アクション PS4 ゲームレビュー

デビルメイクライシリーズおすすめランキング【全6作】発売順・オススメ順で選ぶ

投稿日:2019-11-23 更新日:






デビルメイクライの直訳は「悪魔も泣きだす」。

手軽にスタイリッシュな戦いを楽しめる、アクションゲーム初心者にもおすすめなシリーズです。

とはいえ、シリーズは全6作もあるし、作品内の時系列がバラバラでどれから手をつけて良いか迷いますよね。

そこでDMC初心者の方にオススメのプレイ順を紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

さらに詳しく知りたい方は個別記事をご覧ください。




デビルメイクライ(DMC)とは

デビルメイクライ(DMC)は、全世界で累計出荷2000万本以上を誇るカプコン看板タイトルの1つ。
一作目(2001/8/23)から20年以上、人気が続くシリーズです。

ジャンルはスタイリッシュアクション
その特徴は、

・「スタイリッシュ」の代名詞になったダンテ他、格好いいキャラ達
・テキトーでもコンボのようにつながる軽快なアクション
・もはや何がしたいのかわからないほどのスタイリッシュアクションが炸裂するムービー演出

各作品については後で詳しく紹介します。

 

歴代作品の大まかな流れは以下。

・DMC1
PS2で発売。バイオハザードに近いシステムとB級ノリの組み合わせが受けて一躍人気に

・DMC2
進化どころか大幅劣化。ファンから存在をスルーされている

・DMC3
『2』から一転して爽快なノリで復活。スタイリッシュアクションが完成

・DMC4
PS3で発売。開発リソース不足で『3』から大きな進化はない

・DmC
リブート作。“名倉ンテ”を筆頭に独特のノリが特に日本で不評

・DMC5
10年の時を経て復活したナンバリング。シリーズ集大成となる傑作

 

DMCシリーズ、おすすめプレイ順

基本的にはどの作品からプレイしても大丈夫。
シナリオのつながりは薄く、単品で楽しめます。

私がおすすめするプレイ順は、


・発売順で全作楽しむ
・時間が無いので単品のオススメ順に楽しむ

この2通りを考えました。

「作品中の時系列順」もあり得るけどオススメしません。

時系列だと[31245]。これでは内容がバラバラでシリーズのつながりを意識しづらいです。

 

発売順で楽しむ

発売順で遊ぶのが最もオススメ。

発売順でプレイするメリットは、

・前作を前提に作品が作られるため、発売順で遊ぶのがシナリオ・操作的にも1番しっくりくる

・リアルタイムで遊んだ人と同じ順番でシリーズの進化を体感できる

・過去作プレイ済ならニヤリする小ネタや仕掛けがある

よって、やはり発売順が王道ですね。

バイオハザードの影響を強く残すDMC1は今だと遊びにくいかもしれません。

DMC1~3の中ではDMC3が最も遊びやすいので旧作はあえてDMC3から入るのもアリ。
DMC1から始めてファントムやシャドウ、ナイトメアにウンザリしたらDMC3からやってみましょう。

 

単品のおすすめ順で楽しむ

時間が無い、さっさと単品で良作が遊びたい方は単品のおすすめ順で。

個人的なおすすめ順は左から「5、4(SP)、DmC、3、1、2」。

とりあえず1本選ぶならDMC5がおすすめ。
シリーズの美味しい部分が全て詰まっています。

次にDMC4(スペシャルエディション)。

アクションゲームとして良作のDmC。
スタイリッシュアクションが完成したDMC3。
シリーズ中でも異質な存在感があるDMC1。

と続きます。

DMC2はよほどのシリーズファン以外はツラいはず。私もプレイ中はしんどかったです。

以下、各作品について発売順で紹介します。

 

シリーズ全作の紹介

デビルメイクライ1

1作目で国内65万本超えの大ヒット。
『ゴッドオブウォー』など様々な3Dアクションゲームの元になりました。

 

まず主人公、ダンテのキャラクターが斬新です。

中二病を絵に描いたような最強の悪魔狩人(デビルハンター)。
ワンパンでぺしゃんこにされそうな巨大ボスを相手に挑発を繰り返すのでヒヤヒヤします。

このダークヒーローぶりが人気になり新たな主人公イメージを確立しました。

 

そして、当時としては斬新な爽快アクション。

斬りまくって空中にふっ飛ばし、
銃で撃ちまくってお手玉し、
ジャンプ斬りで叩き落とす!

