yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

アクション ★★☆☆☆ SFC

【高橋名人の大冒険島2】攻略/感想/レビュー:連射・ギリジャンの出番なし 1日1時間では終われない迷作

投稿日:2017-08-17 更新日:


発売当時、なにがきっかけで買ったのか、なぜハマってたのか、全く思い出せない。
当時は高橋名人が何者なのかも知らなかったので現実にこんな冒険家が存在すると思ってた。

「王妃になるはずの娘」を救う旅


なんでこんな女を助けにゃならんのか。


本作最大の問題点、全体マップのランダムエンカウント。
これがゲームのテンポを著しく損ねている。
マップの移動が遅い上にエンカ率が高い。バトルの内容は横に移動するのみ。戦うメリットが無い。

マップがややこしい形で、目的地が遠かったり道を間違えたり。行ったり来たりの移動をくり返すため何度も戦闘になってイライラ。
「つばさのまほう」でワープできるようになるまでツラい。
「つばさのまほう」はゲージ消費4と燃費が悪い。ドラクエのルーラのように気軽には使えない。連続で使うには城に泊まるかザコを狩って魔法ゲージを回復する必要がある。
ちなみにワープと回復以外の魔法は使う機会がない。

ぽかぽか島


いわゆる「メトロイドヴァニア※」的な探索要素が売り。
取れそうで取れない宝箱があちらこちらにある。忘れると行ったり来たりで面倒なのでメモ推奨。
※探索型2D横スクロールアクション


最初の島。体力が少ないので数発食らったらすぐ終わる。
コンティニューでアイテムを引き継げるのが救い。

敵は画面スクロールで復活。左右で敵が復活して挟まれたり、画面外から攻撃が飛んでくるので注意。回復アイテムを落とすまで狩れるので親切といえば親切。

敵配置やマップの作りは雑。本作の売りはアクションではなく探索要素、だと思わないとやってられない。
敵は邪魔なだけで序盤~最後まで難易度があまり変わらない。むしろ体力ゲージが増えて回復魔法も使える後半の方が簡単。
ダッシュは無いが移動速度は早い。しかし無意味に長距離を走る場所が多いためダルい。ジャンプは高度が低くふんわりしているのでやはりダルい。


vs 「人面樹」
食らい判定は顔、当たり判定は手。判定には納得いかないが昔のゲームなので割り切って顔の真下でジャンプ斬り。
怯んだあと、手でワサワサするときだけ逃げる。

ボスは基本的に「わからん殺し」
安地があったり攻撃できるタイミングが限られてる。攻撃力、耐久力が高いのでゴリ押しはできない。
逆にいうとパターンを覚えればアクションゲームが苦手でもクリアできる。

ひやひや島


足から全体像がまったく想像できない。


氷ステージに炎装備がある謎。逆もまたしかり。
弱点属性の武器はボス戦で必須。


vs 「氷づけマンモス」
氷づけ状態は鼻が引っ込んだときにジャンプ斬り。
解凍後の突進はタイミングがけっこうシビア。要慣れ。

ぼあぼあ島


赤というより完全にピンク色の空が目に染みる。
ほこら前の落とし穴に気づかず、行き止まりだと思って別の島に行ったり戻ったりで数十分。


炎ステージだから炎装備があると思ったら違うんだなーこれが。氷に炎はともかく、炎に氷は効かないような気がする。


vs 「ガメラみたいな亀」
氷の剣が見つからなけどまあいっか、ということで突入。
しかし15分間斬りつづけても倒せない。行動パターンは最弱なだけにくやしい。
ぽかぽか島のショートカットがあったのを思い出したので先へ進むと「こおりのつるぎ」発見。ここまでたったの5分。最初から探せばよかった。
別ダンジョンに弱点武器があったのはここだけ。
サクッと倒して次の島へ。


「小亀ばらまき」はたまに鋭い角度で回避困難なときがある。本体の真下をキープすると◯。

ぷかぷか島


ランダムエンカに続く問題点その2、スコップ。
掘るときはいちいちメニューから武器を選ぶ。スコップ状態は丸裸で危ないので掘り終わったらまた武器を戻す。この手間が非常に面倒。
ぷかぷか島はスコップを使う場所が多いのでもうウンザリ。


vs 「黄色い巨大イカ」
イカらしさをまったく感じない。
足8本を使わないのが気になるが、謎の玉攻撃は攻防一体でかなり強い。
イカスミで視界を遮るが逆に白い足が見やすくなる。

