ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介したい最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション SS

【ガーディアンヒーローズ】レビュー/評価/攻略:友達1人では足りない

投稿日:2018-11-04 更新日:




はじめに

ベルトスクロール+格ゲー


知る人ぞ知るアクションRPG。通称「ガーヒー」
「ワーヒー」(ワールドヒーローズ)と間違えないように。

3ライン制の横スクロール型アクション。
敵をなぎ倒して先に進むベルトスクロールと、コマンド技やコンボなど格ゲーの要素を併せ持つ。


ライン移動ボタンで手前・真ん中・奥に移動。
ライン移動中は完全無敵。これを利用して被弾を避け、隙を見て攻撃、みたいな立ち回り。

格ゲーのようなコマンド技、ダッシュ、ガード・空中ガードがある。
魔法や一部の必殺技はMP消費で使用。ド派手な魔法や大技は複数の敵をまとめてぶっ飛ばすので爽快。

バットマンのベルトスクロール:【バットマン・リターンズ】

 

ストーリーモード

■あらすじ
かつて世界には「魔法の時代」「剣の時代」と呼ばれる時代があった。
現在はその歴史もおぼろげだが「魂を持つ剣」の伝説が残っている。
その剣がどこにあるのか、本当に存在するのかは謎。

伝説を信じた4人の冒険者は数々の苦難の末ついに「伝説の剣」を発見。
目的の達成を祝い、宿屋で旅の疲れを癒していた。
そのとき突然、赤い鎧を着た女剣士が現れ「その剣を王家が狙っている!」と警告。

その後すぐ王国兵の襲撃にあう。
「伝説の剣」を捜し求めている王国の影の支配者、暗黒魔導士カノンの命令だった。
女剣士の正体は伝説の剣を守るため王国を裏切った赤騎士団長セレナ。

町外れの墓場まで逃げ込んだとき、伝説の剣に稲妻が落ちて黄金の鎧に身を包んだ骸骨が甦る。
カノン達は伝説の剣を手に戦うその不死英雄戦士とともに、世界を変える冒険へ旅立つ。


要所要所でキャラ同士の会話が挿入される。
テキストが読みづらいのはともかく、顔グラのクオリティが凄すぎて内容が入ってこない。これには時代を感じる。
たぶん専門の人がいないからドッターが掛け持ちしてたんだろうなーと勝手に想像。


4名の主人公から1人を選択。2人プレイ可能。
選択によってストーリーが変わる5種類(×2)のマルチエンド。
全部のシナリオを遊ぶには周回必須。
ストーリーはありがちな内容で展開は唐突。感情移入のためにも周回必須。


RPG的な育成要素がある。
攻撃する、敵を倒す、コンボを繋ぐ、魔法を使うと経験値が入りレベルアップ。
ステージクリア時にパラメーターを任意で振り分ける。


不死英雄戦士(黄色い鎧のガイコツ)はNPC。5種類の命令で共闘。物語序盤に必ず仲間になる。
この人、なんと不死身。攻撃性能も優秀なので「攻撃せよ」か「怒れ」を命令して、自分はガードに徹するだけでクリアできる。
ガード方向は自動なので囲まれても問題ない。


頑張って動いても攻撃範囲がやたら広い技でお手玉されて、意味がわからないまま死亡することが多々ある。
NPCに任せるのが一番安定するのはいかがなものか。

 

VSモード


最大6人対戦。実はこっちが本作のメイン。
対戦周りの環境が充実してる。
キャラ別対戦スコアの参照や、プレイヤー登録、細かいハンデ設定が可能。

対戦方式は2種類
・時間無制限バトル:相手が倒れるまで戦う
・時間制バトル:時間内に与えたダメージのポイントを競う。無限復活


ストーリーモードに登場する全キャラ、コンパチ込みで全45体が使用可能。
基本的に撃破した敵が使えるようになる。

キャラは一般市民からラスボスまで多種多様。
対戦用のバランス調整はされていないためキャラ差がエグい。


強キャラはみんなメチャクチャな性能。攻撃範囲が非常に広い。
全員CPUにしてレベル最大で戦わせるとまるでMUGENのようにカオス。
一方、最弱キャラの市民全般(画面右端)はリーチの短い攻撃が1つのみ。しゃがみガード、ジャンプが無い。
避け・投げなどシステムは多いが、この圧倒的な基本性能の差の前にはあまり意味が無い。

そこでプレイヤー同士でチーム間バランスやキャラレベル(0~200)を調整し、自分で楽しく遊べる環境を作る。
好きな環境で好きに遊ぶ。このお祭り対戦ゲーらしさが醍醐味。
設定項目が多いので細かく調整できるのが嬉しい。

 

おわりに


1人で遊ぶと雑なバランスのベルトスクロール。
相手が魔法使いや化物なので格ゲー要素が活かされることは少ない。

お祭りゲーの対戦モードが秀逸。一緒に盛り上がれる友達がいれば楽しめる。
しかし友達1人では足りない。友達5人とマルチタップ、人数分のコントローラーが欲しい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, SS

執筆者:

関連記事

【パンツァードラグーンツヴァイ】レビュー/評価/攻略:奥スクロールSTGの名作

「スペースハリアー」などでおなじみの「奥スクロールシューティング」。 中でも最高傑作といわれるのが本作。神ゲーすぎてジャンルそのものを終わらせてしまった感もある。 次作→【AZEL パンツァードラグー …

ゴッドオブウォー (PS4)【評価/攻略】これが本当の神ゲー GoWが再びゲームの限界を突破

ギリシャ神話を題材にしたアクションアドベンチャー。 魅力的なキャラ・ストーリー、美しいグラフィック、丹念な作り込みと遊びやすさで、 「大味」「理不尽に難しい」といった日本における洋ゲーのイメージすら変 …

【スーパードンキーコング】レビュー/評価/攻略:SFCの限界を超えたグラフィック!アクションも面白い傑作

当時、小学生だった自分と同級生の度肝を抜いたグラフィック。 普通のドット絵とまるで違うじゃないかと。 その辺の秘密に迫りながらレビュー。 さらに久しぶりのノーコンクリアに挑戦したプレイレポつき。 もく …

【機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…】レビュー/評価/攻略:ガンダムファン待望のジムゲー 連携プレーでジオン軍をなぎ倒す

1999/8/26発売。通称「コロ落ち」。 前作にあたる3部作→【戦慄のブルー】 【蒼を受け継ぐ者】 【裁かれし者】 もくじ1 ガンダムファン待望のジムゲー1.1 ミリタリー感あふれる作風1.2 「一 …

【ダイナマイト刑事2】レビュー/評価/攻略:遊びやすく万人向けになった刑事(デカ)

もくじ1 はじめに1.1 帰ってきた「Mr.ダイナマイト」1.2 パロディを超えた独自の世界観1.3 爽快感を重視した難易度2 システム2.1 操作2.2 操作キャラ3 おわりに はじめに 帰ってきた …