ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS4

Devil May Cry 5 (PS4 体験版)【攻略/評価】安定安心の仕上がりで面白かったよ!って話

投稿日:






スタイリッシュアクション「デビル メイ クライ」シリーズ最新作。2019/3/8日発売予定。体験版をなんとかクリアしたので、感想とボス「ゴリアテ」戦の攻略を紹介。



安定安心の仕上がり

「4」から数年後の世界を舞台に、「4」の主人公、ネロたちの活躍を描く。

「DmC Devil May Cry」の続編ではない、という点がまず評価されている。

 

体験版は初見でまったりプレイして1周30分ぐらいのボリューム。
デザインにもはや「4」の原型が無いネロを操作できる。

グラフィックはいい感じじゃないだろうか。「DmC」はイギリスに絞ったデザインと「リンボ」という別世界が、かなりとんがった画作りだった。それに比べると「4」までの雰囲気に近い。キャラも美形だし。

世界観の設定は、まあ体験版だけではよくわからない。なんかグロいのが出てきて大変なことになってる。

 

スタイリッシュアクション

ザコ戦はヌルいので、今のうちに操作を練習。

フィーリングはいつものデビルメイクライ。斬って打ち上げて撃ちまくる。いつもの感じ。安心感すら感じる安定の仕上がり。

攻撃手段は、機動剣「レッドクイーン」と連装銃「ブルーローズ」。そしてネロの象徴的な装備、対悪魔義手型兵装「デビルブレイカー」。

体験版で使えるデビルブレイカーは電撃、ロケパン、ガーベラの3種類。

なんかスケボーみたいなアクションが出たりして楽しいけど、自分でもどうやって出したのかわからないので全く制御できていない。ロケパン撃ったら腕が帰ってこなくて「あれ?いつのまにかネロの腕がない!?」みたいな。

ネロで遊んでいるというより、ネロに遊ばれているような状態。
ちゃんと使いこなせるようになりたい!

製品版では8種類ぐらいあるらしい。3つでも混乱してるのに、この倍以上の種類を使いこなすのは大変そう。アクション好きにはやり込みがいのあるボリューム。

 

体験版なのにショップが使用可能。ステージで溜めたレッドオーブでスキルを買う。体験版なのにセーブも可能。周回プレイでレッドオーブを稼げば限界まで強化できる。

 

ボス「ゴリアテ」戦

最後に待ち受けるボスは、最初のボスとは思えないほど強そうな「ゴリアテ」。

戦ってみると見た目どおり強くて引く。

 

まるごと地形をぶっ壊すような攻撃を繰り出し、外→建物内→外とステージが変わる。

なんか全然勝てる気がしないんですけど……

 

1戦目はボスの体力を半分も減らせず力尽きた。

2戦目もほとんど同じ展開で力尽きた。

全然勝てる気がしないけど、「勝てなくてもいいから、周回して楽しめばいいや」と操作を少しづつ覚えて遊ぶうち、4度目の挑戦でギリギリ撃破。

最低限のコツを押さえれば倒せる相手だった。

 

■最低限のコツ

・銃では全然体力を減らせないので、恐いけど近づいて張りつく

・「R1+レバー+X」で回避
回避ができることに気づくまでジャンプで回避しようとしてた。そりゃムリだ

・相手の空振りから後出し攻撃

・デビルブレイカーを任意で切り替える方法は無いっぽい。L1の使い捨てで交換。

・建物内から外に移動したエリアには回復アイテム(緑オーブ)が何個か落ちてる。この時点で体力が減っていても諦めずに周りを見渡す。

 

回避を覚えてから、ケツに回り込むことが容易になった。

ダクソ3と仁王で鍛えた俺の回り込みを見せてやるぜ!

 

まとめ

デビルメイクライの爽快アクションにダクソ風の丁寧な立ち回りをプラスしたような感じ。
近年のアクションゲームのトレンドのいいとこ取り。アクションの幅も広そうだし、なんだかとっても面白そう。

製品版が楽しみですな!

 

こっちのダンテも意外と好き
「DmC Devil May Cry」







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS4

執筆者:

関連記事

Need for Speed (2015)【評価/攻略】次世代の進化したNFS パリピ向け実写ムービーも見どころ

次世代機向けのリブート作品。 ド派手なカーチェイスというよりは、グラフィック表現が次の領域に進化したNFS。 パリピが沢山登場するムービーでは「親戚の家に連れて行かれたときの気分」も体験できる。 走り …

redout【評価/攻略】スピード表現に特化した史上最速レースゲーム

「Race Faster Than Ever」(これまでのどんなレースゲームより速く)を謳う超ハイスピードレースゲーム。 制作陣自らが「WipEout」「F-Zero」の後継者を自負している。 ste …

DOOM(2016)【レビュー/評価】動いて撃って敵を吹っ飛ばすシンプルな面白さ

もくじ1 現代的なFPSと真逆1.1 昔ながらの「ラン&ガン」スタイル1.2 探索1.3 ストーリー性なんて投げ捨てる2 豊富な成長要素3 まとめ 現代的なFPSと真逆 見た目はデッドスペースみたいな …

バイオハザード RE:2【レビュー/評価】(1)ネタバレ少なめの感想 クレア1周目

あんな体験版をプレイしたら買うしかない! ということで発売日に購入。 なんとかクレアで1周クリアしたので、最低限のネタバレで今の感想を書いてみた。 もくじ1 完全新作として生まれ変わったバイオ21.1 …

ボーダーランズ2【評価/レビュー】FPS+ハクスラ→時間が溶ける悪魔的面白さ

「FPSとハクスラを組み合わせたゲーム」 といわれてイメージできるでしょうか? 実はこの組み合わせ、悪魔的に面白いんです! といっても、 「FPSってなんか難しいし、3D酔いするから嫌い」 というイメ …