yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

PC PS4 PS3 ★★★☆☆ レース

【DiRT 3 Complete Edition】攻略/感想/評価:グラフィックとレースの面白さを台無しにする2つの要因

投稿日:2017-10-31 更新日:



シンプルにレースを楽しむ仕様


インターフェイスはリストを並べただけの階層型。サクサク遊びやすい。
レース前後のローディングは非常に長いが、リスタートのロード時間は無い。
分割スクリーン対応。これは地味に嬉しい。

音楽はおとなしめ。
前作はハードロック、ヘヴィメタ系だったのに対し、本作はテクノ系でたまにロック。
前作に引き続きレース中はBGM無し。仲間や他ドライバーの無線が入らないのでさらに静か。


※前作「DiRT 2」
バーチャルツアーのような感じで臨場感がある。
レース後、トレイラーハウスに戻ると他のドライバーから「いいレースだったな」と声をかけれたり。レース中ぶつかると「前見て運転しろコラ!」と無線で怒られたり。
そういう要素はDiRT3で全部カット。

 

アシスト機能で誰でも快適


アシスト機能が充実。自分の腕、好みに合わせてカスタムできる。
パッドで気軽にプレイするなら、難易度3&挙動系アシストON。


コードマスターおなじみの「フラッシュバック」これに頼ると腕が上がらない。
とはいえ、本作の攻撃的なAIに突っ込まれてクラッシュすると使わざるを得ない。

 

豊富なコース&車

ロケーション

シリーズ初登場を含め10種類以上。


サファリラリーの本場、ケニヤ。


ラリーロケーションの代表格、フィンランド。


廃墟好きには嬉しい、ミシガン精錬所。


シリーズ初の雪レース、アスペン。
積雪の密度や降雪状況によって操作感が変わる。雪が深いとドリドリ~っと潜っていくし、溜まりに入るとボコっと跳ねる。

雪コースはやっぱ気持ち良い。自分は友達とスキーにいくような人ではないのでなおさら。


道幅の狭さがヤバすぎる、ノルウェー。


公道レースで有名なリゾート地、モナコ。


海外ゲームにありがちな間違った日本、渋谷。とにかくゴチャゴチャでカオス。

他にも五大湖周辺のミシガン、L.A.コロシアム、イギリスのバターシー発電所跡など。

時間帯、天候

ほぼ全てのコースに時間帯、天候のバリエーションがある。



ガラッと印象が変わる。


夜ノルウェーは恐怖。ガードレールがついてねぇぞ!


あーあ、もうめちゃくちゃだよ。

コースのバリエーションに不満はないが、
「コース30以上、レースイベント100種類以上。(前作の2倍以上)」というのは誇大広告。
昼夜、天候に加えて逆走までコース数に入れちゃってる。

レースイベントは1つのロケーションを区切っているためコースが短い。すぐ終わるので物足りない。
ラリークロスは同じコースをグルグル8周。ヘッドtoヘッド(タイマン)はトーナメント方式で3周。ずっと同じ所を走っているような気分になる。

車種

シリーズ最多。50年のカースポーツの歴史から選りすぐりの名車揃い。
ミニ・クーパーやアウディ・クアトロ。ケン・ブロックの駆る650馬力のモンスター、フォード・フィエスタまで。


ダメージ表現も豊か。見た目の変化が面白い。設定を「full」にすると挙動に影響するのでスリル満点。



日本ではあまり見ないようなカラーリングが格好良い。
性能差はよくわからない。たぶんカテゴリごとに差が出ないようになってる。単純に好きな車を選べばいい。



トラックやバギーも楽しい。

 

強制ジムカーナ

本作に今ひとつハマれない原因がコレ。

プレイを進めると新たなマップやコースがテンポよくアンロックされるが、突如としてジムカーナモードが出現。

■ジムカーナとは
パイロンなどを設置してコーナーに見立てたコースを1台ずつ走行しタイムを競う。
敷居の低さ、安全性の高さで身近な競技として人気。マシンパワーよりテクニックが重要なので、腕を磨くのに最適。
アマチュアドライバーが最も始めやすいモータースポーツの一つ。

本作ではタイムより一定時間内のスコアを競うことが多い。


オブジェクトの周りをドリフトでグルグル回り続けたり、トラックやコンテナの間をドリフトで通過。


狭いスペースでスピンターン維持。酔う。

などなど、レースと関係ないことをひたすら続ける。こればかりは難易度を下げても関係ないので繰り返しやるハメに。

序盤は無視しても先に進めるが途中からクリア必須。
レースを進めるとジムカーナ、なんとかクリアしてレースを進めるとまたジムカーナ。
ジムカーナ自体は面白いのだが、レースしたいときに強制されるとツラい。

 

あいかわらずの色味フィルター

黄色い色味でおなじみ「EGOエンジン」。
毎回不評なのに直すどころか悪化。大自然の景色、車体の作り込み、雨の表現など、元は良いのにもったいない。



本作は強烈に緑。特にフィンランドとミシガン。


画面の端の方が暗い。「GRID」みたいにModでフィルター解除したい。

 

まとめ

悪天候レース、雪コース、豊富な車種。などラリーゲームとしての出来は良い。
しかしレースイベントの単調な繰り返しと強制ジムカーナで台無し。「EGOエンジン」の色フィルターがどギツくてグラフィックも台無し。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PC, PS4, PS3, ★★★☆☆, レース

執筆者:

関連記事

【ファイターズメガミックス】攻略/感想/レビュー

ファイターズメガミックスを100円で買うべき5つの理由 もくじ1 ドリームマッチ2 幻のVF3移植3 多彩なシステム4 豊富なやり込み要素5 個性的なキャラクター6 まとめ ドリームマッチ 当時のセガ …

【グランツーリスモ】攻略/感想/レビュー:実車のカタログとしても使える画期的レースゲーム

中学生のとき友達の家で初めてプレイ。 緩いカーブがどうやっても曲がれず「?」。これがグランツーリスモとの出会い。 グラフィック、演出、BGM。 どれをとっても「今までのレースゲームとは違う」ことを感じ …

【スリーピングドッグス 香港秘密警察】攻略/感想/評価:GTAのような大作はお腹いっぱいという人にオススメのB級グルメ

タイトルがウォッチドッグスと紛らわしい。 プレイしたのはSteam版「Sleeping Dogs: Definitive Edition」。DLC全部入りの完全版。しかし通常版と違い、日本語化できない …

【マクロス 愛・おぼえていますか】攻略/感想/評価:原作の魅力を詰め込んだ「良いキャラゲー」

CGレンダの横スクロールSTG。 このジャンルはキャラゲーの中でも安心して遊べる気がする(Zは除く)。 こっちも良作→【機動戦士ガンダム】 完全にアウト→【機動戦士Zガンダム前編 ゼータの鼓動】 もく …

【ドラゴンクエストVI 幻の大地】攻略/感想/評価:ムドー ダークドレアム その他大勢 記憶に残らない自分探しの旅

唯一、発売当時にプレイしたドラクエ。公式ガイドブック上下2冊は今も実家にある。 でもなぜか全く記憶に残ってない。5は売上280万本。6は320万本。売れたわりに存在感が薄いと思うのは自分だけ? ドラク …