ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

PS4 RPG FPS TPS

【RDR2】レッドデッドリデンプション2【評価/レビュー】圧倒的な作り込みで魅せるどんな一本道RPGよりも不自由な移動ゲー

投稿日:2019-01-03 更新日:






賛否両論の超大作をプレイ。
結論から言うと、自分には合いませんでした。



RDR2ってどんなゲーム?

GTAの制作陣が送り出すもう1つのオープンワールド超大作!

データサイズ約90GB。
ディスク投入からプレイ開始まで4時間かかります。

 

無法な時代の最後を描く

舞台は1899年、アメリカ。

無法な開拓時代が終わり、法執行官がギャングを一掃し始めた頃。

主人公はアーサー・モーガン(画像左)。ギャングのボス・ダッチの右腕的存在。
ダッチのギャング団が西部の町で大がかりな強盗に失敗した後、雪山に逃亡してきたところから物語が始まります。

ゲーム開始からいきなり逃亡中。猛吹雪の中、謎の敵対組織の話も出て大変な状況。
無法な時代に終わりが見え、ギャングには「俺達の時代は終わった」的な寂しさが漂っています。
生きるために団結し、物資を奪うだけで必死。もはや大口を叩く余裕もありません。

 

アーサーの得意分野は盗み&殺し。
ボスの右腕というだけあり腕っぷしが強い。

英語リスニング力ゼロの自分でもわかるガサツな喋り方。ロッキーみたい。
アーサーの人物背景や考え方は物語を進めると徐々に明らかになります。元カノが美人とか。

 

ギャングに入ってるからといっても楽はできません。
メンバーそれぞれが稼ぎ、組織に寄付して貢献する必要があります。

各地に散りギャングらしく各々の得意分野で様々な悪行を働くメンバー達。
それを手伝うのが主なメインクエスト。

 

くっだらねー喧嘩の連続。

法や警察力はほぼ機能していない時代なので大抵のことは力で解決します。
のどかな風景の中で揉め事が絶えません。

その揉め事もこの時代ならではの雑さ。テキトーな絡みで殴り、殴られる。

グラセフの車強盗ならぬ「列車強盗」で大金ゲット。
言うことを聞かない乗客は痛めつければ良いのです!

ステルスミッションでミスっても失敗にはならず、「なんてこった、ならお前の好きな方法でやれ!」と言われて結局ドンパチで解決するのは笑う。

 

広大なマップ&大ボリューム

圧倒的な質×量。

のどかな風景が広がるマップは、同社のGTA5が持つ記録を塗り替えるオープンワールド史上最大

派手さは無いけど美しいグラフィック。
周囲が暗いフィルタのせいで最初はちょっとボケ気味かなーと思ったけど、やればやるほどハマる味わい深さ。
天候・時間帯の変化も綺麗。

オープンワールドはメインクエストだけ進めれば10時間前後でクリアできるのが普通ですが、本作はその3倍の30時間はかかります。
(1クエスト終わると1%。1クエスト20分×100=30時間)

 

序盤は広大な白銀の世界が広がります。
スー、ハーと白い息を吐く様子が本当に寒そう。

どこを見渡してもヒザまで埋まる深さの親雪。サクサク感が気持ち良いです。
通った跡や足を取られる動きがリアル。

 



建物の中に入れるだけで凄いのに、室内も端々まで異様な作り込み。

NPCと会話可能。
汚いオッサンや商売女(売春婦)とのコミュニケーションを存分に楽しめます。

相手の方から絡んでくることもあるし、店主はボソボソと何かずっと喋ってる(笑

 

