位ほど役職が高い。

ゲスト(雑誌社)

条件:全シナリオクリア


ゲーム雑誌出版社5社30名。


コメントはギャグ系。


機体もウケ狙いかと思いきや全員手強い。
30体はさすがに数多すぎ。ツラくなってきた。

マスター

条件:達成率100% (全シナリオクリア、全隠しパーツ入手)


こういうEライ特化みたいな奴が一番ヤバい。

武器腕の脆さがもはや限界。
重量腕で防御を強化してカラサワを持つ。撃ち合いでは命中する距離に近づくまでに死んでしまうので、あくまでも削り用。

主力は核ミサの運ゲー。
近距離で撃った方が当たりやすい。相手の真下に潜り、背中向けに着地したところに核ミサ。あとは偶然当たるのを祈る。


RANK17:EX300
シリーズ中屈指の強敵という噂に違わぬク◯AC。
回り込みながら真横からレンコン連射されて硬直で動けない。
レンコンを弾切れまで耐えても、お次はミサイル連射で画面内は弾頭の嵐。
しかし火力は大したことないのでEライよりはマシ。
武器腕だから装甲が薄い。核ミサ2発当たれば勝てる。


RANK6:アードラー
Eライ、両肩マルチというこれ以上ない凶武器の組み合わせ。
近づくとしつこくブレ光波を狙ってくる。そこを低空飛行で引き撃ち。


RANK1:ナポレオン
アードラー同様、ブレードの隙をつく。


長かった・・・。満腹。

 

パーツ解説

■注目の新パーツ
・HD-HELM (頭) :全体的に高性能。
・AN-891-S(腕) :最高のE防。AP・実防も高い。
・XXL-D0 (コア) :軽い、高防御・高AP。重コアを食う性能。OPスロ5、ミサ迎撃バグが欠点。
・P/CV (fCS) :SPのみ最高範囲。
・SP-ABS/Re (OP) 同名OPの強化版。併用すると無効。

・AW-R/4 (武器腕) :
通称レンコン。高火力。安定性が低いと被弾時に動けないのでハマる。
STサイトなのでミサイルと相性がいい。武器腕中最大AP。

・WR-RS7 (ロケ) :着弾時に敵機のロックオンを妨害するECMロケ。
・WX-ED2 (両肩) :通称カッター。EN弾2発同時発射。
・WX-C/4 (両肩) :通称フジツボ。4連装レーザー砲。
・P77-ST (両肩) :ステルス。COMには効かない。

・WG-RF/E (Eスナ) :驚異的な弾速で回避困難。
・MG-MG500/E(Eマシ) :意外と高火力・命中の強パーツ。
・WG-XW11(Eライ) :デュアルレーザー。軽いわりに高火力で実用性が高い。
・WG-FGI-00 (焼夷弾) :着弾で燃焼し連続ダメージ。

・LS-1000W(ブレ) :光波射出ブレード。強化人間光波を空中で撃てる。

■要注目パーツ
・QX-9009(FCS) :NDサイトが広がる。
・WG-2180(大バズ) :SPサイトがになり火力もアップ。
・WG-RF/P (強スナ) :スナは全体的に強化。反動が強い。

■知らなきゃ損するアセン基礎
・余剰Eと回復速度の限界 [待機=6000 移動=3000]
・ジェネは機体重量から省かれる
・旋回速度は実重量に比例
・ブレホ距離速度はブースター出力、重量に比例
・E関係のオプションはブレと無関係
・上昇速度限界 [LN-501:B-T001→B-VR-33→さらに重い:B-P351]

 

おわりに


初代の伏線を回収するシナリオは秀逸だが、ミッションは初代の方が充実してる。

アリーナは敵が強すぎ、多すぎでファン以外は引くレベル。
前2作をプレイしたファンへのサービスと捉えて遊び込もう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, ★★★★☆, PS1

執筆者:

関連記事

【機動戦士ガンダム外伝3 裁かれし者】レビュー/評価/攻略:伝説の3部作最終章 まとめて1本として見れば傑作

前作の3ヶ月後、1997年3月7日発売。 前作→【蒼を受け継ぐ者】 【戦慄のブルー】 ダムゲーリンク→【シリーズ別リンク】 もくじ1 伝説の3部作 最終章1.1 作戦重視1.2 今さら聞けない「EXA …

【鉄拳】攻略/感想/レビュー:家庭用で大ヒット

もくじ1 鉄拳とは2 初心に帰る3 シンプルなゲーム性4 初代の仕様5 テキトーにプレイ6 おわりに 鉄拳とは 発売当時、ファミ通を見てなんとなく気になってた。 サターンしか持ってない自分には出来ない …

【ドラゴンボールZ スパーキングメテオ】攻略/感想/評価:PS2のシリーズ展開を締めくくるに相応しい作品

ドラゴンボールゲーはこちら 【ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説】 【ドラゴンボール FINAL BOUT】 もくじ1 スパーキングメテオとは1.1 原作らしいグラフィック1.2 超スピード …

【リッジレーサー&レボリューション】レビュー/評価/攻略:当時ダントツのクオリティを実現

もくじ1 はじめに2 当時ダントツのクオリティ2.1 グラフィック2.2 挙動2.3 コース3 リッジレーサーレボリューション4 おわりに はじめに PSロンチタイトル。記念すべき型番「SLPS000 …

【ライズ オブ ザ トゥームレイダー】レビュー/評価/感想:前作から正統進化 DLC全部入りでボリューム満点

シリーズをリブートした前作「Tomb Raider」(2013年)の続編。シリーズ第11作目。 2016年発売のPS4版はシリーズ20周年記念盤「20 Year Celebration」。後発なのでD …