ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

SS

【花組対戦コラムス】レビュー/評価/攻略:コラムスは楽しいし、さくらちゃんは可愛いし、満足

投稿日:2018-11-10 更新日:




はじめに


「サクラ大戦」をモチーフにした対戦形式の「コラムス」。
「サクラ2」発売前なので時系列は「1」。

本編:【サクラ大戦1&2】

・コラムスとは
1990年、セガがアーケードで出した落ち物パズル。
宝石が3個1組で落ちてくる。これを順番を変えて配置していく。向きは変更できない。
同色3個以上で消える。連鎖もあり。斜め消しも可。
宝石がキラキラと綺麗なので女性人気が高かったらしい。
「テトリス」「ぷよぷよ」に挟まれてマイナーな存在になってしまったが、面白さ・奥深さは引けを取らない。

 

モード


「シンデレラモード」
花組6人(+α)がそれぞれ帝劇特別公演シンデレラのヒロイン役を目指してコラムスで戦う。
俺の嫁、真宮寺さくらちゃんをシンデレラにするため、無限にモチベーションが湧いてくるぜ。この道を阻むものはたとえ相手が花組であろうと敵!


「ストーリーモード」
キャラごとに異なるストーリー。本編の一部のように良い出来。
選択肢によって信頼度が増減し、信頼度はコラムス対戦時の戦闘力に影響する。


「パズルモード」

出題数は50種類以上。

 

システム


宝石を消すと気合いゲージ(画面中央)が増加。連鎖消し・同時消しで大きく増える。
一定まで溜まるとサクラ大戦特有の「LIPS」っぽいウィンドウが開く。ここで「攻撃・防御・ためる」を選択。

・攻撃:相手フィールドに「時宝石」を落とす
・防御:自分フィールドの下から数段分の宝石を消す
・ためる:現在のレベルを維持して次回のレベルを上げる
・魔法石(LV3専用):魔法石(同色の宝石を一斉に消す)を落とす


「時宝石」
色とサイコロ目のような「カウント」を持つ。
レベルやキャラによって相手に落とす時宝石のカウント数は異なる。
隣で宝石を消したり宝石を落とす毎にカウントが減る。カウントが0になると同色の宝石に変化。うまくいくと連鎖につながって大爆発。

ぷよぷよの「おじゃまぷよ」やテトリスの石ブロックと違い、時宝石が溜まった状態はピンチと同時にチャンスでもある。
中途半端に相手に送ると攻撃・回復機会を与えて逆効果になることが多い。

対戦パズル:【テトリス武闘外伝】


キャラごとに攻撃重視、防御重視などの特徴がある。


背景が頻繁に切り替わるので盤面が見にくい。
それより、さくらちゃんに目移りして操作が疎かになる。


こ、これは・・・もはや対戦どころではない!


ボイスつき。「あたし頑張ります!」などよく喋る。
鼻歌の「らんらんらん♪」が可愛すぎ。ピンチ時は「助けて大神さぁ~ん!」。
うっとりしてしまい、やはり操作が疎かになる。


ごめんよ、さくら。俺のコラムス力が足りないから(泣)。

 

おわりに


エンディングは「1」と同じ名曲「花咲く乙女」。この曲を聴けただけで頑張った甲斐があるってもの。

ウィンドウ操作の前後でもったりしてテンポが悪いのが少々気になる。
素材は「1」の流用が多いし、本編に比べれば演出のゴージャス感は無い。
でもコラムスは楽しいし、さくらちゃんは可愛いし、満足。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-SS

執筆者:

関連記事

Dの食卓【レビュー/評価/攻略】奇才、飯野賢治が生み出した「インタラクティブ・シネマ」

もくじ1 インタラクティブシネマ2 斬新なシステム2.1 時間制限(リアル2時間)2.2 セーブ機能がない2.3 シネマティックな操作性3 いざ親父の精神世界へ3.1 前半3.2 後半4 おわりに イ …

【STCC セガツーリングカーチャンピオンシップ】レビュー/評価/攻略:触ってすぐにわかる「あ、これパッドで無理なやつだ」感 移植で大幅劣化

画像は全てSS版。 もくじ1 はじめに1.1 アーケードに現れた「本物」のレースゲー2 サターン版は色んな意味で難易度アップ3 おわりに はじめに 元は「MODEL2」基板のアーケードゲーム。 手がけ …

【デッドオアアライブ】攻略/感想/評価:お色気3Dの開拓者 中身は本格派格ゲー

AC、SS、PS版それぞれに特徴があるので個別にレビュー。 次作→【デッドオアアライブ2】 もくじ1 AC版1.1 システム2 SS版3 PS版 AC版 初めてセガ以外の会社がMODEL2基板を使用。 …

【天外魔境 第四の黙示録】レビュー/評価/攻略:2Dグラフィックの極地へ突き進んだRPG

当時、SSには他にめぼしいRPGが無かったので何周もした作品。周回要素なんて何一つ無いのに。 今回はPSP版でプレイ。 もくじ1 本作の特徴1.1 間違ったアメリカ1.2 2D表現の極地1.3 大物声 …

パンツァードラグーン【レビュー/評価】ツヴァイのバーサクが欲しい!

祝!リメイク決定!楽しみですね! と言ったものの、実は僕、一作目をプレイしたことが無いんです。 そこで、オリジナルのサターン版を遊んでみました。 まずパンツァードラグーンシリーズについて簡単に紹介して …