yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

★★☆☆☆ PS2 対戦格闘 SS

【ファイティングバイパーズ】攻略/感想/評価:アーマーブレイクで脱衣

投稿日:2018-05-21 更新日:




ファイティングバイパーズとは

近未来の架空の町「アームストンシティ」のストリートファイトが人気すぎて市主催の格闘大会が開かれた、という謎ストーリー。いやいや、市は取り締まれよ。
実は市長がファイターの誰よりもイカついラスボス「B.M.」なので仕方ない。


コンセプトがよくわからん。なんでギタリストがギターで戦ってるのか。


近未来の設定なのに古臭いステージばかり。


どの辺が近未来?

 


キャラはラスブロと同じ8人。90年代は「デフォキャラ8人」が鉄則だったらしい。


ロボットのようなぎこちないモーション。ラスブロと同様、武術の達人じゃないので動きの見映えが悪い。ゴテゴテして動きが映えないデザインにも問題がありそう。

素人が武器を使うとこうなる→【ラストブロンクス】

 


「いてまうぞコラァ!」のバン。これでも主人公格。
見た目が70年台。髪と一体化した帽子は承太郎と完全に一致。超衆賭麗斗と書いてスーパーストレートと読む。

 


典型的なアーケード仕様のCPU。1人プレイでは楽しめない。
バクステで引いてから一気に攻め込む巧みな間合い取り。なにか行動しようものなら超反応で上手の選択肢を後出し。強すぎる。
しゃがパン、昇りジャンプKなど色々ハメパターンを探すが、どうやってもステージ8を超えられない。

 


SS版の出来は良好。見た目の違和感も少ない。ラスブロ移植と比べて雲泥の差。

 

システム

バーチャと同じPKG3ボタン。柵や壁に囲まれたリングで戦うのでリングアウトはない。
壁周りのシステムが独特。投げでプロレスのように壁に投げつけたり、吹き飛んでから壁にぶつかる前に空中受身をとったり。


決着ラウンドに強力な技でフィニッシュするとアーマー全壊&柵の外まで吹っ飛ぶ。
試合中の吹っ飛び方も物理法則を完全に無視。1発でリングの端から端まで飛んでいく。この爽快感が売り。


ここはヤバいって。

 

アーマーブレイク


全員がアーマー装備。キャラ・上下半身パーツ個別の耐久値がある。被ヒットかガードで耐久値が減り、ゲージ点滅状態でアーマー破壊技を食らうバキーン!と弾けるように破損。その部位のダメージが1.5倍になる。試合中には戻らない。

攻撃を受けて劣勢な側がより劣勢になる、ダメゲーにありがちなシステム。
試合時間が短いアーケードゲームとの相性も悪く、基底ダメージが高すぎてアーマーの意味が無い。
アーマー有りでも1コンボ5割。下手同士だとすぐ決着がついてしまう。

 


アーマー破損後はキャラの外見が大きく変化。女性キャラの脱衣が見どころ。

 

まとめ

世界観、キャラ、システム、どこにも自分のアンテナが引っかからない。CPU戦が超反応で詰んでるのでまともに対戦できないのもツラい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-★★☆☆☆, PS2, 対戦格闘, SS

執筆者:

関連記事

【鉄拳7】(4)ポール プレイ日記(4)

段位下がってるけど気にしない。 もくじ1 「どうやって勝つか」1.1 ポールの強いところ1.2 組み合わせると・・・2 壁を使いたい3 その他 「どうやって勝つか」 キャラの強みを考えてみる。自分の勝 …

【グランディア】レビュー/評価/攻略:ド直球の冒険活劇 FF・DQに匹敵する大作RPG

サターンを買ってから苦節2年。初めてPS勢に自慢できるRPGが出た! それだけにPS移植を知った時はショックだった「グランディアおまえもか!」。 PS版は売上10万本。悪くないけど、サターンの看板RP …

【Dの食卓】攻略/感想/レビュー:奇才、飯野賢治が生み出した「インタラクティブ・シネマ」

世界累計100万本セールスを記録した大ヒット作。 「マルチメディアグランプリ’95通商産業大臣賞」というゲームの枠を超えた賞を受賞。 「Dの食卓 コンプリートグラフィックス」がPSで発売さ …

【鉄拳3】攻略/感想/レビュー:格闘ゲーム最大のヒット作 名実ともにプレステ看板ソフト

国内売上140万本。世界累計700万本は格闘ゲームの最高売上記録。 もくじ1 洗練されたグラフィック&サウンド2 操作感も向上3 家庭用要素はあいかわらず充実3.1 ムービー3.2 TEKKEN FO …

【ガングリフォン】攻略/感想/評価:本物のミリタリーを追求

セガサターンの名作。 もくじ1 ガングリフォンとは1.1 リアルなグラフィック1.2 リアルな操作1.3 リアルな設定2 まとめ ガングリフォンとは リアルなグラフィック 1996/3/15 発売。後 …