ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

アクション PS1 SS

ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説【感想/評価】DBならなんでも売れる! 当時の原作人気を証明

投稿日:2018-03-31 更新日:








偉大なるドラゴンボール伝説とは

ポルンガが登場するオープニング。ワクワク感が良いですね~

当時、サターン版を繰り返しクリアした。思い入れのある作品です。

 

画期的な多人数バトル

3対3、最大6人が入り乱れる多人数バトル!

1対3なども可能。1人以外はCPUが勝手に戦います。

 

さっそく残念なお知らせですが、本作は出来の良いゲームではありません。

フィールドは3D、キャラは2D。
どちらも粗い、スーファミより粗い。

操作性も悪いです。
アニメ枚数が少なくて動きがぎこちなく、ゲーム性は2Dなのに上下で前後移動というのがしっくりきません。
キャラを動かした直後に買ったことを後悔するほどフィーリングが悪い。

BGMにはアニメのような熱さ・緊張感がありません。
どんなゲームでも使えそうなほど印象が薄くて盛り上がりに欠けます。

ちなみに、SS版の方が背景、アニメ枚数、SEなど微妙に出来が良いらしいです。

 

本当に画期的なのはこの、バトル中にセレクトを押したときの画面。
なんとオートで戦ってくれます。その間、原作に沿った台詞を喋ってくれる。

放置すれば全員オートでクリア可能。
これが本当のムービーゲー。

 

割り切った戦闘システム

攻撃方法は「殴る、気弾」の2種類のみ。
どちらも気力が必要で、気力が尽きるとヘトヘトになります。

 

このゲーム、通常攻撃ではダメージが入りません。

ではどうやって相手を倒すのかというと、

・攻撃すると画面下メーター(青・赤)が自分の方に傾く
・端まで振り切れると自動で必殺技が発動
・必殺技一発で体力が2~5割減る

つまり、頑張ってボコボコ殴り続けてメーターを傾け、自動発動の必殺技を数発当てて倒します。ええ、単調です。

 

アニメの引き伸ばしを再現するようにたっぷり間をとる「ウスノロ…」

必殺技デモがずっとフリーズしてんのかってぐらい長い。しかも地味。
3、4回撃ってようやく1人倒せるので繰り返し見るハメになります。相手が3人なら当然手間も3倍。凄まじい作業感です。

 

必殺技の演出は様々だけどダメージが違うだけ。
キャラは30人以上と多いけど、どのキャラを使ってもやることは同じ。
技のモーションに大差は無く、固有技も無い。キャラの特色は無いに等しいです。

 

Zキャンペーンモード

原作に沿って闘う本作のメインモード。
てか、これしかやることがない。

ゲーム部分は前述の通りク◯ゲーだけど、原作再現という意味では見どころがあります。

ステージ前デモの「世界の命運をかけた戦いが始まる!」的な煽りがいい感じ。

「Zランク」を溜めるのが一応の目標になります。

■Zランクとは
原作に沿った条件が複数あり、1ステージ最高100ポイント貰える。
クリア時450ポイント以上ならスペシャルエンディング。

条件を満たすには、わざとやられたりする必要があるので面倒。

ちなみに「1対1で闘う」といった人数縛りは条件下でしばらく戦えば良いので、その後のキャラ入れ替えは自由です。

 

グルド→リクーム→バータ&ジース→ギニューと原作通りに登場。
対するこちらも原作の展開に合わせてキャラを出しましょう。

 

いきなり最終形態のフリーザ様。
ギニュー特戦隊は完全再現なのに、フリーザ様の変身は大胆にカット。

 

人造人間編からはだんだん金髪が増えて、性能だけでなく見た目にも個性が無くなります。

 

当時は最後のベジットを使うのが楽しみで周回していました。

ベジットといえば、ドラゴンボール超の超サイヤ人ブルーベジットの強さが微妙でガッカリでしたね~
「こ、この力は…!」と大神官がビビるぐらいの強さが見たかった。

 

最後の相手は原作と同じく純粋ブウ。

「超3悟空でダメージを受けてノーマル悟空にして、かめはめ波ではなく元気玉で倒す」
という面倒な手順を踏んでZランク獲得。

 

まとめ:原作人気を証明

あらためてプレイすると悪い意味で想像以上でした。

今の時代、本作レベルの作品がフルプライスで発売されたら軽い事件になる。

これでもPS、SS合わせて売上30万本以上。国内でゼノバース2並に売れています。

「当時、なんでこんなゲームを買ったんだろう」と考えたところ、
「小学生だからバカだった」というのが第一ですが、連載終了から日がたっておらずドラゴンボール熱が冷めていなかったのが大きいです。

・連載終了:1995/5
・アニメ最終回:1996/1/31
・本作発売:1996/5/31

30代半ばぐらいの方ならわかると思いますが、ドラゴンボールのゲームならなんでも買うのが当然でした。
しかも1996年はドラゴンボールGT放送中。どんなゲームを出しでも売れる。作り込む必要なんてない。

ゲームの出来の悪さは原作人気の証明といえます。

 







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS1, SS
-

執筆者:

関連記事

【デイトナUSA】レビュー/評価/攻略:劣化移植でもハーフミリオンの大ヒット

画像はSS版。 もくじ1 はじめに1.1 絶妙なゲームアレンジ1.2 歌うBGM2 サターン版の特徴2.1 劣化2.2 追加要素3 おわりに はじめに アメリカでメジャーなカーレース「NASCAR」が …

ボンバーマンワールド【評価/レビュー】斜めにズラしただけでこの遊びづらさ

サターンにはサターンボンバーマンという傑作がある。 ではPSには何がある? ボンバーマンワールドがある。 もくじ1 斜め視点の次世代型ボンバーマン2 斜めにズラしただけでこの遊びづらさ2.1 操作がも …

New ガンダムブレイカー【攻略/評価】何をやってるのかがわからない謎ゲーム

「ガンプラを作って動かす」のが面白い「ガンダムブレイカー」シリーズの4作目。 3作かけて作り込んだシステムをぶん投げ、全体的に新しく生まれ変わったのが特徴。 そのためタイトルはナンバリングの「4」では …

ドラゴンボールZ【評価/感想】アニメ完全再現の人形劇

もくじ1 ドラゴンボールZの特徴1.1 PS2・DBゲーの初作1.2 アニメを完全再現1.3 ifストーリー2 バトルが地味2.1 ボコボコ殴るだけ2.2 変身が面倒2.3 AIの出来が悪い3 まとめ …

ライズオブザトゥームレイダー【レビュー/評価】前作から正統進化 DLC全部入りでボリューム満点

シリーズをリブートした前作「Tomb Raider」(2013年)の続編。シリーズ第11作目。 2016年発売のPS4版はシリーズ20周年記念盤「20 Year Celebration」。 DLC・追 …