ヤギゲームブログ

30代自称在宅イラストレーター男がちょっと深掘りして紹介する最新ゲーム&思い出のレトロゲーム

ゲーム攻略

ソウルキャリバー6【攻略】アスタロス 誰でもできる簡単攻略

投稿日:2019-02-17 更新日:






アスタロスのRP16000超えたぞー!

世界(東アジア、日本、アメリカ)で136位のアスタになったぞー!(笑

ここでひとまず、自分が考えた勝つための作戦、技や立ち回りといった攻略法を過去に書いた分とまとめて紹介します。

「キャリバー初心者なので何すりゃ良いのかわからない」
「アスタロス触ってみたけど、このキャラ使いづらくね?」

と困っている方へ向けた限界ギリギリの簡単攻略。
本記事をザックリ読むだけであなたも立派なアスタロス使いになれます!(勝てるとは言ってない)



アスタロスは初心者にもおすすめ

どう見てもクセが強いキャラですが、アスタロス(アスタ)は意外と初心者の方にもおすすめです。

というのも、
1発1発のリスク・リターンがはっきりしており、連打するだけで勝てるような連携が無い。
そのため、おのずと「ここはこうして、この後はこれ撃って…」と状況に応じた使い分けを考えるようになる。

乱舞みたいなゴリ押し連携でごまかせないため、より早く対人戦の面白さにたどり着けます。

 

また、アスタはトレーニングモード(トレモ)で練習することが少ない。

もちろんレベルによりますが、初心者に限ればコンボや連携の練習はほぼ必要ありません。
だから早く対戦の経験値を積めるし、早く基本システムの理解も深まります。

例えば、ナイトメアなら特殊構えのつながり、グリム派生の状況判断など、トレモ必須な練習項目が多いですよね。
技ひとつとっても、寄られないように6AAの1段・2段止め・構え移行などを使い分けるのが大変。

その点、アスタは楽ですよ。
択をかける動きさえ覚えればトレモ不要!(←言い過ぎ)

 

僕は、特殊構えを駆使するようなキャラはよほど好みに合わない限り使いません。だって練習がめんどくさいじゃないですか。
対戦格闘なんだからなるべく早く対戦したい。トレモで練習する時間は最小限にしたい。

 

トレモに引きこもりたくない理由は他にもあります。
自分も含めて初心者にありがちなのは、

トレモでがっつり練習
→いざ実戦に出てみるとまるで動けなくてボロ負け
→時間がムダになったような気がして萎えて辞めちゃう

こんなパターン。早く実戦に出せればそれも防げます。

 

ここまで語ってきたように、アスタは最低限の練習量で対戦できるから初心者の方にもおすすめ。

とはいえ、アスタを使ってるとキツいと思う場面はありますよ。

御剣2Aのような使い勝手の良い小技が無いので守りが安定せず一方的にボコボコにされることも。
実際、僕もアスタを使い始めた頃は「このキャラどうやって勝つんだ?」と思ってましたから。

でもこれから紹介する攻略法を使えばアスタの高いキャラ性能を実感できます。
太い択を通したり、相手の攻めをしのいでからワンチャンスで逆転する気持ちよさは格別。
ぜひ実践してみてください。

 

限界ギリギリの簡単攻略

コンボはこれだけ覚えればOKです。

・後コマ投げ/11BK
・11BK/背向けB+K/22B
・6Bカウンター/22K/11BK
・4Aカウンター/44K/44B
・6Kカウンター/3投げ

ね?簡単でしょ?

44などの数字はレバー入力で、テンキーに対応しています。
意味がわからない方はググってみてください。

では立ち回りについて説明していきますね。

 

間合い戦(当て・スカ・置き)

開幕前、相手の攻めっ気を感じたら最速で6Bを撃ちます。
とりあえず相手を前に出づらくさせたいので。ビビらせるために決め打ちで撃ってもOK。
6Bを見せておかないと前にガンガン攻められちゃいます。

 

距離をとったらシャカシャカと前後・横に動いてみましょう。

後・横に動いているときは11Bや44A、前なら66Aを準備します。

というのもこのゲーム、合理的なコマンドになっているので、移動方向に対して素直に入力すれば適した技が出ます。
例えば、11Bは「スカ」に向いてるし、66Aは「当て」に向いてる。

格ゲーの3すくみとは「スカ・当て・置き」です。
詳しくは省きますが、対戦でよく言われる「差し合い」や「立ち回り」といった話はこの3すくみを元にしています。
3すくみを本当に理解して実践できているなら、あなたは初心者ではありません。よって本記事を見る必要もありません(笑

