ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

レース dc

【レッドラインレーサー】レビュー/評価/攻略:転倒を売りにしてる時点でなにかがオカシイ

投稿日:2018-12-06 更新日:




はじめに


架空の高性能バイクを駆り、オン・オフ・スノーなどあらゆる路面を300Km/hオーバーで疾走するスーパーバイクレースゲーム。1999/4/29発売。


グラフィックはDCらしく綺麗だけど粗い。この時代なのに遠景が「生える」。
元はWindows95のPCゲーらしい。それにしてはハイレベルかも。

全部で1種類に感じるほど何の特徴も無いもったりしたBGM。


コース数は少ない。大まかにいうと、丘・荒野・海岸・雪・雪2・サーキット。
「他にどんなコースがあるのかなー」と思ったあたりで普通に逆走を混ぜてくるあたりはさすが昔の洋ゲー。

新素材スーツ&スーパーバイク


ライダースーツは特別製。新機軸緩衝素材「レッドライン」を採用。
赤色の超ホールド合金を繊維に織り込んでおり、全方向からの衝撃を吸収し無効化する。
そのためどんなに激しく転倒しても大丈夫。


ライダーの安全は約束されているのだ!


アクロバティックに吹っ飛んでゴミのように転がるけど無傷。
転倒したらお構いなしに後続車に轢かれる。でもスーツを着てるから無傷。


無敵のレーシングスーツによって安全性を考慮する必要が無くなった。
そこでバイクの設計も見直し、徹底的に軽量化&エンジン出力アップ。見た目は普通のスポーツバイクだがどんな路面でも、何回転んでもOKな「スーパーバイク」が誕生。
このスーツとバイクを組み合わせた「スーパーバイクレース」は一躍スタースポーツになった。
という設定。


バイクだけどターボ可能。さすがスーパーバイク。
ターボボタンを押すとウイリー状態で加速。なんと使用回数は無制限。
ただし挙動が不安定になるのでリスキー。安定して使える場所を見つけるのがコツ。

ちなみにターボバイクは現実にはレア。
車に比べて排気量が低いから効果が低く、重量増加とターボラグがバイクの軽快なフィーリングと合わないらしい。各バイクメーカーが熱心に開発してた時期があったみたいだけど、総じてデメリットの方が大きいので主流にはなってない。

 

挙動


四輪ではあり得ない挙動でクイクイ曲がる。アナログスティックで操るにはあまりにもピーキー。
自分は二輪ゲーに詳しくないので出来が良いのか悪いのかわからないけど、安っぽい感じがけっこう楽しい。


性能が異なる「スーパーバイク」を選択。レーサーも選べるけどただの色違い。
ハンドリングが良い=ピーキーなので良ければ曲がりやすいってもんでもない。コースに応じた選択が重要。
見た目・挙動にバリエーションを出しにくいのが2輪ゲーの弱点だと思う。作品数が少ない要因。

最大の売りは転倒


雑で粗い転倒判定が絶妙に腹立つ。いくら新素材スーツで無事といっても転びすぎ。
細かいギャップやクリッピング、側壁のうねり、姿勢の乱れで跳ねられてすぐ転倒。不可抗力としか思えないときが多い。
一方、敵車と絡んでも抜群の安定感。まあここがシビアだとマジでやってられないだろうけど。


「さっきのはダメでこれはイケるんかい!」みたいな納得感の無さ。
平然と斜面を走ってたのに急に吹っ飛んだりで納得感が無い。ギリギリを攻めるほど謎判定に泣かされる。


少しでも調子に乗ると文字通り痛い目にあう。
ラインを外すと斜面に乗り上げたり道から外れる。
ときには100mぐらい吹っ飛んで楽しいが、ショートカットになるどころか大ロス。やりすぎると派手に転倒。

たまにぶつかった勢いで反転することがあるが、ATだとバックできないため狭い道だと方向転換できずとんでもないロス。

危ない予感がしたらアクセルオフ。とにかくこれに尽きる。
アクセルを抜けばなぜかクラッシュを防げる。バイクってそういうものなんだろうか。
しかし難易度が上がるとアクセル抜いたら2、3台に抜かれるような状態。
まさにレッドラインの淵を走るような緊張感。

 

難易度も粗い


グランプリの難易度は3種類。
最初のノーマルはライバルが異様に遅いのため、ゆっくり挙動に慣れて上達できるので楽しい。
しかしハードに移った途端、ディスクを割りたくなる。
転倒すると追いつけない。タイム制限も厳しくなり完走もできない。


難易度調整が雑。
コースの難易度の差は大きいのにライバルのペースには無関係。そのため難コースほどプレイヤーが不利。
特に雪コースは狭いの道幅に複合コーナーが連続、地形は細かくうねって跳ねられやすく、視界も悪い。順・逆走ともに勝てる気がしない。


トンネルの中が真っ暗。少しでも側壁に擦ると転倒。アクセルを抜くと追いつけない。


幸い、ポイント的には4レースなら2勝+αで1位を狙える。
簡単なコースで確実に勝ちを拾えば優勝が見えてくるが、グランプリにはリスタートが無いのでセーブ必須。
一体何回転んだら、リセマラすればクリアできるんだ・・・

 

おわりに


クソゲーとはいわないけどマゾゲーなのは確か。
200回ぐらい転倒してさすがにウンザリ。
そもそも転倒なんてストレス要因でしかないのに、それを売りにしてる時点でなにかがオカシイ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-レース, dc

執筆者:

関連記事

【ソニックR】レビュー/評価/攻略:気軽に遊べるパーティゲー、だと思ったら大間違い

もくじ1 はじめに2 爽快感とは真逆2.1 操作性2.2 コース3 おわりに はじめに セガのスーパースター「ソニック」をモチーフにしたレースゲーム。 ちなみにタイトルの「R」の意味は今でも不明らしい …

ニードフォースピードヒート【評価/攻略】懐かしい悔しさと熱さで頭がヒート

ペイバック以来、待望の最新作。 ですがこの作品、あまり評判を聞きませんよね。 「2015」から3作連続でレビューを書いた僕も、存在を忘れていました。 まず何が売りの作品なのかわからない。 わかるのは「 …

【リッジレーサーズ2】レビュー/評価/攻略:リッジの集大成が携帯機で遊べる贅沢

リッジシリーズの集大成として制作されたPSP作品。通称「RRs2」。 前作の完全版にあたるのでこちらだけ買えばいい。 【シリーズ別リンク】 もくじ1 本作の特徴1.1 原点回帰のドリフト1.2 ワール …

ブルースティンガー【評価/感想】洋ゲー風バイオは中身もB級

もくじ1 ブルースティンガーってどんなゲーム?1.1 洋ゲー風バイオハザード1.2 システム2 中身もB級2.1 ホラー・サバイバルの面白味が無い2.2 極悪カメラワーク3 まとめ: ブルースティンガ …

湾岸デッドヒート+リアルアレンジ【感想/評価】実写ギャルゲーのオマケ

もくじ1 湾岸デッドヒートとは:実写ギャルゲー2 まとめ:レースゲームがオマケでついてきた 湾岸デッドヒートとは:実写ギャルゲー 湾岸デッドヒートとは、助手席にギャルを乗せて公道を走るレースゲームです …