ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 対戦格闘

【鉄拳TT】攻略/感想/評価:「4」までの穴埋めが大ヒット お気に入りタッグを紹介

投稿日:





【シリーズ別リンク】

「4」までの穴埋めが大ヒット


ナムコ上層部の要望で「4」までの穴埋めとして「3」の基板を流用し短期間で開発された。
シリーズの人気キャラが勢揃い&「3」の素材を引き継いだ安定の仕上がり。後に稼働した「4」より本作の方が長くゲームセンターで稼働していたらしい。


33名+α。当時としては圧倒的なキャラ数。「3」までキャラはほぼ網羅。


お祭りゲーなので時系列はむちゃくちゃ、ストーリー性は無い。


ジャックシリーズは3種類(ガンジャック、ジャック2、プロトタイプジャック)の充実ぶり。


PS2版はキャラ・背景のグラフィックを一新。アケ版のSYSTEM12基盤より高性能なのでオリジナルより綺麗。BGMはアケ版のアレンジ。オリジナルBGMは未収録。


とはいえ次世代機への過渡期。ステージ、キャラは「3」の使い回しが多く「4」に比べると見劣りがする。同日発売のDOA2にも負ける。

当代最高グラフィック→【デッドオアアライブ2】

しかし鉄拳のブランド、キャラ勢揃いのお祭り感は魅力的。
ドリキャスしか持ってなかった当時、店頭デモを見て「こりゃドリキャスは勝てないわ」と確信した。


ラスボス、UNKNOWN (アンノウン)。他キャラの技が入れ替わる木人キャラ。


エンディングはいつもの力作ムービーではなくリアルタイムレンダのデモ。これはこれで面白い。コスチュームが反映されるし。


PS2版オマケモード、鉄拳ボウル。「みんゴル」みたいなシステムで面白い。


ちなみに自分はリアルだとスコア80ぐらい。

 

システム


最大の特徴はタッグバトル (PS2版は1on1も可)



開始・勝利時の演出は特定の組み合わせで変化。

チェンジボタンで自由に交代。控えはダメージの赤ゲージ分が徐々に回復する。
どちらかのキャラが倒されたら終了。チーム戦にしては珍しくラウンド制。

通常チェンジの他に、浮かせ技チェンジ、チェンジ投げ、受け身チェンジで立ち回りの幅が広がる。空中コンボ→控えキャラで追撃も可能。

2キャラ分の立ち回りを覚える必要があり、空中コンボレシピも複雑に。初心者お断りが進む。
続編のTT2は一瞬プレイしたけど複雑すぎて全くついていけなかった。

チェンジを活用できないキャラは不遇。浮かせ技チェンジのキャラ差が大きく、一部のキャラは浮かせ技がチェンジ非対応だったりコンボにならない。逆に強キャラはタッグコンボ始動技が強い。


基本は「3」。三島、トゥルーオーガなど「3」の強キャラは相変わらずの強さ。


風神拳がチェンジ対応。三島家が恩恵を受けてる。


下段は猛威をふるった「3」から調整された。ダウンをとれる回し蹴り系はガードされると弾かれて大きな硬直になる。また「下段さばき」(レバーを前斜め下)が全キャラ共通技に。

 

