ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

アクション PS2

【ガンダム戦記(PS2)】攻略/感想/評価:ボタンを押すと伝わる「本物」の感触

投稿日:





単調さとボリュームの少なさで当初は凡ゲー評価。しかし素性が良いのでやりこみ派プレイヤーに再評価された作品。

ガンダム戦記とは


自機と僚機2機の3機編成。両軍14ミッション、計28ミッションを淡々とこなす。
全クリするだけなら2~3時間。内容も同じようなものが多い。

 


CPUの動きが悪い。視界で行動を決めるため、ダウン中に背後に回りこむと簡単に格闘が入る。
それでいて超反応サイドステップで射撃を避けるのでCPU戦特有のパターン化した単調な戦いになりがち。

LRで左右に振ったりジャンプやダッシュで動けば被弾せず、サブでステップを誘って硬直にメインを当てる作業でクリアできる。

そのため漫然と遊ぶと飽きは早い。
しかし一歩踏み込んで挙動の良さを楽しめるようになると唯一無二の作品になる。
出撃させる自機、僚機2のMSポイントの合計によってボーナスが決まる。低性能機や単機出撃のスコアアタックが熱い。

BGMも良曲揃い。「コロ落ち」の流用が多い。

 

挙動

宇宙面を潔く省いたのが良い。宇宙面が楽しいガンダムゲーなんて自分は知らない。

【機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙】


ボタンを押すと伝わってくるミリタリーな感触は間違いなく本物。ダムゲーの中で唯一無二。
MSの細かい性能差が伝わってくる挙動の味付けが絶妙。こういう緻密な調整がゲームに命を吹き込むことを制作者は心得ている。

複雑な操作、行動制限が多い反面、やり込む余地が多く自由度が高い。アーマードコアが好きな人はハマるはず。

・R2同時押し行動、平行移動、視点移動、ロック切り替え、などPS2コントローラーのボタンを全てを使う。

・実弾武器の弾数は少なめ、ビーム系もすぐオーバーヒート。 スラスターもテキトーに吹かすとすぐ切れる。
射撃、近接の持ち替えにも時間がかかる。着地後に切り込むために空中で持ち替えたり、先の展開を読んだ一工夫で差がつく。

・被弾した場所によってダメージが異なる(正面、側面、背後)。盾にも耐久性があり、破壊グラフィックつき。

 


予測射撃が弱い。平行移動するだけで射撃はほぼ当たらない。
そのため、やり込むほど緻密な立ち回りになる。
撃つのは基本的にジャンプ・ステップの硬直取りか、ジャンプ撃ち。
ガード横移動や障害物を利用したスラスター管理。着地際にダッシュ、ステップ、左右BJで着地ズラし。

 

機体ごとに細かい違いがあり、特色を活かせば驚くような強さを発揮。
低性能機もテク次第で高い機動性を持つ。


ハンドビーム系は正面なら2発撃つが、側面を向けると1発。自然とサイドに動きながら瞬間的に正面を向けて撃ち込むような動きになる。


ブルーデスティニーとイフリートは「EXAMシステム」搭載。
体力50%以下でスラスター消費減少&攻撃力2倍。圧倒的な攻撃力。


ケンプファーの専用ショットガンはいつの時代も強い。横移動を小刻みに入れてキャンセルすると連射できる。SG+右移動の格闘モーションも超強い。

専用ショットガン最強→【ガンダムブレイカー3】

 


MSを倒すと大爆発。水上で爆発すれば水柱が上がる。
近くでまともに受けると大ダメージ。すぐ離脱するためにスラスター残量にも気をつけながら攻める必要がある。離脱が無理なら防御。
自分はいいが、僚機が巻き込まれるのがヤバい。バックダッシュで位置調整したり、フォーメーションAに変更して回避させる。

 


軽いギャルゲー要素あり。両軍のオペレーター・メカニック・秘書の3人計6人ヒロイン。
ミッション達成率や機体の損傷度に応じて好感度が上がり、機体アップグレード、特殊機体が追加される。