二段ジャンプや壁蹴りを使った空中移動も軽快です。

もっさりモーションなDMC2、コンボゲーになったDMC3と比べて、迫力と手応えがある本作のフィーリングが好きな人も多いのだとか。

 

当初は『バイオハザード4』として開発されており、次第にバイオのイメージからかけ離れたので別タイトルになったらしい。
そのため後のシリーズ作品に比べてバイオ臭が強いです。

例えば、

・中世ヨーロッパのゴシックホラー風
・カメラ固定で場所ごとに視点が切り替わる。ときにはラジコン操作
・全体の道のりを20以上のミッションで区切った、バイオ4のようなミッション制

このバイオ仕様と爽快アクションの相性が悪い部分が目立ちます。
具体的には、

・目まぐるしく動くアクションに対してカメラワークが不親切
・移動速度が遅い、射撃が強い(特にロケラン)
・フリーミッションが無い

このようにバイオから垢抜けていないので遊びづらいと感じることも。

また、難度はシリーズ中で1、2を争います。
難しいというより不親切な初見殺しが目立つ。

 

とはいえ、バイオ臭や難しさは本作ならではの味。
重々しいゴシックホラー感はシリーズ中随一。接近攻撃のズシリとした手応えなど本作にしかない魅力があるのは確かです。

シリーズ中で異質な名作です。

 

デビルメイクライ2

デビルメイクライ2はシリーズの黒歴史。
ファン、メーカーともに本作の存在自体がタブー化しています。

聞いたこともない3流スタジオが前作をマネて低予算で作ったような仕上がり。シリーズ中で唯一、駄作と言い切れます。

具体的に言及するとキリがないので特に気になる難点だけ紹介します。

 

■言葉を失った男

ダンテが前作から急に老けました。
老けはともかく、あの不敵な姿が失われてキャラの魅力がありません。
大人らしい寡黙で無口というより、本来は喋る場面なのにバグで喋らない感じ。まるでマネキン。

そもそも本作のストーリーが虚無なので演技の見せ場が無いです。

 

■スタイリッシュどころかストレスフルアクション

全体的にもっさりモーションです。
剣の振り遅い、銃の連射遅い、フィーリングが安い。
さらに攻撃硬直がキャンセル不可になり爽快感が激減しました。

近接武器は格闘武器が削除されて剣3種のみ。使い分ける面白味も減りました。

 

使い分け以前に、射撃偏重すぎて近接攻撃がオマケなのも問題です。

・ミサイルランチャーを筆頭にやたらと射撃武器が強い
・飛行タイプの敵が多い。

よって、何が出てきても□(射撃)連打。アクションが面白くないです。
硬い上に何度も登場する戦闘ヘリにはもうウンザリ。

 

グラフィックも厳しい。
どこもぼんやり暗い場所ばかりな上、引きの画が多く背景はペラペラ。そのうちPS1のゲームに見えてきます。

 

初見クリアまでのボリュームは約3時間と異様に少ないです。
これはむしろありがたい。早く終わりたいので。

もう1人の主人公、ルシア編はダンテ編と道中がほぼ同じなのでプレイを断念しました。

 

総じて、期待値ゼロでも遊べない作品です。

 

デビルメイクライ3

シリーズ中で最も格好良さだけを追い求めた作品

前作から全てを一新。スタイリッシュな兄弟の宿命的な対決と、ハチャメチャなアクションをこれでもかと描きます。

 

「これこれ、このフィーリング!」と、触ってすぐわかるアクションの爽快感。

・キレの良いモーション、バッサリ感のある斬撃、キャンセルの快適さ

・剣、ヌンチャク、双剣、格闘と近接武器の種類が増加

・新システム「スタイルチェンジ」でアクションの幅が拡大

これらより、攻撃がコンボゲーのようにつながるスタイリッシュアクションに垢抜けました。

 

シリーズ時系列で最初の話。
最も若く、最もやんちゃでノリが軽いダンテが楽しめます。

シリーズ最高のあおりの1つ、「ワンちゃんコンクールに出てみたら?」が炸裂。

 

ダンテの兄、バージル初登場。
武器は一振りの日本刀。格好いい要素全部乗せで反則みたいなキャラです。

SP、HD版ではメインキャラとして使えます。
このバージル兄貴が強えーのなんのって。この強さ、ぜひ味わっていただきたい。

 

