yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

アクション ★★★★☆ PS2 対戦格闘

【ドラゴンボールZ スパーキングメテオ】攻略/感想/評価:PS2のシリーズ展開を締めくくるに相応しい作品

投稿日:





ドラゴンボールゲーはこちら
【ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説】
【ドラゴンボール FINAL BOUT】

スパーキングメテオとは


オープニング。影山ヒロノブが歌う「Super Survivor」が熱い!

 

原作らしいグラフィック


ドラゴンボールらしい平面的でわかりやすい絵作り。変にテカテカせず、描き込みの密度もちょうどいい。造形がしっかりしているのでキャラの雰囲気が出ている。

PS3の後続作品のグラフィックはトゥーンレンダリングとリアル調の中途半端なものになりむしろ劣化してると思う。

 


背景の作り込みも凄い。オブジェクトの量が多く、岩、氷や建物など全て壊れまくる。フリーザの宇宙船は内装まで見える。

 

超スピードバトル!


広いフィールドを超スピードで飛び回る。このフィーリィングを実現したのが凄い。


簡単操作でアクション豊富。派生→追撃→派生と流れるように組み合わせることが可能。SEが大迫力。バシバシ!ドゴン!

しかし、ちゃんとシステムを覚えようとすると正直何がなんだかわからない。昔書いた自分用の攻略メモを見返したけどさっぱり意味がわからない。
1人でプレイしてると最後まで使わないシステムがほとんど。チュートリアルも不親切。


スパキンコンボはどーなってんだコレ。

 

全ての防御テクが目押し。
ラッシュ、投げ、スマッシュ、ブラスト、突進系ブラストは全てタイミングよく◯入力。
これが対人を前提にしているためかシビア。1人でプレイしてるときぐらい気持ちよくピシュン、ドゴンしたい。


ダッシュや必殺技がかち合ったときはアナログをグルグル、連打、QTE。めんどくさいしテンポが悪い。

 

圧倒的ボリュームと作り込み


キャラは160体。キャラ選択一覧が無いので目当てのキャラを探すのも一苦労。

作り込みも妥協はない。
悟空1人とっても少年、前期、中期、後期、GT(それぞれスーパーサイヤ人1、2、3、4)。それぞれモーション、声、技、能力が違う。
かつてここまで作り込んだアニメ原作のゲームがあっただろうか。

ただ、後期ほど演出が簡略化される傾向がある。カットインがないコンパチ必殺技が多い。


GTの最後を飾る、宇宙中の元気を集めた元気玉すら投げつけるだけ。
神龍に乗って飛んでいくぐらいの演出は欲しい。



かわりに初期キャラの作り込みが凄い。


アラレちゃんはステージまで異様な作り込み。GTとは大違い。


セルの演技は「改」より狂ってる。ぶるわぁぁぁ!

 

共通システムの要素が強すぎるため、どのキャラを使っても戦い方は大して変わらない。そのためキャラ性能は単純な上位・下位互換。
しかしコンボ構成、固有技、スピードの微妙な差で意外と味が出る。


キャラゲーとしてモーションの違いは重要。トランクスやジャネンバ、コルド大王は剣を使い、ベジットは手を使わずナメプ。



ミスターサタン、サイヤ人女戦士、ベジータ王、ネイル、ハッチャンなどの弱キャラ達。
一通り演出を見た後はおそらく二度と使わないが、存在するだけで嬉しい。

 

■強キャラ


SSJ2悟飯
気力ゲージ2でブラスト2が撃てるキャラは強い。
[相手ダウン中に気溜め→ブラスト]がループ。CPUは延々とハマる。


伝説ブロリー
最強のラッシュ性能と防御力。
体力5万&アーマー、スパキン時間1位、「カカロット」で即スパ。


SSJ4ゴジータ
全ての性能がトップ。コストを差し引いても強すぎる。

 