好成績をとれば特別ムービー(口パク)で原作エースキャラが登場。


なぜかアムロ、シャア、レビル、ギレン、コーウェンまでデレる。

 

グラフィック


MS数30機以上。モデリングの出来が良い。
ザクII、ジムスナ、イフリート改、ゾック、マドロック、ケンプファーなど渋いところを突くラインナップ。

 


マシンガン、バズーカ、ハンマー、トップ砲などから武装を選択。シルエットの変化が楽しい。
組み合わせによっては低性能機でも意外な強さを発揮。


地形の細かいリアクションが楽しい。
歩けば車両を踏み潰し、攻撃すれば木々が倒れ、建物や橋が崩れ落ちる。

 


しかし、にじみ出る低予算臭。マップは広いが地面は板。


謎のコミック風OP。


妙にオシャレ系のUIとロード画面CG。ゲーム自体は面白いのだが、どこを目指しているのかよくわからない。

 

基本テク

■大ジャンプ移動


アーマードコアの小ジャンプ移動ならぬ大ジャンプ移動。
スラスターで前に大きくジャンプ→スラスター回復を待って着地前に再び大ジャンプの繰り返し。高速で長距離を移動できる。

 

■ホバー
着地際にメイン・サブ・格闘の硬直を重ねると地面すれすれをホバリングのようにフワフワ。移動入れっぱで滑るように移動。
クラッカーやグレネード系など硬直の大きいものほど移動距離が伸びる。ホバー中にスラスター回復してまた飛んだり、着地ズラしに使える。

 

■ロックオンサイトの色
・グリーン :無防備。攻撃のチャンス
・イエロー :動けない状態。切り込むチャンス
・オレンジ :ダウン中など無敵状態

 

■格闘テク


3段派生を出すと隙が大きい。1段目だけでブンブン斬りつけたり、1段→横格で側面に回り込むと強力。


ヘビーアタック(R2+X)でスタン→回り込んで3段がお手軽。

 

■寮機との連携
寮機の機体は防御力を重視。
寮機を狙っている敵を最優先で倒す。
寮機が格闘中は他の敵を狙う。混戦時は散開すると良い。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS2

執筆者:

関連記事

パイロットウイングス【評価/感想】スーファミの擬似3Dで空を楽しむ 最後は疑惑のエンディング【SFC名作】

「3D空間の大空をシミュレーター系挙動で飛び回れるゲームが、今から約30年前に発売されて48万本売れている」 と言ったら、知らない方はびっくりするのでは? 今回はそんな画期的な作品を紹介します。 もく …

アーマードコア3 サイレントライン【攻略/感想/評価】パーツ数が一気に2倍!シリーズ屈指の遊びごたえがある傑作

パーツが200以上増えて計450個に大増量! 発売前にこの情報を見たとき、自分の眼を疑うほどの衝撃を受けました。 大学受験を投げ出すぐらいの勢いで購入を決めた作品。   本作の思い出話をする …

Devil May Cry 2 (HD)【評価/感想】シリーズの黒歴史は期待値ゼロでも遊べない

シリーズの黒歴史。 シリーズ唯一といえる駄作扱い。 ファン、メーカーともに「2」の話をすること自体が半ばタブーと化している。 そのため不自然なほど話題に出ない。 プレイする前に軽く評判を調べてみたが、 …

【CAPCOM VS. SNK 2】攻略/感想/評価:複雑化してきた2D格ゲーの頂点

高校生のとき珍しく同級生の家に遊びにいった。そのとき本作で教えてもらったのが「コンボ」という概念。 もくじ1 カプエス2の特徴1.1 チームを選ぶだけで一苦労1.2 攻略2 まとめ カプエス2の特徴 …

コンバットチョロQ【攻略/感想/評価】チョロQの皮をかぶったアーマードコア

もくじ1 チョロQ版アーマードコア!2 こだわりが半端じゃない2.1 圧倒的な作り込み2.2 バリエーション豊かなミッション3 攻略3.1 改造について3.2 ミッション攻略3.3 アリーナ4 おわり …