ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介したい最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

まとめ記事 SS

セガサターンのおすすめ名作ゲーム10選【今すぐ本体ごと買って遊びたい!】

投稿日:2019-01-30 更新日:






小中学時代をセガサターンと共に過ごした自称サターンマイスターのyagiが選ぶ名作10選。
「サターン?プレステに敗けたハードでしょ?」なんて思ってる方こそ必見です。

 

セガサターンの名作、ということで「スパロボF」 「ソウルハッカーズ」 「グランディア」のように初代PSでも遊べる作品は省きました。
「慟哭 そして…」のように色んな意味で万人にはオススメできない作品も省いています。

 

個々の作品についての詳しい内容は個別レビューをご覧下さい。
(記事内にリンク貼ってます)



セガサターンのおすすめ名作ゲーム10選

パンツァードラグーンツヴァイ

「スペースハリアー」などでおなじみ、セガの得意分野「奥スクロールシューティング」。その究極形といえる作品です。

ジャンルを「ドラマティックシューティング」と銘打つだけあり、奥深い世界観が特徴。

「最強の存在であるドラゴンに乗り世界支配を企む帝国軍、古代文明の生物兵器と戦う」
少年の夢を体現したような物語にワクワクが止まりません。

特に2作目の「ツヴァイ」の完成度があまりにも高く、ジャンルそのものを終わらせてしまった感があります。

 

 

AZEL パンツァードラグーンRPG

前述の「ツヴァイ」に続くシリーズ三作目。
シリーズ唯一のRPG作品です。

発売前は個人的に「あの名作シューティングをRPGにする意味があるのか?名前を使っただけの凡作じゃないか?」という不安がありました。

しかしフタを空けてみると、
・画期的&いまだにオンリーワンの戦闘システム
・RPGなのにパンドラならではの浮遊感がある
・サターン特有の粗い質感を逆手にとった油絵のような美しい画面
・さらに凄みを増したサウンド

まさに「パンツァードラグーンRPG」といえる、RPGを超えた凄いゲームに仕上がっています!

 

 

サクラ【AZEL パンツァードラグーンRPG】大戦

「PSに対してRPGやアドベンチャーが弱い」といわれたセガサターンの弱点を補うべく立ち上げられた作品。

広井王子、藤島康介、あかほりさとる、田中公平、など実力派クリエイターが結集。
テレビアニメ風の演出、恋愛アドベンチャー、戦略シュミュレーションが見事に融合しています。

プレイヤーを選びそうな新規タイトルにも関わらず初代は売上35万本。続編「2」は前作を大きく上回る50万本、サターン全体でも5位の大ヒット。

「大正浪漫スチームパンク」な世界観に当時の自分もどっぷりとハマって抜け出せなくなりました。
それほど強烈な魅力があります。

 

 

AWW 千年帝国の興亡

「エスティーエースティゴス!エッファローハーイディゲス!」

勇ましいパンツァー・リートがBGMの、ナチスドイツに特化したWWⅡウォーシミュレーション。正式名称は「ADVANCED WORLD WAR 〜千年帝国の興亡〜」。

濃い演出とは裏腹に、スパロボのようにとっつきやすいシステムと、自分の部隊を育てるRPG的な楽しみがあるので遊びやすいです。
SLG初心者にもオススメ。

難易度はそれなりに高いものの、戦果に応じてマルチエンドに分岐するのでターン切れで実質敗け続けてもクリアできます(笑)

 

 

ドラゴンフォース

8国から1国を選び、「広大なるレジェンドラ大陸」平定を目指すシュミュレーションゲーム。

101対101人戦闘が最大の特徴です。
200体のドット絵が入り乱れる戦闘画面は見ているだけで心が癒やされます。

100キャラを超える個性豊かな武将達のかけ合いも見どころ。

こちらもシステムが簡単。ちょっとコツを掴むとかなりヌルい難易度です。
そのため敗ける要素は無いのですが、なぜか8国で8周遊んでしまう妙な魅力があります。

 

 

ガングリフォン

本物のミリタリー感を追求した主観視点のロボットアクション。
そのリアリティには本職の人(自衛隊員)がハマったという逸話があります。

サターン登場からたった1年でハードのポテンシャルを引き出した驚異の3Dグラフィック。
ガシガシとロボを動かしてる感が凄い独特の操作体系。

PSの初代「アーマードコア」と双璧をなす、3Dロボットアクションの名作です。
プレステにはアーマードコアがある、サターンにはガングリがある!

