ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション PS2

Devil May Cry 2 (HD)【評価/感想】シリーズの黒歴史は期待値ゼロでも遊べない

投稿日:2019-03-08 更新日:






シリーズの黒歴史。

シリーズ唯一といえる駄作扱い。
ファン、メーカーともに「2」の話をすること自体が半ばタブーと化している。
そのため不自然なほど話題に出ない。

プレイする前に軽く評判を調べてみたが、
悪い部分が多すぎて逆に何が悪いのかわからない。

「どんな要素も見ようによっては悪く見えるわけで、期待して遊ぶから全部悪いと感じてしまうんじゃないか?」
と思ったので、

せっかくだから俺は期待値ゼロで遊ぶぜ。



期待値ゼロでも遊べない

いやーこれはちょっと酷いわ。

ゲームの出来以前に、
このゲーム「デビルメイクライ」じゃない。

操作性が悪いだけのB級アクションゲームになってしまった。
聞いたこともない海外スタジオが、前作の影響で低予算で作ったような感じ。

前作を作ったスタッフはどこにいってしまったんだ。

 

前作はバイオのゲームデザインを引きずった粗さもあったが、良い・悪い部分が両方心に引っかかる作品だった。
だからナイトメアに悶絶しながら最後まで食らいついた。

でも「2」はダメだ。
何も心に引っかからない。

 

前作の水中面の方が心に強く残るだけマシ↓

 

色々言いたいことはあるけど、語る気も失せるというか。

タイトルがデビルメイクライだから最後までプレイしたけど、
新規タイトルならレビューを書くことなくすぐ手放してる。

あらすじを紹介する気も失せてしまった。
ただ1つ言えるのは、
本作にはストーリーが無い。

 

これから「本作の何が悪いのか」だけを解説するので、
先に悪くない新要素を紹介しておく。

・銃4種類がワンボタンで切り替え可能

・ザコ敵のHPを表示

・アミュレットを付け替えると、デビルトリガー(変身)発動時の能力が変わる。

・瀕死状態でデビルトリガーを発動すると「真魔人」に変身できる。

・フリーミッション&「ブラッディパレス」初登場

・新ヒロイン「ルシア」が登場。
元々はディスク2枚組みで、それぞれ「ダンテ編」「ルシア編」にあたる。
性能的にはダンテがパワー型、ルシアがスピード型の位置づけ。

・隠しキャラでトリッシュが使える

 

ストレスフルアクション!

□ボタンを押すだけのゲーム

剣の振り遅っせ!銃の連射遅っせ!
フィーリング安っす!

全体的にもっさりモーションでダルい。

攻撃後の硬直をキャンセルできなくなった。
これで致命的にアクションのテンポが悪化。

 

近接武器は剣3種のみ。
性能に大差が無いので実質1種類
格闘武器が無くなりバリエーションが減った。

しかしそれらの問題点も、
ミサイル連射無双の前ではどうでも良いように思えてくる。

 

前作はグレランが強力だったが、
本作はミサイルランチャーが強い

途中からローリングすら面倒くさくなったので、棒立ちで撃つようにした。
にも関わらず、ノーダメで終わる戦闘がほとんどだから困る。

射撃ボタン押しっぱなしで連射できるため指が疲れないのは良いところ。

□を一定時間押すだけのゲームと化している。

 

ミサイルが特別に強いから悪いのではなく、遠距離武器の重要度が高すぎる。

というのも、
攻撃をキャンセルできない上、敵の攻撃モーションが見切りにくいので回避が難しい。
そのため敵に近づく必要がある近接攻撃はリスクばかりが気になり、自ずと銃を使いたくなる。

また、ずっと剣の攻撃間合い外を飛んでる飛行タイプの敵も目立つ。
こういう奴には銃を使うしかない。

 

敵の行動パターンにも問題がある。

遠距離から射撃でゴリゴリ削り続けても、敵は間合いを詰めることもなく射撃を食らい続ける。

普通、こういうアクションゲームって、プレイヤーのスタイルに応じた敵の対応行動があるものだが、本作の敵はかわいそうなほどに射撃への対抗手段が用意されていない。

一応、射撃ではダメージが通らないボスがいるので、接近戦を強いられることはある。

しかし射撃に対抗する行動パターンを用意せず、単純に射撃ダメージを減らす調整は手抜きというしかない。

 