 

色々言いましたが、まずは11Bだけ狙えばOK。この技強いです。

いかにも横移動で11Bスカを狙ってるような相手には前ダッシュでさっさと接近し、後述する択をかけます。
遠くから2A+Bの先端を引っかけたり、1Aで足元をすくうのもたまにはアリ。

 

相手に攻めっ気があり、11Bは振れないしコマ投げにもいけない…
そんなときは6A・6Bの2つをバリアを張るように振っていきます。

6Aは横振りでリーチ・発生・隙少ない、と三拍子揃った強技。
横移動にカウンターで入るとしゃがみ投げがコンボになるのでリターンも高い。
これだけ高性能だから当然、上段技。しゃがみ属性技には弱いです。

そこで6Bをセットにして中段をカバー。
こちらも当てれば間合いが離れて隙が少なく、カウンターでコンボが入り、11Bk締めから起き攻めできるのでリターンが大きいです。

 

色々技を振って警戒させて、相手が待ちの姿勢になったらアスタの醍醐味であるコマ投げにいきましょう。

 

コマ投げと中段で択る!

アスタのコマ投げはリーチが長い!
横斬り感覚であらゆる場面で狙えます。

「普通のキャラならここで横斬り使うなー」
ってところに組み込んでいくと良い動きになります。
横移動で様子見中に撃つとか、相手の横移動に合わせるとか。これが相手からすると嫌~な動きなんです。

 

投げは上段なので中段技と択にして使うのですが、アスタの中段は良い技がありません。
4Bや66Kで細かく刻んでもリスク・リターンが悪い。
1回ガードされただけで密着不利というアスタにとっては厳しい状態になってしまう。

そこで、しゃがみ投げの出番です。
リーチ長いし横にも強い。立っても投げられ、しゃがんでも投げられ。相手はもうウンザリ。

前ダッシュから雑にいくなら66Aも使えます。
66Aは横斬り中段なので逃げ場が無いし、カウンターで派生B確定の大ダメージ。
1段目ヒット確認できないのでリスク大※ですが、受ける方にとっては嫌な択です。

あとはコマ投げのタイミングずらし
投げを避ける相手は雰囲気で屈伸しています。なので投げのタイミングを少しずらせば入るんです。
この辺の感覚は要慣れなので、対戦が煮詰まってきたら試してみてください。

 

※66Aの応用編
1段目をガードした相手はガードバックでちょうど投げ間合い。そして2段目を横に避けようとします。
そのため、あえて1段目をガードさせて投げを撃つと上手く入ります。お試しあれ。

 

守り

アスタは他キャラでいう2Aのような使い勝手のいい小技が無いので守りに不安があります。
相手の動きに合わせて対応し、共通システムを活かして返しましょう。
まあキャリバーは攻めが熾烈なのでどのキャラを使ってもダメなときはダメです(笑

 

とりあえず覚えるのは以下の3種類。

・6K(ヒザ)で割り込み
・縦斬りが読めたら横移動22B
・横斬りにはしゃがみ3K

さらに、

・投げ、下段の崩しにはリバーサルエッジ(RE)
・「ガード後の反撃を誘って横移動」みたいな動きにはコマ投げ、4AA。

の2つができたら準備はOK。

 

見え見えの連携や「もうどうしようもない!」ってときはガードインパクト(GI)の出番。
ですが、初心者のうちにGIに頼ると防御が上手くならないので控えめにした方が良いかと。

REは単発の崩しに有効。
Bがリング中央からリングアウトを狙えるぐらいヤバい性能です。
なので相手はKを優先してくる、と読んでAを優先すると勝率が高いような気が。
まあこのシステム自体あまり好きじゃないし、結局ジャンケンだから深く考えていません。

 

ガッツリとダメージを取る簡単起き攻め

起き攻めでガッツリとダメージを取るのもアスタの醍醐味です。

コマ投げと22Bの2択がお手軽で強力。
ねっぱなしに22Bが刺さるので相手は起きざるを得ない。そこにコマ投げが重なるって仕組みです。

前ダッシュから両方スムーズに出せるようにしたいですね。
慣れないうちはコマ投げがリベンジ投げやしゃがみ投げに化けます。
コマンドを分割したり、色々やってみて自分なりに安定する方法を探しましょう。

実際はコンボの11Bk締めや、しゃがみ投げから密着状態で起き攻めを仕掛けることが多いです。
この場合、横移動でじらしながらの二択になります。

 