 

 

機動戦士ガンダム

ファーストガンダムをモチーフにした2D横スクロールシューティング。

サターン得意の2Dグラフィック、オーソドックスなシステム、少々粗くて緩い難易度で遊びやすい作品です。

特筆すべきはOVA並のクオリティを誇るオリジナルムービー。
本作の影響で後のガンダムゲーに復刻アニメが入るようになりました。

 

 

ガンダム外伝1 戦慄のブルー

ガンダムゲー史上最高傑作との呼び声高い「THE BLUE DESTINY」三部作の初作。

主観視点なので一見難しそうですが、モビルスーツらしい軽快なバトルが簡単操作で楽しめます。ミリタリー感あふれる演出も魅力。

3本セットで揃えたい名作です。

 

 

セガラリーチャンピオンシップ

当時の「ラリーゲームは売れない」というジンクスを打破した作品。

滑りやすいダートとジャンプ台があるだけだった既存のラリーゲームに対し、セガラリーはサスペンションの動きやドリフトしながら砂利を押し分ける感覚まで表現しています。

ゲームとして絶妙にアレンジされた面白さは最近のレースゲームと比べても全く引けを取りません。

サターンに移植された他のアーケードレースゲームと比べ、ダントツで移植の出来が良いのも特徴です。

 

 

サターンボンバーマン

「ボンバーマン」シリーズの決定版

SFC(スーファミ)シリーズからグラフィック・ステージ演出・サウンドが向上。
ストーリーモードではSFC作品ができなかった「1画面を超えた広さのステージ」「2人同時プレイ」の両立を実現しました。

段位認定モード「マスターモード」はやり込みがいがあるので長く楽しめます。
10人同時対戦ができるのは今もサタボンだけです。

SFC作品からの正統進化という意味ではサタボンが頂点だと思います。

 







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-まとめ記事, SS

執筆者:

関連記事

【機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー】攻略/感想/レビュー:ザクがライバル ハイゴックとドムは格上 ブルーデスティニーはモンスター

次作→【蒼を受け継ぐ者】 【裁かれし者】 ダムゲーリンク→【シリーズ別リンク】 もくじ1 伝説の三部作2 量より質3 全5ステージを30分でクリア3.1 STAGE1「月下の出撃」3.2 STAGE2 …

【F-1ライブインフォメーション】レビュー/評価/攻略:この発想は無かった 雰囲気グランプリ

もくじ1 はじめに1.1 本物の実況中継2 チーム・コース3 レース4 おわりに はじめに 本物の実況中継 1995年F1グランプリがモチーフの3Dレースゲーム。 最大の特徴はフジテレビのTV中継を再 …

【機動戦士Zガンダム前編 ゼータの鼓動】レビュー/評価/攻略:前作から一転して鬼畜ゲー どうしてこうなった

もくじ1 はじめに1.1 親戚の結婚式にて2 鬼畜ロードからの鬼畜ボス2.1 STAGE1 「黒いガンダム」2.2 STAGE2 「カプセルの中」2.3 STAGE3 「サイド1の脱出」2.4 STA …

【AZEL パンツァードラグーンRPG】レビュー/評価/攻略:唯一無二の名作 アゼルの前にアゼルなく、アゼルのあとにアゼルなし

サターンで一本選べと言われたら迷わずコレ。 1998/1/29発売。傑作なのに売上たったの11万本(前作は30万本)。 知名度も低い。前2作を名作と言う人も本作をスルーしてたり。 SS末期、さらにせが …

ドラゴンフォース2 神去りし大地に【攻略/評価】ゲームの神も去りし大地に

セガサターンの名作「ドラゴンフォース」に待望の続編が登場。 発表から発売予定日まで短かった上、さらに前倒しで発売したらしい。 延期は数あれど前倒しは前代未聞。 その内容は、ゲームの神も去りし大地。 前 …