前作に比べるとヌルゲー。

ダンテが硬い上、回復アイテムが複数所持できるようになったのでめったにやられない。

不親切ゆえの高難易度で悶絶した前作から、遊びやすくなったといえなくも無い。

問題なのは、敵にやる気が無いこと。

行動パターンが単調。
モンスターなのにマニュアル通りに働いてるような、やる気のない動き。
戦闘に緊張感もやりがいも感じない。

一直線に向かってきて、眼の前まで来たら棒立ちされて萎える。
動いて狙いをかわして一撃入れる、みたいな気の利いた動きが欲しい。

「伝説のデビルハンター、ダンテを俺様が倒してやるぜ!」
みたいな気合の入った奴はいないのか?

 

種類こそ多いが、みんな黒いカタマリに見える。
サイズ感が違うだけ。

てか姿が見える奴はまだマシで、
射撃押しっぱで画面外で死んでいく奴が多いため、種類が多くても無意味。

 

前作で最初のボスとして登場し、初見プレイヤーに絶望を与えた「ファントム」が登場。

だが久々の復活で本調子が出ないのか、やはりやる気が無い。

前作はもっと顔面ガードしてたし、攻撃も熾烈だったじゃないか!ガッカリだよ!

 

ザコ無限湧きのエリアが多い。

ボス戦中もザコ無限湧きだったりして萎える。

なんかのレビューで誰かが、
「無限湧きのあるゲームに良作は無い」と言ってるのを見たことがある。

本当にその通りだと思う。

 

敵が硬い。
長時間ダルい戦闘を強いられる。

悪魔に乗っ取られた戦闘ヘリは硬い上に何度も登場。硬くてしつこくてもうウンザリ。

「無限湧きのあるゲームに良作は無い」説に加え、
「ボスがしつこいゲームに良作はない」を提唱したい。

 

ボスがしつこい駄作といえば「バイオ6」↓

 

ローリングでコロコロ移動

移動もストレス。

前作より移動速度は早くなったが、ローリングはもっと早い。
だから移動はローリング連発でコロコロが基本。ダサい。

壁に寄ってローリング(回避)すると、壁を駆け上がる「ウォールハイク」が暴発。
プレイ中、壁を駆け上がりたいと思ったことは一度も無い。
そのためウォールハイクはただのストレス要因。

相変わらずの固定カメラなので、ウォールハイクしながら左右に跳ぶともうどの方向に跳んでるのかさっぱりわからない。

 

前作でストレスだった高所の足場渡りも登場。
落下からの復帰がより面倒になってる。

「あと1回ミスったらここで切り上げてさっさとレビューを書こう」
と思ったほどストレス。

 

味方・敵キャラに魅力が無い

無口というより声を失った男

ストーリー描写が薄すぎる。

「かつての父の偉業を超える」というダンテの大目的すら、ゲーム中ではほとんど語られない。

そのため、敵味方の誰が何をしているのかさっぱりわからない。

 

ダンテが急に老けて、性格が落ち着いた。
巨大な敵を相手に軽口を叩く、あの不敵な姿を見ることはできない。

前作でせっかくイメージが定着したのに、なぜ二作目で急に老け込ませてキャラを大きく変えてしまったのか疑問が残る。

 

演出にも問題がある。

大人らしい寡黙で無口というより、
本来は喋る場面なのにバグで喋らないような不自然さ。

間で演出するのは良いけど、
全体的に何やってるのかわからないシナリオと、表情や仕草が乏しいせいで感情が全く読み取れない。
そのため、大人な雰囲気どころかマネキンに見える

 

後半、急に言葉を取り戻したかのように決め台詞を連発するのが笑う。

 

大ボスが織田信長

この大ボスのおっさん、スタイリッシュじゃないわー

鬼武者の織田信長に引っ張られてないか?
デビルメイクライの世界観とは違う気がする。

そもそもこの人は誰で、何が狙いなんだ?
デモシーンは全部見たけどストーリーが何も頭に入らない。

 

