ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

対戦格闘 PS1 SS

FIST【感想/評価】ゲームにフィストを撃ち込みたくなる伝説のグラフィック

投稿日:





どうも、良ゲーからクソゲーまで楽しむ雑食性のヤギです。

サターン屈指のクソゲーと噂の「FIST」をプレイ。

結論をいうと、ゲームにフィストを撃ち込みたい気分になりました。



伝説の美少女3D格闘

美少女3D格闘ゲーム。

1996/11/22、SS版・PS版同時発売。
初回限定版にはドラマCD付属。

美少女3D格闘といえば「デッドオアアライブ(DOA)」ですよね。
AC版DOAは1996/10月稼動なので本作が後発。でもサターン版DOAは1997/10/9発売なので、家庭用では1年先取っています。

 

パッケージイラストは凄く魅力的。
ゲーム中の一枚絵も魅力的。
しかし、

・パケ絵
・一枚絵とアニメ
・ポリゴンキャラ

この3者に全く統一感がありません。

特にポリゴンキャラの仕上がりは悪い意味で伝説になっています。

 

驚愕のグラフィック

3Dポリゴンキャラはこれ!
一枚絵の面影がありません。

 

開発は後にドリキャスへのバーチャ3移植を手掛ける元気。
ですが、この当時はまだ技術力が足りないようです。

SS版はPS版より定価が1,000円高いにも関わらず、さらに粗い。

 

元気が手掛けたバーチャ3完全移植?

 

茶色いニセミッキーマウスのような着ぐるみの「土月真澄」。
小学生が段ボールで作ったような安っぽさが強烈です。

 

顔がみんな同じ。
というか、顔と判別できません。

胴体の上にあるからなんとなく「これが顔かな?」と判断している状態。

 

体は人体のプロポーションを再現する気がありません。

粗いのはともかく、アニメテイストのデザインを作り込み不十分な3Dポリゴンで起こしているため説得力に欠ける造形です。手はドラえもん。

 

モーションにもキャラごとの個性がありません。
みんなテキトーに殴る蹴るだけ。

バーチャのように本格的な武術の動きを取り入れないと動きの説得力に欠けます。

 

どこで戦ってんねん!

キャラも凄いけど背景も凄い。
かなたに広がる地平線。何もありません。
中景を描けないのは仕方ないとして、手前の地面ぐらいもうちょっと描いてくれよと。

 

オープニングムービーやエンディングなどに挿入される一枚絵は良い出来です。
オープニングにはアニメーターを6人も使っているとのこと。

しかしアニメ、絵、声優が豪華な分、プレイヤーは3Dモデルとのギャップに苦しむことになります。

 

オプションモードではカメラを自由に動かし回転・拡大縮小できます。
スカートの中も制限なしでのぞき放題。

しかしこのポリゴンキャラにパンチラされても嬉しくない。
(といいつつ、ちょっと嬉しいのが悔しい)

 

ビジュアルのインパクトで隠れていますが格ゲーとしても当然、酷い。

まずレスポンスの悪さが致命的。
もっさりモーション、手応えのなさ、不自然に浮く空中コンボ、どれをとっても酷い。

 

今さらですが、美少女が売りなのにキャラにムサい男が2人混ざっているのも気になります。

 

まとめ

僕は以前、

「PSやサターンのゲームはポリゴンが粗くて未熟といわれがちですが、アレが良いんですよね。
写実的じゃないから想像力が膨らむ、粗いから脳内補完できる。今のゲームには無いロマンが詰まっています。
例えばゴッホやモネの絵は面白いじゃないですか。それと同じなのです。」

とツイートしました。
しかし、さすがに本作はいただけません。

粗いのは良いけど、作り込みが足りないのはダメなんです。

ネタとして遊ぶのはアリですね。30分ぐらいは笑えます。
あとは煮るなり焼くなりフリスビーにするなり、ディスクにフィストを食らわせるなり好きにしてください。

 

本作と同じハードで作ったと思えないSS版DOA。
ガチで遊ぶならこちら。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-対戦格闘, PS1, SS

執筆者:

関連記事

チョロQ3【レビュー/評価/攻略】「3つの100」でボリュームアップ!タムソフト製チョロQの決定版

もくじ1 「3つの100」でボリュームアップ!2 チョロQシティ3 「グランプリをめざす」攻略3.1 攻略手順3.2 一部のコースが激ムズっ!3.3 コース紹介4 おわりに 「3つの100」でボリュー …

【サターンボンバーマン】レビュー/評価/攻略:2Dボンバーマンの傑作 唯一無二の10人対戦

もくじ1 はじめに1.1 演出強化1.2 唯一無二の10人対戦2 ストーリーモード2.1 ワールド1「ヒゲヒゲランド」2.2 ワールド2「マゲマゲワールド」2.3 ワールド3「ガンマンワールド」2.4 …

新スーパーロボット対戦【評価/レビュー】超豪華なドット絵だが地上・宇宙編2分割がもったいない

もくじ1 新スーパーロボット対戦とは1.1 リアル頭身のスパロボ1.2 ドット絵のクオリティが凄い!2 難点3 まとめ 新スーパーロボット対戦とは リアル頭身のスパロボ リアル頭身のドット絵が大迫力! …

ソルディバイド【感想/評価】寺克デザインの美麗グラフィックでRPG要素のある横スクロールSTG

どうも!寺田克也ファンのヤギです。 突然ですが 「寺克デザインの美麗グラフィックでRPG要素のある横スクロールSTG」 という夢のようなゲームが存在するのをご存知でしょうか。 それがソルディバイド。 …

エネミー・ゼロ【評価/レビュー】飯野賢治さんがやらかした事件が有名な激難ゲー

プレイしたことが無い方も名前だけは聞いたことがあるはず。 発売にまつわるエピソードが有名な一方、ゲームの内容についてはあまり語られることが無い作品です。 というのもこのゲーム、難しすぎてまともにプレイ …