ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

アクション SFC

【スーパーボンバーマン5】レビュー/評価/攻略:最終作らしい盛り沢山な内容

投稿日:2018-11-26 更新日:




はじめに


「スーパーボンバーマン」シリーズ最終作。
最終作らしく意欲的なシステム多数。

グラフィックは1・2の立体感と、3・4の平明的な絵の中間な印象。
爆風SEが火力に合わせて変化するので大迫力。

前作:【スーパーボンバーマン4】
ボンバーマンシリーズ:【シリーズ別リンク】


ルーイが「3」以来の登場。新しいドット絵で外見が個性的になった。
敵専用のルーイ「ワルーイ」も登場。
パッケージを飾るグローブをつけた赤い「ナグルーイ」。
パンチが使えるかと思いきや、ボンバーマンを殴って少し動きを止めるだけ。ノーマルでは全く役に立たない。

 

ノーマルゲーム


自らを異次元の帝王と名乗る謎の男「テロリン」が現れ、「ボンバー刑務所」から脱獄させた8人の凶悪ボンバーを部下にして侵略を開始。
ボンバーマンはテロリンの作った異次元世界「テロリンワールド」に挑む。

凶悪ボンバー五人衆、ボンバー四天王、バクラーは欠場。
強大な力を持つ新キャラ、テロリンだが以降のシリーズには未登場。

ルート分岐


スクロール無しの1画面。場面転換も無い。敵全滅でゴール出現。
2人同時プレイ可能。セーブ方式になった。


ルート分岐が登場。
ゴールが複数出現し、どれに入るかで次ステージが変わる。ボスもゾーンごとに複数。
1周クリアではせいぜい達成率20%程度。周回前提の作り。

全103面の大ボリューム。
ステージのつながりが連続分岐や双方向だったりしてややこしい。
一度スタートしたらマップ画面に戻れないので達成率100%にするのは大変。
一度入ったステージに繋がるゴールは色が変わる(紫)ので、周回して未到達ゴールを潰していけばいつかは制覇できる。


5ゾーンの内、1~4は過去のスーパーボンバーマン1~4の雰囲気を再現。まさに最終作らしい構成。


テロリンワールド本拠地には時計をモチーフにしたデザインがあり、テロリンの能力も時間に関係。
これまでの世界はただのコピーではないことを匂わせている。


最終ゾーンは完全オリジナル。
エリア数が他のゾーンの倍(30エリア)。ギミックの異なるステージ郡が5種類ありバリエーション豊か。BGMも5種類というこだわりよう。
ゲーム1本分を詰め込んだような盛り沢山。


ラスボス以外は人形ボスだけなので地味。
しかし2:1だったり狭いステージと落下ギミックもあり非常に手強い。


エンディングはルート次第でグッド・バッドの2種類に分岐。


バッドエンドでボンバーマンが辿り着く本拠地はコピー。
スタッフロールの変な挙動で事件が何も解決してないことがわかる。


クリア後に認定状が貰える。データを引き継いで2周目へ。
達成率100%で出現アイテムが増える裏面になり、序盤から貫通ボムやリモコンが出る。裏面込みで最終的な達成率は200%。

ステージ紹介


■ゾーン1
スパボン1のステージ1~3がモチーフ。BGMは同作ステージ1アレンジ。


ゾーン1ボス「ボンバーワン」が強すぎる。
過去作のラスボスより強いのでは。
地雷ボムを最大4つ仕掛けて自分は地雷を踏まないように正確に動き回る。さらに全ボス中で移動スピード最速。ボスもアイテムを取ればパワーアップするためキックを取られると手がつけられない。
体力2と低いのが救い。倒した後、ゴールに行く途中に地雷踏んで死ぬと泣ける。


