ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介したい最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

Steam STG

【エンター ザ ガンジョン】攻略/感想/評価:40時間プレイしてクリアできない男の負け惜しみレビュー

投稿日:2018-05-20 更新日:






40時間以上プレイしたけどクリアできず、いつの間にかやめてしまった作品。
そんな自分が、負け惜しみ的な偏見でレビューを書いてみた。



負け惜しみレビュー

難易度が高いのは良い。しかし段々ダルくなる。

4層まで進めるようになると1回30分近くかかるので気軽にプレイできない。(※アプデでセーブ機能追加)
ショートカットが使えるが入手困難なアイテムが開放条件。クリアできない段階だとせいぜい2層まで。ショートカットすると武器もボス撃破特典も手に入らないのでクリアも難しくなる。

 

久しぶりにやったら1層がクリアできない。

 

撃つ楽しさが無い

ボスに出会ったらパターンがわからないのでやられる。そしてまた最初から始めて周回しながら少しずつパターンを覚える。そうして上達していくのがローグライクの醍醐味なのだが……

 

毎回、豆鉄砲のような初期武器から始まるのがツラい。
敵はスルーできないので道中は作業。最初からザコもボスも硬い。
自キャラは体力は増えるだけで強さは変わらない。じゃあ何を楽しみにして進むかといえば、ランダムで手に入る武器。

 

その武器が初期武器の性能と大差ないものばかり。
宝箱を開けても9割はガッカリ感。たまーに拾える一部の武器で無双できるが弾が少ないのでつかの間の楽しみ。

 

撃つ爽快感が無い。パンパンみたいな軽いSEでチマチマ敵を片付けるだけ。倒すというより「耐える」イメージ。

 

周回して色んな武器を開放しても、結局山のような種類からランダムで出るので恩恵がない。

 

操作が難しい

簡単操作という紹介を良く見かけるが操作の敷居は高いと思う。
弾幕といってもおなじみの縦スクロールじゃなく全方位。左スティックで移動、右スティックでエイム。
ダッチロールの方向がズレたらミス確定。繊細なスティック操作が求められる。

 

画面の奥行きが厄介。避けたつもりが当たる、当てたつもりが外れる。
弾、キャラが背景に同化して見づらい。自キャラすら見失う。

 

まとめ

なんだかんだで面白い。不満ばかり言ったがプレイ時間40時間は自分としてはかなりやってる方。

 

ローグライクが好きな方へ、
次におすすめするのは?

ガンジョンを諦めた自分でもクリアできた、
爽快レーシングローグライク↓








スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-Steam, STG

執筆者:

関連記事

【エースコンバット2】レビュー/評価/攻略:前作から劇的に正当進化 エスコンの魅力を凝縮した一本

「7」発売で盛り上がってるときにあえての「2」。 もくじ1 はじめに2 正当進化2.1 グラフィック2.2 操作性2.3 サウンド3 ボリュームアップ3.1 機体3.2 ミッション4 おわりに はじめ …

【エースコンバット】レビュー/評価/攻略:3Dフライトゲームの革命

「7」発売直前ということで初代をプレイ。 もくじ1 はじめに2 陸のリッジ、空のエスコン3 16種類の実在機体4 ミッション5 初作だけに気になる点も6 おわりに はじめに シミュレーター系が多かった …

【mark of the ninja】レビュー/評価/感想:2Dアクションのいいとこ取り 自由度・テンポ・リプレイ性がある良作

もくじ1 マークオブニンジャとは1.1 アート1.2 アクション1.3 やり込み要素2 まとめ マークオブニンジャとは 忍者というより「ninja」がモチーフの2Dステルスアクション。 ビルや地下に潜 …

【機動戦士Zガンダム前編 ゼータの鼓動】レビュー/評価/攻略:前作から一転して鬼畜ゲー どうしてこうなった

もくじ1 はじめに1.1 親戚の結婚式にて2 鬼畜ロードからの鬼畜ボス2.1 STAGE1 「黒いガンダム」2.2 STAGE2 「カプセルの中」2.3 STAGE3 「サイド1の脱出」2.4 STA …

【R-TYPE FINAL】攻略/感想/評価:STGは設定資料集のオマケと割り切る

スペースインベーダー以外では本作が初STG。 当時はSTGというジャンルに全く興味無かったが、100機体超えのやりこみ要素に惹かれて購入。 もくじ1 R-TYPE FINALとは2 肝心のSTG が面 …