PS1みたいなグラフィック

リアルタイムレンダリングのデモシーンを見る限り、前作より詳細に描き込まれてる。

しかし、どこに行ってもぼんやりと暗い場所ばかり。
引きの画が多く、背景はペラペラ。

PS1のゲームをやってるような気がしてくる。

暗いだけなら良い。前作も暗い場所は多かったし。
問題なのは「画」としてつまらないこと。

記事には見映えの良いスクショを載せてるつもり。それでこのありさま。

高層ビルや、何かの地下基地みたいな近代的なステージが多いが、デザインに見るべきものがない。簡素で退屈。

 

背景がペラペラなせいで扉や隙間に凹凸が無いため、どこに入れるのかわかりにくい。

飛行機が突っ込んだ換気扇の隙間なんて、全く入れるように見えない。
そこをチェックすると吸い込まれるようにステージクリア。
一体何が起きたんだ?と戸惑う。

しかもこのミッションだけ制限時間つき。
隙間に気づかないとゲームオーバー。

偶然気づいたらから良かったけど、1回でもゲームオーバーになったらたぶんゲームを投げてた。

このゲーム、とにかく途中で投げたくなる。
良いゲームはよく「やめどきが見つからない」みたいな評価をされるけど、その真逆。

 

まとめ

初見、約3時間でクリア。
前作より少ないボリューム。
でも早く終わって良かったと思った。

何をやってるかわからないままプレイし続けるため、実際のプレイ時間より長く感じる。

これ以上はキツいので、
ダンテ編と道中がほぼ同じらしいルシア編のプレイはあきらめる。

 

プレイする前は、
「こんな外しようがないタイトルの二作目で評価が急落するなんてオカシイ。前作の思い出補正で実際以上に酷評されてるんだろ」
と甘くみていた。

プレイし始めた最初の10分ぐらいは、
期待値ゼロならけっこう遊べるような気がしたので「先入観なしなら意外と遊べた」的なレビューにしようと思ってた。

 

しかし1時間後、
やっぱりダメだこれ。

やればやるほど他で酷評されているとおり。
期待値ゼロでも遊べない。

無口で魅力のない男がストレスアクションを繰り広げる謎のゲームになっている。

最初に「ファン、メーカーともに「2」の話をすること自体が半ばタブーと化している」と言ったが、プレイしてその理由がわかった。

「2」だけはデビルメイクライとして認めたくない

 

ただ、
出来の悪さが想像を上回ってくるので、ちょっと笑える。
1周3時間で終わるし、体験しても損はないかも。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS2
-

執筆者:

関連記事

ロックマンX【攻略/評価】シリアス&ハードに生まれ変わったロックマン

ロックマンの一人称が「僕」に対し、 エックスは「俺」。 頭身が高く格好いいドット絵の新ロックマン「エックス」が登場。 エックスは見た目だけなく、性能も格好いい。 新アクション「壁蹴り」と「ダッシュ」で …

【真女神転生III マニアクスクロニクル】レビュー/評価/攻略:全てが画期的な新しいメガテン

もくじ1 はじめに1.1 あらすじ1.2 シンプルで濃密なグラフィック2 システム2.1 プレスターンバトル2.2 マガタマ2.3 合体3 序盤をプレイしながらゲーム内容を紹介3.1 vs トロール3 …

【スリーピングドッグス】攻略/感想/評価:GTAのような大作はお腹いっぱいという人にオススメのB級グルメ

もくじ1 はじめに1.1 舞台は香港1.2 香港の雰囲気を再現2 シネマティック・コンバット2.1 格闘2.2 銃撃戦2.3 カーチェイス3 車強盗4 ミニゲーム5 おわりに はじめに 珍しくアジアが …

DEEP FEAR【攻略/評価】深海×バイオハザードなんて面白いに決まってる(?)

バイオハザードっぽい深海探索アドベンチャー。 発売時期はすでにサターンが終わりかけてた頃なので知名度は低いです。 当時のゲーム雑誌で見たような記憶があり、ずっと頭の片隅に引っかかってた作品。 20年の …

【GOD OF WAR III Remastered】攻略/感想/評価:「よくぞヘリオスの頭をもぎとりましたね」プレイヤーの倫理観をぶち壊すクレイトスさんの復讐劇

久しぶりにプレイ。はたしてPS3で体験した感動はよみがえるのか。 続編:【GoW ゴッドオブウォー (PS4)】 もくじ1 GOD OF WAR IIIとは1.1 ギリシャ神話1.2 復讐の鬼、クレイ …