yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

★★★★☆ レース PS2

【グランツーリスモ3】攻略/感想/評価:「ドライビングシミュレーター」として劇的進化

投稿日:




【シリーズ別リンク】

「ドライビングシミュレーター」として劇的進化


ボリュームアップが主だった「1→2」と違い「2→3」の進化は一目瞭然。
次世代機の性能を本体発売からたった1年で引き出した圧倒的グラフィック。フレームレートも前作30fpsから60fpsになって滑らか。



(前作)


当時、こんなクオリティのレースゲームは無かった。まさに独走状態。
PS2歴代6位の大ヒット。国内140万、世界1000万本越え。ちなみに国内トップ5はFF、ドラクエが占める。


背景の描き込みも細かい。


リプレイは大気のゆらぎまで表現。


リアルな光源処理のせいか日陰が暗く、曇りのコースはコントラストが低い。


挙動も進化。前作はスケートのようだったダートも砂利の接地感がしっかり伝わる。


ウェット路面が初登場。初見であ然とするほど滑る。


参加メーカー数は前作と同様。車種は前作500→200車種に減った。レーシングモディファイは廃止。
確かに少なく感じるが、「2」が異常に多かったこともあるので不満はない。むしろモデルを詳細に作り直してこれだけの数を揃えたのは凄い。


少ないとはいえツボを抑えたラインナップ。


元ネタに忠実なF1マシンが登場。次作からは架空車「フォーミュラグランツーリスモ」だけになるので実在F1マシンを楽しめるのは本作限り。

■初収録コース

・Cote d’Azur (コートダジュール)
F1でおなじみの実在サーキット、モンテカルロ市街地コース。


・東京ルート246
国道246号線の青山付近をモデルにした公道コース。「日本で公道レース」の夢をゲームで実現。


・コンプレックス・ストリング
立体的で複雑なレイアウト。ライセンス、フリーラン専用。

 

GTモード

ライセンス


まずはシリーズおなじみの急停止から。
自分は先にライセンス終わらせるタイプだけど、コースに慣れるほど有利なのでレースの進行と並行して進めた方が良い。


ラリーライセンスが独立。


スーパーライセンスは正式ライセンスになった。最上位レースイベントに必要。
1周タイムアタック。クセがあったりハイスペックな車も手強い。難易度は最上位レース以上。


1コース1~2時間かけてようやくクリア。この満足感。まだ始まってないのにレース生活が終わったような気分。

当時、高校から帰って毎晩2時間かけて1コースクリアした。ちょうど10日で全クリしたのは良い思い出。
数年後、頭文字Dにハマったので再びプレイ。ハンコン買ってGT3で本格的に練習してから走り屋になろうと思ってた時期が僕にもありました。いきなり峠は危ないからまずは運動場でドリフト練習して~なんて計画したり。絶対ムリやん。

車漫画の金字塔→【頭文字D Special Stage】

レース


ディーラーとチューンショップが別になったので使いやすい。


序盤の金策が厳しい。前作まであった中古車は廃止。序盤のイベント賞金が少ない。
初期資金が増額されてるとはいえ150万crで買える車は7種類しかない。ハチロク以外は全てファミリーカー。


ハチロクでサンデー~FRイベントまで優勝。
TCSは有料パーツだったが今作から標準装備。前作までと違いしっかり効果を発揮。


前作までは優勝するたびに貰えるプレゼントカーで稼げたが、今作のシングルレースで貰えるのは初優勝の1回だけ。しかも戦力外ばかり。


プレゼントカーのシルビア。乗りたくないけど馬力が高いので乗り換え。
金策のために同じコースを延々とグルグル回る作業が続く。好きな車を買う前に心折れそう。


サバンナRX7に乗り換え。プレゼントカーわらしべ長者で少しずつパワーアップ。


ようやくランエボを買ってフルチューン。
イベントは前作まで馬力別だったが「ビギナー、アマチュア、プロフェッショナル」の難易度別になった。そのためほとんどは馬力でゴリ押し可能。


レースイベントの周回数が多い。プロフェッショナルリーグは1レース10~20周。グランプリではこれを10戦。耐久レースと化している。
耐久とシリーズ戦のプレゼントカーがルーレットで決まるのはツラい。2時間走ってまたハズれ。実はレース後にオプション画面に入る回数でルーレット停止位置が変わるらしく、裏技的に狙った車を当てることが可能。


最後に待ち受けるF1ワンメイク。最終戦はモンテカルロ78周の長丁場。気分はF1グランプリ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-★★★★☆, レース, PS2

執筆者:

関連記事

【ゴジラ怪獣大乱闘 地球最終決戦】攻略/感想/評価:ゴジラファンの夢を叶えたゲームかと思いきや・・・

海外の開発、アメリカで発売されたゲームの日本版。 日本っぽいタイトルだが、タイトル画面にいきなりUFO が現れてバタ臭い。 流通量が少ないのか、PS2版の中古1500円。内容を知らないと出来が良い和ゲ …

【レイジレーサー】攻略/感想/レビュー:シフト操作&変な当たり判定がやみつき

「かつてこれほど走りに拘ったレースゲームがあっただろうか」(パケ裏より) 都心を走る「リッジ」、リゾートを走る「リッジレボ」、世界を走る「レイジレーサー」。 売上はシリーズ1位の約80万本。あのR4よ …

【アウトモデリスタ】攻略/感想/評価:まるでガムテープデスマッチ 色と集中線で眼が痛い

発売当時、買おうか迷って買わなかった作品。判断は正解だった。 もくじ1 トゥーンレンダリング2 挙動3 ボリューム不足4 全体的な出来の悪さ5 まとめ トゥーンレンダリング 特徴は「トゥーンレンダリン …

【Dishonored 2】レビュー/感想/攻略:名作が正当進化 1周目エミリーでカオスエンド

吹き替え・字幕は完全ローカライズ。表現規制なし。 前作→【Dishonored HD】 もくじ1 ディスオナード2とは1.1 2人の主人公1.2 広いステージ1.3 新しいギミック&敵2 1周目、エミ …

【バイオハザード】攻略/感想/レビュー:スーパータイラントなんていなかった

今回プレイしたのは「バイオハザード ディレクターズカット」。 「ビギナー」「ハード」「アレンジ」モード追加。 もくじ1 大ヒットシリーズの初作1.1 カプコンの看板タイトル1.2 パックパックパック1 …