馬周りのシステムが異様に凝っているので、自分の馬に愛着が湧きます。

あぶみを付け替えて「俺の馬」にして育成。

・軍馬、競走馬など見た目・性能の特徴を持つ19品種
・育成で基本ステータスがアップ
・親愛度によってアクション増加

ただ撃たれたりして死んでしまうとそれまで。苦労して育てた馬が消滅します。
頑張って育てたわりに報われないので、見返りは期待しない方がいいかと。

武器を預けて馬ホイールで取り出すといった豊富な馬システムを搭載。

乗馬しながら銃を撃てます。
X
で加速しながらLR2で構えて撃つ操作はちょっと慣れが必要ですね。

 

人を選ぶ作品

「~についていけ」「~に行け」

「馬に乗れ」
「~についていけ」
「馬に乗れ」
「~についていけ」
の繰り返し。

移動シーンがプレイ時間のほとんどを締める移動ゲーです。
移動中の「間」を楽しめない人はこのゲーム無理。

 

移動時間が長いのなんのって。

ミッション開始地点までNPCについていくことが多いです。
移動距離はそれほどでもないけど、なんせ馬だから遅い!

 

移動中はどんな1本道RPGより不自由。

山のような台詞を強制的に聞き続けるだけ。操作できない移動シーンすらカット不可。

シーンが変わるたびに3~5分のカット不可デモが入るようなものです。

「約50万個の台詞、30万種類の個別アニメーション、GTAVの10倍のカスタムアニメーション」
とのことですが、こんな形で見せつけられても困ります。

 

「シネマティックカメラ」

目的地への移動中は複数の固定カメラに切り替え可能。黒帯が入りシネマティックな映像に。
活用するとデモ画面がずっと続いてるような感じになるので「おおー」と思うけどすぐ飽きます。

この間、いわゆるオートパイロットを使用可能。
行き先を指定して切り替えれば、Xボタンをテキトーに連打してるだけで道なりに進んでくれます。
たしかに操作は楽ですが、移動にかかる時間は変わりません。むしろ迂回するから遅い。

 

長い時間をかけていざ目的地に着いたらウサギ撃つだけとか、オッサンぶん殴ってすぐ終了。

 

ファストトラベルはキャンプ内専用なのでミッションの帰りは自力。

キャンプは主なクエスト開始地点になっているので、キャンプから移動シーンが始まることが多いです。
そのためキャンプからファストトラベルできることの意味は薄い。

ファストトラベルを使うためには宿泊施設のアップグレードが2回必要。
アップグレード画面(帳簿)が何をすれば何ができるようになるのか分かりづらいため、攻略情報無しではファストトラベルが使えることにも気づきません。

ファストトラベル自体も非常に使いづらい。
行ける場所が少ない上、地名が一覧表示されるだけでマップにマークが出ません。
そのためどこがどこだかさっぱりわからないです。

 

自由行動中も好き勝手はできません。

ちょっとした軽犯罪、あるいは道からそれて別の縄張りに入るとすぐ指名手配されて追い回されます。

始めは理由もよくわからないまま指名手配され、索敵範囲外まで延々と追い回されるハメに。

追っ手を倒すと懸賞金がアップしてしまうし、逃げ切っても手配状況はそのまま。
取り消すにはなぜか自分で自分の懸賞金を支払う必要があります。

 

あえての無駄

できることが多いというより無駄が多い。

狩る・食うなどやってることはシンプルですが複雑・細分化されてるのでややこしい。
圧倒的な作り込みでリアルな面倒臭さを表現している辺りはシェンムーっぽい。

 

序盤から雪崩のようにシステムを紹介されて戸惑います。
しかしよく見ると、
「腹が減ったら飯を食え」
「馬が汚れたら洗え」
「武器を手入れしろ」
とか、そんなもん勝手にやってくれと言いたくなる面倒なことばかり。

 

このゲーム、欲しいモノが特にない。

武器は何でも良いし、アイテムは使った覚えが無いです。
そのためサブクエや盗み・狩りをいくらこなしても見返りがありません。
シェンムーのアイテム集めと同じ、ただの暇つぶし。

もったり挙動

ubisoft製TPSのようなグニャグニャ系ではなくもったり系。
何をするにもリアルに遅い。

ダッシュのレスポンスが悪いし、急斜面では滑り、段差があるとコケる。
馬で全力疾走中に木や岩にぶつかると転倒して大ダメージ、最悪死に至ります。

キャンプ内ではなぜかダッシュ不可。
まるで水中を移動しているような遅さでイライラが半端じゃない!