ムービーもやり過ぎなほどにスタイリッシュ!
ミサイルでサーフィンしたり、バイクで敵を蹴散らしたり。
一周してもはや何がしたいのかわからないアクションを、スローモーションを多用してくどいほど見せつけます。

 

ボリュームは前2作をはるかに上回ります。一周クリアに約8時間かかりました。
DMC1の2倍、DMC2の3倍近いボリュームです。

個性的な攻撃を繰り出す強敵ボスが10体以上登場と中身も充実。

 

コンボゲー化の弊害で雑魚が硬いデク人形、ステージの使い回しが目立つなど難点もあるけど、後のシリーズ作品の方向を決定づけた名作です。

 

デビルメイクライ4

PS2からPS3/Xbox360に移行した最初のDMC。

次世代機に移行してグラフィックが進化しました。

・HD・60FPS
・スケール感のある開けた場所
・街や森のように明るい場所

これらにより、PS2時代とは雰囲気がひと味違います。

 

主人公は新キャラの「ネロ」。
ダンテと比べると熱血で主人公らしい性格。ダンテに劣らず魅力的です。

アクションは緩急つけたメリハリがあって気持ち良い。
デビルブリンガーで敵をつかんで引っ張って、つかんでドカッ!

前作までの主人公ダンテも操作できます。というか中盤からの主人公はずっとダンテです。

 

全体的には良作です。
とはいえ、新世代のナンバリング作品にふさわしいかというと微妙。

・暗い閉所が多く、グラフィックの印象は結局PS2時代と大差ない

・マップ・ボスの使い回しがエグい
ダンテはネロが通ったのと同ルートを逆走します。道中に出てくるボスまで同じ。

・すごろく、レーザーなどプレイ時間稼ぎギミック

・正面から戦えない敵・ボス戦が多い
最初のベリアル戦が最もガチだった気がします。演出もここが最大の見どころでした。全体を通すと尻すぼみに感じます。

 

このように制作リソース不足ゆえの難点が目立つため、DMC4というよりDMC3.5って感じ。

でもご安心ください。本作はスペシャルエディションの追加要素で化けます。

・レジェンダリーダークナイトモード:画面を埋め尽くすほど大量の敵が出現する
・新プレイアブルキャラ:バージル、レディ、トリッシュの3人

この追加要素でDMC4は紛れもないDMC4になりました。

 

DmC Devil May Cry

DmCは続編ではない別作品。いわゆるリブート作です。

設定を一新。過去シリーズとのつながりはありません。
だからタイトルはナンバリングではなく「DmC」(小文字のm)。

 

制作はイギリスの会社「Ninja Theory」。
そのためか洋ゲー臭が強く、DMCを期待して遊ぶと“これじゃない”感があります。

まず「名倉ンテ」と呼ばれる新ダンテのビジュアルで引いた人多数。

実際の名倉ンテはゲーム中ではちゃんと格好良いです。名倉感は全くありません。
10代っぽい反社会性が目立ちつつ根っこは人間味のある青年。不良漫画の主人公みたいなキャラで親しみやすいです。

むしろダンテ以外のキャラに違和感があります。
バージルは顔がゴツい。性格はクズでカリスマ性が無い。
ヒロインのキャットは顔面だけでなく性格にも魅力がない。

醜さを体現したようなボスも好みが分かれるところ。

 

アクションはカプコンが本格的に関わっているらしく、DMCの魅力がしっかり受け継いでいます。

武器5種類のシームレスな切り替えと「エンジェルリフト」「デーモンプル」を組み合わせたアクションはシリーズ随一の自由度。空中で延々、好みのコンボでやりたい放題できます。

 

移動・探索は面倒さを省いて快適。

・パルクールを導入
近年の3Dアクションでおなじみのパルクールアクションを導入。飛んだり跳ねたり、ワイヤー引っ掛けたりで軽快に移動できます。
従来のDMCシリーズは主に徒歩移動で、移動がダルく感じることがありました。

・おつかい要素を廃止
過去作のような、キーアイテムが必要な扉や同マップの往復はありません。敵を倒してサクサク進行できます。

 

総じて、食わず嫌いはもったいない良作。
日本ではイメージ先行でまともに評価されなかったのが悲しいです。

 

デビルメイクライ5

DMC4から10年の時を経て登場したナンバリング。

その出来は、2019年水準でDMCならではの爽快なスタイリッシュアクションが楽しめる傑作です

 

