ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

アクション SFC

【スーパーボンバーマン2】レビュー/評価/攻略:クラシックなボンバーマンの決定版

投稿日:2018-11-23 更新日:




はじめに


スーパーボンバーマンシリーズ2作目。
新要素を追加して正当進化。

■追加アイテム
・「パワーグラブ」削除、「パワーグローブ」追加
性能はパワーグラブと異なる。設置後の爆弾も動かせるグローブに比べると使い方の幅は狭い。

・「パワーボム」追加
最初に置いた爆弾だけ最大火力になる。

・「ボヨヨンボム」追加
いわゆるスライム。グローブやキックで跳ねる。


ソリッドなグラフィック。いかにもドット絵な印象になった以降の作品とは違う魅力。
BGMの出来が良い。後の作品でアレンジで復活した曲もある。

ボンバーマンシリーズ:【シリーズ別リンク】


「凶悪ボンバー5人衆」初登場。
試作機一号である白ボン回収のために地球に現れるという、ドラゴンボールのサイヤ人編のようなストーリー。(ゲーム中では説明が無い)


マグネット、ゴレーム、プリティ、ブレイン、プラズマボンバーの順でステージボスを務める。


倒すとそれぞれ特徴的な巨大マシンに乗って再登場。

 

ノーマルゲーム


ストーリーモードに相当する1人専用モード。
全5ワールド。1ワールド6面+ボス戦1面。

前作のステージ範囲は1画面のみだったが、本作は数画面分スクロールするほど広い。
スクロールの関係か1人プレイ専用になった。


敵をなぎ倒す爽快感より攻略を組み立てるパズル要素が強い。
クリア条件が「敵の全滅」かつ「スイッチを全部オン」とややこしい上、厄介な仕掛けも満載。難易度は高い。

体力2、移動速度が早い、壁抜けを使う、特定の手順を踏んで倒すなど敵が1クセも2クセもあり手強い。
それ以上に一部のステージギミックが凶悪。


■ステージ1「古城」
いきなり厄介な仕掛けが登場。
ボムを吸い寄せる磁石。火力が最大になる火力ブースター。おなじみの十字ではなく広範囲に炎が広がるダイナマイト。


■ステージ2「焼却炉」
焼却炉から伸びる導火線に火がつく。これは焼却炉の前にボムを置かなければ済む話。
ブロック復活が危険。このスピードが異様に早いのであっという間に閉じ込められてしまう。ステージ2にしてはあまりにも厳しい。

通れない床・可動ブロックが登場。
ブロックを爆風で動かして穴にハメて足場を作る。パズル要素になっておりややこしい。順番を間違えると詰む。


■ステージ3「遊園地」
トランポリンのジャンプを失敗すると即死。
ここからスイッチのオンオフが爆風で切り替わるのでパズル的に爆風を当てる必要がある。


■ステージ4「工場」
壊したブロックの中から敵が出現。
安全を確保した上で敵が出るまで壊す必要があるので面倒。


■ステージ5「連絡通路」
ブロック復活、照明、2回通ると穴が空く床、地雷、スイッチ、可動ブロックの合わせ技。非常に面倒。
隠し地雷は隣接するマスに行くまで見えない。走り回ってると地雷であっという間に死亡。恐る恐る進むことになるのでテンポが悪い。

■ラスボス
前作同様、ボムを投げてダメージを与える。
グローブを持っていない場合、前作と違いアイテムが再出現しないため死んでやり直すしかない。

 

バトルモード


趣向を凝らした10ステージ+隠し2ステージ。
いつも通り安定の面白さだが、参加人数は4人まで。ちょっと寂しい。
「2」はキャラ色ごとに爆風の色が異なるのが特徴。



CPUがバカ。
近づくまで動かないとか無意味にウロウロしたあげく自分の爆弾で自滅。
こんな有様なので友達を集めないと楽しめない。

 

おわりに


乗り物などが登場してお祭りゲーっぽくなった以降の作品とは違う魅力。
クラシックなボンバーマンの決定版。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, SFC
-

執筆者:

関連記事

【ガングリフォン】攻略/感想/評価:本物のミリタリーを追求

セガサターンの名作。 もくじ1 ガングリフォンとは1.1 リアルなグラフィック1.2 リアルな操作1.3 リアルな設定2 まとめ ガングリフォンとは リアルなグラフィック 1996/3/15 発売。後 …

バイオハザード3【攻略/評価】ジルとカルロスを追う追跡者(ネメシス)の恐怖 リメイクを期待したい作品

「2」リメイクの「RE:2」に続いて「3」リメイクが出るのでは、と期待が高まる作品。 国内売上160万本のヒット作。 それにしてはPS1中期を盛り上げた前作「2」に比べて存在感が薄いような気がする。 …

【剣豪2】攻略/感想/評価:ストイックすぎる剣豪の日常 二刀流武蔵に挑む

高校生のときハマった作品。 次作:【剣豪3】 もう1つの侍ゲー:【侍道2】 もくじ1 剣豪2とは1.1 キャラクター監修 :寺田克也1.2 ストイック1.3 独自の3すくみ2 二刀流武蔵に挑む2.1 …

【機動戦士ガンダム エゥーゴvs.ティターンズ】レビュー/評価/攻略:Zガンダムといえば変形MS 変形MSといえばZガンダム

当時はガチ対人戦のアケゲーとも知らずにガンダムゲーだから購入。 Zガンダムゲーはハズれが多い気がする。 どうしてこうなった:【ゼータの鼓動】 イベントシーン8割:【機動戦士Ζガンダム】 ガンダムゲーリ …

ロックマン8【攻略/評価】良作アクションだがスノボが…

もくじ1 [前半]1.1 オープニングステージ1.2 グレネードマン1.3 フロストマン1.4 テングマン1.5 クラウンマン1.6 デューオ2 [後半]2.1 アストロマン2.2 アクアマン2.3 …