ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

対戦格闘 SFC

ゴジラ怪獣大決戦【レビュー/評価/攻略】ゴジラの本格派2D格ゲー

投稿日:2018-10-29 更新日:






ゴジラの本格派2D格ゲー。
PCエンジン「ゴジラ爆闘烈伝」の移植。





はじめに

本格派2D格ゲー

丹念に描かれたドット絵が素敵。
さすがにPCエンジンの「爆闘烈伝」には劣るが、SFCではトップクラス。

全キャラに特徴的な必殺技、超必殺技がある。
モーションもキャラの特徴をよく表現しているので動かしてるだけで楽しい。
UI、フォントのデザインは今見てもオシャレで格好良い。

操作レスポンスも良い。
この時代の格ゲーにしてはコマンドを入れやすく、十字キーでも難なく必殺技を出せる。

 

怪獣ごとにテーマBGMがある。ゴジラのテーマ以外はオリジナル。作曲者はゴジラ映画の担当者というこだわりよう。
元がCDロムのゲームなので怪獣の鳴き声の再現度が高い。映画さながらの迫力。

 

1発のダメージが重い。
コンボゲーとは違う怪獣ならではの迫力と緊張感がある。

性能が尖りすぎな奴もいて対戦バランスは大味といえば大味だが、細かい技性能やシステム、キャラ相性などで妙に繊細な部分もある。
そのため意外と飽きがこない。

 

キャラ (怪獣)

登場怪獣はツボを押さえたラインナップ。
ゴジラ・アンギラス・メガロ・ガイガン・キングギドラ・昭和メカゴジラ・ビオランテ・平成メカゴジラ。

 

カセット容量の関係で「爆闘列伝」から登場怪獣は減少。
ラドン、ヘドラ、メカキングギドラ、バトラ、スーパーX2を削除。
対戦相手に応じてゴジラの姿やギミックが変化する仕様も無くなった。
かわりに隠しキャラのスーパーメカゴジラ、戦艦・轟天号を追加。

 

システム

弱・強攻撃、組み技、必殺技・超必、咆哮。

「爆闘烈伝」の必殺技で気力を消費するシステムは廃止されたので必殺技が使い放題。

新たにショックゲージと怒号ゲージを追加。
体力ゲージの下がショックゲージ。画面下隅のキャラアイコンが怒号ゲージ。

 

・組み技
プロレスゲームのように相手を掴まえた後、追加入力で攻撃。
組んでいる間にレバガチャで投げ抜け可能。

・咆哮
ショックゲージを大きく溜める。ダメージは無し。
気絶させるのに有効だがモーション中は無防備。
怪獣の特徴を戦闘のシステムに上手く採り入れてるのが嬉しいところ。

・ショックゲージ
いわゆるスタンゲージ。攻撃や「咆哮」を受けると溜まる。時間経過で減少。
一杯になると気絶状態になって無防備に。ボタン連打で早く復帰できる。

・怒号ゲージ
ショックゲージと同じく攻撃を受けるたびに溜まる。
一杯になると体が赤く点滅して攻撃力アップ。超必殺技が使用可能に。
この間はショックゲージが上昇しやすいので諸刃の剣。
気絶するか超必殺技を使うと怒号ゲージは空になる。

 

とりあえずノーマルモード(CPU戦)をプレイ

ゴジラでプレイ。
ちなみに「爆闘烈伝」のシングルモードで使えるのはゴジラのみだが、本作では他の怪獣も使える。これは嬉しい。

ストーリーは無いが、怪獣ごとに原作映画を再現した固有ステージで雰囲気は抜群。
暴れると大阪城が壊れたり、細かい演出が凝ってる。

 

ゴジラは近距離が弱点なので長い尻尾攻撃と放射熱線で間合いを維持。
飛ばせて落とす波動昇竜キャラ。

CPUがこの時代らしく超反応な強さ。
ガードが硬すぎて地上ではほぼノーチャンス。対空も超反応。
ひたすら丸まって尻尾を置くか、離れてひたすら熱線連打のチキン戦法以外では厳しい。

 

攻撃が届かない高さで常時滞空するモスラ。CPUだから許される性能。

 

通常ラスボスは平成メカゴジラ。
条件を満たすとスーパーメカゴジラか轟天号になる。

 

おわりに

豪快に技を振り回す怪獣の迫力を堪能できる一方、技の使い分けを考えたりショック・怒号ゲージで展開に緩急をつけるような格ゲーとしての繊細な部分も感じる。
グラフィック、サウンドの作り込みも素晴らしい良作。






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-対戦格闘, SFC
-

執筆者:

関連記事

鉄拳4【評価/レビュー】失敗作? 意欲的なシステムを取り入れた待望のナンバリング

格ゲー史上最大のヒットになった「3」。 そのシステムを引き継ぎタッグバトルのお祭りゲーに仕上げてヒットした前作「TT」。 その後、満を持して世に送り出された待望のナンバリング作品です。 アーケードは2 …

トバル2【評価/レビュー】トバルNo.1から進化したのにFF7体験版がないから売上半減

スクウェア+鳥山明、といえば名作「クロノトリガー」を連想しますからそりゃ期待値は上がるわけです。 でも当時はPSを持っていなかったので、遊べないのが悔しかった作品。 大人になりレトロゲームを思う存分遊 …

パイロットウイングス【評価/感想】スーファミの擬似3Dで空を楽しむ 最後は疑惑のエンディング【SFC名作】

「3D空間の大空をシミュレーター系挙動で飛び回れるゲームが、今から約30年前に発売されて48万本売れている」 と言ったら、知らない方はびっくりするのでは? 今回はそんな画期的な作品を紹介します。 もく …

FIST【感想/評価】ゲームにフィストを撃ち込みたくなる伝説のグラフィック

どうも、良ゲーからクソゲーまで楽しむ雑食性のヤギです。 サターン屈指のクソゲーと噂の「FIST」をプレイ。 結論をいうと、ゲームにフィストを撃ち込みたい気分になりました。 もくじ1 伝説の美少女3D格 …

【ゼロディバイド】攻略/感想/評価:「オーマイガー!ワッツハップン!」きぐるみを着たバーチャ

まぎらわしいやつ→【メガチュード2096】 もくじ1 ゼロディバイドとは1.1 プログラムの戦い1.2 楽しんで作ってる感2 グラフィック&サウンド3 システム3.1 変な技3.2 部位破壊3.3 ハ …