yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

アクション ★★★★☆ PS1 アドベンチャー

【サイレントヒル 】攻略/感想/レビュー:バイオとは似て非なる「静的」ホラー

投稿日:2017-11-13 更新日:



サイレントヒルとは

システムが似ているため一見バイオシリーズのパクリっぽい。しかしバイオがお化け屋敷的な「動」の恐怖だとすれば本作は「静」の恐怖。
精神的に追い詰めるような邦画ホラー的演出が多い。
陰鬱、退廃的。かつ物悲しい世界観とストーリー。雰囲気がとにかく暗くじめっとしている。

本能的な「嫌悪感」が精神をむしばむ。
グロテスクなグラフィックで目を、ノイズを多用した不協和音のようなBGMで耳を、傾いたカメラワークで三半規管を攻撃。

第1作はアメリカの大手ゲームサイト「GameTrailers.com」が選んだ「最も怖いホラーゲームランキング」1位。
国内より海外人気が高い。シリーズ全体の売り上げは海外8割。

ちなみにタイトルの由来は本当に静岡県。
サイレントヒルの街並みは「かつて繁栄していた観光地」ということで熱海を参考にしている。そこで仮タイトルを静岡の直訳にしたら海外スタッフに気に入り、そのまま正式タイトルになった。




PS特有の粗いポリゴンを逆手に取った「荒々しいタッチの油絵」のような質感。
陰鬱としたグロ世界は気持ち悪さの中にどこか美しさを感じる。

あらすじ

休日、しがないライター「ハロルド・メイソン」は、娘「シェリル」が行きたがっていた観光地「サイレントヒル」に向かった。


居眠り運転の途中、道路に飛び出した少女に驚いて事故る。


気がつくとそこはサイレントヒル。シェリルがいない。

濃霧に包まれた美しい町のはずが様子がおかしい。
人がいないゴーストタウン。季節はずれの雪が降り、深い霧に包まれ、異形の怪物がウロウロ。

ハリーはシェリルを探すため探索に向かう。

 

攻略

難易度は高め。EASYだと肝心の「怖さ」がなくなるのでNORMALで頑張ろう。
ライトを消して進む、アイテムを拾うなどポイントを押さえればなんとかなる。

謎解きの難易度が高いのはどうしようもない。(以降の作品では謎解きの難易度も選べるようになった)

スタート~



まさかの最速ゲームオーバー。かと思ったら夢だった。いきなり気分悪い。


さっそく重要アイテムのライトとラジオが無造作に置いてある。取り忘れると詰む。


■ライト

点灯すると敵に気づかれやすい。なるべく消して進むのがコツ。
自分はせっかちなので常に走ってる。足音で気づかれるのでライトつけても消してもあまり関係ない。


夜、地下などは真っ暗。マップを見れば意外と進める。地図を見たり調べ物をするときは点灯する必要がある。

■ラジオ
「敵に反応して(不快な)ノイズが鳴る」という謎効果。
ノイズ音は敵に感知されない。本作は常に視界が悪いので敵を察知するのに役立つ。
便利アイテムとかじゃなく、恐怖演出のひとつ。


主人公は戦闘の素人。打撃は隙だらけで屁っ放り腰。銃器の扱いも下手で命中率が低い。遠距離や暗所ではほとんど当たらない。
急に立ち止まるとよろけたり、動きがナヨナヨ。ラジコン操作もあいまって段差に引っかかりやすい。


視界が常に悪い。夜中や地下はもちろん、日中も霧で真っ白。
遠景を描画出来ないという技術的な問題を逆手にとった「先が見えない恐怖」演出。


まずは地図を取るべし。
先が見えない上にバイオのような定点カメラではなく可動式。あえてメチャクチャな動きをするので方向感覚がマヒする。こまめにマップを見て進む必要がある。


野外は敵を倒すメリットが一切ない。簡単に回避できるのでスルーした方がいい。倒してもマップを切り替えると一定確率で復活する。

■鉄パイプ
なかなかのリーチと攻撃力。もっさりモーションなので置きぎみに振る。
野外ではこんなもんで戦うヒマがあったら逃げよう。

■黄金の右足
ダウンした敵への攻撃は足蹴り。即死。

MidwichElementarySchool(学校)

屋内は霧が無いかわりに暗い。目印になるようなものが無く、どこも同じような風景。
徹底してプレイヤーの方向感覚を狂わせてくる。やはりこまめにマップを確認。

なんの脈絡もなくトントン、パリーン!ドカーン!ギャー!みたいな音して、敵が出ない。不気味。


野外と違い、狭い場所に敵が複数いるので避けにくい。
危ないときは銃を使ってでも倒す。後半は弾より回復が足りなくなる。


あえて敵を映さないカメラワーク。画面外からいきなり殴られる。安定して回避するのは難しい。
あれだけあった栄養剤(小回復)が無くなった。


ピアノはバイオと違い、自分で謎を解いて演奏。


時計塔を抜けるとそこは裏世界。
表世界も十分恐ろしいが、グロテスクな裏世界は「嫌悪感」パワーが大幅アップ。
血と錆で赤茶け、肉塊が吊るされている。辺りはどこも闇、闇、闇。


女子トイレに入るとワープ。脈絡のない仕掛けで混乱。
しかもワープ先にショットガンがある。取り忘れると非常に痛い。
「ショットガンの弾があるからショットガンもどこかにあるはず・・・」と思わせる意図なんだろうけど・・・。


vs「スプリッドヘッド」
ボス戦。この形、完全にアレじゃね?


