RPG PS2

ガンダム トゥルーオデッセイ【感想/評価】ただの制作リソース不足なRPG

投稿日:2020-03-22 更新日:

B0009NUP30




「ガンダムのRPG!?面白そう!」
と15年間気になっていた作品です。
先日、ようやくプレイできました。

モビルスーツ(MS)をカスタムしてパーティ編成するなんてどう考えても面白そうだし、あきまんさんのパッケージイラストから面白そうな雰囲気が出ている。

なのになぜ知名度がイマイチで良い評判も聞かないのか。プレイして確かめます。



ガンダム トゥルーオデッセイとは:SDガンダムで戦うRPG

「ガンダム トゥルーオデッセイ」はSDガンダムで戦うRPG。

初代~平成ガンダムシリーズの機体が登場します。

世界設定は完全オリジナル。原作とは無関係です。
キャラクターデザインは∀ガンダムの安田朗(あきまん)氏。

 

戦闘・カスタム(育成)のシステムは、ざっくり言うと「メタルマックス」みたいな感じ。
ただメタルマックスと違い生身では戦えません。

モビルスーツ(MS)の頭・腕・胴などのパーツを交換し、武器を組み合わせてカスタムします。
パーツ構成が見た目に反映されるのが嬉しいところ。主人公機はフィールド画面の見た目も変わります。

 

戦闘システムは普通のターン制RPG。

最も特徴的な戦闘システムは「交代」。
控えメンバーとの交代はターン消費無し。また、控えはEN(必殺技ゲージ)が溜まり続けます。

瀕死や異常状態の前衛と、ENを持った万全の控えを交代させれば状況を一気に好転させることが可能です。
というか、敵の必殺技により壊滅状態になるのが確定なので交代必須です。

普通のターン制RPGだけど、全ての要素が専門用語なので馴染みにくいです。

・必殺技→ブースト技
・魔法→テクニック
みたいな具合。
さらにこれらが「BST」「TEC」などと略されるので混乱します。

 

舞台は、地球規模の事故「大破壊」により一度崩壊した後の地球型惑星。

破壊後の世界は、
・文明レベルが現代より低い
・旧世紀の遺物でガンダムなどのロストテクノロジーが使える

ようするに「∀ガンダム」みたいな世界観です。
でも本作に∀ガンダムは出ません。

■ストーリー

はるか未来、「Gシステム」によって人類は繁栄の頂点に達した。
しかしGシステムの暴走が世界に「大破壊」をもたらす。

大破壊から60年後。少年トラッシュは孤児院を人型兵器・モビルスーツ(MS)の攻撃で破壊され恩師と仲間を失う。

トラッシュはGシステムの力を使ってMSに乗り復讐の旅に出る。
旅はやがて世界の存亡をかけた戦いにつながっていく。

 

 

プレイした率直な感想

プレイした率直な感想は、

・ストーリー:酷い
・ダンジョン:酷い
・戦闘:楽しくない
・育成:楽しくない

このようにどの方向から見てもイマイチでした。

以下、それぞれの要素を詳しく説明します。

 

ストーリーが酷い

ストーリーが酷い出来。

どこかで見たことあるようなエピソードの連続です。

敵が仲間になったり、仲間に裏切られたり、黒幕が登場したり。低年齢向けアニメでよくある感じのやつ。
終盤がデビルガンダムなのも既視感が。

ストーリーに既視感があってもキャラが魅力的なら問題ありません。
しかし、キャラそれぞれの動機や行動に説得力ゼロ。これが致命的。

展開が強引でご都合主義。
敵・味方ともに主張がコロコロ変わります。

熱弁したら心変わり、倒したら心変わり。心理描写が一貫しておらず薄っぺらい。
キャラクター達が何を考えているのかさっぱりわかりません。

主人公の心情描写もすっ飛ばし、場面転換時は独白テキストで処理。

ボイス無しも気になります。
キャラからボイスつきで喋りそうな雰囲気が凄く出ているだけに、開幕デモからボイス無しで肩透かしを食らいました。

 

仲間キャラの強制加入・離脱が多すぎなのもキャラに感情移入出来ない要因。
ただ話に起伏を作るために加入・離脱させられます。

思い入れが湧くヒマなく頻繁に入れ替わるので、もう誰が抜けて誰が入るとかどうでもよくなってくる。

このようにキャラの動機・行動がしっくりきません。
その上でどんなときも「あきらめなければ~」「僕達がやるしか~」な精神論でゴリ押し。

話が進むほどキャラに感情移入できるどころか、逆に気持ちが離れます。

 

とりあえず、主人公が男なのか女なのかをはっきりしてほしい。

エンディングまで見ても「体型から見ておそらく女であろう」ぐらいにしかわかりません。

男性に好意を持つときもあれば、女性に好意を持たれるときもありLGBT属性をちらつかせます。
この宙ぶらりん状態は感情移入する上で致命的。

オッドアイ(左右で色が違う)について特に説明がないのも気になります。
キャラデザのあきまん氏が無意味にオッドアイに描くわけないので、設定が途中で省かれたのでしょう。