■ゾーン2
スパボン2のステージ5以外がモチーフ。BGMは同作ステージ1のアレンジ。


■ゾーン3
スパボン3がモチーフ。BGMは同作ステージ2アレンジ。


■ゾーン4
スパボン4がモチーフ。BGMは同作ステージ5-1-3アレンジ。


ゾーン4ボスがエンディング分岐点。


■ゾーン5
グッドルートの方が明らかに難しい。敵が無限増殖する上に動きが止まる電場を4方向に撃つ時計台や、縦横に撃ち出される回転カッターに苦戦。


これがラスボス?
第1形態は爆弾を出す時に展開するアームに攻撃。最下ラインには爆弾が来ないので安全。


第2形態はダメージの入れ方がよくわからない。
ジグザグに爆弾を置くと良さげ。


グッドルートで出現する真ボス。どうやらこの人がテロリンらしい。
バリヤーを張った後タイマーを出すので競争して取る。

 

バトルゲーム


「4」のプッシュが無くなり、他アイテムも仕様が変わったので近接戦闘の要素は薄くなった。
仕様が変わった「みそボン」で荒れまくるのでガチ対戦よりはパーティーゲー寄り。


キャラはボスキャラの「凶悪ボンバー」が使える。前作と違い特殊能力はない。


「みそボンドッジ」
みそボンでプレイヤーを倒すとバトルに復帰。
昔ハマったボンバーマンオンラインの仕様はコレ。

本作のみそボンは投げた爆弾の爆風に次の爆弾を投げ込める。タイミングを合わせる必要があるけど連打でも可能。
画面端の方でこれをやられると脅威。みそボンの戦闘力は前2作を遥かに凌駕する。復帰と合わせて戦況を大きく左右する存在になった。
さらにみそボンの爆弾がたまに最大火力になる。


「コンフィグモード」
自分好みのカスタマイズでボンバーマンを作る。
名前、キャラ、色を変更可能。アイテムは合計12ポイントを振り分けて装備。特殊アイテムは性能に応じたコスト。ゲームバランスぶっ壊れなリモコンボムは最大の9P。
コンフィグバトルで出現するアイテムはルーイの卵のみ。さらに死んでもアイテムが出ない。カスタムしたキャラ性能だけが頼り。

 

おわりに


集大成というよりファンサービスな印象。
「3」以降マンネリとの戦いになったシリーズの歴史を思い出して懐かしさと寂しさを感じる。

ボンバーマンの集大成としてはサタボンを押したい。
最高傑作:【サターンボンバーマン】

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, SFC
-

執筆者:

関連記事

ドラゴンボール ゼノバース2【攻略/評価】スパキンメテオの方が良くね?

「ラスアズ」のようにガチガチに作り込まれたゲームをやると、反動で「無双」「ガンブレ」のように粗いというかカジュアルなゲームやりたくなる。 カジュアル系で未プレイの作品を求めて出会ったのが本作。ドラゴン …

コンバットチョロQ【攻略/感想/評価】チョロQの皮をかぶったアーマードコア

もくじ1 チョロQ版アーマードコア!2 こだわりが半端じゃない2.1 圧倒的な作り込み2.2 バリエーション豊かなミッション3 攻略3.1 改造について3.2 ミッション攻略3.3 アリーナ4 おわり …

ロックマンX8【攻略/評価】X7から盛り返した良作 でもダイナスティだけは許さん

エックスシリーズが「X7」から奇跡の復活。 スタイリッシュ2Dアクションの原点回帰を目指す。 その「X8」は本当に信用してもいいのか? 「X2」「X4」のようなハイスピード・スタイリッシュ感を味わえる …

【無双スターズ】攻略/感想/プレイ(3):クリア後レビュー キャラの作り込み、アクションの良さが台無し

もくじ1 アクションは良い!1.1 キャラが少ない 格差がデカい2 アクションを楽しめない仕様2.1 拠点システム2.2 カットインがスキップ不可2.3 敵が無敵すぎ2.4 味方NPCがすぐ落ちる3 …

【パワーストーン】攻略/感想/評価:スマブラと同時期にして似たコンセプトを持つ

発売当時はスルーしたけど気になっていた作品。今も昔も対戦相手がいない。 続編→【パワーストーン2】 もくじ1 パワーストーンとは1.1 「だれでもできる!なんでもできる!」1.2 石取りゲー2 ラスボ …