また弱点武器を持たずに挑むもやっぱり勝てず、「稲妻の剣」を取ってきてリベンジ。
各島のアイテムを回収して次の島へ。

さらさら島


構造は複雑に見えるが一本道。
しかし雑な敵配置、何度も同じ場所を行き来する地形、間延びした移動足場。いよいよ心が折れそう。


vs 「ミイラ」
第一形態の「わからん殺し」に対応する必要がある強敵。
やはり「でんせつのおの」は取っておきたい。

・手の押し潰し攻撃
下をすり抜けるのは無理。かといってジャンプしたら包帯を食らうので詰んでるように思える。
進行方向で引きつけると手を出すので下がって斧攻撃。端が近づいたら手を上げる間に反対側へ。これを繰り返せば安全に倒せる。

手が無くなったら包帯に気をつけるだけ。頭になったらゴリ押し。



「まぼろしのふえ」で各島に天変地異を起こして玉を回収。

ラスト:ふわふわ島

キーアイテムが揃ったので「ふわふわ島」へ。

と、その前に。軍資金が7000$貯まったので満を持してカジノへGO!
セーブしながらひたすらスロットを回す。最強装備「せいぎ」シリーズ一式と交換。
こたつで寝ながら何時間もスロット連打してた小学生の頃が懐かしい。


探索をスルーしてるので体力ゲージが心許ない。


ここで温泉助かるわ~。


vs 「中ボスの鳥」
本体は上突き連打。


シールドを張った子供は全く隙がない。


「おまえが名人だな!」
そうです、わたしが名人です。


なぜか「ふわふわ島」をまた最初から登って、ようやく最終決戦。


vs 「ラスボス第一形態」
回転弾がある程度広がったら懐へ。
上半身だけになったら上突き連打。中ボスと同じやん。
連戦なので余計なダメージを受けないようにしたい。


vs 「ラスボス最終形態」
いきなりファイナルファンタジー並のスケール感で笑う。
行動パターンは単純なのでここまで来た人はそんなに苦労しないかと。


腕破壊後の攻撃は回避する方法がわからない。魔法の無敵時間で耐えた。



「ドサー!」
並の人間なら即死。



アイテムコンプを目指せばもう少し遊べるけど、もう十分。

 

まとめ

思い出補正というのはやはり存在する。
当時は本当に探検しているように感じたダンジョン。
今プレイするとそんなに広くないし一本道。

苦労して獲得したアイテムは用途が限られているものばかり。体力ゲージを伸ばすぐらいしか楽しみがない。

ザコ、ボス戦ともにアクションが面白くない。
ザコは最後まで邪魔な障害者。ボスの行動パターンは単調。雑な当たり判定に苦労する。

ただ、けっこう楽しめたのも事実。
グラフィックは独自の雰囲気があってなかなか味わい深い。
ひやひや島のBGMは今聴いても凄く良い。
ダンジョンはめんどうな分、攻略した達成感が無いこともない。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, ★★☆☆☆, SFC

執筆者:

関連記事

【シェンムー 一章 横須賀】レビュー/評価/攻略:DCが残した生ける伝説 ゲームというより日常シミュレーター

発売当時にプレイ。ずっとガチャガチャを回してたような覚えが。 2015年6月、E3で「シェンムーⅢ」制作発表。 FF7リメイクを超える会場の盛り上がりは記憶に新しい。Ⅲは2019年発売予定。 もくじ1 …

【バイオハザード5】レビュー/評価/感想:それなりに面白いが普通のTPSにもバイオにもなれない中途半端さ

PS3版はクリア済。久しぶりにSteam版をプレイ。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 バイオ5とは1.1 前作ベースのシステム2 緊張感がない3 相棒システムに難あり4 まとめ4.1 バグで詰んだ バ …

【ソニックアドベンチャー2】攻略/感想/評価:シャドウ初登場 シリーズ最高傑作? 16年の進化を知る

DC終期に発売されたのでプレイしそびれた作品。 ソニックフォースの後に初プレイ。 ソニックシリーズのレビュー 【ソニックフォース】 【ソニックアドベンチャー】 もくじ1 ソニアド2とは2 3種類のステ …

【ロックマンX2】攻略/感想/評価:シリーズ最高傑作 進化したハイスピードアクション

Wii、WiiU、Newニンテンドー3DSバーチャルコンソールで配信中。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 ロックマンX2とは1.1 シリーズ最高傑作である理由2 サクッと攻略2.1 オープニングステー …

no image

【アーマードコア VD】攻略/感想/評価:「オートマなんて女子供が乗るもんだろ!男は当然マニュアルだぜ!」

プレイ動画は面白そうなのにプレイすると面白くない不思議。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 マニュアル免許を強制2 ク○UI3 やたらと目に悪い戦闘画面4 待ち:戦闘 = 20:15 まとめ マニュアル …