yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

★★★★☆ RPG SFC ドラクエ3

【ドラゴンクエストIII そして伝説へ…】攻略/感想/プレイ(10)クリア後の感想 レビュー

投稿日:2017-11-19 更新日:




プレイ日記→【ドラクエ3】(1)パーティー編成~ロマリア

ドラクエシリーズのレビュー
【ドラゴンクエストVI 幻の大地】
【ドラゴンクエストIV 導かれし者たち】

ドラクエ3とは

DQ1でRPGの基礎を知り、2で行動範囲の広がりを学ぶ。そして、キャラメイクなど最大限まで自由度を高めたのが3。いわば1、2でしっかり土台を作った上で世に送り出された真のドラクエ。

本作の完成度の高さがJRPGに多大な影響を与えたらしい。
たしかにファミコンカセットの容量512KBでこの内容は驚くしかない。(SFCリメイク版でも4MB)

ゲームバランスは良好


難しいが理不尽ではない。前半は行動範囲の広がりと新たな敵の強さがちょうど良い。ルートが正しければの話だが。
リメイク版は性格によって難易度が若干ガタつく。
死ぬリスクは少ない。最初は死んだ仲間を復活させるのに必要な金額が薬草1、2個分。


ボスがいないダンジョンが多い。死にながらはいつくばるようにクリアすることが可能。そのため自由度が高い。


中盤は少々ダレる。オーブ集めは自由行動のためどの地域も敵の強さが変わらない。後で行く方はヌルい。


終盤は難易度が高いが、自分もゲームに慣れて引き出しが増えているので対策すればなんとかなる。


LV上げはメタスラ、はぐれメタルに狙いを絞れば苦ではない。転職するたびに上げ直すことになるが、本作はLV50からステータスが伸びなくなるのでそんなに稼ぐ必要はない。

グラフィック、サウンドはSFC最高レベル


グラフィックはSFC終期ということで非常に美しい。きめ細かいドットで丹念に描かれている。


DQ6のような敵の戦闘モーションがさらに進化。全てのアクションに効果音がついた。味方の攻撃エフェクトも豪華。アイテム入手時のグラフィックが全アイテムに用意されるなど演出も6から進化している。

音楽もSFC最高レベル。全ての曲がオーケストラアレンジに近い豪華仕様。中ボスBGM、夜間用の町BGMなど新曲を多数追加。

リメイク版のインタフェースは快適

持ち運べるアイテムが1人8個から12個に増えた。
さらにアイテムがほぼ無限に入る「ふくろ」追加。直接使用もできる。
「さくせん」コマンドで持ち物整理、ふくろの中身を50音順、種別順にソート可能。

「まんたん」もある。ベホマ4回で済むところをベホマラー3回使ったりと効率は悪い。

店で最大9個まとめ買いできる。やくそう、キメラの翼を買うとき便利。

ひとつのRPGとしてみると・・・

上記のように旧作リメイクとしては文句ない。
しかし今の感覚で、ひとつのRPGとして素直な感想をいうと、


ストーリーがほぼ無い。過去作につながり完結する美しさは本作ならではだが、今プレイしてそれを体験できるかどうか。

以前プレイしたときは「そもそも俺はなぜバラモスと戦わないといけないんだ」という疑問を抱きながらバラモスの全体攻撃で全滅すること十数回。運任せのラリホーで倒したが、その後すぐ辞めた。


性格の影響が大きいリメイク版。キャラ作成の自由度が高すぎて、逆に攻略に頼ってしまう。



乗り物を手に入れるたびに行動範囲が広がりまくって途方に暮れる。
目的自体がわからない上に場所のヒントもざっくり。地形は迷路のようになっていて、着いたところで隠し入り口だったり、条件があったり。
困ったときはネット攻略と画像検索を駆使。当時の子供はどんだけ辛抱強いんだ。

好きなイベントを好きな順番でこなせる、といってもほとんどがクリアフラグに関係している。

行き先がわからずウロウロしているとエンカウント率が高くて全然進めない。攻略見ないとツラい。



今ではありえないほど不親切な隠し通路。


敵グラフィックが少ない。体感で20種類ぐらい。
ボスが少ない。船入手まではカンダタのみ。中~後半はバラモス含めて3種類。アレフガルドは最後の3連戦とゾーマだけ。しかもそのボスがザコの色違い。いや、ザコがボスの色違いというべきか。

 

まとめ

自由度にともなう「冒険してる感」は本作ならでは。手応えを感じながら徐々に先に進める緻密な調整。JRPGの源流にして完成形。

ファミコンらしいチュートリアルも何もない不親切さは今どきのゲームに慣れてるとツラい。しかし一度はプレイしておく価値がある名作。

PS4/3DS版が今年8月24日発売。
こちらはスマホ版移植。RPGツクール風のっぺりグラフィック、敵アニメなし、すごろくなし。買う価値なし。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-★★★★☆, RPG, SFC, ドラクエ3

執筆者:

関連記事

【DmC Devil May Cry】攻略/感想/評価:アクションゲーとしては間違いなく一級品。むしろダンテ以外のキャラに問題あり

制作はイギリスの会社「Ninja Theory」。洋ゲーっぽいテイストになっている。設定も変更され、過去シリーズとのつながりは無い。そのためナンバリングではなく、タイトルは「DmC」(小文字のm)。 …

【鉄拳TT】攻略/感想/評価:「4」までの穴埋めが大ヒット お気に入りタッグを紹介

【シリーズ別リンク】 もくじ1 「4」までの穴埋めが大ヒット2 システム3 攻略3.1 貧乏タッグ3.2 ガトリングタッグ3.3 怪物タッグ 「4」までの穴埋めが大ヒット ナムコ上層部の要望で「4」ま …

【アーマードコア MoA】攻略/感想/評価:PS三部作をまとめ上げた名作 EXアリーナの変態ACに挑む

マスターオブアリーナ。通称「MoA」。 EXアリーナの飛び回る強化人間を相手に1人でサイティング練習をしてた頃が懐かしい。 PS三部作 【アーマードコア】 【アーマードコア PP】 もくじ1 アーマー …

【スリーピングドッグス】攻略/感想/評価:GTAのような大作はお腹いっぱいという人にオススメのB級グルメ

タイトルがウォッチドッグスと紛らわしい。 プレイしたのはSteam版「Sleeping Dogs: Definitive Edition」。DLC全部入りの完全版。しかし通常版と違い日本語化できない。 …

【デッドオアアライブ】攻略/感想/評価:お色気3Dの開拓者 中身は本格派格ゲー

AC、SS、PS版それぞれに特徴があるので個別にレビュー。 次作→【デッドオアアライブ2】 もくじ1 AC版1.1 システム2 SS版3 PS版 AC版 初めてセガ以外の会社がMODEL2基板を使用。 …