オッドアイは両性具有を意味しているのかもしれません。
だとしたら正直、気持ち悪いです。

主人公のあらゆる動機は「敵への恨み」「悲劇を繰り返したくない」でゴリ押し。

雑な動機でお使いを繰り返すうち仮面イケメンや謎のヒロインに出会い、当初の目的がすっ飛びます。

「敵を追う→違う敵が現れるからそいつを追う→違う敵が…」の単調な繰り返し。山なし谷なしの展開が続きます。

中盤からは「砦に行け」と言われ、世界の4大砦(ほぼ使い回し)を探し回る謎の砦ツアー開始。
砦に入ったら毎回、当たり前のように敵に包囲されます。なにやってんだこれ。

苦労して長々とイベントを消化し、やっとの思いで伝説のZガンダムを作った後すぐ「これ良かったら使ってね」みたいなノリでZより強力なZZを渡されるのも謎すぎ。持ってるなら最初から出せ!

 

総じて、ストーリーが粗い。チープ。
全く感情移入できませんでした。

 

ゲーム中の3Dモデルは細部デザインが溶けており、パッケージ絵やデザイン画と印象が違います。

特に主人公がジャケットの下に着ている服。
設定画では格子状なのにゲーム画面では牛柄のようでダサい。
目をつぶってテキトーに選んだ服を重ね着したような感じ。

あきまん氏の凝ったデザインが裏目に出ている気がします。

 

ダンジョンが酷い

ダンジョンが手抜きです。

一本道&使い回し。
予算・人員など制作リソース不足がモロに出ちゃってます。

景色がどこも同じ。ついでにBGMも同じ。
廃墟や工場みたいな場所ばかりで見栄えが悪い。

見た目で楽しめない中、ひたすら長い一本道が続きます。
あまりの長さにカメラが追えず自キャラが遠くにいって見えなくなるほど。

長い上に移動速度がやたらと遅くていら立ちます。
自キャラが遠くに行くと進んでいるのかどうかもわからない。

終盤ダンジョンは長い1本道とややこしい分岐の合わせ技。
延々とグルグルさせて代わり映えのしない場所を迷わせつつ、結局は全エリアを踏破させる構造です。
物語の終わりまであと一息でも投げたくなるほどウンザリしました。

 

このように、見栄えが悪くて長い一本道を遅い移動速度で進むこと自体が苦行。

加えて、非常に高頻度のランダムエンカウントで足止めされます。

一歩進むとエンカウント。1回の戦闘も長く、テンポが悪すぎます。

ランダムエンカウントの他、強制戦闘の固定敵もいます。
その見た目が謎の光るひし形アイコン。
光るひし形が隙間なく並ぶ光景はいかにも雑で滑稽、かつ全部倒す必要があるためウンザリです。

固定敵は機体モデルにした方が雰囲気が出たはず。
謎アイコンにしたのはおそらく、機体を複数表示できない技術的都合でしょう。

要するに、ムリヤリ戦闘回数を増やしてプレイ時間を伸ばす狙いが見え見え。

記憶に何も残らない内容でクリアに30時間以上要するので、クリアを目標に購入する際は時間を溶かす覚悟が必要です。

 

ワールドマップも手抜き。
何も無いだだっ広い大陸を、MSによる遅い徒歩移動でひたすら横断させます。エンカウント率も高い。

 

ダンジョン、街、ワールドマップ、どこも固定カメラでカメラ操作不可。

このカメラワークが酷い。
プレイヤーの気持ちなど考慮しない乱暴さ。

カメラが切り替わったとき、進行方向が反転することが多々あります。

進行方向がわからなくなって往復を繰り返し、何度もマップ切り替えのロードを挟んでストレス爆発。

建物内では何も見えない角度からカメラが180°グルン!で気持ち悪い。
無理やり動かさず引きで撮れば良いでしょうに。

 

戦闘が楽しくない

MSが戦う戦闘は一見楽しそう。
しかし、プレイすればすぐ出来の悪さに気づきます。

まず演出面の手抜き。

もっさりモーションで、敵・味方ともにたっぷり間をとります。

エフェクトは、
・全体攻撃のなぎ払いビーム
・単体攻撃の太ビーム
・格闘
の汎用3種類だけ。

ボス機に乗るボス敵すら「またこのビームか…」って感じです。

拡散ビームが拡散してない!

