ヤギ雑記ブログ

30代在宅イラストレーター男がゲーム・映画・本を語ります

雑記

好きな曲「miss you」(m-flo)について語る

投稿日:2020-10-20 更新日:

B0000CD8G9

どうも、19歳でm-floに魅了されたまま30代半ばになったヤギです。
当記事は、好きな曲「miss you」(m-flo)について思い出話を絡めつつ語るだけの記事です。

 

僕にとって、音楽の用途は作業時間の暇潰し。
好きな曲は色々あるけど、個別のアーティストを追うことは少ないです。

そんな僕が唯一ハマったアーティストがm-flo。

そしてm-floの最高傑作を問われたら迷わず「miss you」と答えます。
それどころか、m-flo に限らず僕のベストワンがmiss you。

LISAが抜けてコラボシリーズ 「loves」が始まった2003~2005年、アルバム「ASTROMANTIC」「BEAT SPACE NINE」の流れは神がかっています。
中でも大ボスといえるのがmiss you。当時のライブはmiss youが大トリです。
m-floはmiss youで「come agein」を超えた 。
(ちなみに、miss youのライブ映像は「COSMICOLOR」(横浜アリーナ)のが好き。)

 

どんな曲かと問われたら、返答に困ります。
歌詞をよく見れば、カップルが口喧嘩しているだけ。
なのに曲が生み出す世界観は宇宙。まるで銀河鉄道のように宇宙を旅する気分になります。
僕は音楽について詳しくないので、とにかく凄いとしか言いようが無い。

 

素人なりに凄さを語ると、まず☆Takuのサウンドが凄い。

音の一つ一つが宝石のように美しい。
DJや打ち込み音楽は持っている「音」で差がつく、という話を聞いたことがあります。
miss youを聞けば納得です。

miss youの音を使えば、どんなボーカルを合わせてもそれっぽい質感になります。
ニコ動発の、Perfumeのボーカルを合わせた mod動画「幾三 cruising Love」は今もたまに観る。

その☆Takuサウンドに乗せてボーカル2人、melody. と山本領平の魅力が限界突破。

2009年、ハリウッド俳優・MIYAVIと結婚したmelody.は2003年当時21歳。
若さあふれる神々しい美しさで、ライブでは腰フリで見るものを悩殺します。

LISAを思わせつつ違う味を持つ女性ボーカルを、格好いいトレンディエンジェル斎藤さんこと山本領平がブースト。
m-flo+メロディアスな女性ボーカルに合わせるなら、これ以外に無いというドンピシャな歌声です。

 

Wikipediaによると、
「日本にもアメリカにもそれまでなかった、アッポテンポなトラックにスウィートな男性ヴォーカリストとスウィートな女性ヴォーカリストのデュエット + ラップという新たな形を打ち出した楽曲である」
とのこと。

たしかにこんな曲は聞いたことが無いし、miss you後も同じような曲が無い。
(強いていうなら、BENNIE K 「a love story / with SEAMO」が一番近いと思う。)

 

残念ながら、どんなに良い曲も何度も聞けば飽きるものです。
良い曲ほどヘビーローテするから早く飽きる。

でもmiss youだけは何度リピートしても飽きません。

そんな曲はmiss youだけ。これはもう、何かしらの奇跡が起きちゃったと考えるしかない。

僕は19歳のときmiss youをソニーストアからWebMoneyでDL購入しました。
ソニーの音楽アプリ「SonicStage」が全てにおいてクソすぎてそのデータは消えたけど、曲は今でもずっとリピートしています。

 

僕は美大卒です。
思えば、この曲で受けた感動に近づくために大学でよくわかんない抽象画を描いていた気がする。

大学在学中、miss youを焼いたCDをズボンのポケットからおもむろに取り出し「この曲良いんだぜ」と彼女にプレゼントしたことがあります。
彼女いわく、ポケットから裸のCDが出てくる光景が衝撃的だったらしい。

大学在学中は原付きに乗っていました。
深夜よく、大声でmiss youを歌いながら誰もいない山道を原付きで走ったのが良い思い出。
たまに工事の交通整理で警備員がいて、白い目で見られたのは苦い思い出。

山道では1人3役で歌います。
melody. パートは裏声で再現、VERBALパートも反復練習して再現。
普通に歌唱力が問われる山本領平パートが一番再現しにくかった。

