ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 対戦格闘

【鉄拳5】攻略/感想/評価:すべてがPS2最高峰 サービス要素も盛り込みすぎ

投稿日:2018-06-03 更新日:





発売当時、美術予備校に通うために京都へ引っ越した。その3日前、ゲームやり納めということで買った作品。

【シリーズ別リンク】

鉄拳5とは


アーケード稼動開始から4ヶ月でPS2版発売。鉄拳シリーズで最速の家庭用移殖。
AC版はPS2の3倍の性能を持つ上位基板「SYSTEM256」だが移植は完璧。ロードも非常に早い。


SCⅢと双璧を成すPS2最高峰のグラフィック。床や壁の破壊表現が迫力満点。
480p出力対応。こちらのワイドモード(16:9)は上下カットで損するタイプ。

ワイドで得するタイプ→【ソウルキャリバー3】


キャラ数31名。前作19名から大幅増加。
それまでのシリーズ最多「タッグ」の34名に匹敵。格ゲー全体で見ても相当な人数。


前作の意欲的だが不評だった要素、アンジュレーション、ステージ内の障害物、ポジションチェンジを削除。

AC版の鉄拳5は5.0→5.1→DRとバランス調整されていく。しかしPS2に移植されたのは最初の5.0。
全体的に火力高め。キャラ性能の格差も大きく、特に新キャラ「フェン」の性能が高すぎる。


スタマイズ要素の追加。
せっかくのデザインが崩れるから好きじゃないんだよなーカスタマイズ。


板垣恵介、寺田克也、大暮維人、皆川亮二、いのまたむつみ、永野護といった有名イラストレーター・漫画家がデザインしたエクストラコスチューム。
寺克ファンだから持ちキャラじゃないけどレイブン使うぜ。


「アーケードモード」はAC版のプレイヤーゴーストデータと対戦。対人の再現はやはり難しいようで、VF4evoと同じくワンパターン。ちなみに鉄拳王になるには無敗でも250勝は必要。


ヒストリーモードでAC版鉄拳1~3がプレイ可能と至れり尽くせり。

 

ストーリーモード


ラスボス、仁八の強さが理不尽。無敵技、ガー不飛び道具でゴリ押ししてくる。下段技連発で勝てるけど。

当時、仁八がどうしても使いたくて使いたくて・・・
全キャラクリア、アーケードをひたすら進めて最高段位にして、面白くもないDEVILWITHINもクリア、ヒストリーの鉄拳1~3を全クリ、など色々やった。

今考えるとなんでこんなのを使いたいと思ってたのか謎。後にDR、tag2で念願叶って仁八が使用キャラになったが、使ってみるとただの背が高くてキモいジジイだった。

 



この数のキャラそれぞれに個性的なストーリーがある。プロローグのイラストが格好いい。



このクオリティで計100枚以上。


エンディングも個別。


シリアスからネタ系まで幅広い。


セル画みたいになったりバリエーション豊富で飽きない。


キャリバー?


吉光、ブライアンはもう別の映画みたい。

 

DEVIL WITHIN


オマケの域を超えたボリュームの3Dアクションゲー。操作性は格ゲーと別物。単純なのでとっつきやすい。


ロボット、ジャック系、宇宙人などの敵を倒して進んでいく。


各エリアの最後にはボス。

クオリティは高いが面白いかといえば微妙。
見た目やBGMの変化がないので単調。特に後半の難易度が高く、謎解きも面倒。オマケとしては重い。

クリアすると1,000,000G貰える。マネーは他のモードで稼ぎにくいので、アイテムコンプを目指すならプレイ必須なのがツラいところ。

 

まとめ

グラフィックは鉄拳7をプレイした後に触っても違和感ないレベル。ゲーム性もほぼ完成。さらに盛り込みすぎてとっ散らかってるほどのサービス要素。

イラストとムービーの出来が素晴らしい。鉄拳にあまり興味ない人にもオススメ。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, 対戦格闘

執筆者:

関連記事

るろうに剣心-維新激闘編【攻略/評価】「HEART OF SWORD ~夜明け前~」で終わりよければ全てよし

1年後に発売されたRPG:【るろうに剣心 十勇士陰謀編】 本作の8ヶ月前に発売された格ゲー :【鉄拳2】 本作を作った「ZOOM」の格ゲ :【ゼロディバイド】 もくじ1 るろ剣アニメの素晴らしさ1.1 …

【バウンサー】攻略/感想/レビュー:ノムテツの世界観(ナイトメア)

ファイナルファンタジーでおなじみのスクウェアがPS2初期に放った問題作、もとい超大作。 もくじ1 悪夢の始まり2 映画感覚のゲーム?2.1 ムービーゲー2.2 FF7っぽいストーリー2.3 直視できな …

【ドラゴンボール FINAL BOUT】攻略/感想/レビュー:セガサターン派で良かったと思える一作

ドラゴンボールGT放送時、大々的にCMで宣伝してた。 PS全盛期。「ファイナルバウト」という集大成っぽいタイトルが期待をあおる。 セガサターンしか持ってなかったからプレイできないのが悔しかったなー。 …

【電脳戦機バーチャロン マーズ】攻略/感想/評価:もしかしてバーチャロンって面白くないゲームなのでは?と思わせる罪深い作品

シリーズ初の家庭用完全新作。 「サターン→ドリキャス→PS2」と乗り継いできた自分はもちろん発売日に購入。 もくじ1 バーチャロンマーズとは1.1 待望の1人用「ドラマチックモード」2 以下、不満点の …

グラディウスV【評価/レビュー】プレイヤーを惹きつける上質な魅力、突き放す難しさ

グラディウスといえば最高傑作はⅡ。Ⅲは賛否両論、Ⅳは不評。 …「V」のことを忘れていませんか? ナンバリングですがアーケード移植ではなく家庭用オリジナルです。 現時点で「グラディウス」シリーズ最終作。 …