気になること

回りくどいネーミング

ラッシュインリフトストライク、ステップイングランドスラッシュ。
一見なんのことかわからないが、簡単にいうとエリアルと下段。

他にも、
・トランスフォームD :変身
・ハイパースマッシュ格闘 :強スマッシュ
・Zサーチ、Zカウンター、Zバーストダッシュ :Zって言いたいだけ
・ドラゴンホーミング、ドラゴンスマッシュ、ドラゴンダッシュ :ドラゴンって言いたいだけ

自分はこのネーミングのせいでシステム理解に時間がかかった。
コンボ締めにヘビークラッシュ、ローリングハリケーン、ラッシュ気功波などと名前がついているのでそれぞれ別の単体技かと思ってしまうが、全部□からの派生。チャージ1、2、3~だったらすぐ理解できたはず。

 

CPUが妙に強い


最初のラディッツでフルボッコ。スパーキング初心者は「?」とア然。

この仕様はおそらくボリューム不足を誤魔化すため。
ヒストリーは全部クリアで3時間。簡単だとこれがバレてしまうから2回コンティニューさせて10時間遊ばせようという魂胆では。


ダメージが通らない負けイベントだったり、ハンデ戦。
所詮はCPU。気力溜めを待ってくれるし、接近→即ブラストを食らってくれるので勝つだけなら問題ないが、強化状態では基本的な動きが練習しにくい。
ステータスや精度で強いのではなく「こいつ良い動きするな~」と思えるようなCPUにしてほしい。

 

まとめ

PS2のシリーズ展開を締めくくるに相応しい作品。PS2黄金期に6作品にわたり正統進化した系譜の頂点。

自由度はあるけど大味じゃない、簡単だけど懐が深い、共通システムが強いけどキャラの味もある。
これほど絶妙のバランスを持つキャラゲーは珍しい。

とってつけたようなモードしかないのが難点。しかしゲーム1本にこれ以上を望むのは酷というもの。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, ★★★★☆, PS2, 対戦格闘

執筆者:

関連記事

【MGSV:TPP】攻略/感想/レビュー:80時間プレイしてわかった TPPの良いところ、悪いところ

良い部分、悪い部分を並べれば圧倒的に後者が目立つ。 でも面白い。だから余計にもどかしい。そんな作品。 もくじ1 不満点を上げるとキリがない1.1 未完成1.2 発売後の展開がない1.3 稼ぎゲー1.4 …

【アーマードコア】攻略/感想/評価:男のロマンを詰め込んだ傑作 驚異の3Dアクション&完成されたアセンブル

シリーズ全作プレイ済。それほど好きな作品。 PS三部作 【アーマードコア PP】 【アーマードコア MoA】 もくじ1 アーマードコアとは1.1 操作1.2 パーツ組み替え1.3 金欠と強化人間2 強 …

【鉄拳2】攻略/感想/レビュー:鉄拳史上最強キャラで遊べる

もくじ1 格段に進化2 システム変更点3 最強キャラ「ブルース」で身内対戦3.1 ブルース・アーヴィとは3.2 いざ、友人とブルースで対戦!4 おわりに 格段に進化 前作からたったの1年で格段に進歩を …

【アーマードコア PP】攻略/感想/評価:ぶっ壊れフィンガーでファンタズマ撃破

アーマードコア プロジェクトファンタズマ。通称「ACPP」。 PS三部作 【アーマードコア】 【アーマードコア MoA】 もくじ1 ACPPとは2 新パーツ3 アリーナ3.1 苦戦した敵4 ミッション …

「機動戦士Zガンダム前編 ゼータの鼓動」攻略/感想/レビュー:前作から一転して鬼畜ゲー。どうしてこうなった

思い入れのある作品。 もくじ1 親戚の結婚式にて2 鬼畜ロードを乗り越えた先には鬼畜ボス2.1 STAGE1 「黒いガンダム」2.2 STAGE2 「カプセルの中」2.3 STAGE3 「サイド1の脱 …