大学で1人だけ、miss youを歌える女性に出会って一回だけ一緒に歌えたのも良い思い出。
その人は留学経験があって英語話せるから、英語部分を歌うのが恥ずかしかったなぁ~。
一応、僕の山本領平は「似てる!」と評判でした。

あと、携帯のメルアドを「the Love Bug」(m-flo loves BoA) の歌詞を引用して「soft and sweet yagi@~」にした時期があります。知り合いの間でネタになったのは確実でしょう。

 

そんな思い出話はどうでもいいとして、miss youはPVも格好いい。

登場人物はメンバーの4人のみ。
白い部屋で常にカメラが右に流れ4人が絶え間なくフレームインするだけという割り切ったPV。
派手なCGも無くあまりお金をかけていない感。

ところがこの格好良さはどうよ。

映像的な起承転結をあえて薄くし、カメラが一定速度で右に動き続ける中で心地よく4人の「画」がリズムを奏でる。
そう、これはまるで音楽のような構成。

つまり「come again」PVのような曲のイメージ映像ではなく、音の映像化。
無限リピート可能なmiss youを体現したようなPVなのです。

PVの最後は、曲の途中でVERBALが消灯して終わります。
消灯しないと無限リピートしちゃうからこの終わり方しかないよね、と納得。

曲といいPVといい、2020年に観ると「17年経っても本当に良いものは良い」と痛感させられます。

 

ちなみに、miss youのカップリング曲はケミストリーとコラボした「Astrosexy」。
カップリングまで神曲だからもうどうしようもない。

 

m-floはLISA離脱以降、色んなアーティストとコラボして色んなコラボ神曲を生み出しました。

どの曲にも共通するのは、コラボするアーティストの魅力を最大限に引き出していること。

コラボ曲がしっくりきすぎて、僕の中でコラボアーティストの代表曲が全部「m-flo loves」になってる。
melody. はmiss you、 BoAは「the Love Bug」、Soweluは「SO EXCLUSIVE」、日之内エミは「Summer Time Love」。

VERBALは 「Loves シリーズにおいて『miss you』が毎回ヒントとなっており、一つの基準になっていた」と述べています。

コラボシリーズ初期にmiss youが圧倒的クオリティーで基準を引き上げた結果、後に多数のコラボ神曲が生まれたといえます。

コラボしたアーティスト達は、今は若い方でも40代前後。
年齢を見ると、センスと若さがまぶしいほどに輝くあの「loves」はもう戻らないんだなと実感します。
でも輝きを詰め込んだ曲は永遠に輝き続ける。

 

YouTubeかなにかで観たmiss youのPVかライブ動画に「この曲がミリオン売れない日本は終わってる」というコメントがついていました。
同感です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-雑記

執筆者:

関連記事

no image

きわどいつぶやきを隔離する記事 (裏垢)

政治ネタや不平不満をつぶやくとツイッターのタイムラインが汚れる。 かといって、外に出さないとストレスが溜まる。 なので、際どいつぶやきを当記事に隔離します。 文句ばかり言うので、ポジティブ思考を心がけ …

レジ袋がほんま腹立つ

レジ袋がほんま腹立つ、って話をする。 当記事、特に主張は無い。 ストレスを消化するために書いた。 共感できる方に、心の中で頷いてもらえたら本望だ。 ・環境問題に対してどの程度効果があるか ・そもそも、 …

バチェロレッテの感想 (ネタバレあり):スギちゃんでバチェラーやろう

もくじ1 バチェロレッテを観た2 バチェロレッテは女にモテる女3 スギちゃん、疑ってすんません4 選ばないという選択 バチェロレッテを観た ©2020 Warner Bros. Internation …

no image

騒音の抗議文を作った→ライティングの極意を会得した

騒音の抗議文を作った→ライティングの極意を会得した 下の階に音楽うるせー住人がいるので、抗議の手紙を出しました。 結果、ライティングの極意を会得しました。 なぜそんなことになったのか、理由を説明します …

コロナについてよくわかんないから情報をまとめていく

コロナに関してはよくわからないんですよ。 僕はどちらかというとネトウヨと呼ばれる方だけど、今回は保守系論客にも「正気ですか?」と思うことが多い。信頼のおける論客2人の意見が真反対なこともある。 頭がモ …