戦闘モーションはカット不可。

敵が硬いので何度も攻撃する必要があります。
見応えが無いモーション、エフェクトを気が遠くなるほど何度も見るハメに。
でも

前述の一本道&高いエンカウント率と相まってザコ戦が苦行。

 

敵のバリエーションが少ないのもツラい。
「MSは形が似通っているのでRPGの敵には向かない」
と痛感させられました。

SDのザクやグフ、マラサイ、アッシマーなんて遠目でみたら全部同じです。
それらを雑なカスタム機で水増しており、代わり映えしません。

あと、敵に連邦タイプがいるのに違和感があります。
それもジムやガンキャノン、ガンタンクなどでやはり代わり映えしません。

 

戦闘バランスが意外とガチ。

中盤以降はザコまで硬い・強い。
交代をやりくりして戦う必要があり手間がかかります。

交代を前提にしているためか状態異常になる確率が高い。
特に、MSではなくキャラクター自身が負う「けが」は戦闘が終わるたびメニューから確認する必要があり面倒です。

 

敵がチート仕様で理不尽感があるのも問題。

必殺技はEN(毎ターン自動回復)を消費するのでいきなりは撃てません。毎回コツコツ溜める必要があります。

一方、敵は開幕から消費MAXの技を連発。
ボスも当然チート仕様で全滅級の技を連発。
行動パターンが決まっており、対応を間違えると一撃で終わります。

よって戦闘はガチ。というかガチガチです。
攻略法は固まっており、攻略の自由度は皆無。

 

育成が楽しくない

機体カスタムも一見面白そうです。
しかし実際のところ、自由度はほぼ無い。

前述の通り戦闘がガチガチな上、

・入手順に基本性能が上がる
・イベントで入手する機体性能は、自分で作成した機体をはるかに上回る
・機体は原作シリーズの放映順に強い

よって進行に応じて入手する機体に乗り換えるだけ。
「大好きなドムを最強に仕上げて~」みたいな遊び方はできません。

せっかくお気に入りのMSを入手してもすぐ乗り換え。
結局はゴッドやウイングなどのガンダムだらけに。

約30種類とそもそも少ない機体がほとんど死に機体です。

 

武器やパーツの選択にも自由度がありません。

・実用性が無いものが多い
・武器の改造不可

よってカスタム要素なんてあって無いようなもの。
進行に応じた店売りパーツをくっつけるだけで終わります。
普通のRPGで、店売りの装備品を買い替えていくのと同じ。

 

まとめ:ただの制作リソース不足なRPG

「低予算なRPGでもガンダムなら売れるか」
「原作から離れてガンダム要素を使えるか」
を試した作品です。

結果、

・ストーリー:酷い
・ダンジョン:酷い
・戦闘:楽しくない
・育成:楽しくない

最初こそザクやガンダムが登場して楽しい。
でもやればやるほど「ただの制作リソース不足なRPG」ってことに気づきます。

 

なにより、ガンダム要素が邪魔。これが致命的。

中途半端なガンダム要素により、パロディなのか何なのかわからなくなってきます。

ライバルが仮面の男だったり、ビグザムに乗っているのが「やらせはせんぞ」なキャラだったり、
ファンネルが全体魔法のような扱いなのもしっくりきません。

 

「低予算なRPGでもガンダムなら売れるか」
「原作から離れてガンダム要素を使えるか」
結果は失敗といえます。







スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-RPG, PS2

執筆者:

関連記事

no image

バーチャファイター サイバージェネレーション【感想/評価】頭がボーっとしてきた

このゲームをプレイするうち、頭がボーっとするヤバい領域に入りました。 中盤あたりでリタイアし、悶々とした気持ちを消化するためにこのレビュー記事を書きました。 「バーチャを題材にしたRPGでしょ?面白そ …

no image

ドラゴンボールZ スパーキングメテオ【攻略/評価】DBゲー史上最高が3つ揃っちゃった

 ゲームときどき雑記ブログ ゲームときどき雑記ブログhttps://yagino.net/game-review/genre/ftg/dragon-ball-matome/30代男 …

ボーダーランズ2【評価/レビュー】FPS+ハクスラ→時間が溶ける悪魔的面白さ

「FPSとハクスラを組み合わせたゲーム」 といわれてイメージできるでしょうか? 実はこの組み合わせ、悪魔的に面白いんです! といっても、 「FPSってなんか難しいし、3D酔いするから嫌い」 というイメ …

no image

超ドラゴンボールZ【感想/評価】クソゲーではない!対人戦を楽しむ地味ゲー

ドラゴンボール超、ではなく「超ドラゴンボール」。 あなたはこの作品をご存知ですか? 僕は最近まで知りませんでした。 ちなみに「超ドラゴンボール」で検索してもアニメ「ドラゴンボール超」の情報ばかり出てき …

no image

MARVEL vs CAPCOM 2 (マブカプ2)【攻略/評価】史上最高にハチャメチャで楽しい格ゲー

祝!なんとマブカプ2がEVO2020メイン種目に選ばれました! といっても、日本ではイマイチ人気が無くマイナーな作品です。 「マブカプ2ってどんなゲーム?」 「ああ、昔そんなゲームがあったような無かっ …