クパァからパクっとされたら即死。セーブしていないと今までの苦労が水の泡。
硬いのでショットガンがないとツラい。

ALCHEMILLA HOSPITAL(病院)


人型の敵が登場。攻撃力が高く、しつこく追ってくる。


さらに難解なマップと仕掛け。あえての全階同じ見た目。地下はマップが無い。


あるはずのない4階が出現。


裏世界にずっといると吐き気がしてくる。カメラワークがぐにゃんぐにゃん。
ハリーはよく正気を保っていられるな。



ナースが硬い。ハンドガン10発でようやく一体。1人通れるぐらいの一本道で避けようがない。




謎を解いて先へ進む。キーアイテムも自分で選択する必要がある。通常アイテムとごちゃ混ぜなので種類が増えるとわけわからん。


壁の模様が気になる。完全にアレじゃね?

~下水道


裏世界の後だから、表世界が陽気な午後の昼下がりのように心地良い。


バイオはウイルス感染など科学的な要素を背景にしているが、本作は不可思議(神秘的、超自然的、霊的、非科学的)ないわゆる「オカルト」の要素が強い。
いきなり巨乳美女ナースが現れたり。


vs「ツインフィーラー」
コイツは弱い。


野外まで裏世界になってしまった。絶望しかない。



vs「フロートスティンガー」
さっきの幼虫が孵化。ショットガンでゴリ押し。



下水道。ひたすら奥へ長く、長く続く。ただそれだけで気分悪い。
ここはラジオが鳴らない。気がつくと敵がすぐそばに。今までとは違う、音もなく近づく恐怖。

LAKE SIDE


この地図さー、狭いところに情報詰め込みすぎ。右上がわけわからん。
しかもそこに GOOD+エンドの条件が詰まってる。


最大の敵はカメラワーク。自キャラほったらかし。




もう何がなにやら。頭がクラクラしてきた。


廃墟好きにはたまらない裏世界の遊園地。


vs「モンスターシビル」
赤い液体をぶっかけて助けるのがGOOD+の条件。


アイテム使用の角度をミスると銃で即死。

不明


最後はあれだけ頼りにしていたマップが無い。大ピンチ。


開かないドアが多くて紛らわしい。謎解きも盛りだくさん。

■サーチヘッド
アイテムやドアが近くにあると自キャラがその方向を見つめる。開くドアのみ反応する。
室内が暗くて探索が困難なときに有効。


みんなのトラウマ。この即死はあまりにも理不尽。


なに言ってんだこのババア。


vs「インキュバス」
電撃の避け方がわからん。連続ヒットで即死。手前でセーブできるのが救い。
救急キットとライフルでゴリ押し。


マルチエンドは4種類。今回はベストエンドのGOOD+。




エンディング後、ちょっとしたお楽しみムービーあり。

■クリア評価

100点満点中、40点(大きい星が10点)

クリアランクのシステムは複雑。
満点を狙う場合はさらに「クリア2時間以内 /セーブ2回以下 /アイテム150個拾う /隠しアイテム5個 拾う/近接武器メインで敵を倒す」必要がある。

どっちにしろ一周目ではムリ。
しかも周回すると強制的に難易度がワンランク上がる。(この仕様は不評で、以降のシリーズでは廃止。)
GOOD+エンドかつこの条件で2時間クリアはかなりシビアかも。

 

まとめ

常に緊張感がつきまとう気分の悪さ、嫌悪感。
単純にグロいだけではない、長時間プレイする「ゲーム」ならではの手の込んだ表現。
「時間とともにジワジワくる、吐きそう。でもやめられない。」という感覚を味わえる。

グロとかお化け屋敷的なホラーゲーはちょっと・・・という人にこそオススメ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, ★★★★☆, PS1, アドベンチャー

執筆者:

関連記事

【龍が如く 極2 体験版】攻略/感想/評価:忙しくてプレイできない人の疑問に答えるレビュー

もくじ1 グラフィックはどうなのよ?1.1 ムービー2 動き、操作感は?2.1 ミニゲーム3 戦闘はどんな感じ?4 まとめ グラフィックはどうなのよ? 当たり前だけど綺麗。 「0」。こっちの方が密度感 …

【ライズ オブ ザ トゥームレイダー】レビュー/評価/感想:前作から正統進化 DLC全部入りでボリューム満点

シリーズをリブートした前作「Tomb Raider」(2013年)の続編。シリーズ第11作目。 2016年発売のPS4版はシリーズ20周年記念盤「20 Year Celebration」。後発なのでD …

【鉄拳2】攻略/感想/レビュー:鉄拳史上最強キャラで遊べる

もくじ1 格段に進化2 システム変更点3 最強キャラ「ブルース」で身内対戦3.1 ブルース・アーヴィとは3.2 いざ、友人とブルースで対戦!4 おわりに 格段に進化 前作からたったの1年で格段に進歩を …

【鉄拳】攻略/感想/レビュー:家庭用で大ヒット

もくじ1 鉄拳とは2 初心に帰る3 シンプルなゲーム性4 初代の仕様5 テキトーにプレイ6 おわりに 鉄拳とは 発売当時、ファミ通を見てなんとなく気になってた。 サターンしか持ってない自分には出来ない …

【ガングリフォン】攻略/感想/評価:本物のミリタリーを追求

セガサターンの名作。 もくじ1 ガングリフォンとは1.1 リアルなグラフィック1.2 リアルな操作1.3 リアルな設定2 まとめ ガングリフォンとは リアルなグラフィック 1996/3/15 発売。後 …