ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 対戦格闘 dc

デッドオアアライブ2【攻略/評価】決してパンツを撮りたかったのではなく、どの瞬間を撮ってもパンツが写ってしまうんです!

投稿日:2018-06-01 更新日:









DOA2とは「このゲームに比類なし」

「このゲームに比類なし」

圧倒的グラフィックに驚愕。間違いなく当時最高のクオリティ。

いかにもアニメっぽい顔や鮮やかな色味はDOA2ならでは。今見ても綺麗です。

 

当時の3D格ゲーは、

VF3tb (DC) :1998.11.27

鉄拳tag (PS2) :2000.3.30
DOA2 (PS2) :2000.03.30
DOA2 (DC) :2000.09.28

VF4 (PS2) :2002.01.31
鉄拳4 (PS2) :2002.03.28

同時期の作品と比べてもグラフィックでは頭一つ抜けています。

 

当時、対戦相手がいないので購入から1週間で売りましたがなんと買取り5300円。
家庭用DOAの出来にはそれほどの信頼感がありました。

 

AC版はコストと拡張性の関係でNAOMI基盤を使用。

せっかくのDC互換基盤なのに、なぜかPS2版が先に発売されました。
しかも、DC版発売後にPS2でアッパーバージョンの「DOA2 HARD・CORE」発売。
コスチューム大量増加で、DC勢の僕は悔しい思いをしたものです。

 

ホールドシステムは整理され「上、中、下段、中段キック」の4択になりました。
ホールドに前作ほどの万能さはありません。

クリティカル・カウンターの仕様も変化。
ガードはレバー後ろとボタンガードを併用。

 

お色気要素もパワーアップ!
やたらとヒラヒラめくれ上がるので布が布の役割を果たしていません。

 

こうなると自キャラが殴られてるときも気持ちいい。お得な格ゲー。

 


決してパンツを撮りたかったのではなく、どの瞬間を撮ってもパンツが写ってしまうんです!
(などと犯人は供述しており~)

 

 

ステージが豪華。
大規模な落下ギミックだけでも凄いのに多層構造になっています。

壁叩きつけ、落下、スリップなど、ステージの造型を活かした様々なデンジャーゾーンを配置。非常に豪華な作り。
前作にあったリング際のデンジャーゾーンは無くなりました。

対戦中に交代しながら戦う2対2「タッグバトル」もあり、特定の組み合わせで専用タッグ技が出せます。

 

(DOA1)
前作の平坦な地形とのギャップに驚く。

こちらも当代随一の出来→【デッドオアアライブ】

 

DC版のコスは多いキャラで7種類。

ストーリーモードはキャラごとに専用デモあり。
デモからシームレスに戦闘画面へ移行。全体的にロードが早くてテンポが良く、技術力の高さを感じます。

 

コス解放条件は「上手い人用・下手な人用」の2種類。

・前者はデフォ設定でノーコンクリアやサバイバルスコア200万など。かなり難しい。

・後者は累計でストーリークリア5回、キャラ使用回数60回など。
面倒そうですが実はすぐ達成可能。

オプション設定は自由なので難易度イージー&ダメージ最大ですぐ周回できます。
キャラ使用回数は「何回コインを入れたか」なので、ダメージ最大&難易度ベリーハードでリトライし続ければあっという間。

一応、オートセーブにして積み重ねると確実。
条件を満たしてもコスが出ないときはとりあえずストーリーを1回クリアしましょう。

 

ラスボスはなんだか意味深な天狗。

 

まとめ:DOA最高傑作はこれ

グラ・システムともに当時としては圧倒的なクオリティなので、思い出補正込みでDOA最高傑作は本作です。

現行のDOAよりアニメチックなキャラクターは魅力的ですし、メリハリの効いたグラフィックは今見ても美しい。

最新作も良いけど機会があれば本作にも触れてみてください。
きっとクオリティの高さに驚くはず。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, 対戦格闘, dc

執筆者:

関連記事

【プロ野球チームをつくろう&あそぼう】レビュー/評価/攻略:前作から正当進化 やきゅつく最高傑作

「もつくろう」(SS)の続編「プロ野球チームをつくろう!」。 その調整版「もっとプロ野球チームをつくろう!」。 「つくろう」で作ったチームで試合をプレイできる「プロ野球チームであそぼう!」。 「もっつ …

no image

【ジオニックフロント】攻略/感想/評価:人を選ぶが最高のガンダムゲー

もくじ1 人を選ぶ1.1 問題点2 ストーリー3 プログラム3.1 33 人を選ぶ 最初にプレイしたときはミッション1で投げた。 いくらなんでもここまで動かしにくいのはダメだろうと。 自機の動きが精一 …

FIST【感想/評価】ゲームにフィストを撃ち込みたくなる伝説のグラフィック

どうも、良ゲーからクソゲーまで楽しむ雑食性のヤギです。 サターン屈指のクソゲーと噂の「FIST」をプレイ。 結論をいうと、ゲームにフィストを撃ち込みたい気分になりました。 もくじ1 伝説の美少女3D格 …

全日本プロレス featuring virtua【感想/評価】3D化でプロレスゲーが一気に進化

もくじ1 全日本プロレス featuring virtuaとは2 まとめ 全日本プロレス featuring virtuaとは 全日本プロレスを題材にした3D対戦ゲーム。 1997/10/23発売。 …

【ペンペントライアイスロン】レビュー/評価/攻略:ロンチの隠れた傑作?ストロークで漕ぎ漕ぎ

もくじ1 はじめに1.1 なんともいえないキャラデザ1.2 隠れた傑作?2 アイスロンとは2.1 滑る2.2 泳ぐ2.3 走る3 コース4 難点:バトルゾーンが粗い5 おわりに はじめに トライアスロ …