確かにキャンプ内で全力疾走してたら変だけど、演出のために快適さを犠牲にしすぎでは。

 

銃撃戦が単調。

レベルデザインもへったくれもない。同じことの繰り返しです。

強力なオートエイム(デフォルト設定)で射撃戦で敵に遅れを取ることはありません。
L2で構えたときに補正が効くのでテキパキと構え直すのが照準合わせのコツ。
本作に限らずFPS・TPSはたいていこの仕様です。

NPCが強いので、面倒なら先行させて暴れてもらいましょう。

投げ縄で締め上げて不殺(ころさず)を貫いたりもできます。
この世界を満喫するには、そういう自分なりの楽しみ方を見つける必要があります。

 

難易度設定は無し。
かわりにGTAと同じく3回失敗でミッションスキップ可能。

ダイナマイト自爆を繰り返せば移動シーンもカットして手っ取り早くクリアできます。でも楽しくはない。



最初、「リスタート」(□)と「リトライ」(X)の違いがわからなくて困りました。
UIこそちゃんと翻訳してほしい。

・リスタート:クエスト最初からやり直し
・リトライ:チェックポイントから

 

中盤まで耐えられるか

後半ほど面白い。

進行に応じて行動範囲が大きく広がりチャプターごとに別世界が広がります。

しかし初見でそんなこと知る由もないわけで、中盤までどのタイミングでゲームを投げてもおかしくない。
ずいぶん思い切った構成だなと。

ようやく楽しくなってくる中盤、チャプター3まで耐えられるかが問題。
でも移動ゲーなのは変わらないのでダメな人はずっとダメ。

 

2時間近くかかるチャプター1がチュートリアル。

仕事終わりに「さあゲームするぞ!」とPS4を立ち上げてこのまったり展開が続くとキツい。
前情報なしにプレイ開始したので、本作は雪山で完結すると思っていました。

 

続くチャプター2だけで並のゲーム1本分のボリューム。

ストーリーは動かないしミッション内容もアクビが出るほど退屈。いくらクリアしても終わりません。心折れそう。

このまったりペースで十時間以上プレイできる人がどれだけいるのか疑問です。

 

正直な話

元も子もないことを言うと、西部開拓時代という舞台自体に興味が無い。
西部劇の映画やドラマとか見たことないし。

「じゃあ何で買ったんだ」って話ですが、大々的に宣伝されてるからとりあえず買った人も少なくないのでは。

本場アメリカの人間じゃないとわからない部分があると思います。日本人にとっての時代劇モノみたいな。

だって西部開拓時代にノスタルジーなんて感じないでしょ。完全に別世界でしょ。
アメリカかぶれでカッコつけるのやめようぜ!

 

RDR2の時代背景について

「アメリカの禁酒法」

酒の醸造、販売、飲用を禁止したトンデモ法。

本作はギャングを描いているので禁酒法、酒絡みの話が多い。
史実では1919~1933年施行ですが、1899年を舞台にした本作では既に施行されています。

施行された結果、

・禁止されたことでかえって酒の消費量が増加
・ギャングが酒の密造で利益を得て勢力を拡大
・家庭のバスタブで作ったような質の低い酒が出回る
・酒類の税収が無くなって資金難

こうして事態は悪化。
1932年の大統領選挙で禁酒法改正派のルーズベルトが勝利し、翌年に撤廃されました。

 

酔っぱらいを助けたと思ったら、

 

今度は自分が飲み過ぎて事件を起こす。
この後、ゲロと泥にまみれた最悪な朝をむかえる。

 