コマ投げ・22B択は強力ですが、単発なのでREに弱いのが難点。
そこでA+Bの出番です。

起き攻め択を仕掛けたときに起き上がりREを食らったら、「次も手癖でRE出しそうだからA+Bが入るな」とニヤつくぐらいの気持ちでA+Bを準備します。
A+Bは中段としても機能するし、ガードされても隙はありません。

相手の行動を見て、技が入るフラグを立てていく。これが対戦の面白いところですね。

不思議と択が通らないときは
「二択のときは横移動なのに、A+Bを狙うときだけ前歩き」
みたいに事前動作で狙いがバレバレになってる可能性が高いです。同じ動作から技を使い分けるように意識。

起き上がり暴れは66Aで潰せます。カウンターで刺さって大ダメージ。

 

そのうち、ねっぱ・横転しながら22Bのモーションをちゃんと確認して立つ相手が現れます。
この相手には択が機能しないためダウン状態に入る攻撃を重ねるしかない。でも4Bや下段技ではリターンがいまいち。
ここから先の攻略は各自で考えてください。僕も考え中です…

まあRP15000まではコマ投げ、22B、A+Bの択でダメージ取れるでしょう。

 

ゲージの使い方:チャージ1択

ゲージは全てチャージに突っ込む

チャージ技に強力なのが揃っており、守りが厳しいアスタにとってノーリスクで相手の攻めを返せるのもデカい。

クリティカルエッジ(CE)も使いようによっては強いけど、今はいったん忘れます。

チャージ後は、

・相手が攻めてくる→6BAA~を置く
・相手が下がる→寄って強力な技を押しつけたいので接近して66KKかコマ投げ

66KKヒット後、間合いを詰めたり壁に追い詰めた密着状態では4KKで踏みまくる。
密着状態ではとにかく4KK。ダウンに重なるしREも割ります。

 

チャージ終了までに1度は6BAA~を使っておきたいですね。
リベンジつきの置き技から横斬り連打の押しつけ。ガードされても技後に有利で択れます。
チャージしたなら使わないと損な技。

慣れている相手にはインパクトされますが、初心者帯では猛威を振るいます。

6BAA~は技の持続時間が長く、その間もゲージが減るのでチャージの終わり際に使うのがベスト。

 

まとめ:上達プロセスを回そう

色々書きましたが攻略が通用しない相手も当然いますよ。
対戦ゲームで万能な攻略なんてありません。そんなのあったらクソゲーですからね。

勝ち負けの結果より、勝ち負けの仕組みを理解することが上達する上で重要です。

・この技にはこの技が勝つ
・この動きにはこの動きが有効
・なぜ負けたのか、なぜ勝ったのか

といったことを1つ1つ覚えていくうちに強くなるわけですね。
その上達プロセスを回すのに、最低限の練習で実戦投入できるアスタが最適だと考えています。

なのでぜひこのイカつくて格好いいキャラ、アスタロスを使ってみてください!






スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-ゲーム攻略
-

執筆者:

関連記事

【ドラクエ3】攻略/感想/プレイ(4)オーブ集め(1)

今後の目的は「6色のオーブを集めてラーミアを手に入れる」。 色々と寄り道しながら広大な世界を探検。ここからはグーグル画像検索を駆使。 もくじ1 オーブ集め(1)1.1 エジンベア「さいごのカギ」1.2 …

【SC6 ソウルキャリバー6】(5)レビュー/評価/攻略:アスタロス攻略

アスタがRP1万超えたー。RP1万超えの人がみんな強くてしんどい。 次は別のキャラ触ってみる予定。 あと2Bと対戦してわかったけど、前回の2B攻略はほとんどアテにならない。 自分がやってること ■遠距 …

【スーパーロボット大戦α】攻略/感想/プレイ(3)リアル系21~30話

攻略:リアル系21~30話 隠しユニット入手フラグは複雑なので重要なもの以外は省略。 21話 「ホンコン・シティ」 熟:「発進用カタパルト付近を捜す」 必中ハイメガ粒子砲を食らえ!全然減らないけど。 …

無双OROCHI2 Ultimate【攻略】全キャラ強さランク付け(5) 戦国1

キャラの並びは上からオススメ順。 キャラ名横のカッコ内はキャラランク(初期性能/育成後)。   ■ランクの基準 S:最強クラス A:強キャラ B:中の上 C:並 D:弱キャラ 振りの遅さを神 …

no image

【真女神転生III マニアクスクロニクル】攻略データ

レビューはこちら:【真女神転生III マニアクスクロニクル】 もくじ1 主人公の育て方1.1 育成方針1.2 オススメスキル2 仲魔変化一覧 主人公の育て方 育成方針 ■序盤 マタドール戦に向けて大地 …