yagiのゲームブログ

最新ゲームからレトロゲーまで 攻略/レビュー/プレイ日記

対戦格闘 ☆☆☆☆☆ SS

【御意見無用 Anarchy in the NIPPON】攻略/感想/レビュー:鉄人による鉄人のためのバーチャもどき

投稿日:2017-09-10 更新日:


当時のファミ通かサタマガで紹介されてた。
20年近く気になっていたのでプレイ。

「バーチャ鉄人」ブンブン丸,新宿ジャッキー,池袋サラ,柏ジェフリーらが監修。
そりゃバーチャを超える格ゲーに違いない!と期待する。はたしてその出来は・・・。

ゲームの出来以前に不快

操作のフィーリングは悪くない。
ステップのレスポンスは良いし技も出しやすい。コンボも簡単に入る。
しかしゲームの出来以前に不快感で遊べたもんじゃない。

オレ様ルールの押しつけ

「ガード、屈伸、バクステ、ジャンプ、小技KO禁止なっ!」
攻めの押し付けが強い。ガード崩し技&強力な連携で防御側が不利。
しゃがみ移行に一秒近くかかる。鉄人は屈伸が嫌だったんだろうか。
ジャンプがない。離れてバクステすると転倒。
鉄人の「お前らなんかとチンタラ遊んでられるかよ!」という魂の叫びがきこえてくる。

キャラのセンスが悪い





狙ってる感が寒い。
悪ふざけみたいなキャラ達。ヤンキー、コギャル、変なサラリーマン、変なおばさん。
不良っぽいのはラストブロンクスとかぶってるし。
格ゲーのキャラデザって大事でしょ。個人的には一番大事。こんなキャラじゃ動かしたいと思えない。
キャラデザやってる人が「バーチャ仲間」だから参加したらしい。

誰得キャラ「鉄人」





プロフィールのコメントが寒い。
こんなよくわからんヤカラが出て嬉ぶ人なんているのだろうか。




技名が寒い。
内輪でゲラゲラ笑いながら作ってる光景が想像できる。
主力技は鉄人がバーチャで使ってるキャラの技そのもの。いいのかコレ?
「バーチャを背負っているのは自分だ!」という魂の自負を感じる。


■鉄人モード
鉄人をイメージした高難度CPUと対戦。
超反応、ふざけたボイス、挑発、死体蹴り。
ひたすらストレスが溜まる。これが鉄人と対戦した人の気持ちか!
「鉄人は一般人のオメーらとは違うんだよ!」という魂のメッセージを受けとった。


1セット15秒にして鉄人様のサマーでハメ倒してやったわ!
なぜだろう。勝ったのに腹が立つ。

 

おわりに

「コアユーザーの意見をいちいち取り入れるとロクなことにならない」
「内輪ノリは寒い」
という見本として後世に語り継がれる作品。こんなのをフルプライスで売ってた時代があった。
ゲーマーは自分をいましめる意味でも一度は触れておきたい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-対戦格闘, ☆☆☆☆☆, SS

執筆者:

関連記事

【バーチャロン】攻略/感想/評価:革命的ロボゲー

サターン版発売当時、アーケードのことなんて全然知らないけどとりあえず購入。サターンマガジンのスクショ見るだけで買わざるを得ない魅力があった。 しかし人と対戦した覚えがない。地元のみんなサターンをシカト …

【ラストブロンクス】攻略/感想/評価:見た目に反して真面目なバーチャ+α

もくじ1 ラスブロの特徴1.1 魅力的なキャラ1.2 バーチャ+αのシステム2 まとめ ラスブロの特徴 バーチャとは違う、ストリートギャングの抗争という独特の世界観を描く。 舞台は昭和終わりの東京。 …

【パンツァードラグーンツヴァイ】攻略/感想/レビュー:奥スクロールシューティング最高傑作

「スペースハリアー」などでおなじみの「奥スクロールシューティング」。 中でも最高傑作といわれるのが本作。神ゲーすぎてジャンルそのものを終わらせてしまった感もある。 もくじ1 ストーリー2 ノーコン&ソ …

【ブシドーブレード】攻略/感想/レビュー:スクウェアが格闘ゲームに一石を投じた意欲作

「弐」より好きかも。 続編→【ブシドーブレード弐】 時代設定は「現代の」日本。ただの銃刀法違反。 もくじ1 弐と比較して2 システム2.1 フリーランニング2.2 部位ダメージ2.3 武器2.4 キャ …

【ガングリフォン】攻略/感想/評価:本物のミリタリーを追求

セガサターンの名作。 もくじ1 ガングリフォンとは1.1 リアルなグラフィック1.2 リアルな操作1.3 リアルな設定2 まとめ ガングリフォンとは リアルなグラフィック 1996/3/15 発売。後 …