ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

レース SS

【ソニックR】レビュー/評価/攻略:気軽に遊べるパーティゲー、だと思ったら大間違い

投稿日:2018-11-09 更新日:




はじめに


セガのスーパースター「ソニック」をモチーフにしたレースゲーム。
ちなみにタイトルの「R」の意味は今でも不明らしい。
ストーリーはない。キャラが絡むデモもなく淡々と競争するだけ。

ソニックシリーズ:【シリーズ別リンク】


山あり谷あり水場にトンネルありの起伏に富んだコース。全5種類。
3Dアクションとレースの中間のような自由度が最大の特徴。
道から大胆に外れることが可能。


多数の分岐ルート、ループや一定リングを集めると通れる「リングゲート」など様々な仕掛けが存在。それらを探索、発見する楽しみがある。

隠しキャラを出す・真エンディングを見るには隠されたコイン・エメラルドを全て集め、かつ1位でゴールする必要がある。


マリオカートみたいに気軽に遊べるパーティゲー、だと思ったら大間違い。
コミカルでとっつきやすい見た目に反し、後述するように悪い意味でセガらしい硬派な仕上がり。


グラフィックはサターンの最先端。
・半透明処理:サターンなのにメッシュじゃない
・環境マッピング:モデルの表面に周囲の背景等が映り込む
・グローシェーディング:隣接するポリゴンとの明度変化を滑らかに
いずれもサターンソフトでは珍しい。

■登場キャラ

ソニック、テイルス、ナックルズ、エミー、エッグマン。
(隠しキャラ)
メタルソニック、メタルナックルズ、エッグマンロボ、テイルスドール、スーパーソニック。

最高速、旋回性能などキャラごとに基本性能が異なる。
ソニックのスピンダッシュやテイルスの飛行など、それぞれの特殊能力を活かしたスペシャルアクションを持つ。

■ボーカルBGM
ボーカル部分だけ削除される予定だったが、発注ミスによりボーカル入りになったらしい。
しかしTJ.デイビス氏が熱唱する楽曲の出来が良いので結果オーライ。今ではゲームのメインコンテンツがBGMみたいな扱い。
ディスク版サントラは1万円超えのプレミア値。

 

爽快感とは真逆

操作性


ピーキーで慣性が強い。DC「ソニックアドベンチャー」みたいな感じ。
アクションゲームでもしんどいあの挙動でレースをやるんだから、操作性が良いわけがない。
直線すらまともに走れない。1レースで左手親指がつりそう。


地形にキャラが引っ掛かると一気にスローダウン。ガガガガ、と引っかかって全然進めない。
やたら邪魔な場所に置いてある看板や柱などの障害物に当たりやすいのもストレス。

慣れるとスムーズに走れるようになる面白味はある。
しかしそれは爽快感とはかけ離れたマゾい面白さ。

コース


レースゲームなのに道に迷う。
もはやコースといえるのかも疑問なほどショートカットがフリーダム。コースの体をなしてない。
ルートが分かりづらい。自分が逆走してることにも気づかないほど。
行けそうで行けない見えない壁もある。「そこは行けるのにここはダメなんかい!」みたいな。
「リーガルルーイン」はもう作りがゴチャゴチャでわけがわからない。


リングゲートは必要リング20・50の2種類。
ここにコイン・エメラルドがあったり、大幅なショートカットになってる。

リングが置いてあるラインをなぞるのが難しく、まとまったリングが貰えるアイテムも判定がシビアで取りにくい。
普通に走ると50も集まらないため、操作性と悪戦苦闘しながらリング集めに奔走するハメになる。
ワープ(通るとダッシュする床)を使うと大量のリングを消費するという罠。

 

おわりに


フィールドを探索するアクション要素と、レースで順位を競う要素がどっちつかず。互いの良さを潰し合ってる。
操作性、コースレイアウトにも遊びやすくする配慮があまりにも足りない。

アクション・レースの融合という斬新な試みの作品だったが、
後にアクション要素は「ソニックアドベンチャー」に、レース要素は「ソニック&オールスターレーシング」へ無事、分離するのだった。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-レース, SS

執筆者:

関連記事

セガラリーチャンピオンシップ【感想/評価】ラリーゲーの革命 ゲームならではの面白さ

もくじ1 はじめに1.1 初の本格ラリーゲー1.2 完璧な移植2 チャンピオンシップモード1位を目指す2.1 初級「DESERT」2.2 中級「FOREST」2.3 上級「MOUNTAIN」2.4 超 …

湾岸デッドヒート+リアルアレンジ【感想/評価】実写ギャルゲーのオマケ

もくじ1 湾岸デッドヒートとは:実写ギャルゲー2 まとめ:レースゲームがオマケでついてきた 湾岸デッドヒートとは:実写ギャルゲー 湾岸デッドヒートとは、助手席にギャルを乗せて公道を走るレースゲームです …

【バーチャロン】攻略/感想/評価:革命的ロボゲー

サターン版発売当時、アーケードのことなんて全然知らないけどとりあえず購入。サターンマガジンのスクショ見るだけで買わざるを得ない魅力があった。 しかし人と対戦した覚えがない。地元のみんなサターンをシカト …

【デイトナUSA】レビュー/評価/攻略:劣化移植でもハーフミリオンの大ヒット

画像はSS版。 もくじ1 はじめに1.1 絶妙なゲームアレンジ1.2 歌うBGM2 サターン版の特徴2.1 劣化2.2 追加要素3 おわりに はじめに アメリカでメジャーなカーレース「NASCAR」が …

F-1ライブインフォメーション【評価/攻略】その発想は無かった!雰囲気グランプリ

もくじ1 F-1ライブインフォメーションとは1.1 実況解説でフジテレビのTV中継を再現1.2 1995年の雰囲気を味わえるチーム・コース2 コースは見るものではなく感じるもの!3 まとめ:雰囲気グラ …