酒を振る舞うと敵ギャングに襲われてまた大乱闘。

さすがに「なんでどいつもこいつも酒好きなんだ」とウンザリしてきますが、この時代はまともに飲める水が無いのでとりあえず酒飲んで喉を潤したという事情があるのだとか。

 

「アメリカのフェミニズム」(性差別撤廃運動)

19世紀半ばから女性参政権を求める運動が盛んに。
前述した禁酒法を押し進めた原動力でもあります。

 

「アフリカ系住民に対する差別」(黒人差別)

16~18世紀、イギリスはアフリカ系住民を奴隷としてアメリカに売って利益を得た。(三角貿易)
多く買い入れたのがアメリカ南部。黒人奴隷は個人の私有財産として人間扱いせず働かせた。そのため南部は黒人差別が根強い。

奴隷で利益を得て豊かになった南部と、工業中心なので労働力がそれほど必要ない北部の軋轢が広がり、1860年の大統領選挙では奴隷制が争点になった。結果、奴隷制反対を唱えたリンカーンが当選。

これに南部が猛反発。南部の州はアメリカ合衆国からの脱退を宣言し、南軍の先制攻撃によって南北戦争が勃発した。

戦争はドロ沼で長期化したが最後は総合力に優る北軍が勝利。
両軍合わせて50万人近くの戦死者を出したアメリカ史上最大の戦いは開戦から4年で終結した。

戦後、奴隷制は崩壊。南部州は北部の占領下になり黒人に投票権が与えられた。
しかしたった十数年で揺り戻しが起き、1890年代から南部州で有色人種に対する隔離政策が立法化。奴隷制は無くなったが差別は再び強化された。

 

まとめ

作り込まれた西部劇の世界を、時間を忘れてゆっくりまったり味わう唯一無二のゲーム。

強いて例えるなら「アメリカ版シェンムー」。

本作を楽しむには、時間を忘れてゲームの世界をゆっくりまったり味わえる心の余裕が必要です。

テンポ良くサクサク進めたい人は不向き。
僕には向いていないゲームでした。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-PS4, RPG, FPS TPS

執筆者:

関連記事

トゥームレイダー (2013)【レビュー/評価】初冒険が血みどろ地獄!

5年ぶりにクリア。 Steam版日本語DLC未購入なので英語でプレイしました。おま国!  ヤギゲームブログ PS4のトゥームレイダーシリーズ3作まとめ【レビュー/評価】この順番で遊 …

Diablo (PS)【評価/感想】シンプルゆえの洗練された面白さ

現実世界の面倒なことを忘れて何かに没頭したい! そんなときに最適なのがこの作品。 チマチマしたキャラでたった1つのシンプルなダンジョンを潜る。 たったそれだけ。 なのにこの熱中度! まるで接着剤でくっ …

るろうに剣心 十勇士陰謀編【評価/攻略】遊べる出来だが過度な期待は禁物

いかにもキャラゲーな格ゲー「維新激闘編」から1年。 今度はなんとRPGでるろ剣ゲーが登場。不安と期待が膨らみます。 一体どんな作品なのでしょうか。プレイして確かめます! るろ剣の3D格ゲー↓ &nbs …

【エースコンバット7】レビュー/評価:雲・天候は楽しめる ストーリー・演出に難あり

もくじ1 12年ぶりのナンバリング2 雲・天候は楽しめる2.1 エスコンらしい爽快シューティング3 ストーリー・演出に難あり3.1 間が長い3.2 エース感が薄い4 気になる点5 マルチ対戦はストイッ …

侍道2【レビュー/評価】おにぎり1個もらった侍、天草で大暴れ!

自由度を重視した作風が魅力のシリーズ。 普通のRPGやアクションゲーム、オープンワールドとは違う、唯一無二の魅力を持つ。 箱庭の自由行動、マルチエンドと周回要素、 ストーリー進行の方法から育成までシス …