ミッション選択制、ほぼ一本道のマップ、徒歩移動と、ゲームデザインはあえてシリーズおなじみのスタイルを踏襲。

その上でグラフィックと演出の進化で“質”を、アクションの自由度で“量”を格段に進化させました。

ストーリー、ボス、アクションに出し惜しみがありません。「ここでシリーズが終わってもいい!」と言わんばかりの気合を感じます。

 

ジェットコースターのようにハイテンションで駆け抜ける濃厚な作り。
謎解き要素は薄めでテンポよく進み、ほぼ全てのミッションに個性的なボスが登場します。

ストーリーも濃厚。
メイン3キャラそれぞれの美味しい場面を、時系列を行ったり来たりでくっつけた構成。最後にあっと驚く展開もあり息つくヒマを与えません。

シリーズ時系列で最後にあたり、シリーズのメインキャラクター総登場で豪華です。(『2』以外)

この濃さで1周クリアは10時間とボリューム十分。もう満腹です。

 

アクションの充実度も異常。

ダンテ、ネロ、新キャラ「V」(ブイ)の3人それぞれ、アクションがエグいほど豊富です。

ネロのデビルブレイカーが11種類(DLC込み)の時点で引きます。
ダンテの4スタイル×武器にもついていけません。
Vは遠距離型。派手な攻撃が重なり、もはや自分が何をやってるのかもわからない。

とはいえ、アクションを全て使いこなす必要はありません。
「あ、この動き強そう」「この技とこの技のつながりが良いな」って感じで少しずつ上達を楽めます。
チュートリアル通りにプレイするゲームではない、やりたいことをやるゲームといえます。

 

グラフィック、敵、ボリューム、アクション。全てが豪華。
総じて、10年分の期待にこたえる傑作です。

 

まとめ

100%味わうならやはり発売順がおすすめ。
気になった作品から手をつけるのもアリ。DMC2以外は全作おすすめです。

PS4なら、

・デビルメイクライHDコレクション
・デビルメイクライ4 スペシャルエディション
・DMC Devil May Cry Definitive Edition (輸入版)
・デビルメイクライ5

この4作でシリーズ全作揃います。
シリーズ全作遊んでスタイリッシュを極めましょう!

 

デビル メイ クライ HDコレクション - PS4
カプコン (2018-03-15)
売り上げランキング: 1,459

 

デビル メイ クライ 4 スペシャルエディション - PS4
カプコン (2015-06-18)
売り上げランキング: 8,126

 

DMC Devil May Cry Definitive Edition (輸入版:北米) - PS4
Capcom (2015-03-10)
売り上げランキング: 2,113

 

デビル メイ クライ 5 - PS4
カプコン (2019-03-08)
売り上げランキング: 348







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アクション, PS4, ゲームレビュー

執筆者:

関連記事

パイロットウイングス【評価/感想】お前はそれでも空の男か!

「30年前に48万本売れた、スカイスポーツの3Dシミュレーターゲーム」 そんなゲームあらへんやろ。 いえ、あるんです! そんな画期的作品を紹介します。 もくじ1 パイロットウイングスってどんなゲーム? …

デモンゲイズ2 Global Edition【評価/感想】早くダンジョンに行かせてくれ!

もくじ1 「デモンゲイズ2 Global Edition」ってどんなゲーム?2 難点2.1 掛け合いが冗長2.2 ギャルゲー要素2.3 ヌルゲー2.4 その他3 まとめ 「デモンゲイズ2 Global …

ジャストコーズ4【感想/評価】新鮮味が無い。オススメする理由が無い

ジャストコーズ4【CEROレーティング「Z」】 – PS4 スクウェア・エニックス もくじ1 ジャストコーズ4の特徴・魅力2 ジャストコーズ4の感想:粗い2.1 グラフィックに見どころが無 …

HADES (ハデス)【感想/評価】ゲームは総合点じゃないですよ

近年稀にみる神ゲーと評判の作品です。 私はプレイ動画を観てピンと来なかったので「セールが来たら買おう」とスルーしていました。 2021年10月、ついにハロウィンセールで30%offの1799円! それ …

no image

ウルトラマン【感想/評価】30半ば過ぎた大人の癒やし

傑作ウルトラマンゲーと名高い「FE3」が売っていないので、かわりに手を出した作品。 FEシリーズとは違う魅力を持つ良作でした。 (プレミア化したFE3ほどではないけど、本作もAmazon最安値1,65 …