攻略

気に入ったタッグ&とりこれ技を紹介。

貧乏タッグ


単発のポールと素早い連携で押すロウの相性が抜群なタッグ。

■ポール

ワンツー、右アパ、崩拳、落葉、双飛天脚。やることは初代から「7」まであまり変わらない。

獣段をウロウロ→【鉄拳7】

■フォレストロウ

・ドラゴンラッシュ (4RP,LK,RK)
中下中。3発目ヒット後チェンジ可。確反なし。

・ドラゴンストーム (4LP,RP,LP)
上中中。3発目ヒット後チェンジ可。ディレイ可。
1発目カウンターで3発連続ヒット~コンボ。

・シットストレートレフトサマー (しゃがみ途中、しゃがみRP,LK)
発生早い、1発目カウンターヒットで連続ヒット、2発目はコンボ始動。

・ドラゴンテイル (1RK)
下段。ダウン確定。上段回避。

ガトリングタッグ


相変わらずのブルースと新技を手に入れたブライアンの凶悪タッグ。

■ブライアン

新技がキャラの代名詞になるほど強い。

・マッハキック (66RK)
新技。上段の強技。リーチ、軸ズラし、ダメージ大、確反なし。

・チョッピング (4LP)
新技。中段、ヒットでバウンド、チェンジ可。チェンジすればガードされても有利。

・フライングヒール (8RK)
中段、コンボ始動、下段回避、ガードされても五分。

・ガトリング択
LK,RP,LP →RK(下)or RP(中)or投げ
3発止めで五分、4発目出し切っても微不利。

■ブルース

「2」でお世話になったお手軽強キャラ。相変わらずガトリングから半分減る。
基本はこちら→【鉄拳2】

新技
・ニーランチャー (46RK)
中段、コンボ始動、チェンジ可能だがしない方が隙が少ない。

・フェイスブレイカー (3RP)
中段、コンボ始動、チェンジ可。

怪物タッグ


見た目、性能ともに最強クラスの人外タッグ。

■デビルカズヤ

・ダブルアッパー (3LP,RP)
デビルをデビルたらしめる壊れ技。これを警戒した相手に奈落が入る。
出が早い中段。入力が簡単。初段から連続ヒット。コンボ始動。ガードされても微不利。

・閃光烈拳 (LP,LP,RP)
初段から3連続ヒットでダウン。ディレイ可。


・ヘブンズドア (6N23~LP9)
雷神拳の強化版。画面外に連れていって急降下。

・デビルツイスター (横移動RP)
新技。中段、コンボ始動。

■トゥルーオーガ

・ハリケーンミキサー (3LP+RP)
中段、コンボ始動、ダウン攻撃。ガードされても確反なし。

・ケツアルクアトル (66RP)
中段~ガー不能。初段から連続ヒット。

・クナイ駆け (66~RP)
ガー不。

・コールドブレード (しゃがみ3RP)
下段。ダウンから追い討ち確定。ダウン攻撃。

・魔神拳 (立ち途中RP)
中段。クリーンヒットで追い討ちが入る。リーチ長いので反撃されにくい。
シットジャブからコールドブレードと2択。


・チェンジにブレイジングインフェルノ→ハリケーンミキサー~
・寝っぱにホロコーストナパーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, 対戦格闘

執筆者:

関連記事

【剣豪2】攻略/感想/評価:ストイックすぎる剣豪の日常 二刀流武蔵に挑む

高校生のときハマった作品。 次作:【剣豪3】 もう1つの侍ゲー:【侍道2】 もくじ1 剣豪2とは1.1 キャラクター監修 :寺田克也1.2 ストイック1.3 独自の3すくみ2 二刀流武蔵に挑む2.1 …

【DDSAT アバタール・チューナー】レビュー/評価/攻略:2作に分けたのがもったいない ボリューム不足・消化不良・未完成な印象が残る

続編:【DDSAT2】 【シリーズ別リンク】 もくじ1 はじめに1.1 新しいメガテン1.2 キャラ1.3 イベント2 システムの特徴2.1 戦闘システム2.2 メガテンにしては親切2.3 パズルゲー …

ANUBIS ZOE:M∀RS【評価/感想】PS2の名作ハイスピードアクションが4K・VR対応でPS4に登場

リマスターとはいえ元は15年前の作品。「初見で思い出補正がない人間が、山のようにハイクオリティな作品が世に出ている今プレイして正直どうなの?」って部分に注目しながらPS2の名作「ANUBIS」を初プレ …

【真三國無双3&猛将伝】レビュー/評価/攻略:地味なグラフィック×理不尽なシステム×爽快感がないアクション

「2猛将伝」の半年後、2003/2/27発売。 無双シリーズ:【シリーズ別リンク】 もくじ1 評判が悪い無印版1.1 地味なグラフィック・BGM1.2 理不尽なシステム1.3 爽快感がないアクション1 …

鉄拳4【評価/レビュー】失敗作? 意欲的なシステムを取り入れた待望のナンバリング

格ゲー史上最大のヒットになった「3」。 そのシステムを引き継ぎタッグバトルのお祭りゲーに仕上げてヒットした前作「TT」。 その後、満を持して世に送り出された待望のナンバリング作品です。 アーケードは2 …