ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 対戦格闘 SS

【ファイティングバイパーズ】レビュー/評価/攻略:アーマーブレイクで脱衣

投稿日:2018-05-21 更新日:




はじめに


近未来の架空の町「アームストンシティ」のストリートファイトが人気すぎて市主催の格闘大会が開かれた、という謎ストーリー。

市にはストリートファイト自体を取り締まってほしいところだが、実は市長がファイターの誰よりもイカついラスボス「B.M.」なので仕方ない。

次作:【ファイティングバイパーズ2】


コンセプトが謎。なぜギタリストがギターで戦ってるのか。


近未来の設定なのに古臭いステージが目立つ。

主人公格の「バン」は見た目が70年台。
髪と一体化した帽子はジョジョの承太郎と完全に一致。
超衆賭麗斗と書いてスーパーストレートと読む。「いてまうぞコラァ!」。


キャラはラスブロと同じ8人。90年代は「デフォキャラ8人」が鉄則だったらしい。


ロボットのようなぎこちないモーション。
ラスブロと同様、武術の達人じゃないので動きの見映えが悪い。
ゴテゴテして動きが映えないデザインにも問題がありそう。

素人が武器を使うとこうなる:【ラストブロンクス】


典型的なアーケード仕様CPU。1人プレイでは楽しめない。
バクステで引いてから一気に攻め込む巧みな間合い取り。なにか行動しようものなら超反応で後出し。強すぎる。
しゃがパン、昇りジャンプKなど色々ハメパターンを探すが、どうやってもステージ8を超えられない。

 

システム


バーチャと同じPKG3ボタン。
柵や壁に囲まれたリングで戦うのでリングアウトはない。
壁関係のシステムが独特。投げでプロレスのように壁に投げつけたり、吹き飛んでから壁にぶつかる前に空中受身をとったり。


決着ラウンドに強力な技でフィニッシュするとアーマー全壊&柵の外まで吹っ飛ぶ。
試合中の吹っ飛び方も物理法則を完全に無視。1発でリングの端から端まで飛んでいく。この爽快感が売り。


ここはヤバいって。

アーマーブレイク


全員がアーマー装備。
上下半身パーツ個別の耐久値があり、被ヒットかガードで耐久値が減る。
ゲージ点滅状態でアーマー破壊技を食らうバキーン!と弾けるように破損。その部位のダメージが1.5倍になる。試合中には戻らない。

攻撃を受けて劣勢な側がより劣勢になる、ダメゲーにありがちなシステム。
試合時間が短いアーケードゲームとの相性も悪く、基底ダメージが高すぎてアーマーの意味が無い。
アーマー有りでも1コンボ5割。下手同士だとすぐ決着がついてしまう。


アーマー破損後はキャラの外見が大きく変化。女性キャラの脱衣が見どころ。

 

おわりに


世界観、キャラ、システム、どこにも自分のアンテナが引っかからない。
CPU戦が超反応で詰んでるのでまともに対戦できないのもツラい。


SS版の出来は良好。見た目の違和感も少ない。ラスブロ移植と比べて雲泥の差。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, 対戦格闘, SS

執筆者:

関連記事

ANUBIS ZOE:M∀RS【評価/感想】PS2の名作ハイスピードアクションが4K・VR対応でPS4に登場

リマスターとはいえ元は15年前の作品。「初見で思い出補正がない人間が、山のようにハイクオリティな作品が世に出ている今プレイして正直どうなの?」って部分に注目しながらPS2の名作「ANUBIS」を初プレ …

【アドバンスド ワールド ウォー 千年帝国の興亡】レビュー/評価/攻略:ナチスドイツ版スパロボ 遊びやすさと濃さを両立した傑作

当時、なぜこんな渋いゲームに手を出したのか全く覚えてない。 小学生の夏休みに家に引きこもって極寒のソ連を攻めていた。 もくじ1 千年帝国の興亡とは2 システム2.1 将軍システム2.2 デュアルマップ …

【DDSAT2 アバタール・チューナー2】レビュー/評価/攻略:2作セットなら間違いなくオススメの名作

なるべくネタバレ無しの方向で。 前作:【DDSAT】 【シリーズ別リンク】 もくじ1 はじめに1.1 前作の伏線を回収1.2 鬱展開1.3 主人公が完全に空気2 2の新システム3  ザックリとした感想 …

鉄拳4【評価/レビュー】失敗作? 意欲的なシステムを取り入れた待望のナンバリング

格ゲー史上最大のヒットになった「3」。 そのシステムを引き継ぎタッグバトルのお祭りゲーに仕上げてヒットした前作「TT」。 その後、満を持して世に送り出された待望のナンバリング作品です。 アーケードは2 …

ファイナルファンタジーX (FF10)【評価/攻略】召喚獣とユウナと俺の夏 PS2の可能性を見せつけた名作

個人的にFFの中でも別格な作品。 高校生の夏にハマりにハマったので、いまだに夏になると思い出す。 久しぶりに当時のワクワク感を思い出したくなったので購入。 思い出補正を確認する意味でも、今一度プレイし …