ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS2 対戦格闘 dc

デッドオアアライブ2【攻略/評価】決してパンツを撮りたかったのではなく、どの瞬間を撮ってもパンツが写ってしまうんです!

投稿日:2018-06-01 更新日:









DOA2とは「このゲームに比類なし」

「このゲームに比類なし」

圧倒的グラフィックに驚愕。間違いなく当時最高のクオリティ。

いかにもアニメっぽい顔や鮮やかな色味はDOA2ならでは。今見ても綺麗です。

 

当時の3D格ゲーは、

VF3tb (DC) :1998.11.27

鉄拳tag (PS2) :2000.3.30
DOA2 (PS2) :2000.03.30
DOA2 (DC) :2000.09.28

VF4 (PS2) :2002.01.31
鉄拳4 (PS2) :2002.03.28

同時期の作品と比べてもグラフィックでは頭一つ抜けています。

 

当時、対戦相手がいないので購入から1週間で売りましたがなんと買取り5300円。
家庭用DOAの出来にはそれほどの信頼感がありました。

 

AC版はコストと拡張性の関係でNAOMI基盤を使用。

せっかくのDC互換基盤なのに、なぜかPS2版が先に発売されました。
しかも、DC版発売後にPS2でアッパーバージョンの「DOA2 HARD・CORE」発売。
コスチューム大量増加で、DC勢の僕は悔しい思いをしたものです。

 

ホールドシステムは整理され「上、中、下段、中段キック」の4択になりました。
ホールドに前作ほどの万能さはありません。

クリティカル・カウンターの仕様も変化。
ガードはレバー後ろとボタンガードを併用。

 

お色気要素もパワーアップ!
やたらとヒラヒラめくれ上がるので布が布の役割を果たしていません。

 

こうなると自キャラが殴られてるときも気持ちいい。お得な格ゲー。

 


決してパンツを撮りたかったのではなく、どの瞬間を撮ってもパンツが写ってしまうんです!
(などと犯人は供述しており~)

 

 

ステージが豪華。
大規模な落下ギミックだけでも凄いのに多層構造になっています。

壁叩きつけ、落下、スリップなど、ステージの造型を活かした様々なデンジャーゾーンを配置。非常に豪華な作り。
前作にあったリング際のデンジャーゾーンは無くなりました。

対戦中に交代しながら戦う2対2「タッグバトル」もあり、特定の組み合わせで専用タッグ技が出せます。

 

(DOA1)
前作の平坦な地形とのギャップに驚く。

こちらも当代随一の出来→【デッドオアアライブ】

 

DC版のコスは多いキャラで7種類。

ストーリーモードはキャラごとに専用デモあり。
デモからシームレスに戦闘画面へ移行。全体的にロードが早くてテンポが良く、技術力の高さを感じます。

 

コス解放条件は「上手い人用・下手な人用」の2種類。

・前者はデフォ設定でノーコンクリアやサバイバルスコア200万など。かなり難しい。

・後者は累計でストーリークリア5回、キャラ使用回数60回など。
面倒そうですが実はすぐ達成可能。

オプション設定は自由なので難易度イージー&ダメージ最大ですぐ周回できます。
キャラ使用回数は「何回コインを入れたか」なので、ダメージ最大&難易度ベリーハードでリトライし続ければあっという間。

一応、オートセーブにして積み重ねると確実。
条件を満たしてもコスが出ないときはとりあえずストーリーを1回クリアしましょう。

 

ラスボスはなんだか意味深な天狗。

 

まとめ:DOA最高傑作はこれ

グラ・システムともに当時としては圧倒的なクオリティなので、思い出補正込みでDOA最高傑作は本作です。

現行のDOAよりアニメチックなキャラクターは魅力的ですし、メリハリの効いたグラフィックは今見ても美しい。

最新作も良いけど機会があれば本作にも触れてみてください。
きっとクオリティの高さに驚くはず。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS2, 対戦格闘, dc

執筆者:

関連記事

【パワーストーン2】攻略/感想/評価:パーティーゲーに進化?退化?コソ泥石集め野郎が得をする

発売当時はもうドリキャスから離れてた。 前作→【パワーストーン】 もくじ1 パワーストーン2とは1.1 時代に埋もれた1.2 前作からの進化・変更点1.3 パーティーゲーに進化?退化?2 1人でプレイ …

【鉄拳TT】攻略/感想/評価:「4」までの穴埋めが大ヒット お気に入りタッグを紹介

【シリーズ別リンク】 もくじ1 「4」までの穴埋めが大ヒット2 システム3 攻略3.1 貧乏タッグ3.2 ガトリングタッグ3.3 怪物タッグ 「4」までの穴埋めが大ヒット ナムコ上層部の要望で「4」ま …

ロックマンX7【評価/攻略】ゲームというよりストレス発生装置

PS2第一弾のナンバリング作品「X7」はなんとフル3Dで登場。 システムも大きく一新されて、まるで別ゲー。 先に言うと、 不満点をだらだら挙げるだけのレビューになってしまった。 「プレイする気はさらさ …

【ソウルキャリバー】攻略/感想/評価:クロスレビュー満点の伝説 ドリキャスはモノが違うことを印象づけた

当時、初めてプラクティスを繰り返した格ゲ。1人でサバイバルをやり込んで上手くなった気がしてた。当時、対戦相手(友達)がいなかったのが悔やまれる。 もくじ1 ソウルキャリバーとは1.1 圧倒的なクオリテ …

ANUBIS ZOE:M∀RS【評価/感想】PS2の名作ハイスピードアクションが4K・VR対応でPS4に登場

リマスターとはいえ元は15年前の作品。「初見で思い出補正がない人間が、山のようにハイクオリティな作品が世に出ている今プレイして正直どうなの?」って部分に注目しながらPS2の名作「ANUBIS」を初プレ …